あいあい自動車~住みなれた地域で暮らしつづけるために~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
たけうち
こんにちは、終活社長の竹内です。

いきなりですが「あいあい自動車」ってご存知ですか?

 高齢化がすすむ社会の中で最初に解決するべき課題は「移動」だそうです。 

都市部に住んでいると分かりませんが、確かに過疎がすすんでいる地域の高齢者にとって移動は死活問題ですよね。

高齢者ドライバーの事故もニュースで見る機会が増えてきました。

増える高齢者ドライバーの交通事故!改正道路交通法が12日から施行
増える高齢者ドライバーの交通事故!改正道路交通法が12日から施行
増えつづけている高齢者ドライバーの交通事故! ニュースでもたびたび取り上げられるので、ご存知のかたも多いのでな...

メディアで話題になった「移動スーパーとくし丸」も、日常の買い物難民を救うという課題を解決したことが全国に広がった原動力だと思います。

地方に住んでいる高齢者は車がなければ病院にもいけません。通院ですむような病気やケガでも入院しなければいけないこともあるそうです。

今日ご紹介するあいあい自動車は、そんな高齢者の移動問題を解決するためにリクルートの新規事業開発組織がはじめた取り組みです。



あいあい自動車ってどんなサービス?

 あいあい自動車を簡単に説明すると「高齢者向けのカーシェアリングサービス」です。 

今年の4月から三重県菰野町で実証実験がおこなわれています。

あいあい自動車は「経済的負担の少ないDoor to Door」を実現するために、タクシーの3分の1の費用で利用できる高齢者と、車に掛かる月々の維持費を削減したい運転者のお互いが支えあう関係を作りました。

jidoushahoken自動車保険の比較ならこちらのサイトがおすすめです

あいあい自動車のシステム

あいあい自動車HPより(https://aiaicar.jp/)

運転できない高齢者や地域の住民が少しずつ費用を負担して車を共同で所有します。

高齢者が専用のタブレットで行きたい場所や時間を指定すると、登録されている運転者とマッチングされ送迎サービスが提供されます。

運転した人には高齢者を乗せた時間に応じて車を無料で使えたり、乗せる時間が多ければキャッシュバックされるなどの見返りがあります。

運転する人の都合が合わない場合でも高齢者同士のタクシー相乗り機能を使うこともできるシステムです。

利用者の声

娘が病院に入院していたので、週に何回か使わせていただきました。お陰様で助けていただきました。お話して、お昼食べて、また戻ってこられる。娘には泣いて喜ばれてよかったです。ありがとうございました。(80代・女性)

普段あまり行かないようなお店でも、「あいあい自動車」を利用して行ってみようかなとなります。行く回数が増えました。(70代・女性)




まとめ

「あいあい自動車」いかがでしたでしょうか?

実証実験がおこなわれている三重県菰野町は、バスの運行が1日3本しかないそうです。

いい悪いは別にして、福祉でよく見られる一方的に提供されるサービスは、受け手が施される気持ちを少なからず持ってしまいますが、あいあい自動車のサービスはお互いが支えあう対等な立場でいられることが素晴らしいですね。

このサービスがはじまって、高齢者が気軽に出かけられるようになるなど、いままで我慢していた「やりたいけどやれなかったこと」に無理なく手が届くようになっているそうです。

日本の高齢化率は26%になり4人に1人が65才以上になりましたが、これから社会福祉にあてられる費用が大きく増えることはおそらくないでしょう。

地域の問題解決を行政に頼るのではなく、そこに住む人々がお互いに支えあいながら解決していく社会がこれからはもっと求められると思います。

今日も最後までご覧いただき、ありがとうございます!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする