墓じまいと改葬~お墓の引っ越し~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
たけうち
こんにちは、終活社長の竹内です。

終活の相談を受けていると、多くのかたがお墓の継承や管理について悩まれていることを感じます。

先祖代々のお墓が遠くにあったり、お墓を継いでくれる子どもがいない場合や、子どもがいても娘ばかりなので自分が死んだあとにお墓を管理してもらうことができないなど、様々なケースでお墓の問題を抱えていらっしゃいます。

遠くにあるお墓の管理ができないので、いま住んでいる近くにお墓を移したり、樹木葬や納骨堂など継承する必要のないお墓をえらぶひとも最近は増えてきています。

そんな墓じまいと改葬~お墓のお引越し~について、今日はまとめてみたいと思います。



墓じまいとは

墓じまいとは、お墓から遺骨を取り出したあとお墓を撤去して処分することをいいます。

お墓を撤去したあとは、墓地も更地にもどしてお寺や霊園の管理者にお返しします。

墓じまいの理由として、大きく2つの理由があります。

  1. お墓を継いでくれるひとがいない。
  2. お墓が遠方にあるので満足に供養ができない。

少子高齢化が進んでいる現実を考えると、今後はますますお墓を継ぐ人は少なくなっていきます。

先祖代々のお墓を無縁仏にしないよう、墓じまいをすることもひとつの選択肢になると思います。

手順について

1.墓じまいをすることを親戚や墓地管理者(菩提寺の住職など)に相談する。

2.新しいお墓の管理者に「受入証明書」を発行してもらう。

3.お墓のある市区町村役場から「改葬許可申請書」を取り寄せ、墓地管理者に署名捺印をもらう。

4.「改葬許可申請書」と「受入証明書」を提出して「改葬許可証」を交付してもらう。

5.遺骨を取り出す。(*石材店など専門の業者にお願いします)

6.遺骨を移動・安置する。

7.新しいお墓に「改葬許可証」を提出して納骨する。

墓じまいのポイント

改葬の手続きはいまのお墓がある市区町村役場でおこないます。

舞鶴市公式HPより

  1. 申請者の住所、氏名及び死亡者との続柄・・・続柄については、死亡者からみた続柄を記入してください。
    (例)死亡者が申請者の父母であれば、続柄は「長男」などとなります。
  2. 申請者と墓地使用者等との関係・・・墓地使用者等とは、祭祀承継者(お墓を受け継いだ人)です。納骨堂の場合は、ご遺骨の収蔵を依頼している人になります。
    本人でない場合は、「その他」のカッコ内に使用者からみた申請者の続柄を記入し、承諾を得てもらう必要があります。
    (例)墓地使用者が申請者の叔父であれば、続柄は「甥」となります
  3. 管理者の証明・・・埋葬、埋蔵又は収蔵されている場所については、現在の墓地の位置が分かるよう地名・地番・名称まで詳しく記入してもらってください。
    管理者がはっきりしない場合は、自治会長(町内会長)や檀信徒となっている宗教法人などによる証明をお願いします。
  • 埋葬・・・火葬せずにお墓に入れた場合をいいます。
  • 埋蔵・・・火葬してお墓に入れた場合をいいます。
  • 収蔵・・・納骨堂に納めた場合をいいます。

(舞鶴市公式ホームページ)

墓じまいやお墓の引越しのことを法律では改葬といいます。

市区町村役場の窓口では、「墓じまい」や「お墓の引っ越し」と言っても分からない場合がありますので、「改葬の手続きにきました」と伝えましょう。
[aside type=”normal”] 分骨の場合は市区町村役場での手続きは不要です。代わりに墓地管理者から「分骨証明書」を発行してもらいます。「分骨証明書」がない遺骨は埋葬できません。
[/aside]

遺骨の取り出しと移動について

遺骨を取り出すときは、お墓の閉眼供養(魂抜き)などの宗教儀式をおこなうので、墓地管理者と日程を調整しましょう。

また、取り出す遺骨についても次の3つを確認しておきましょう。

  1. お墓に埋葬されている遺骨が誰のものか確認しましょう。
  2. 遺骨の数を確認しましょう。
  3. 遺骨の方との関係を確認しましょう。
[aside type=”warning”]遺骨が土に還っていたり、かたちとして骨壷だけ埋葬されていることもあります。[/aside]

遺骨を自分で運ぶ場合は衝撃で骨壷が割れないように注意してください。

運送会社にお願いする場合は、日本郵便の『ゆうパック』のみ遺骨の搬送を受け付けています。

[aside type=”normal”]お墓に入っていた遺骨は水につかったり、汚れていることがほとんどです。納骨堂に改葬する場合などは遺骨を洗ってきれいにする必要がありますので、遺骨を取り出したときは状態を確認するようにしてください。[/aside]

新しいお墓で気をつけること

遺骨の収骨数に制限がないかどうか。

納骨堂などに改葬する場合、スペースの関係上すべての遺骨が収まらないことがあります。

[aside type=”warning”]これからはいる自分の分も忘れずにカウントするようにしてください。[/aside]

墓石を一緒に移動させる場合、受け入れてくれるか事前に確認すること。

墓地により石材店を指定している場合や、墓石が大きくて墓地のスペースに入らないこともありますので、遺骨と一緒に墓石を移すときは確認してください。

納骨するとき

納骨するときは開眼供養(魂入れ)納骨式などの宗教儀式をおこないますので、墓地管理者と日程を調整しましょう。

[aside type=”warning”]改葬許可証や墓地使用許可証など納骨に必要なものを忘れないようにしてください。[/aside]


散骨や手元供養をするときは・・・

散骨や手元供養をするときは、分骨と一緒で改葬許可証はいりません。

ただ、勝手に遺骨を取り出すことはできませんので、市区町村役場で「遺骨引渡証明書」をもらい墓地の管理者に署名捺印してもらいましょう。

[aside type=”warning”]「受入証明書」がないと遺骨の取り出しを許可しない自治体もあるので事前に確認してください。[/aside]

3つのトラブル

墓じまいでおきる大きなトラブルは次の3つです。

親戚とのトラブル

地方で墓じまいの話をすると「世間体が悪い」とか「墓は子どもが継ぐのが当然」などの意見を聞きます。

また、普段はお墓の面倒を見ていない親戚でも、墓じまいとなると反対する人も出てきます。

特に墓じまいにかかる費用を負担する間柄の場合は、よく話し合わないとトラブルになる可能性が高いです。

墓地管理者とのトラブル

墓地の管理者が公営の市区町村や民間の霊園であれば、トラブルはほとんどありません。

しかし、お寺の境内にお墓がある場合は檀家をやめることになるので、墓じまいを考えるときは事前に相談しないとトラブルになることがたくさんあります。

よくあるトラブルは、墓じまいが決定事項としてお寺の住職に伝えるケースです。

トラブルを避けるためには、一方的に墓じまいを告げるのではなく、前もって住職や住職の奥様、檀家総代の方々に相談することをおすすめします。

遠方に住んでいる場合は、「いまの状態で墓参りなどの供養を続けるのには難しいこと」や、「高齢でお墓を継承する人がいない」などの状況を説明して、先祖の供養を軽んじている訳ではないことを理解してもらいましょう。

墓石の撤去・処分のトラブル

墓石の撤去・処分に高額な費用を請求されることがあります。墓地により指定の石材店しか出入りできないケースもあるので、時間をかけて周りと相談しながら見積りを取るようにしてください。

作業後に追加のオプション料金が発生した事例もありますので、過去の事例などを聞きながら墓じまいを進めていきましょう。

費用について~お布施の相場~

実際に墓じまいをするとなると気になるのが、いくらかかるのか?だと思います。

ここでは墓じまいに掛かる費用を1つずつ調べていきたいと思います。

離檀料

寺院墓地の場合、この費用がいちばん気になると思います。

本山などお寺の格付け法事のときのお布施の金額によっても離檀料はちがってきます。

目安として3万円~10万円、多くても20万円が相場になります。

遺骨を取り出すとき

閉眼供養(魂抜き)のお布施は3万円~5万円が多いようです。

納骨するとき

開眼供養(魂入れ)や納骨式のお布施も3万円~5万円が相場です。

墓地の撤去・処分費用

墓じまいしたあとの墓地は更地にして返します。

そのときにかかる費用ですが、 目安としては1㎡あたり10万円程度です。

お墓の構造や立地条件によって追加料金がかかります。

その他

証明証の発行にかかる費用が数百円~数千円。

遺骨の搬送や洗骨にかかる費用が数千円~数万円になります。

[aside type=”normal”]※これらの費用に新しいお墓の取得費を含めた金額が、墓じまいに掛かる費用の全てになります。[/aside]



まとめ

『墓じまいと改葬~お墓の引っ越し~まとめ。』いかがでしたでしょうか?

墓じまいを考えているかたは、前もって親戚やお寺の住職などに相談するなど、時間をかけて周囲の理解を得るようにしてください。

数十年前まで先祖代々のお墓は子孫が守っていくのが当然という風潮でしたが、いまは「のこされた家族に迷惑をかけたくない」というひとがたくさんいます。

少子高齢化がすすんでいることも墓じまいの原因のひとつですが、いちばんの問題は『生まれた場所で死なない』ひとが増えてきていることだと思います。

進学や就職で地元をはなれ都心で生活している人にとって、いま先祖代々のお墓は精神的、経済的にも大きな負担になっています。

次の世代の子や孫にその負担をかけたくないという気持ちが、墓じまいが増えている根っこの部分だとかんがえます。

今日も最後までお付きあいいただきありがとうございました!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする