親子の間で「終活」は話題にできない!【アラフィフ女性のホンネを調査】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アラフィフ女性

たけうち
こんにちは竹内です!

今日は45才~54才のアラフィフ世代の女性43名からなるオンラインコミュニティ「Around50 コミュニティ」で親の今後についてどう考えているか、調査レポートをもとにホンネのところをお伝えしたいと思います!




親の今後の不安は大きい

Around50 コミュニティのメンバーが脳内にある「将来に向けた不安や悩み」を書いたところ、資産や健康、子どもの今後など悩みは山積していますが、その中でも「親の今後」の不安はメンバーの大半が挙げています。

自分の両親や夫の親も含め、多い人では4人分の今後を憂いているようです。

(株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメント)

アラフィフ女性の将来不安

病気と死亡が大きな不安

亡くなったときの住まいや財産の処分について、親の意向や事務的な手続きが分からないことはもちろんですが、それ以上に親の認知症への不安が大きくなっています。

認知症になった場合の介護やその費用、本人がどのような生活を望んでいるのかということに不安を感じているようです。

たけうち
認知症は予防が大事です!

【関連記事】認知症予防体操&脳トレおすすめ動画10選+1!【完全保存版】

できれば親に終活をしてほしいと考えているアラフィフ世代は多いのですが、改めて自分から終活を切り出すのは、きっかけが掴みにくいという意見もありました。

親の今後に対する不安




アラフィフ世代の終活

親に終活を望む一方で、親が施設に入ったり亡くなる経験から「自分だったら…」と老後を考えるきっかけとなり、家族や親族になるべく迷惑をかけないよう今から対策を立てる人もいます。

ar50世代はライフスタイルが多様化した最初の世代で「人それぞれ」の意識を親世代より強く持っています。終活においても「それぞれが自分の望み通りにするのがベスト」という意識を持っていて、自分も望みどおりのために今から少しずつ考えるし、親に対しても望みを伝えておいてほしいと考えています。

アラフィフ女性が考える自分の老後

親子で考える「Wシュウカツ」

人生のターニングポイントになるアラフィフ世代は、人生をリセット=お片付けをする「収活」を親の「終活」と同時に提案すれば、終活というデリケートなテーマでも子どもから話題にするハードルは低くなるのではないでしょうか。

子どもは親の終活を見て、自分の老後の予習にもなります。

また、終活は「本人の望みどおりにすること」以外に、のこされた家族が「本人の望みどおりにしてあげられたと納得すること」でもあります。

アラフィフ世代と親が一緒になってエンディングノートを書くなど「Wシュウカツ」を提案してみて下さい。

【関連記事】
エンディングノートの内容と書き方、おすすめの終活ノートや無料ダウンロードをご紹介




まとめ

親子の間で「終活」は話題にできない!【アラフィフ女性のホンネを調査】いかがでしたでしょうか?

終活というと何か死ぬ準備をするようなイメージがあるので、なかなか話をしづらいところがあります。

とくに親子の関係だと「わざわざ言わなくても分かっているだろう」とか、「ちゃんと考えてくれているはず」というお互いの思い込みもあって、不安を感じていても改めて意思を確認することを避けてしまいがちなんですね。

私も親の終活について相談されることが多いのですが、子どもから親に終活の話をするときは、終活をしているか確認したり、ただ勧めるのではなく、まず自分の終活を親に伝えることから始めることをアドバイスしていますので参考にして下さい。

リサーチ結果の詳細はこちらよりご覧ください。

株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメント プレスリリース
(画像はプレスリリースより)

今日も最後までご覧いただき、ありがとうございます!

↓ 次に読むべき記事はこちら

遺言書3大お断りってご存じですか?
遺言書3大お断りってご存じですか?
相続で争わないために必要とされる遺言書。最近では遺言書作成キットまで市販されていますが、ほとんどの人が自分には関係ないからと遺言書を残していません。遺言書を作らない人のお断り3大フレーズとそれによって起こる問題についてお伝えします。
高齢者見守りサービスおすすめ42選
高齢者見守りサービスおすすめ42選
高齢者見まもりサービスおすすめ39選のまとめです。サービスのタイプを「センサー型」「通報型」「コミュニケーション型」「その他複合型」の4つに分けて紹介します。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする