四十九日(しじゅうくにち)を知らないと地獄に落ちる?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
たけうち
こんにちは、終活社長の竹内です。

このあいだ四十九日(しじゅうくにち)について相談をうけたのですが、細かい内容までしらべたことがなかったので、今日は四十九日についてまとめてみました。



四十九日について

ひとは亡くなったあと、生前のおこないについて七日ごとに裁きをうけ、七回目にあたる四十九日の審判で極楽浄土へおくられる(もしくは地獄におちる)と仏教ではかんがえられています。

四十九日までは亡くなってから次にむかうまでの期間になります。

たけうち
宗旨宗派によっては違いがあります

この期間のことを仏教では中陰(ちゅういん)といい、審判のくだる四十九日目を満中陰(まんちゅういん)といいます。中陰のあいだは忌中(きちゅう)になり、お祝い事や旅行などはひかえます。

中陰のあいだ、裁きをうける七日ごとに遺族が供養をおこなうことで、亡くなったひとの生前の罪がゆるされるとされています。このことを善を追加すると言う意味で追善法要といいます。

七日ごとにおこなう法要は、初七日(しょなのか)、二七日(ふたなのか)、三七日(みなのか)、四七日(よなのか)、五七日(いつなのか)、六七日(むなのか)、七七日(なななのか、四十九日)といいます。

審判がくだる四十九日の法要は忌明け(きあけ)にもなり、親類縁者を招いて法要がおこなわれます。

これが四十九日法要です。

初七日は、亡くなったひとが三途の川にたどりつく日とされています。最近はお葬式の日にあわせて法要をおこなうことが多くなっています。

たけうち
ちなみに五七日(いつなのか)の裁きをおこなうのは誰だか知ってますか?



たけうち
そう!みなさんご存じ閻魔大王です。

閻魔大王以外にも七日ごとに、秦広王初江王宋帝王五官王変成王泰山王が生前の罪を裁いていきます。

 四十九日のあいだは、地獄に落ちないよう遺族にしっかりと追善法要をしてもらいましょう! 

四十九日の数えかた

よく聞かれるのが、四十九日の数えかたです。

四十九日は亡くなった日から数えますが、亡くなる前の日から数えることもあります。

本来は亡くなってから四十九日目に法要をおこなうのですが、最近は仕事の都合などにより日程を変更することも少なくありません。

そのときは四十九日より前に法要をおこないます。



四十九日法要について

四十九日の法要はひとつの区切りになりますので、遺族以外の親類縁者も招かれます。

法要の準備

日程と場所を決めましょう:日程は四十九日を過ぎないように、菩提寺があれば住職と相談して決めます。場所はお寺か自宅でおこなわれることが多いです。

案内状を送りましょう:身内だけの場合は電話で済ませることが多いですが、故人とお付き合いの深かったひとを招くときには招待状をおくりましょう。

  謹啓 ○○の侯  皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます

このたび亡父 憲二の四十九日にあたり左記のとおりささやかな法要を営みたいと存じます
つきましてはご多忙中まことに恐れいりますが ご参会賜りますようご案内申し上げます

敬具

日時 平成○○年○○月○○日(○曜日)午前○時○分より
場所 自宅にて
住所 八王子市○○町 ○○○
電話 ○○○○○○○○○○
※なお、法要後は供養の粗宴をご用意いたしております

平成○○年○月

住所 ○○市○○町○○○
電話 ○○○○○○○○○
竹内 義彦

     ※お手数ではございますが○月○日までに返信にてご都合をお知らせ下さい。

案内状を出すときは注意点が3つあります。

  1. 出欠をたずねる。
  2. 二重封筒は用いない。
  3. 文中に句読点はつけない。

会食と引き出物の手配をしましょう:法要のあとにおこなう食事と参列者にお渡しする引き出物の手配をしましょう。

位牌を用意しましょう:法要のあと白木の位牌から本位牌にかわりますので、当日までに用意しましょう。

香典返しの準備をしましょう:通夜・葬儀に香典をいただいた方にお礼状をそえて香典返しをおくります。

四十九日法要のながれ

  • 法要:読経、焼香など。
  • 会食
  • お墓まいり
  • 卒塔婆供養
  • 納骨:四十九日を過ぎてから納骨をおこないます。
たけうち
法要と会食だけの場合もあります。

服装は?

四十九日法要は、喪服が基本になります。

香典のおもて書きと相場は?

四十九日にわたす香典のおもて書きは「御仏前」「御供物料」になります。

香典の相場は故人とのつきあいの深さによりますが20,000円~50,000円程度になります。

お布施の相場

白い封筒に薄墨でなく黒い墨で書いて渡します。

四十九日のお布施の相場は30,000円~50,000円程度です。

そのほか、お車代は5,000円~10,000円

会食を辞退された場合は、5,000円~10,000円程度を包みます。

お車代と御膳料は、お布施と別の封筒にわけて渡しましょう。

ほかの宗教はどうなってる?

神式は四十九日のかわりに五十日祭をおこないます。忌明けもこの時期になります。

キリスト教のカトリックでは、死後の3日目、7日目、30日目に追悼ミサがおこなわれます。プロテスタントでは、亡くなってから1ヶ月後の命日に記念会をおこないます。

イスラム教や他の宗教に四十九日のような法要はありません。



まとめ

きょうは四十九日についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

あまり経験することがないので、四十九日などの供養については、何となく分かっているひとが多いと思います。

身内に不幸がないのが一番ですが、四十九日の意味だけでも雑学程度におぼえてみてください。

今日も最後までお付きあいいただきありがとうございました!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする