「天国の食卓と地獄の食卓」の話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
diningtable
たけうち
こんにちは、終活社長の竹内です。

 今日は心のあり方で180°結果が変わるというお話を紹介したいと思います! 


ある人が、神様に「天国に行く人と地獄へ行く人の違いはなんでしょうか?」と尋ねました。

神様は、それでは「天国の食卓と地獄と食卓を見てみないか。」と誘いました。

その人は喜んで「ぜひ見に行きたいです。」と答えました。

まず地獄の食卓に連れていかれました。

どんなにひどい食べ物が用意されているのかと想像していたところ、これまでに見たこともないような豪華なご馳走が円卓に並んでいました。

どうしてこれが地獄の食卓なんだろうと思いました。

ところが円卓を囲む人たちに渡されたのは、3尺3寸(約1m)の箸でした。

持つところは端と決まっていて、食べ物をとっても口にすることができません。

人々は、目の前にある豪華な料理を食べられないことに対して不平、不満を口々に言い合いました。

大きく手を伸ばして箸を扱うために隣の人にぶつかります。

隣の人に対しても邪魔だと文句を言い始め、お互いに喧嘩するようになりました。

部屋中に怒鳴り声と愚痴が充満していました。

まさに飢餓地獄、阿鼻叫喚地獄でした。

次に天国の食卓に連れて行かれました。

円卓の上には地獄と同じ豪華な食事が置かれていました。

きっとわたされる箸が違うのだなと思っていましたが、

ここでも3尺3寸(約1m)ある箸が用意されていました。

招かれた人は、これじゃあまったく地獄と変わらないじゃないかと驚きました。

しかし、円卓を囲むみ人々はにこやかな笑顔をたたえています。

なにが違っていたのでしょうか?

人々は席につくと、周りの人にどの食べ物を食べたいですかと問いかけました。

そして欲しいものを3尺3寸箸でとってあげて、相手の口先にもっていきました。

相手は、喜んで食べてありがとうとお礼を言い、あなたはどれが食べたいですかと問い返しました。

お互いに好きな物を食べることができ満腹になることができました。

皆が終始なごやかな雰囲気で食事を楽しんでいました。



まとめ

いかがでしたでしょうか?

こういうお話は、自分がいま置かれている状況で気づきの内容が大きく変わってくると思います。

どれが正解ということはありませんが、そのときに感じた気持ちを深く掘り下げて見てください。

きっといまの自分に必要な何かに気づくきっかけになると思います!

今日も最後までご覧いただき、ありがとうございます!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする