切に生きる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
たけうち
こんにちは、終活社長の竹内です。

 今日は「生きること」について、ちょっと考えさせられた道元禅師の逸話を紹介したいと思います! 


ある時、弟子が師の道元に聞いた。

「人間は皆仏性を持って産まれていると教えられたが、仏性を持っているはずの人間になぜ成功する人としない人がいるのですか」

「教えてもよいが、一度は自分でよく考えなさい」

道元の答えに弟子は一晩考えたがよく分からない。

翌朝、弟子は師を訪ね、ふたたび聞いた。

「昨晩考えましたが、やはり分かりません。教えてください」

「それなら教えてやろう。成功する人は努力する。成功しない人は努力しない。その差だ」

弟子は、ああそうか、と大喜びした。

だがその晩、疑問が湧いた。

仏性を持っている人間に、どうして努力する人、しない人が出てくるのだろうか。

翌日、弟子はまた師の前に出て聞いた。

「昨日は分かったつもりになって帰りましたが、仏性を有する人間に、どうして努力する人、しない人がいるのでしょうか」

「努力する人間には志がある。しない人間には志がない。その差だ」

道元の答えに弟子は大いに肯き欣喜雀躍家路につく。

しかしその晩、またまた疑問が湧いた。

仏性のある人間にどうして志がある人とない人が生じるのか。

弟子は四度師の前に出て、そのことを問うた。

道元は言う。

「志のある人は、人間は必ず死ぬということを知っている。志のない人は、人間が必ず死ぬということを本当の意味で知らない。その差だ」




まとめ

道元禅師の逸話いかがでしたでしょうか。

切に生きるの「切に」をググってみると、「心に強く思うさま」という意味がでてきます。

何を成功と定義するかは人それぞれですが、人生に限りがあることを理解しているかどうかで生き方に違いが出るのは間違いありません。

忙しく過ごしていると、日常に流されて大事なことを忘れてしまいがちになりますが、たまにはちょっと立ち止まって自分の人生と生きかたについて考える時間を持ってみませんか?

今日も最後までご覧いただき、ありがとうございます!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする