世界有数のパワースポット!ゼロ磁場の分杭峠(ぶんくいとうげ)にいってきました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
たけうち
こんにちは、終活社長の竹内義彦です。

みなさんゼロ磁場ってご存知ですか?

巨大なエネルギーが充満している長野県の分杭峠。ここには「ゼロ磁場」とよばれている世界有数のパワースポットがあります。



ゼロ磁場ってなに?

ゼロ磁場プラス(+)マイナス(-)の磁気を帯びた断層がぶつかっている場所で、おたがいのパワーが拮抗して磁場がゼロになっているポイントことです。

ゼロ磁場は未知の地球エネルギーが出入りする特別な場所といわれ、世界各地で発見されています。

分杭峠について

分杭峠は長野県伊那市にあり、南アルプスの麓に位置する標高1,424mの峠になります。

ここは中央構造線の上にあるので、まっすぐな谷が分杭峠の広場からみることができます。

こんなカンジでまっすぐのびてます。

パワースポットとしての分杭峠

巨大断層フォッサマグナと中央構造線のうえにある分杭峠ですが、ここがパワースポットとして発見されたのは20年ほどまえの1995年7月2日になります。

日本の研究団体が中国政府公認の高名な気功師を招いて調査した結果、ここが世界有数のゼロ磁場であることを発見しました。

分杭峠を発見した張志祥という気功師は、中国でも有名な連花山のゼロ磁場も発見しています。

ゼロ磁場は地球の生命エネルギーである波動が充満しているパワースポットです。



ゼロ磁場への行きかた

ゼロ磁場へは交通規制がおこなわれていて、自家用車で行くことはできません。

分杭峠の手前にある粟沢駐車場からシャトルバスでゼロ磁場にむかいます。

分杭峠行シャトルバスの看板が目印です。

このシャトルバスで分杭峠にむかいます。

1台のシャトルバスで折り返し運転しています。2016年の運行期間は4月7日~11月23日の予定。

駐車場から10~15分ほどで分杭峠に到着します。

この先にあるスペースがゼロ磁場のパワーをいちばんかんじる場所です。

ほかにも水場とよばれるスポットがあり、全面通行止の看板横をとおって向かいます。

水場のまえにはベンチ(写真右側)があり、ここでもゼロ磁場のエネルギーを感じることができます。

岩のすき間から筒が出ているので、水を汲んでもって帰るひともたくさんいました。

アクセス

〒396-0407 長野県伊那市、長谷

中央高速道路の伊那I.Cもしくは諏訪I.Cから152号線の高遠公園下を左折して粟沢駐車場(シャトルバス乗り場)になります。



まとめ

ゼロ磁場はエネルギーが蓄積されているポイントなので、わたしのように「気」を感じることができないひとにもいい影響はあるそうです。

おそらくゼロ磁場の気や波動に体内の磁場が同調して、人間の体が本来もっているニュートラルな状態になることにより、自然治癒力がたかまったり体調が回復するのだと思います。

1時間ほど滞在しましたが、訪れるまえとくらべてからだ全体がかるくなり、実感として肩や首のこりが取れました。

人によって得られる効果や感じかたはちがうと思いますので、気になるかたはぜひ一度おとずれてみてください。

最後に… ここはパワースポットといっても開運アップなどの場所ではありませんので誤解のないようにお願いします^^



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする