香典のおもて書き、間違ってませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
たけうち
こんにちは、終活社長の竹内です。

先日、香典のおもて書きについて質問されたので、今日は香典についてまとめてみました。



御霊前と御仏前。なにがちがうの?

香典のおもて書き。「御香奠」「御霊前」「御仏前」などいろいろありますが、香典袋を用意するときになにを買えばいいのか迷うことがおおいと思います。

このおもて書きのちがい。じつは宗教ごとに決められた書きかたがあるんです。

おもて書きを間違えると失礼にあたりますので、宗教ごとにまとめてみました。

  • 仏式:御霊前、御仏前、御香典、御香料
  • 神式:御霊前、御玉串料、御榊料、御神前
  • キリスト教式:御霊前、御花料
  • その他、無宗教:御霊前

これをみると御霊前がどの宗教でもつかえるので、先方の宗教がわからない場合は、御霊前と書いている香典袋を用意するといいですね。

ところで仏式の香典につかわれる御霊前御仏前。この「霊」「仏」のちがいが分かりにくいので、ちょっと調べてみました。

仏教では、ひとが死んでから四十九日のあいだは、死者の霊は行きさきが決まらずにこの世にとどまっているとしています。

そのあいだの期間に遺族が亡くなったひとを法要することで、四十九日後に死者の霊は極楽浄土にむかい成仏するとされています。

御霊前と御仏前のちがいは、成仏するまえの通夜や告別式のときに用意するものは御霊前。四十九日をすぎて成仏したあとに持参する香典は御仏前になります。

ただ、浄土真宗では「往生即成仏(死んだらすぐ仏になる)」という考えかたから、お通夜や告別式でも香典のおもて書きは御仏前になります。

キリスト教もカトリックとプロテスタントによってちがいがありますので、できれば事前に宗教や宗派の確認をしておきましょう。

香典について

香典はもともと仏教に由来することばで、亡くなられたかたの霊前にそなえるお香のための代金をつつんだものになります。

おたがいを助けあうという意味もあり、お葬式のときに米や野菜などの現物を近所の人びとが持ちよっていた時代もありました。

香典を渡すのは通夜や告別式になりますが、都合によって出席できない場合は、現金書留で香典を郵送することもあります。

その場合は香典だけでなく、かならずお悔やみの手紙をそえるようにしてください。



いくらいれるの?

香典を用意するときはいろいろかん考えることがありますが、そのなかでもとくに気になるのが、「いくらつつめばいいのか」ではないでしょうか。

もちろん自分の年齢や亡くなったかたとの付きあいによって、香典につつむ金額はかわってくるとおもいますが、ひとつの目安として香典の相場をまとてみました。

【家族・親族】
・祖父母:10,000~30,000円
・実親(義親):50,000~100,000円
・兄弟(姉妹):30,000~50,000円
・その他の親族:10,000~30,000円

【会社関係】
・上司や同僚:5,000~10,000円
・上司・同僚の家族:3,000~10,000円

【友人、その他】
・親しい友人:10,000~30,000円
・その他:3,000~10,000円

家族や親しい友人以外は1万円が上限になりますが、会社関係や友人などの葬儀のときは、ひとりだけ金額がちがうのも気まずいので、ほかの人と話しあいながら決めましょう。

お金の入れかた

香典に新札をつかうと、前もって用意していたという意味になります。

失礼にあたるので、香典には古いお札をつかってください。

どうしても新札しかないという場合は、折り目をつけてからつつむようにしましょう。

お金をいれるときは、お札のむきをあわせて裏面(顔のないほう)を上にしていれます。

金額の書きかた

香典袋にいれる中袋には、住所、氏名、金額をかきます。

金額は漢数字の大字(壱・伍・拾など)でかき、上包みをつかうときは、下から上の順につつんで水引をつけてください。

香典のわたしかた

香典はポケットにいれたり、むき出しで持つのはやめましょう。

かならず袱紗につつんで持っていきます。

受付で「この度はご愁傷様でございます」と一お悔やみのことばをのべたあと、受付の指示にしたがって記帳をおこないます。

記帳をすませてから、香典をわたします。

袱紗から香典袋を取り出し、相手に文字がよめる向きでわたしますが、そのときに「どうぞ御霊前にお供え下さい」とひとこと添えてください。



まとめ

ひとが亡くなるのは非日常のことなので、香典などのマナーやルールなど知らないことがおおいのですが、いちばん大切なことは「故人を偲ぶこと」ではないでしょうか。

故人とはなにかしらの縁があってつながっていたのですから、通夜や告別式は最後のお別れする時間という気持ちを大切にしたいと思います。

今日もさいごまでご覧いただきありがとうございました!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする