0120-111-859

image

終活の相談窓口

60代が婚活をして再婚するにはどんな方法を試すべき?おすすめの方法やアプリをご紹介

トップ > 60代が婚活をして再婚するにはどんな方法を試すべき?おすすめの方法やアプリをご紹介

60代ともなると、自分の将来や老後について考える人は多いでしょう。仮に配偶者がいれば、万が一のことがあった際には、頼りにできるため心強いかもしれません。

人によっては妻(夫)と死別したり、離婚したりする場合があります。もとより60代になるまで独身だった人は、もしものことがあったときに誰の手をかりれば良いのでしょうか。

 

今や何らかの理由があって「おひとりさま」であるシニア世代が、再婚相手を探すことは珍しくありません。

当記事では60代が真剣な出会いを探すにあたり、どのような方法を試せばいいのかをまとめました。

 

目次(この記事は以下の順番で構成されております)

  • 年齢は関係ない!60代シニアでも婚活や再婚をする時代
  • 60代が婚活を成功させるにはどうしたらいい?おすすめの方法をご紹介
  • 60代のシニア婚活・再婚でのトラブルは考えられる?
  • まとめ:60代が婚活をして再婚するにはどんな方法を試すべき?おすすめの方法やアプリをご紹介

年齢は関係ない!60代シニアでも婚活や再婚をする時代

一般的に結婚相談所と聞くと、30代や40代などの中年が利用するイメージです。ところが最近は多くの60代が婚活をしています。

 

NEWSポストセブンの記事に、某結婚相談所の会員数が公表されていました。60代は34%とかなりの割合を占めています。

この数字からも分かるとおり、結婚相談所に登録しているのは若い世代だけではありません。シニア層も良縁を求めてひたむきに活動しています。

 

婚活をしている60代は、今まで独身でさみしい思いをしてきた人や、再婚相手を探している人などさまざまです。

言うまでもなく結婚相談所の会員になるだけでは、いい出会いに恵まれる確率は低いでしょう。

 

では60代で婚活をしている人は、具体的にどうしたら再婚できるのでしょうか。

60代が婚活を成功させるにはどうしたらいい?おすすめの方法をご紹介

60代が婚活を成功させるには、どのような方法を試せば良いのでしょうか。さまざまな方法がある中で、下記についてまとめました。

  • 方法⑴お見合いをする、結婚相談所に行く
  • 方法⑵シニア向けの婚活アプリを利用する
  • 方法⑶シニア向けの婚活パーティーに参加する
  • 方法⑷習い事や趣味の場所で出会いを探す

方法⑴お見合いをする、結婚相談所に行く

日本には古くからお見合いの文化があります。かつてお見合いというと、知人や家族の紹介で知り合った人と会食をし、意気投合すれば籍を入れるのが一般的でした。

 

ところが現代では、熟年・中高年のための婚活パーティーが存在します。そうした出会いの場で気のあう異性とめぐり合い、結婚にいたるシニアは多いです。

 

ただしお見合いにしろ婚活パーティーにしろ、すべての男女がお付き合いに発展するとはかぎりません。

60代の中には、積極的に出会いを探していてもなかなかうまくいかない人がいます。

そのような60代の悲痛な声に耳をかたむけてくれるのが、シニア専用の結婚相談所です。

会員になると、プロの婚活カウンセラーが理想の結婚相手に近い条件の人とお見合いの場をもうけてくれます。

 

お見合いは、親族や知り合いからの紹介だとどうしても緊張してしまい、相手と本音で話しにくいかもしれません。

しかしシニア専用の結婚相談所では、まず婚活カウンセラーと再婚相手の条件について率直に話し合います。

(※場合によっては、会員の写真やプロフィールを見てお見合い相手を探すパターンもあります)

 

婚活カウンセラーに相談するメリットは、大きく分けて2つです。

  • 婚活カウンセラーはお相手探しをする際に、親身になって話を聞いてくれるため自分の要望を言いやすい。=自分の理想に近い人とお見合いできる確率がアップする。
  • お見合い相手と交際中に、困りごとや相談があれば婚活カウンセラーに相談できる。

 

恋愛は、第3者のアドバイスが入ると成就しやすい場合があります。

当記事を読んでいる人の中には、再婚するために日々行動をおこしているにもかかわらず、なかなか新しいパートナーが見つからずにもんもんとしている人がいるかもしれません。

正直なところ、誰の手もかりずに婚活を成功させるのは難しいです。もし興味がわいたのならば、結婚相談所に登録してみましょう。

 

下記におすすめの結婚相談所をまとめました。

結婚相談所 Allegro(アレグロ)

Allegroは、半年から1年以内の「スピード婚」を希望する人のためにある結婚相談所です。とにかく早く再婚したい60代の人は、婚活の専門員に相談してみると出会いがあるかもしれません。

 

※入会前、婚活カウンセラーに90分間無料で相談できます。

 

また自宅にインターネット環境がととのっていれば、オンラインにてお見合いすることも可能です。

 

結婚相談所 Allegro

関東婚活支援協会KMA

関東婚活支援協会KMAは、埼玉県で創業して以来40年以上の歴史をきざむ老舗の結婚相談所です。

そのうえ、KMAは婚活会員数・成婚数ともにナンバーワン、日本最大級の結婚相談所ネットワークとして知られる日本結婚相談所連盟(IBJ)に加盟しています。つまり、たくさんの出会いが見こめる結婚相談所です。

 

アドバイザーはただ単にお見合い相手を紹介するわけではありません。会員に対して、お見合いのマナーやカップルが成立したあと、どのように交際していくかなどを丁寧に教えてくれます。

 

今まで数多くの人と出会ってきたは良いものの、なかなか再婚に至らなかった人はKMAに相談してみましょう。

一方で、恋愛経験が少ない人であっても安心して相談できます。

 

関東婚活支援協会 KMA総本部

方法⑵シニア向けの婚活アプリを利用する

今や婚活アプリは、若者だけでなくシニア世代も利用する時代です。メリットは、多くのお金をかけなくても、いい出会いが見つかる可能性があるところ。

ここでは、60代向けの婚活アプリを2つご紹介します。

華の会メール

華の会メールは、中高年のための出会いマッチングサイトです。登録時に男性は1,500円分のポイントがもらえます。(※女性は、サイトを利用するのにお金がかかりません)

掲示板やMy日記機能などがあり、会員同士が気軽に交流できるのが魅力的です。

 

華の会メール

Partners

Partnersは、40〜60代をメインターゲットとする真剣なマッチングサイトです。男性は1,980円から、女性は完全無料でサイトを利用できます。

ほかのマッチングアプリやサイトにくらべ、価格が良心的なのがポイントです。

また累計会員数は90万人以上、男女比率は5:5のため多くの出会いに期待できます。

 

Partners

方法⑶シニア向けの婚活パーティーに参加する

60代はシニア向けの婚活パーティに参加すると、同じような境遇の人に出会いやすいです。

 

婚活パーティーでは、おいしいお酒を飲んだり食べ物を口にしたりしながら、同年代と楽しく交流できます。中には意気投合して、交際もしくは結婚に発展するカップルも。

真剣な出会いを求める60代は、ぜひ婚活パーティーに参加してみてください。

 

FIORE PARTYでは、全国を対象に中高年対象の婚活パーティーを開催しています。開催日時や場所によって内容が違うため、自分の目的や希望とマッチするパーティーを見つけやすいです。

方法⑶習い事や趣味の場所で出会いを探す

60代で再婚相手を見つけたい人は、習い事や趣味の場所で出会いを探すのもよいでしょう。

同年代が多くあつまる習い事や趣味の場には、良縁があるかもしれません。実際にシニア同士が共通の趣味を通じて知り合い、再婚するケースは多いとよく耳にします。

 

何を趣味にすればよいのかピンとこない人は、下記の記事をご参照ください。

60代男性女性の理想の生き方・過ごし方|おすすめの趣味や友だちの作り方

60代のシニア婚活・再婚でのトラブルは考えられる?

60代がシニア婚活や再婚相手探しをするうえで、事前に対策を練っておかないとトラブルに巻きこまれてしまう場合があります。

ここでは、かつてシニア婚活で実際におこった問題をまとめました。

トラブル⑴金銭問題(お金をだましとられる)

婚活中の男性に多いのが、気になっている女性からお金をだましとられるケースです。

とくに60代の男性は、女性の気を引きたいがゆえに「自分には年金や退職金、今までの貯蓄がある」と話すかもしれません。

筆者が思うに、その言動自体は悪ではないです。お金がないのにもかかわらずお金があるとウソをつくよりはいいでしょう。しかし、お金の話題は極力ひかえたほうがいいかもしれません。

なぜなら、この世の中には相手にお金があると分かった瞬間に近づいてきて、大金をだましとろうとする人間がいます。

 

過去にシニア婚活をしていた男性が交際中の相手に、多額のお金をとられるといった事件が発生しました。

詐欺をはたらく人間は「家族が入院してしまい、お金が必要」「子どもが事故にあった。いますぐ治療費を工面しなければいけない」などと理由をつけて、善良な心をもつ人の不安をあおってきます。

好きな人が困っていたら助けたくなる気持ちは、分からなくはありません。しかし、むやみに金銭のやりとりをすると危険です。

 

60代の人は、婚活を通じて知り合った人と交際している段階でお金の話題がでたり、高いプレゼントを要求されたりしたら要注意です。もし相手のことを少しでも不審に思ったら、結婚相談所のスタッフや周りの人間に相談しましょう。

 

※上記のトラブルは、婚活中のシニア男性に限らず女性にも当てはまります。金銭的な被害にあわぬよう、心しておきましょう。

トラブル⑵結婚後、経済的な問題が発生し破局

シニアカップルがはれて結婚したあと、経済的な問題を理由に破局してしまうトラブルはよくあります。

東洋経済の記事によると、成婚したはいいものの、お金の問題で別れてしまうシニアカップルが多いのだとか。

 

たとえば男性が女性の年金をアテにするような発言をし、口論になってしまうケース。もちろん性別は逆もしかりです。ほかにもシニア男性は、実際の収入より多くあるように見せかけがちなのが原因としてあげられます。

 

一般的に夫婦として共同生活をおくる以上は、おたがいのお財布事情を把握したいと思う人が多いです。好きな人相手だと見栄を張りたくなるかもしれません。

しかし、お金に関しては正直に話したほうがトラブルに巻きこまれないでしょう。

トラブル⑶性に関する問題

シニアカップルの性的な問題もトラブルになりがちです。シニア層のリアルを著書にまとめた人が言うには、シニア男性のほとんどが相手に性的な関係を望んでいるといいます。

ところが女性の場合、閉経すると性交する際に痛みを感じることがあるのです。人によっては「再婚しても、できれば性的な関係はもちたくない」と考える人がいます。

 

性交渉に関する認識は、男女で異なることが多いです。将来パートナーになるかもしれない相手とは、お金だけでなく性に関する問題についても話しあったほうが良いでしょう。

 

(参考:幻冬舎plus

まとめ:60代が婚活をして再婚するにはどんな方法を試すべき?おすすめの方法やアプリをご紹介

60代が婚活をして、しあわせをつかむにはどうすればいいのかをまとめました。当記事でご紹介したのは4つの方法です。

 

  • 方法⑴お見合いをする、結婚相談所に行く
  • 方法⑵シニア向けの婚活アプリを利用する
  • 方法⑶シニア向けの婚活パーティーに参加する
  • 方法⑷習い事や趣味の場所で出会いを探す

 

シニアの出会いは、お見合い、結婚相談所、婚活アプリ、パーティー、習い事、趣味の場などあらゆる場所にあります。

真剣な出会いを求めている60代のみなさんは、上記の方法をお試しください。

トップへ戻る