0120-111-859

image

終活の相談窓口

50代の一人暮らし|独身女性が考えておきたい「お金」「仕事」「生き方」について

トップ > 50代の一人暮らし|独身女性が考えておきたい「お金」「仕事」「生き方」について

「おひとりさま」という言葉は、社会的に広く認知されるようになってきました。

 

特に都市部では、若い人や高齢者に混じって、50代の女性も珍しくなくなっています。最近増えている50代一人暮らしの女性は、これからどんなことを不安に思うのか、気になるかもしれません。

 

その不安をなくして安心して暮らすために、今からどんな準備をすればいいのか、今回は50代一人暮らしの女性が考えておきたい「お金」「仕事」「生き方」についてご紹介します。

目次(この記事は以下の順番で構成されております)

  • 50代女性の一人暮らし|考えておきたいお金、年金に関すること
  • 50代一人暮らしの女性が考えておきたい老後の資金
  • 50代でもできる貯蓄・投資は、iDeCoやNISAがおすすめ
  • 50代独身女性|将来が不安なら働き方(仕事)の見直しも
  • 50代からの生き方|趣味や習い事
  • まとめ:50代の一人暮らし|考えておきたいお金と仕事と生き方について

50代女性の一人暮らし|考えておきたいお金、年金に関すること

50代の一人暮らしといえば、

が考えられるでしょう。いずれの場合も、家計を共にする配偶者がいない場合、平穏な老後を過ごすためには、将来への備えが最も重要です。

いちばんにはお金のこと。最低限のお金がなければ生活していけませんし、今後、体調を崩して医療機関への受診、介護サービスを受けることもあるかもしれません。

しかも現状では受け取れる年金にはあまり期待できないでしょうから、50代のうちに資金を貯めて、老後の生活費をある程度確保しておいたほうが安心でしょう。

 

50代女性の年金は以下の3つのパターンが考えられます。

政府の調査によると、女性の年金受給額の月平均は次のようになっています。

年金の種類 男性 女性
厚生年金 17万2742円 10万8756円
国民年金 5万8775円 5万3342円

(参考:厚生労働省「平成30年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況」)

 

厚生年金に加入していた場合は、一般的に国民年金しか加入してない人と比べると余裕のある暮らしができる可能性が高くなります。また持家がある場合、ゆとりある生活ができるでしょう。これからの人生を考えて、生活の資金設計を今からしっかり考えておきましょう。

50代一人暮らしの女性が考えておきたい老後の資金

女性が一人で生活する場合の必要な金額を調べてみましょう。

前提として、次のような仮定でご説明します。

 

総務省が2018年に調査した、「1世帯当たりの1ヶ月間の収入と支出(単身世帯)」によると、65歳以上の女性の1ヶ月あたりの支出は15万1,421円(食費、光熱費などの基本的な生活費を含む)でした。

 

さらに、厚生労働省が公表した令和元年簡易生命表によると、現在65歳の平均余命は約24年。単純計算で65歳から平均寿命の89歳まで生きる場合、

15万1,421円×12ヶ月=181万7052円(1年間にかかる平均消費支出額)
181万7,052円×24年(65歳の平均余命)=4,360万9,248円

というお金が必要になります。

 

つまり、平均余命の24年間生きるとすれば、約4,300万円が要るという計算になります。

ただ、老齢厚生年金が65歳から支給されるので、不足分を老後の資金として貯蓄しておけば安心でしょう。

 

2017年12月に厚生労働省年金局が公表した「2019年度厚生年金保険・国民年金の概況」によると、厚生年金保険(第1号)受給権者平均年金月額は女性で月に10万8,813円です。

 

これを65歳の平均余命の89歳まで受給したとすると次のようになります。

10万8,813円×12カ月=130万5,756円
130万5,756円×24年(65歳の平均余命の89歳-年金受給年齢65歳)=3,133万8,144円

この受給できる年金額を定年後以降にかかる必要な金額から差し引くと

4,360万9,248円(65歳の平均余命89歳までに必要な金額)-3,133万8,144円(65歳~89歳まで受給できる年金)=1,227万1,100円が必要

 

このことからも年金を受給できても、最低限、約1,230万円は老後に備えて貯蓄しておく必要があるということになります。

 

もちろん将来何が起きるかわかりませんし、さらに資金がある方がより安心ですね。

 

また定年が60歳の場合は、年金受給年齢の65歳までの5年間分、

181万7,052円×5年(年金受給年齢65歳まで)=908万5,260円

が必要になります。

 

住宅ローンが定年までに完済されないと、65歳以降は経済的にもっと厳しくなります。できれば繰り上げ返済など金融機関に相談してみましょう。

住宅ローンの完済が厳しい場合などにも有効?

現在、注目を集めているリバースモーゲージ

購入した物件をもとに、金融機関から融資を受けられるリバースモーゲージという制度があります。リバースモーゲージとは、持ち家を担保にして、そこに住みながらお金を借りられます。自宅を売却しなくても融資を受けられ、一括で融資額を受けるタイプと毎月分けて受け取るタイプがあります。対象は一戸建てが多いのですが、マンションも対象にしているところがあります。物件を購入している場合は融資を期待できるほか、物件を売却して現金に換え、老後の資金にすることもできます。

老後の一人暮らしで必要な貯金額はいくら?年金の種類、持ち家、賃貸で大きく変わる!

【50代】老後資金はいくら必要?平均貯蓄額や中央値から考える老後の資金作り

50代でもできる貯蓄・投資は、iDeCoやNISAがおすすめ

50代のうちに日々の生活を見直して、通信費や保険料などもう少しどうにかできると思えるものを抑えるのがおすすめですが、それだけでなく積極的に資金を増やすとさらに安心です。

 

おすすめは個人型確定拠出型年金iDeCoと、NISAとつみたてNISAです。

 

iDeCoは公的年金にプラスして給付を受けられる年金制度で、掛金を積み立て、預金や投資信託などで運用した後、原則60歳以降に受け取れるものです。

iDeCo つみたてNISA
最低投資金額 5000円 制限なし
運用期間 60歳まで(条件により70歳まで) 20年間
資産の引き出し 原則60歳以降 制限なし
税制上の優遇 運用益非課税、受取時所得控除、積立金全額所得控除 運用益非課税

 

iDeCoの掛金は全額が所得控除の対象で、例えば年収500万円(所得税10%・住民税10%)の人が、毎月12,000円(年間144,000円)を積み立てると、年間約28,800円の減税が期待できます。

 

仮に50歳から60歳まで毎月12,000円を10年間積み立てると、所得控除による減税効果だけでも 28,800円×10年で約30万円。さらに運用中の利息・運用益は非課税で、受け取る際も公的年金等控除や退職所得控除が使えます。

ただし、iDeCoは老後の資産形成を支援するための制度なので、原則60歳まで。途中の引き出しや脱退はできず、また、基本的に60歳を過ぎて積立を続けることはできません。

 

NISA、つみたてNISAは購入した投資信託の運用益が非課税になります。しかも非課税期間中、自分の好きなタイミングで売却、引き出しができ、途中で引き出したくなった場合にも安心です。ただし、併用はできません。

 

NISAは、年間非課税枠が120万円以下、つみたてNISAは40万円以下(毎月3万3,000円)とそれぞれ設定されています。

ですから、毎月用意できるお金が3万3,000円以下なら、つみたてNISAがおすすめということになります。

資金繰りについては、以下のYouTubeもあわせてご覧ください。

50代独身女性|将来が不安なら働き方(仕事)の見直しも

いま現在、正社員として働いており定年後も延長して働ける制度があるなら、それを利用するのも良いでしょう。しかし、50代独身とはいっても、『現在の貯蓄額』『老後の理想とする暮らし』『現在の仕事』は人それぞれかと思います。

年金や投資、節約について考えることも大切ですが、お金と間接的な関係にある『働くことと仕事』についても、いま一度考えてみてはいかがでしょうか。

人生100年時代と言われる昨今、50代からのセカンドキャリアや、副業や起業して好きなことにチャンレンジする新しい働き方にも注目が集まっています。以下では、独身女性が50代からでも検討できる働き方をご紹介しています。

働き方 おすすめする人 おすすめしない人
今と同じ会社に勤め続ける
  • 現在正社員として働いている
  • 今の職場が好き
  • 新しいことを始めるのに戸惑いがある人
  • 体力的な限界を感じている
  • ずっと転職したいと思いながら、タイミングを逃してしまった
副業
  • 副業に興味がある
  • 得意なことやスキルがある
  • 時間的な余裕がある
  • 体力的な面から在宅で働ける仕事を探している
  • 好奇心旺盛で行動的な性格
  • 今の収入だけでは正直不安だと感じている人
  • 今の仕事で手一杯
  • 新しいことを始めるのが面倒だと感じてしまう
パートタイム、アルバイト
  • ある程度自由の効く働き方を希望している
  • 気軽に働きたい
  • ある程度の貯金がある
  • たくさんの収入を得たいと考えている人
起業
  • 十分な資金(貯金がある)
  • ずっと起業してみたいと思っていた
  • 叶えたいと思う夢や理想がある
  • 人脈がある
  • これまでの仕事やキャリアで培った、誇れる経験やスキルがある
  • 十分な資金(貯金)がない
  • 人付き合いが苦手
  • 自分にできる気がしないと思ってしまう人
50代女性の働き方は他にも正社員や派遣の転職がありますが、現状50代からの転職は現実的ではないため記載しておりません。

ここでは上記の中で、最(もっと)も敷居が低く、簡単に始められる副業について、さらに詳しくご紹介いたしますね。ちなみに副業とは以下を定義としています。

副業とは、収入を得るために携わる本業以外の仕事を指す。

引用:Wikipedia

例えば、手先が器用ならアクセサリーを制作して販売したり、イラストが得意なら挿絵を描くなど。今はネットで受注もできるので、人気が出れば副業で収入を得るのも可能でしょう。

自分の得意なスキルが誰でも売れる「ココナラ」

 

また、ネット利用の在宅ワークも人気です。

文字や数字の入力や表のまとめなど、パソコンさえあればあまりスキルが必要なくできる仕事や、少しスキルがあれば画像編集やデザインなどもあるので、興味があってできそうな仕事なら挑戦してみてはいかがでしょうか。

これなら時間も場所も選びませんし、空いた時間にできますね。

<在宅ワークが探せるサイト>

クラウドワークス

ランサーズ

50代からの生き方|趣味や習い事

上記では、お金についてをメインにご紹介してきました。

ここからは、50代独身の女性が今後の人生をどう生きていくか、「生き方」について焦点を当ててみていきましょう。

いずれのパターンにしても共通していえるのが「孤独を感じやすい状況にある」ということではないでしょうか。今はまだ仕事をしている方が大半だと思いますし、孤独を感じる瞬間はそう多くないかもしれません。しかし将来的に、女性の一人暮らしは「孤独を感じやすい状況にある」と言っても過言ではないでしょう。

 

そこでおすすめしたいのが、趣味や習い事を始めることです。

 

同じ趣味を持つ人、習い事の教室でいつも会う人など、友人になりやすい傾向があります。

その中から話が合う、一緒にいて楽しいという人がいれば、個人的に友達付き合いができそうですよね。

もし、なにか新しく始めたい、あるいは昔やっていたことを再開したいなどの希望があるなら、ぜひ挑戦してみましょう。

 

どうしてもやってみたいことがない人は、友人の趣味に付き合う、自治体で無料や低料金で開催している各種の講座などに参加してみるのもおすすめです。

意外に楽しくなって趣味になる可能性もあります。試してみてください。自治体の講座などは各自治体のホームページやフリーペーパーなどで告知されるので、気をつけて探してみましょう。

【50代】趣味がないとお悩みのあなたに!趣味の見つけ方・探し方アイデア5選

まとめ:50代の一人暮らし|考えておきたいお金と仕事と生き方について

50代を迎えたら、老後にどのくらい資金が必要か改めて考えることが大切です。

年金だけでは足りない分は早めに準備して、少し不安があるのなら会社員の人は定年後も働くか、今からできる副業に挑戦してみましょう。

 

また身体に気をつけて健康でいることが大前提ですが、定年後を見据えて、今から趣味を見つけてプライベートの時間を楽しんだり、趣味を通して友人や仲間を作るのもおすすめです。

孤独にならないようにすれば、女性の一人暮らしはより充実したものになるでしょう。

老後のお金や、資産運用について、さらに詳しく知りたい方は→ 『老後のお金、資産運用』記事一覧
トップへ戻る