シニアライフに関する資格と試験、費用について調べてみました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
シニアライフ
たけうち
こんにちは、終活社長の竹内です。

このあいだ終活に関する資格と試験、費用について調べてみました。という記事で終活関連の資格について紹介したのですが、調べてみると「終活」だけでなく「シニアライフ」についての資格もたくさんあることがわかりました。

たけうち
今日はシニアライフの資格についてまとめてみたいと思います。

シニアライフの資格一覧

Googleで検索したところ、 シニア系の資格は5つ ありました。

・シニアライフマネージャー 
・シニアライフプランナー 
・シニアライフアドバイザー
・シニアライフコーディネーター 

・シニアライフカウンセラー 

たけうち
それでは一つづつ、資格の内容について見ていきましょう!

シニアライフマネージャーの資格と試験の内容

シニアライフマネージャーは 一般社団法人シニアライフマネジメント協会 が認定している資格です。

シニアライフマネージャーの資格について

一般社団法人シニアライフマネジメント協会が主催する講座を受講して試験に合格すると、シニアライフマネージャーになることができます。

資格は1級と2級に分かれていて、1級は受講資格が士業・宅建・FPなどの有資格者や供養関連業種になります。

シュウキャッツ
エンディングノート実務など4日間で16の講座があるニャ

2級は業種別に講座があり、受講資格は業種別に異なるようです。

たけうち
1級は2012年8月、2級は2015年6月に供養業種向けの講座が最後でした。

[aside type=”normal”]資格を取ったあとは4年に1回の更新が必要になります。[/aside]

試験と合格率

1級の試験は講座を受講した日におこなわれ選択式で出題されます。

講座は特別科目と通常科目に分かれていて、試験はその中のライフプラン、介護、お墓・仏壇、葬儀、グリーフケア、相続制、法定後見、任意後見、死後諸手続き業務の実践法から出されるようです。

試験内容の詳細と合格率について調べてみましたが、残念ながら情報はありませんでした。

たけうち
2級の試験についても詳細は分かりませんでした。

費用について

1級の受講料は189,000円(税込)、2級は30,000円(税込)になります。




シニアライフプランナーの資格と試験の内容

シニアライフプランナーは 一般社団法人シニアライフ協会 が認定している資格です。

シニアライフプランナーの他に上級資格として、シニアコンシェルジュとシニアライフインストラクターの資格があるようです。

シニアライフプランナーの資格について

協会が主催する検定に合格することで、シニアライフプランナーの資格を取得します。

検定はWEB検定と通信教育、認定/研修の3つの方法に分かれています。

WEB検定と通信教育は、申し込み後に協会から届いたテキストやDVDで自主学習をおこないます。

認定/研修は事前に送られている教材で勉強し、3時間の講義が座学でおこなわれます。

たけうち
認定/研修は最低10名からの申込みが条件です。

試験と合格率

試験内容は受講方法によって少し違います。

WEB検定と通信教育は、50問中35問以上の正解で合格、認定/研修は15問のテスト中10問以上の正解で合格です。

WEB検定と通信教育は、受講期間中なら何度でも受験できるので、 合格率はほぼ100% と思います。

費用について

費用も受講方法によって違います。

いちばん安いのはWEB検定で、協会の賛助会員の場合10,880円(税込)、いちばん高いのは認定/研修の非賛助会員価格(税込)で15,500円です。

たけうち
協会の賛助会員と非賛助会員で費用がかわります。

シニアライフアドバイザーの資格と試験の内容

シニアライフアドバイザー (財)シニアライフ財団 が認定する資格です。

シニアライフアドバイザーの資格について

財団が主催する養成講座を受講し、試験に合格することでシニアライフアドバイザーの資格がもらえます。

養成講座は通学と通信の2つのコースがありますが、通信講座がメインのようです。

講座内容は、自宅学習とスクーリング、体験学習になっています。

たけうち
受講前に、第一次審査の論文と第二次審査の面接があります。

試験と合格率

試験の代わりに修了試験がおこなわれます。

[aside type=”normal”]養成講座の受講から資格が認定されるまで、6ヶ月から1年の期間がかかります。[/aside]

費用について

受講料は58,000円(税別)になります。




シニアライフコーディネーターの資格と試験の内容

シニアライフコーディネーターは NPO法人関東シニアライフアドバイザー協会 が認定している資格です。

シニアライフコーディネーターの資格について

協会が開催する講座を受講することでシニアライフコーディネーターになります。

たけうち
講座は年に1回おこなわれているようです。

試験と合格率

試験の案内はないので、講座を受講することで認定されるようです。

試験がないので 合格率は100% ですね。

費用について

受講料は一般が30,000円、東商関係・後援団体が20,000円、協会会員が10,000円になります。

たけうち
シニアライフアドバイザーの資格から協会が設立されたようです。

シニアライフカウンセラーの資格と試験内容

シニアライフカウンセラーは 一般社団法人シニアライフサポート協会 が認定している資格です。

シニアライフカウンセラーの資格について

協会が主催する養成講座を受講し、認定試験に合格することでシニアライフカウンセラーになります。

養成講座では、高齢者住宅、介護保険制度、健康・医療、見守り・後見制度、相続・遺言、生活支援、財産管理・税金、葬儀・墓、エンディングノート、コミュニケーション能力について学びます。

[aside type=”normal”]シニアライフカウンセラーの資格は、初級・中級・上級の3つあります。[/aside]

試験と合格率

試験は養成講座を受講した日におこなわれます。

初級講座は20分の試験、中級講座は30分の試験、上級講座は35分の試験時間になります。

試験の内容や合格率についての情報はありませんでした。

費用について

初級講座は19,800円(税込)、中級講座は23,000円、上級講座は23,000円になります。

たけうち
講座のほとんどが北海道でおこなわれてます。




まとめ

シニアライフに関する資格も終活に負けず劣らず増えてますね。

いろんな協会があって、それぞれが認定している資格なので、資格を取るときは活動内容などを調べてから、自分にあったものを選ぶようにしましょう!

今日も最後までご覧いただき、ありがとうございます!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする