お気軽にお電話ください(年中無休:10時~17時)

70代の充実した生き方・過ごし方を送るためのポイントや具体策を紹介

WRITER
 

この記事を書いている人 - WRITER -

70代になるとこれまで頑張ってきたお仕事も終え、余生・第二の人生をどのように生きていくかで悩むところかと思います。

 

毎日を悠々自適に過ごせる反面、目的がなく、毎日に刺激が足りないと感じているのではないでしょうか?

このような、70代の生き方や過ごし方で悩む方は多いです。

 

そこで本記事では、70代を充実させる健康的な生き方・過ごし方について解説します。

すぐに実践できる具体的な方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

目次(この記事は以下の順番で構成されております)

  • 充実した70代を送るポイント
  • 70代を健康に過ごす生き方・過ごし方【運動編】
  • 70代を健康に過ごす生き方・過ごし方【食事編】
  • 70代を健康に過ごす生き方・過ごし方【趣味編】
  • 70代の趣味探しのポイント
  • まとめ

充実した70代を送るポイント

人生100年時代と言われて久しいですが、70代はまだまだ元気にアクティブに動きたい時期ですよね。

 

70代を楽しむ、充実させるためには、まず以下のポイントを押さえておくのが大切です。

  • 健康は不可欠
  • 筋肉を鍛える運動をする
  • バランスの良い食事を賢く取ろう
  • 趣味を見つけて老人性うつを避ける

 

それぞれについて簡単に説明します。

健康は不可欠

70代という時間を充実させるには、健康は不可欠と言えます。

健康に過ごせていないと、毎日を楽しく生きていくのはどう考えても難しいですよね。

 

そのため、ただ長生きするのではなく健康寿命をのばすことが重要だと認識してみましょう。

 

健康寿命をのばすためにやるべきことが、以降のポイントになります。

筋肉を鍛える運動をする

60代や70代など、歳を重ねるにつれて筋肉量は衰えていきます。

 

これは仕方ないことではありますが、健康寿命をのばすためには健康的な体づくりも大切です。

 

日頃から体を動かす「身体活動レベルの高い方」では、がんや循環器病、2型糖尿病のリスクが低下するという結果も出ています。

 

そのため、日頃から運動することを意識し、今より1日10分だけでも多く体を動かすことを始めてみてください。

バランスの良い食事を賢く取ろう

運動と同じくらい大切なのが食事です。

 

運動が体の外側からのアプローチであるのに対して、食事は体の内側からのアプローチになります。

 

両方を整えることによってより健康寿命がのびたり、毎日元気に活動できたりといったメリットがあります。

 

年齢に応じた多過ぎず、少な過ぎない食事や、偏り過ぎないバランスの良い食事が重要です。

 

70代におすすめの食事方法は、後ほどご紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

趣味を見つけて老人性うつを避ける

老後の毎日でよくある悩みが「やることがない」ということでしょう。

毎日やることがなければ、手持ち無沙汰になり、生きる活力も低下してしまいます。

 

これでは充実した生活にはなりませんよね。最悪の場合「老人性うつ」になりかねません。

 

そんな時に考えたいのが趣味を見つけるということです。

 

趣味があることで、

  • 自分が本当に好きなことを楽しめる
  • 一緒に活動する仲間ができる
  • 周囲から自分が必要とされていると認識できる

といった要素が生まれます。

 

これらは老後の充実感を変えてくれたり、周りから見ても楽しそうに見えたりなどの効果をもたらしてくれるのです。

 

70代の方におすすめの趣味は後ほどご紹介させていただきます。

70代を健康に過ごす生き方・過ごし方【運動編】

前章で、70代を充実させるポイントについてご紹介しました。

 

ここでは、その中でも「運動」について解説します。

70代の運動習慣について

厚生労働省の「平成30年国民健康・栄養調査結果の概要」を見ると、運動習慣のある者の割合は、男性で31.8%、女性で25.5%となっています。

 

この10年間で見ると、男性では有意な増減はなく、女性では有意に減少しているとされているのです。

 

年齢階級別に見ると、70歳以上の運動習慣のある者の割合は男性で45.8%、女性で37.5%と、どの年代よりも高い数値になっています。

 

しかし、歩数の平均値を見ると男性は5,053歩、女性は4,317歩となっており、健康長寿ネットで提唱されている「1日7,000~8,000歩」には届いていません。

70代におすすめの運動について

運動が大切だということは理解していても「どのくらい運動すればいいの?」「何をするのがいいの?」など、具体的な部分まではわかっていない方も多いでしょう。

 

厚生労働省が推奨している運動目標として、

  • 日常生活の中であらゆる機会を通じて外出すること
  • ボランティアやサークルなどの地域活動を積極的に実施すること

があります。

 

もう少し具体的な数値として、

  • ストレッチングや体操を1日10分程度行う
  • 散歩やウォーキングを1日20分程度行う
  • 下肢および体幹部の筋力トレーニングを1週間に2回程度行なう
  • レクレーション活動や軽スポーツを1週間に3回程度行う

が挙げられており、これらのうち1つ以上を行うことをおすすめしています。

 

ストレッチングや体操、ウォーキングといった活動であれば、公園や近所などで手軽にできますよね。

「筋力トレーニングや軽スポーツまでやりたい」と考えるのであれば、ジムに通ってみるのもいいでしょう。

 

自分にできそうなところから、少しずつ取り入れてみてください。

ボランティアやサークルなどの地域活動

運動目標として、地域活動を積極的に実施することも挙げられていました。

 

ボランティアをはじめとする地域活動は、運動効果があるのはもちろん、誰かのお世話をしたり、地域に貢献したりと人の役に立てます。

 

これらによって社会への貢献意識が芽生えますので、色々な人と交流を深められて生きがいを感じられるようになるのです。

まさに、充実した生き方・過ごし方に繋がりますよね。

 

ぜひ地域活動に参加することで、生きがいに結び付けた運動習慣を身につけてみてください。

70代を健康に過ごす生き方・過ごし方【食事編】

続いて、70代を健康に過ごすための食事について見ていきましょう。

 

日頃から健康を意識した食事作りをしている方もいれば、あまり気にしていない方もいるでしょう。

国立健康・栄養研究所の資料によると、後期高齢者では各種栄養素の不足に注意が必要であると考えられます。

 

百寿者の食生活を見ると、

  • 規則正しく3回食べる
  • 腹八分目
  • 緑黄色野菜を食べる
  • 魚肉・卵などの摂取を心がける

といった特徴があったそうです。

また、乳製品を多く食べる食事パターンの方は、生存率が長かったとの結果が出ています。

このように、バランスの良い食事は健康に繋がることが分かりますね。

 

農林水産省によると、一汁三菜を基本とする日本の食事スタイルは理想的な栄養バランスと言われています。

 

これまで食事に関して意識していなかった方は、ぜひ和食を中心とした食事に変えてみてはいかがでしょうか。

食事宅配サービスもおすすめです

これまで料理の経験がほとんどなく「和食なんて作れそうにない」という方もいるでしょう。

 

そんな場合は、ぜひ食事宅配サービスを使ってみましょう。

食事宅配サービスは、管理栄養士が栄養バランスを考えた食事を提供しています。

 

そのため、健康に役立つのはもちろん、食材を無駄にすることもないので人によっては経済的にも使えるでしょう。

 

食事宅配サービスには、

など、様々なものがあります。

ぜひ一度、検討してみてはいかがでしょうか。

70代を健康に過ごす生き方・過ごし方【趣味編】

3つ目に70代を健康に過ごすための趣味についてご紹介します。

 

健康を目的とした運動や食事以外にも、70代になると趣味はこれまで以上に大切な存在になります。

趣味に没頭することで、日々が楽しくなることや友人・知人との繋がりが増えますので、人生の充実度が高まりますよね。

 

70代だとまだまだ元気に活動している方も多く、新しいことにチャレンジしてみるのもいいでしょう。

 

例えば、昔はやりたかったけど断念したことがあれば、この時期に挑戦してみるのもおすすめです。

 

そのほか、シニア世代におすすめの趣味をここではいくつか紹介します。

 

国内・海外旅行

国内・海外旅行は、70代に人気の趣味です。

 

2021年現在は、新型コロナウイルスの影響でなかなか難しいところがありますが、仕事や子育てが終わり、自由な時間を活かした趣味になります。

 

シニア向けのツアーも充実しているので、気軽に参加できるのもメリットです。

 

温泉や観光地巡り、陶芸などの体験型ツアーなど様々なジャンルがあるので、飽きずに楽しめる趣味になるでしょう。

園芸・ガーデニング

園芸やガーデニングは自宅の庭・ベランダで気軽にできるので、こちらもシニア世代に人気の趣味と言えます。

新型コロナウイルスから自粛生活が続き、この機会に始める人も多いです。

 

園芸やガーデニングは、頑張って育てた植物が成長していく姿や美しさに癒されるといった楽しみがあります。

ミニトマトやバジルなど家庭菜園をすれば食事にも使えるので、達成感やおいしさも味わえますね!

 

育てるものによって、楽しみ方が変わるのも魅力の1つです。

ウォーキング・ジョギング

ウォーキングやジョギングは、手軽に始められることや健康にも繋がることでおすすめの趣味です。

有酸素運動なので全身の血行が改善され、生活習慣病や認知症予防にもなります。

 

ウォーキング・ジョギングと一緒に、カメラで風景・植物撮影などを楽しむのもいいですね。

新鮮な空気や季節の彩を感じながら行えば、心身ともにリフレッシュもできるでしょう。

美術館・動植物園・水族館

アートや絵画に興味のある方は、美術館を訪れるのもおすすめです。

特に、平日であれば比較的混雑していないので、ゆったりと時間を楽しめます。

 

また、動植物園や水族館など、生き物に触れ合うのも楽しいものです。

近くに楽しめる場所があれば、一度訪れてみるといいかもしれません。

映画鑑賞

映画鑑賞は、自宅で非日常を体験できる趣味の1つです。

もちろん、映画館に足を運んでダイナミックな映像・音響でも楽しめます。

 

身体機能の面で外出するのが難しい場合でもできる趣味なので、手軽に始められるでしょう。

 

知人・友人で映画が好きな方がいれば、一緒に楽しめるのも魅力的です。

カメラ

カメラも70代に始める趣味としておすすめです!

 

出掛けた先や生活の中でのちょっとした風景、お子さん・お孫さんなど、あなたが撮りたいものを気軽に撮影してみませんか?

カメラで撮った写真・データはいい思い出にもなりますよね。

 

機材を用意する必要がありますが、家族や友人と一緒に買い物に行けば、それさえもいい思い出になりそうです。

 

また、近年のカメラは扱いが簡単なものも増えているので、難しい操作の負担が少なく楽しめます。

俳句・短歌・詩作

俳句や短歌、詩作などの製作活動は、室内や室外など場所を問わずに楽しめる趣味です。

 

これらの活動は、言葉選びで脳を活性化し、感性を刺激できるなど、脳に対するメリットが豊富です。

 

認知症予防にも繋がるとされています。

 

日々の生活で感じたことやふとした気づきを、ぜひ言葉で表してみてください。

読書

読書は定番の趣味の1つでしょう。

 

本を読むのが好きであれば、図書館で好きな本を借りたり、本屋で購入したりといつでも始められます。

新作の本はもちろん、過去に読んだ本であっても年を重ねた今読み直してみると、新しい発見や違った見方ができるでしょう。

手芸

手芸やアクセサリー、折り紙作品など、手作りで何かを作るのもおすすめです。

 

作った作品は身に着けたり、お部屋に飾ったりもできるので、実用性もあります。

中には、よくできた作品をバザーなどで販売もできるでしょう。

 

地域活動にも繋がるので、より一層楽しみ方が増える趣味と言えます。

楽器演奏

ピアノやウクレレ、三味線などの楽器演奏を楽しむ70代の方も増えているのをご存知でしょうか。

簡単な曲であれば短期間で覚えて弾けるので、楽器がまったくの初心者でも挑戦しやすいです。

 

自宅で独学で始めてもいいですし、音楽教室に通うのも友人が増えるので楽しいかもしれません。

カラオケ

歌うことが好きであれば、カラオケ立派な趣味になります。

大きな声で歌うことによって、ストレス解消にもなりますよ。

 

2021年現在のご時世では難しいですが、友人とわいわい歌って過ごす時間は、きっと楽しいものになります。

一方で、一人でカラオケを楽しむ人も増加傾向にあるので、あなたにあった楽しみ方を見つけてみてください。

70代の趣味探しのポイント

最後に、70代で趣味を探す際のポイントをいくつかまとめました。

 

  • その趣味に興味があるか
  • 趣味を続ける体力はあるか
  • 複数人で集まるのが好きか
  • 経済的な負担は大きくないか

 

ぜひ一度、チェックしてみてください。

その趣味に興味があるか

新しい趣味を探すときに大切なのが興味です。

 

当然ながら、興味がないことを続けるのは難しいですよね。

 

一方で、昔から好きだったことや以前から気になっていることであれば、新しく始めやすいでしょう。

 

今回ご紹介した中で、ぜひ興味惹かれるものがあればチャレンジしてみてください。

 

あなたの心を動かすものが、続けやすい趣味と言えます。

趣味を続ける体力はあるか

趣味にもよりますが、あなたの体力に合わせた活動量であるかも重要なポイントです。

 

体力や筋力がないのに、いきなりスポーツを始めても怪我しかねません。

 

仮に、今は活動が難しい趣味であっても、少しずつ軽いものから始めることでできるようになる希望はあります。

 

はじめは何事も無理はせず、よく見極めて趣味を選びましょう。

複数人で集まるのが好きか

趣味の中には複数人で楽しめるものもありますよね。

 

もし、複数人で集まるのが好きであれば、ぜひ大勢で集まって楽しめるものを選んでみてください。

楽器演奏や旅行などが当てはまります。

 

一方で「一人でゆっくり楽しみたい」のであれば、一人でコツコツできる趣味がいいでしょう。

読書やカメラなどが向いているかもしれませんね。

経済的な負担は大きくないか

経済的な負担の大きさは気をつけておきたいポイントです。

 

趣味にお金がかかりすぎてしまうと、生活そのものが大変になりかねません。

 

特に、旅行は行く回数や場所によって多額のお金がかかります

 

あなたの年金額や貯蓄をしっかり確認し、無理のない範囲で楽しみましょう

まとめ

今回は、70代の充実した生き方・過ごし方について解説しました。

 

毎日を楽しく過ごすためには、やはり健康であることが重要です。

 

今回ご紹介した「運動」「食事」「趣味」に気を遣って、ぜひ健康寿命をのばすように意識してみてください。

 

趣味についても、いくつか代表的なものをご紹介しましたので、興味惹かれるものにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

老後、定年後の暮らしについてさらに知りたい方は→ 『老後、定年後の暮らし』記事一覧
『終活』とは自分の望む最期を迎え、人生をより充実したものにするため、生前準備を行うことです。 人生の後半戦を思う存分楽しむために『終活』を始めてみませんか? 終活に関する記事一覧

『無料で取得できる!』終活ガイド検定にチャレンジしてみませんか?

  • 老後に役立つ知識を学びたい
  • 終活を始める前にある程度の土台を作りたい
  • 今持っている資格との、ダブルライセンスとして活用したい
  • セカンドキャリアや再就職を考えている
  • 無料だし、とりあえず取得してみようかな

目的や活用方法はあなた次第!まずは無料で取得できる「終活ガイド検定」にチャレンジしてみませんか?

  • エンディングノートの書き方サポート
  • 終活に関するご相談(無料)
  • おひとりさまの終活サポート

終活に関するご相談は以下からお問い合わせください。

  • エンディングノートの書き方サポート
  • 終活に関するご相談(無料)
  • おひとりさまの終活サポート

終活に関するご相談は以下からお願いいたします。

無料で受けられる「終活ガイド初級」で、終活の基礎知識を学びませんか?

エンディングノートの細かな部分をしっかり理解し、”『エンディングノート』を通じて豊かな人生のお手伝いをする”やり甲斐、使命感を感じられる仕事『エンディングノート認定講師講座』については以下をご覧ください。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 終活の相談窓口 , 2021 All Rights Reserved.