お気軽にお電話ください(年中無休:10時~17時)

【50代】趣味がないとお悩みのあなたに!趣味の見つけ方・探し方アイデア5選

 

記事監修者:一般社団法人終活協議会代表理事:竹内義彦

記事監修者:一般社団法人終活協議会代表理事:竹内義彦

この記事を書いている人 - WRITER -

趣味はなんですか?と聞かれたらすぐに答えられますか?

とりあえず、趣味は読書、映画鑑賞や音楽鑑賞と答える人も多いかもしれません。

履歴書にも趣味を書く欄がありますが、筆者もいつも他人受けのいい無難なこの3つを書くことが多いです。

でも趣味こそ、他人の目を気にしないで自分の好きなものであるべきですよね。

【趣味とは】

仕事・職業としてでなく、個人が楽しみとしてしている事柄。

引用:goo辞書

50代からは楽しみにできる趣味があると毎日が生き生きします。

 

この記事では趣味がないとお悩みな50代が輝ける趣味の見つけ方や楽しむアイデアについてご紹介します。

目次(この記事は以下の順番で構成されております)

  • 50代の趣味は生きがいになると人生が楽しくなる
  • 50代から新しいことを始める(SNSにチャレンジ!)
  • 50代から趣味を見つけて趣味サークルに入ろう
  • 50代から始めるスポーツ
  • 一般社団法人終活協議会が50代におすすめしたい趣味
  • 50代から終活を学ぶ
  • まとめ

50代の趣味は生きがいになると人生が楽しくなる

50代は体の変化と心の変化が大きく現れる年代です。老眼が進んだり、男女ともに更年期があり、心も不安定になりがちです。

 

子育てしている人はちょうど子供の手も離れて、ぽっかりと穴が空いたような気持ちになり、子育てに変わる熱中できるものはないかと思った時に何もないことに気がつくのも50代からです。

 

子育てしながらも自分のやりたいことを隙間時間を見つけて続けていた人は、子供が巣立っていっても趣味が生きる力を支えてくれます。

50代は体と心の変化が激しい年代ですが、趣味が生きがいになると不調も乗り切れて楽しく過ごすことができます。

 

 

何も趣味がなかったという方も50代から新しい趣味を始めてみてはいかがでしょうか?

 

50代から新しいことを始める(SNSにチャレンジ!)

コロナ禍で新しい趣味に取り組んだことがあるかという質問に対して、

「50代は特に取り組んだり、意識したことはない」

という回答の割合が高かったデータがあります。

それでも50代はなんらかの挑戦や取り組みをした割合が44%でした。

出典:内閣府「新型コロナウイルス感染症の影響下における 生活意識・行動の変化に関する調査」2020年

 

上記のデータを見ても、50代は本格的な趣味を持っている人が1割いて、ビジネスや新しいことに挑戦しようとする方も他の年代とあまり変わりありません。

 

50代はまだまだ気力が充実して新しいことにチャレンジしてみようという気概もある年代です。

 

コロナ禍で巣ごもり生活が続いたときに、SNSにチャレンジした50代も多く、シニアの趣味としてSNSを活用されている方がテレビでよく紹介されていました。

 

50代の大半はSNSなんてできないと思っていて毛嫌いしている方も多いのですが、近くに教えてくれる人がいれば実にのめりこみやすく楽しむ趣味にできそうです。

でも趣味を一人でやるのはなんだかさびしいなという方におすすめなのは…

趣味のサークルに入ることです。

 

50代の趣味の楽しみ方は趣味サークルに入ろう

趣味は一人で楽しみますか?それとも仲間と楽しみたいですか?

 

習い事などを始めると仲間ができますが、人間関係が煩わしくてせっかく好きだった趣味をやめてしまうという方もいます。ちょっと残念ですよね。

リアルに会う人間関係はストレスも多いもの。

 

そんなときにおすすめしたいのがフェイスブックのグループです。自分の趣味のキーワードを入れて検索してみましょう。

 

たとえば、文房具を集めることが趣味な人は「文房具」と入れると無料で入れるグループがたくさん出てきますので、そのサークルに入って文房具好きな人と繋がることができます。

インドア趣味も楽しいですが、よりアクティブな50代におすすめしたいものはスポーツの趣味です。

 

50代から始めるスポーツの趣味

コロナ禍なので運動不足で太りがち。オンラインでスポーツを始めるのはいかがでしょうか?

 

もともと運動が好きな方は自主的にスポーツを楽しむことをされていますが、運動嫌いな人はやせたいというような目的があると長くスポーツを続けられそうですよね。

 

50代からのスポーツは楽しいことが一番大切です。

 

おすすめしたいのは宅トレです。

宅トレYoutuber竹脇まりなさんは2021年4月27日NHKの「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された方です。アラ還のお母さんと楽しく体を動かされています。これを見るとアラ還の方もやればこんなに体が動くんだとちょっぴりやる気がでてくるかと思います!

 

50代の筆者もやってみましたが、動きは簡単でくじけそうになると動画の中のまりなさんがいいタイミングで励ましてくれてとっても楽しくできました!

 

また、昔やってみたかったけれどできなかったスポーツを体の動くうちにチャレンジしておくのもおすすめです。

終活の専門の当サイトでおすすめしているシニアにおすすめの趣味もご紹介しましょう。

 

一般社団法人終活協議会が50代におすすめしたい趣味

一般社団法人終活協議会がおすすめする趣味です。

こちらの動画は、終活協議会代表の竹内氏が、老後におすすめの趣味ベスト3として

  • 映画鑑賞
  • 美食探訪
  • 旅行

を紹介しています。

竹内氏は、終活の講演で「老後の趣味」について相談されることが多く、特に人気の3つについて解説している動画です。

 

次の動画は、特にシニア女性におすすめの趣味をランキングで紹介しています。

  • 第7位 映画鑑賞
  • 第6位 音楽鑑賞
  • 第5位 ショッピング
  • 第4位 読書
  • 第3位 手芸
  • 第2位 PC、インターネット
  • 第1位 旅行

趣味を紹介するだけでなく、「こんな方におすすめ」も加えているので、趣味探しに視聴してみてくださいね。

50代から終活を学ぶ

なにも趣味がない、これから新しい趣味を見つけたいと考える方におすすめしたいのが、50代から終活を学ぶことです。

終活にはどうしても「死」というイメージが強く、まだ死を身近に意識できない50代にはピンと来ないかもしれません。

 

ところが終活は実は「死」への準備ではなく、自分の人生を見直し、残されている時間をどのように使うべきなのかを再認識させてくれる今を生きるための学びです。

 

いずれ訪れる死のために今をよりよく生きるために終活を学ぶことを趣味とし、それを仕事にすることもできます。

 

『終活』を仕事にしませんか?
現代は新型コロナの状況下で、世の中の「働き方」が一変しました。 そんな中、今後さらなる需要の拡大が予想される『終活』は、将来性のある資格ともいえます。 新たなスキルを身につけ、自身や家族のサポートにとどまらず、幅広く、多くの方のサポートを行える『終活の資格』。 需要が拡大しつつある『終活』は、withコロナ、アフターコロナに負けない働き方の第一歩となるかもしれません。

 

また実際にエンディングノートは難しくなく、とても楽しく作ることもできます

実際に筆者もエンディングノートを作ってみましたが、自分がとても素敵な人生を生きてきたということを再認識することもできました。

それによって、50代からの人生をどのように生きるべきか考えるきっかけにもなりました。

 

エンディングノートの書きかた
エンディングノートについて詳しく知りたい方は→ エンディングノート関連記事一覧

まとめ

50代を楽しく生きるためのおすすめしたい趣味のアイデアをお伝えしました。

人生100年時代、50代はまだその折り返し地点です。

50代から輝ける趣味の見つけ方5選が参考になれば幸いです。

ぜひ楽しめる趣味を見つけて、キラキラ輝く人生を楽しんでくださいね!

お金のかからない趣味の見つけ方についてはこちらもご覧ください。

【厳選】50代から始める習い事9選|お金のかからない趣味、スポーツ、教室をご紹介

定年後、セカンドキャリアに役立つおすすめの資格や働き方、仕事についてご紹介しています。 →『資格、仕事、働き方』関連記事一覧

「終活の相談窓口」では終活に関する様々なサポートを行なっております。

竹内

  • エンディングノートの書き方サポート
  • 終活に関するご相談(無料)
  • おひとりさまの終活サポート

終活に関するご相談は以下からお願いいたします。

無料で受けられる「終活ガイド初級」で、終活の基礎知識を学びませんか?

エンディングノートの細かな部分をしっかり理解し、”『エンディングノート』を通じて豊かな人生のお手伝いをする”やり甲斐、使命感を感じられる仕事『エンディングノート認定講師講座』については以下をご覧ください。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 終活の相談窓口 , 2021 All Rights Reserved.