人生がときめく片づけの魔法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kataduke
たけうち
こんにちは終活社長の竹内です。

先日、「人生がときめく片づけの魔法」を読む機会がありました。

この本は、TIME誌に世界で最も影響力のある100人に選ばれた、近藤麻理恵(通称コンマリ)さんが書かれた本です。

世界中で出版されたベストセラーなので、ご存知のかたも多いと思います。

このところ生前整理の相談がふえてきたので、今更ですが購読させていただきました。

たけうち
ベストセラー本はあまり読まないので、いままで手に取らなかったんですよね。

 それでは「人生がときめく片づけの魔法」を見ていきましょう! 

片づけても、片づけても、片づかないのはなぜ?

なぜ、片づけても、片づけても、片づかないのか?

この問いにコンマリさんは、「片づけを習ったことがないから、片づけられない」と一刀両断しています!

たけうち
片づけなさい!と言われても、片づけかたを教えてもらったこと無いですね。

ほとんどの人が、自己流で片づけをしています。

片づけは経験を重ねることで上達するものではなく、意識を変えて正しい方法で取り組まないかぎり、リバウンドを繰り返しながらエンドレスに続くそうです。

 整理整頓≠片づけ 

収納法の工夫はモノをためるだけで「片づけの根本的な解決にはならない」ともコンマリさんは言ってます。

たけうち
どうすれば片づけられるんでしょう?

まずは「捨てる」を終わらせる

効率よく片づけを進めるために 死守するゴールデンルール があります。

  1. 「モノを捨てること」
  2. 「収納場所を決めること」

ここで間違えてはいけないことは、捨てる作業を必ず先にすることです。

[aside type=”normal”]片づけのコツとして、コンマリさんは「一気に、短期に、完璧に」そして「まずは捨てるを終わらせる」と言ってます。[/aside]

モノを捨てる前に「理想の暮らし」を考える

ただ、なんでも闇雲に捨てれば片づけが成功する訳ではありません。

最初に考えてほしいのは、片づけをすることで「どんな理想の暮らし」を手に入れたいのかを具体的にイメージすることが大切です。

なぜなら、モノを捨てることは「何を残すのか」を考えることだからです。

たけうち
理想の暮らしに必要なモノが分からなければ、捨てるモノも分からないということですね!

[aside type=”normal”]コンマリさんは「触ったときに、ときめくかどうかで、捨てるモノと残すモノを選びましょう」とアドバイスしています。[/aside]




「モノ別」に片づけるとこんなにうまくいく

効率よく片づけるためには、片づけの順番があります。

1.衣類
2.本類
3.書類
4.小物類
5.思い出の品

1から順番に片づけるようにして下さい。

いきなり思い出の品から手を付けると片づけが進まなくなるので要注意です!

たけうち
より効率的にするなら、衣類のなかでもカテゴリーを分けるといいそうです。
[aside type=”normal”]トップス(シャツ・セーター)/ ボトムス /?ジャケット・コート / 靴下類 /?下着類 /?バック /?小物 /?イベント物(浴衣・水着)/?靴 など[/aside]

片づけをするときは、家じゅうにあるすべての場所からカテゴリーのものを「一つ残らず集めること」がポイントになります。

ひとつひとつ手にとって自分が考える理想の人生にフィットしないものは全て捨ててしまいましょう!

書類は未処理のものか契約書以外、使用頻度の高いものでなければ全捨てが基本です。

[aside type=”warning”]片づけられないからといって、思い出の品を実家に送るのはやめましょう。[/aside]

人生がキラキラ輝く「ときめき収納レッスン」

片づけのゴールデンルール2つ目のポイントは、家にあるもの全てに定位置を決めておくことです。

コンマリさんのおすすめ収納方法は、行動導線や使用頻度を気にせず、同じカテゴリーのものは分散させず1か所に収納すること。

そうすることで出したモノを自然にしまう習慣が身についてくるそうです。

たけうち
確かに部屋が散らかってるときはモノを出しっぱなしにしてるからですよね

[aside type=”warning”]消耗品などのストックしすぎも片づかない原因です。[/aside]


人生がドラマチックに変わる片づけの魔法

 「部屋を片づけると、なぜかやりたいことが見つかる」 とコンマリさんは言ってます。

モノを捨てられない原因を突き詰めると「過去に対する執着」「未来に対する不安」の二つになるそうです。

「過去に対する執着」と「未来に対する不安」でモノが捨てられないときは、自分にとって何が必要なのか分かっていない状態です。

「自分がときめくモノは何か」をいま持っているモノにていねいに向きあいながら確認しましょう。

いらないものを捨てることで、自分にとって好きなことや大事なことがハッキリします。

たけうち
「何を持つのかは、まさにどう生きるのかと同じこと」ですね。

まとめ

「人生がときめく片づけの魔法」は6年前に出版された本ですが、いま読んでも内容が劣化していることなく片づけの本質が書かれてました。

片づけというと整理整頓や収納など、表面的な行為に目を向けがちですが、「自分が理想とする生活は何なのか」という内面に焦点を当てて考えることが片づけの第一歩なんですね。

コンマリさんが言うとおり、この方法で片づけをすれば間違いなくリバウンドはないと思います。

自分自身と向き合いながら理想の生活や生きかたを考えることは、片づけも終活も本質はおなじですね。

今日も最後までご覧いただき、ありがとうございます!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする