シニア世代1,000人に聞いた、人生でやり残していることは何?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
たけうち
こんにちは、終活社長の竹内です。

人生でやり残したことありますか?とシニア世代1,000人に質問したところ、60%の人が「やり残したことがある」と言っています。




人生でやり残したこと

やり残したことで圧倒的に多かったのは、旅行に関連することで「海外旅行」や「夫婦で旅行」など、37%の人がやり残したことにあげています。

次に多かったのは、「子どもの結婚」や「孫の成長を見届けたい」という家族についての内容です。

たけうち
インターネットでリサーチをおこなっている株式会社マクロミルが、全国60才~79才の男女を対象に「終活」に関する調査をおこなった結果です。

旅行会社で終活のセミナーをすることもあるのですが、からだが動く元気なうちに行きたいところへ旅行しておいたほうがいいと良く言われます。

「海外旅行に行きたいなぁ」と思っても、お金や時間のことを考えて二の足を踏んでしまうのですが、後悔することが分かっているなら、これからはもっと旅行できる生活スタイルに変えていこうと思いました。

 今回のリサーチでは、終活についての認知状況や終活をおこなう理由などについてもアンケートがおこなわれています。 

終活についてのアンケート結果

たけうち
80%の人が終活を知ってました!

この1年~2年で終活を知っているひとがたくさん増えました。

テレビや雑誌の特集などが原因と思いますが、すごく嬉しいです。



終活してるひとはどれぐらい?

アンケートを見ると、実際に終活をしているひとは8.9%でした。

65%の人が「終活を始める予定」、「時期が来れば終活を始める」と回答しています。

はじめた理由は何ですか?

たけうち
「家族に迷惑をかけたくない」は、本当によく言われますね。

男性のアンケート結果とくらべると、女性の方が終活に前むきに取り組む姿勢がみられたようです。

エピソードをご紹介

終活にまつわるエピソードとして、こういう回答があったそうです。

・子供 から生前贈与など、相続についての問題提起があり、終活を進めるきっかけになった。私と父の時代には生前贈与なんて不謹慎と考えられたが、早めに終活に気付かせてくれた事に今は感謝している。(72歳、男性)

・自分の人生をシンプルに整理して、子供に迷惑や哀しみを遺さないように心掛けたいと思います。親が自分の人生をそれなりに全うして悔いを残さず、人に感謝して亡くなったと子供に思ってもらえるように。(70歳、女性)

・お嫁さんのお母さんが若くして亡くなりました。身につまされるおもいでした。私は、40才になった時ぼんやりと自分自身の終活について考えるようになりました。(62歳、女性)

・父親が亡くなったとき使えない物、役立たない物、等がとても多くて義理妹と大変な思いをして片付けました。本人にとっては大切なものでも片付ける側にとってはゴミということを思い知りました。なので私物は片付けてしまおうと思いました。(66歳、女性)

・終活って言葉が新聞や雑誌で取り上げられていますが、周りのお友達や私自身そこまで深く考えていない。悲しい言葉に感じる。周りに迷惑をかけないようにしておく事も大事だけど、私は66歳でも夢もあるし、同級生達と旅行や遊びに行くので自分と同世代の方々がテレビなどで終活していますなんて聞くと驚いてしまいます!(66歳、女性)

・着々と終活を進めて来たつもりでしたが、老後資金の絶対的不足で頓挫しています。死ぬことにもお金がいることを痛感しています。(62歳、女性)




まとめ

「シニア世代1,000人のやり残していること」いかがでしたでしょうか?

アンケートで回答されていた内容は、数年後におきる自分のことです。

60才を過ぎてからやり残したことで後悔しないように、これからの生き方や人生の優先順位を再確認するいい機会をもらいました。

タイムマシーンで過去や未来の自分に会うことはできませんが、すでに経験している人が教えてくれる意見は素直に聞いて損はないですよね!

今回のアンケートの結果から「終活は必要だと思うけれど、具体的に何をしていいのか分からない」という人が多いんじゃないか?と感じたので、これから終活をはじめる人のために何から始めればいいか、分かりやすい内容のものをまとめたいと思います。

今日も最後までご覧いただき、ありがとうございます!

【調査概要】
調査主体:株式会社マクロミル
調査方法:インターネットリサーチ
調査地域:全国
調査対象: 60歳~79歳の男女(マクロミルモニタ会員・マクロミル提携モニタ)
割付方法:平成27年国勢調査による、性別×年代別の人口動態割付/合計1,000サンプル
調査期間 2016年11月18日(金)~11月19日(土)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする