【3ヶ月もの定期で8.2%の高金利】退職金の運用は特別金利の定期預金でかしこく増やそう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
たけうち
こんにちは竹内です!

高金利の定期預金について相続定期預金でもまとめたことがありましたが、今日は相続定期預金の金利と変わらないほどの高金利をつけている退職金定期預金についてまとめてみたいと思います。



退職金定期預金とは

退職金定期預金は文字どおり退職金を対象にした金融商品です。

銀行によって条件が違いますが、退職金を受け取ってから1年以内の方や年齢、お住まいの地域を対象にしている金融機関もあります。

預金をする際に確認資料として、退職金を受け取った口座の通帳「退職金所得の源泉徴収票」など退職金の入金が確認できる書類の提出が必要になります。

期間は?

3年以上の長期の商品もありますが、高金利を狙うのであれば3ヶ月もの定期を利用して、数ヶ所の銀行に預け回したほうが利息がたくさんもらえます。

預け入れ金額は?

100万円以上の金融機関が多く、退職金で受け取った金額を預け入れ上限にしている銀行もあります。

満期後は?

満期日以降に一括して払い戻しができます。

その他

3ヶ月もの定期だけで運用すると1年で4回しか退職金定期預金が使えないので、3ヶ月もの定期の預け替えのあいだに1ヶ月ものや2ヶ月もの定期をはさむことで、1年に5~6回の退職金定期預金が利用できます。

たけうち
預け入れのスケジュールを上手に組んで高金利の恩恵を最大に活かしましょう!



おすすめの退職金定期預金のご紹介

3ヶ月もの定期 TOP3(運用プランあり)

3ヶ月もの定期 TOP3(運用プランなし)

1年もの定期 TOP3




まとめ

「退職金定期預金」いかがでしたでしょうか?

退職金定期預金ですが、商品を選ぶときに注意するポイントが一つあります。

高金利の3ヶ月もの定期にもありますが、「運用プランあり」となっている退職金定期預金は、定期預金と投資信託を組み合わせた商品になります。

見た目は高金利ですが、投資信託やファンドラップの手数料や管理費を計算すると、定期預金の金利分がほとんど無くなる場合があるので気をつけましょう!

「運用プランあり」の退職金定期預金を利用するときは、金利だけを見て判断しないでトータルの利回りを考えるようにしてください。

個人的には、虎の子の退職金を目減りさせないように、元本保証の退職金定期預金に預けることをおすすめします。

今日も最後までご覧いただき、ありがとうございます!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする