医者が教える「人が死ぬときに後悔する34のリスト」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
たけうち
こんにちは、終活社長の竹内です。

先日、「医者が教える人が死ぬときに後悔する34のリスト」を読んだので内容をまとめてみました。

この本は青山自然医療研究所クリニックで所長をされていた川嶋 朗先生が書かれています。

川嶋先生は統合医療をされていて、「病気は自分がつくっている」という持論から心と体の両者にアプローチする治療をおこない、QOL (クオリティ・オブ・ライフ)を高く保ったまま死を迎えることで、QOD (クオリティ・オブ・デス=死の質) を充実させることを提案されています。

QODとは、自分の理想的な死とは何かを考えることで、死ぬ瞬間までいきいきと自分の理想的な生きかたをし、残された家族に対する後悔もなく、最期も希望どおりの死をかなえることで、死の質を高めることを意味します。





死ぬときにどんなことで後悔しているのかを知りたい人はこちらの記事もおススメです。

後悔しないための心がまえを1000人のお年寄りから教わった。
後悔しないための心がまえを1000人のお年寄りから教わった。
今日はアメリカで高齢者の研究をしているカール・ピルマー(Karl Pillemer)さんが書かれた、『1000人のお年寄りに...
看護師は見た!『死ぬまえに後悔することTOP5』
看護師は見た!『死ぬまえに後悔することTOP5』
あなたは死をまえにしたとき、何を後悔しますか?この質問に答えることは難しいと思います。オーストラリアのターミナルケアで多くの患者さんを看取ってきた看護師が、死をまえにした患者さんから聞いた、後悔している5つのことについて教えてくれます。

目次

病気を治せるのは医者ではない

ガンなどの病気は、生活習慣や考えかたなどが原因になっていて、いまの自分の生きかたが病気をつくりだしています。

 病院でおこなう治療は症状をおさえることが目的になるので、病気を根本的に治すのは本人にしかできません。 

「なぜ生きたいのか」を真剣に考えてこなかった

死を意識することで、はじめて自分がやりたいことに真剣に向きあえるようになります。

ストレスの多い人生を送ってしまった

40代~50代の働き盛りのサラリーマンは、大病をすることで過剰なストレスと乱れた生活習慣を後悔するそうです。

がんにのまれてしまった

がんになってからの生存率がもっとも悪いのは、絶望してしまう人だそうです。

人を恨みつづけてしまった

憎しみや恨みは病気になる大きな原因といわれています。

生きているうちに「ごめんなさい」と言えなかった

死ぬときに立ちあえないことよりも、話ができるときに気持ちを伝えることのほうが大事です。

やりたいことができなかった

人間はいつ死ぬかわかりません。いま生きていることを意識して後悔しない人生にしましょう。

乱れた生活習慣を送ってしまった

 病気になることではじめて乱れた生活習慣について後悔する人がほとんどです。 

「死や大病は、知ってはいるけど他人のこと」という考えのひとがあまりにも多いようです。

自分だけは「大病にはならない」と思い込んでいた

生活習慣の乱れが原因になる糖尿病などは、重篤な状態になるまで安易に考えてしまうそうです。

なんでも「ラクしよう」としてしまった

魔法の薬や奇跡の治療法など、他人まかせの生きかたが死を招きます。

低体温をそのままにしてしまった

冷えは万秒のもと。原因となるストレスを減らしましょう。

人に言えない悩みを引きずってしまった

病は気から。悩みは病気を引き寄せます。

夜型の生活をつづけてしまった

病気の人は22時までに寝るのが良いそうです。



医者任せにしてしまった

病気は自分の生活習慣や考えかたで作られます。原因となる生きかたを変えずに医者まかせの治療を行なうだけでは根本的に治ることはありません。

「病院に行けばなんとかしてくれる」と思い込んでしまった

西洋医学は症状をおさえる治療しかおこないません。生活習慣や生きかたを変えるのは自分次第です。

病気のせいで夢をあきらめてしまった

病気になっても夢を追いかけることで体の免疫機能が高まるそうです。

もっと真剣にリハビリをしておけばよかった

努力をしないで病気が治るはずはありません。大切なことは何かを真剣に考えましょう。

途中で病院を替えることを躊躇してしまった

症状が改善しないときは医者に遠慮せずにちがう病院で受診しましょう。

セカンドオピニオンを聞かなかった

治療方針は主治医の独断で決まるので、ためらわずにセカンドオピニオンを受けましょう。

薬で病気を治せると思ってしまった

心の病気のほとんどは薬で治らないそうです。

健康診断で病気にされた

必要以上の健康診断は余計な治療をうける原因にもなります。

薬漬けになってしまった

必要以上の薬や必要のない薬が処方されていないか良くみるようにしましょう。

医者に薬の服用を強要されてしまった

長期的に飲む薬は効果とリスクを考えましょう。

延命治療で寝たきりになってしまった

胃ろうや呼吸器などの延命治療は日進月歩で進歩していますが、反対に死なせない医療の結果、寝たきり状態の高齢者も増えています。

自分が希望する最後があるのであれば、元気なうちにその意志を家族や周囲の人たちに伝えるようにしましょう。

延命治療を受けてしまった

死なせない医療の進歩が寝たきりの高齢者を増やすことになりました。

病院をたらいまわしにされた

病院の診療報酬の都合で長期入院の患者は3ヶ月ごとに転院させられることがあります。

家族に無理やり入院させられてしまった

家庭の事情で入院を強いられているケースもあります。

延命治療は望んでいないことを家族に伝えていなかった

元気なうちに伝えておかないと自分の希望しない治療がおこなわれます。

家族に自分の生死のリスクを負わせてしまった

リスクの高い手術を受ける可能性があるときは事前にどうするか自分の判断を伝えておきましょう。

家族に究極の選択をさせてしまった

延命治療を拒否するときは家族にその意志を伝えるようにしましょう。

お金が尽きた

経済的に継続できないような金額の医療には手を出さないほうがいいと言われています。

民間療法を盲信してしまった

西洋医学を否定する治療法を信じてしまった

ひとつの治療法に傾倒することは危険が高く、命を落とす可能性も少なからずあります。

「なんでも治せる」と言うヒーラーを信じてしまった

好転反応という言葉にだまされないようにしましょう。

経済的な事情で保険のきかない診療を受けられなかった

保険外診療の代替医療も効果のあるものは保険診療として認めてもらいたいと言っています。

最期に後悔しないために

「愛している」と言えなかった

愛情は言葉とカタチにして伝えるようにしましょう。

遺言を書いておかなかった

死んだあとに家族がお金のことで争わないように遺言を書いておきましょう。

エンディングノートをつけておかなかった

人生の最後を考えることでいまある時間を大切に生きましょう。

「TO DOリスト」をつくらなかった

死ぬまでにやりたいことを決めておきましょう。



まとめ

医者が教える「人が死ぬときに後悔する34のリスト」を読みすすめていくうちにタイトルと内容にギャップを感じましたが、書籍の中で繰り返し言われている「病気は自分がつくりだす」というフレーズが心に残りました。

また、QODを考えることで、自分に残された時間と避けられない死に向きあうこと、それによって生きている時間を大切にするという思いが終活につながっていると感じました。

本のなかにも書かれていましたが、ほとんどが死や大病は他人のことと考えています。

自分がその立場になってから後悔することが多いので、元気なうちに生活習慣や考えかたなど、改められることは少しづつでも改善していきたいと思います。

今日も最後までご覧いただき、ありがとうございます!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする