死ぬときに後悔すること25

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
たけうち
こんにちは、終活社長の竹内です。

今日は東邦大学医療センター大森病院緩和ケアセンターで、緩和ケアチームを運営している緩和医療医の大津秀一先生が書かれた「死ぬときに後悔すること25」を紹介します。

大津先生は、1,000人以上の最後を見とどけた終末期医療の専門家です。

そのなかで、患者さんたちから聞いた「人生でやり残したこと」を一冊にまとめられました。

人生の最後で多くの人が後悔することを、元気なうちに知ることで思い残すことがない生きかたができると思います。




健康・医療編

1.健康を大切にしなかったこと

取りかえしのつかない病気になったとき、定期的にちゃんとした人間ドックをうけて健康管理をしてこなかったことを後悔します。テレビや雑誌などの健康情報にふりまわされて最高の健康をのぞむより、死なないレベルの健康を確保することを第一にしましょう。

2.たばこを止めなかったこと

肺がんや呼吸器の病気になってから、あらためてタバコの害に気づく人が多いそうです。

3.生前の意思を示さなかったこと

延命治療や尊厳死など、終末期医療について希望があるときは、話し合いができるうちに自分の意志を家族に伝えないと、自分がのぞまない最期をむかえることがあります。

4.治療の意味を見失ってしまったこと

のこされた時間を有意義に過ごすための治療ではなく、苦痛をともなう延命するだけの治療になっていないか。自分の希望にあう終末期医療がうけられるように心掛けましょう。

心理編

5.自分のやりたいことをやらなかったこと

ほとんどの人は「人生はあっという間だった」といいます。もっと肩の力を抜いて自由に、やりたいことやっておけばよかったと後悔しています。

6.夢をかなえられなかったこと

夢がかなわなかったことより、夢をかなえるために全力を尽くさなかったこと。夢を持ち続けられなかったことが後悔になります。

7.悪事に手を染めたこと

悪いことをしてバレなかったとしても、悪事に手を染めたことは自分自身が知っています。

8.感情に振り回された一生を過ごしたこと

死ぬことに比べれば人生でおきるほとんどのことはたいした問題ではないことに気づきます。否定的な感情にとらわれたままの人生は後悔が多いようです。

9.他人に優しくしなかったこと

他人に優しくしてきたひとは死期がせまっても自分に心から優しくできるそうです。そういうひとは死をまえにしても後悔が少なくなります。

10.自分が一番と信じて疑わなかったこと

自分が一番だと信じているひとは、病気になって気づくことがあるそうです。謙虚に生きていれば人生が変わっていたのではと後悔しています。




社会・生活編

11.遺産をどうするかを決めなかったこと

元気なうちに遺産相続を考えてなかったことで、相続ではなく争続になることがふえています。

12.自分の葬儀を考えなかったこと

遺された家族に迷惑をかけたくないという思いがあるそうです。

13.故郷に帰らなかったこと

死期がせまると過去を振りかえる傾向があるので、後悔しないようからだが動くうちに故郷やお墓まいりにいきましょう。

14.美味しいものを食べておかなかったこと

病気になると体力がおちて食べられなくなります。味覚がかわることもあるので好きなや美味しいものは元気なうちに食べておきましょう。

15.仕事ばかりで趣味に時間を割かなかったこと

趣味=仕事のひとは病気になったときに何もできなくなります。病気になっても打ち込めるものをもっているひとほどさいごの時間を有意義に過ごしています。

16.行きたい場所に旅行しなかったこと

行きたいところがあれば、元気なうちに行くようにしましょう。病気になってからでは行くことができません。

人間編

17.会いたい人に会っておかなかったこと

ひとの一生はなにがあるか分かりません。会いたいひとがいれば後悔しないようにしましょう。

18.記憶に残る恋愛をしなかったこと

人生には愛が必要なんですね。

19.結婚をしなかったこと

夫婦のふかい結びつきはさいごの苦しみをやわらげてくれます。

20.子供を育てなかったこと

おおくの家族にかこまれた患者さんはさいごのときでも笑顔ですごす時間がおおいそうです。

21.子供を結婚させなかったこと

子どもが独身でひとり立ちしていないと、さいごのときに後悔がでます。

宗教・哲学編

22.自分の行きた証を残さなかったこと

なにかを残すことで自分の人生を意味あるものとして完結したいという願いが少なからずあるそうです。

23.生と死の問題を乗り越えられなかったこと

死ぬまでに生と死の意味を自分なりに考えていないひとは、死期がせまったときに戸惑うことがおおいそうです。

24.神仏の教えを知らなかったこと

宗教をつうじて死を考えることで最後のときを平穏なこころでむかえることができます。

最終編

25.愛する人に「ありがとう」と伝えなかったこと

こころのなかでおもっていても、ことばにしないと通じないことがあります。さいごに後悔しないよう、いちばんたいせつな愛する人に「ありがとう」とつたえましょう。



まとめ

「死ぬときに後悔すること25」いかがでしたでしょうか。

後悔のない人生はむずかしいとおもいますが、おおくのひとが後悔していることを元気なうちに知ることで、いままでの生きかたを改めて考える機会になりました。

たけうち
他にもこういうことを後悔するそうです。
医者が教える「人が死ぬときに後悔する34のリスト」
医者が教える「人が死ぬときに後悔する34のリスト」
先日、「医者が教える人が死ぬときに後悔する34のリスト」を読んだので内容をまとめてみました。 この本は青山自然医療研究...
看護師は見た!『死ぬまえに後悔することTOP5』
看護師は見た!『死ぬまえに後悔することTOP5』
あなたは死をまえにしたとき、何を後悔しますか?この質問に答えることは難しいと思います。オーストラリアのターミナルケアで多くの患者さんを看取ってきた看護師が、死をまえにした患者さんから聞いた、後悔している5つのことについて教えてくれます。

人生の最後で後悔することがひとつでも少なくなるよう、毎日を楽しんで生きていきたい思います。

今日も最後までご覧いただき、ありがとうございます!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする