お気軽にお電話ください(年中無休:10時~17時)

旅行会社が企画している終活ツアーを大特集!価格や内容は?

 

記事監修者:一般社団法人終活協議会代表理事:竹内義彦

記事監修者:一般社団法人終活協議会代表理事:竹内義彦

この記事を書いている人 - WRITER -

最近テレビや雑誌などで、終活について特集される機会が増えてきました。その影響からか、シニア世代を中心に人生のエンディングを意識して生前整理をする人が急増しています。

 

しかし「どのように終活の準備を進めればよいのか分からない」という人も一定数お見えでしょう。

 

そんなかたにおすすめしたいのが、多くの企業や旅行会社が展開している終活ツアーです。この記事では終活ツアーの概要や予算感、行き先などについて詳しくご説明します!

そもそも終活ツアーとは?

https://www.photo-ac.com/main/detail/3767993?title=旅行イメージ%20TRAVEL&searchId=128047526#

終活ツアーとは、終活について知識や理解を深めるための旅行です。あらゆるコースがあり、その時々によって内容はさまざま。

 

たとえば終活セミナーに参加し、専門家からの助言をもらえるツアーがあります。なにより、その道のプロに終活のことで気になっている点や、悩みなどを相談できるのがメリットです。

 

霊園やお寺へ行き、納骨堂や永代供養墓を見学するツアーもあります。行程によってはレストランで豪華な昼食をいただけることもあり、終活ツアーには魅力が満載です。

 

旅行参加者がこのような経験を通じて、終活の具体的なイメージをつかむことを目的としています。

事前にチェック!日帰り終活ツアーの行程

多くの場合、旅行会社が終活ツアーを主催しています。そのため参加者は駅周辺でツアーコンダクターと集合し、それから目的地まではバスに乗って移動するのが一般的です。

 

とはいえ、おおまかに終活ツアーの内容を聞くだけではなかなか想像がつきにくいかもしれません。そこで過去に開催されたコース内容をもとに、仮想終活ツアーの行程を以下に作成しました。

JR町田駅周辺集合(9:30頃)

JR町田駅周辺出発(10:00)===横浜駅までバス移動===横浜駅近辺にある納骨堂<A>に到着・見学(10:40〜12:00)===バス移動===ホテルレストランでランチ・交流会(12:20〜13:20)===バス移動===B寺院着・樹木葬および永代供養墓を見学(13:40〜14:50)===B寺院を出発==バス移動===JR町田駅到着(16:10頃)

上記ツアーの場合、参加者は旅行添乗員と町田駅周辺で合流します。その後バスに乗って、横浜駅近辺の納骨堂まで移動。堂内を見学し、施設の環境や設備を確認します。

 

将来長くお世話になる納骨堂を決める際は、お堂の雰囲気や納骨堂に関わっている人の態度などが重要です。自分の納骨堂をすぐに選ぶわけではないにしろ、あらゆる視点をもって堂内の見学ができるとよいですね。

 

見学をすませたら、つづいてホテルでランチをします。ツアーによっては食事が終わったあと、参加者のかたがたが交流できる場をもうけていることも。あらゆる人の声を聞くことで、よりよい終活のビジョンを描くことができるでしょう。

 

午後からはB寺院で樹木葬や永代供養墓を見学します。そうすることで、あらゆるお墓のタイプや特徴をつかめるのがポイントです。

終活ツアーにかかる料金はいくらくらい?

終活ツアーにかかる料金は、いくらくらいなのでしょうか?

ここでは、かつて開催された終活ツアーの値段を見ていきましょう。

【11/13新宿発】シニア向け!婚活×終活“おひとりさま“の終活バスツアー

年齢  :男性フリー :女性フリー

料金  :男性\9,600-:女性\9,600-

(引用:ジモティー

「おひとりさま」の終活バスツアー旅行代金:

9,600円(税込)※お一人様あたり

(引用:国際急行観光株式会社)

【岡山・ガイドツアー】終活を始めよう!あなたといきたい冥途インツアー

価格:10,400円(税込)〜

(引用:アソビュー!

 

3つのツアー価格平均を算出したところ、およそ9866円と出ました。このことからもわかるように、だいたい1万円あればことたります。
行き先や旅行会社によっては、別途料金がかかることがあるため、事前に問いあわせておきましょう。

おすすめの終活旅行先

ここでは、どのような場所が終活旅行先に選ばれているのかをご紹介します。

おすすめ終活旅行先1:思い出の地

終活ツアーの旅行先に今までの人生でいちばん思い出に残っている場所を選ぶ人は多いです。

 

思い出の地へおもむくことで、記憶のかなたに消え去ってしまった出来事をふと思い出すことがあります。また、なつかしい場所をおとずれるだけでなく、ひさしぶりに旧友と再会するのもおすすめです。

おすすめ終活旅行先2:各宗派の総本山

仏教にはそれぞれ宗派があり、その宗派をとりまとめる代表的な寺院を総本山といいます。

例を挙げると滋賀県の比叡山延暦寺(天台宗・総本山)奈良県の東大寺(華厳宗・総本山)などです。

 

今から1400年以上前、大海原をこえて日本に伝わってきた仏教には、さまざまな宗派があります。そしてその多くに総本山があり、現在も多くの人がお参りにおとずれているのです。

全国のなかでも千年の都で名高い京都や、国宝が多い奈良県などの近畿地方に総本山が集中しています。ほかにも、たくさんの僧侶が修行におとずれた四国地方へ足を運ぶ人も多いです。

 

ただ、あらゆる宗派の総本山が置かれているのは山奥や切り立った崖のようなところが多いです。

行くお寺によっては体力が必要な場合があります。

おすすめの終活ツアー体験

終活ツアーならではのおすすめ体験をピックアップしました。

おすすめ終活ツアー体験1:海洋散骨クルーズ

海洋散骨とは、お墓に対する考え方のひとつです。家族もしくは代行サービスを請け負っている会社のスタッフが、遺骨を海にかえすことをさします。

 

樹木葬や永代供養など、お墓の多様化がすすんでいる昨今。ひと昔前までは家族そろって同じお墓に入るのが一般的でした。しかし最近ではこのような固定観念から解放されて、人間が生まれた本来の場所である自然にかえりたいと考える人もいます。

 

そのような人たちのニーズに応えるべく、散骨体験クルーズを実施している会社が急増中です。

 

たとえばブルーオーシャンセレモニーでは5000円(税別)からクルージングに参加できます。海洋散骨に興味がある人は参加されてみてはいかがでしょうか。

おすすめ終活ツアー体験2:入棺体験

終活ツアーでたびたび特集されているのが入棺体験です。

 

自分あてに弔辞を書いたり、本物の棺桶のなかに入ってお経を聴いたりなど、貴重な体験をすることができます。とはいえみずから弔辞を書く機会などめったにありません。そのため「こんな弔辞を読んでもらえたらいいな」と想像して書きます。

 

一方、本物の棺に入るとどんな感じなのか気になるところです。

ここで実際に入棺体験をすませた人のレビューを見てみましょう。

入棺体験を通して死生観を今一度考えたいという切なる思いが、存分に伝わってきました。

入棺したのは3分間ですが、今までの自分から脱皮したような清々しさに包まれました。

新しい自分に出会えた3分間の旅。入棺体験は、究極の精神的デトックスかもしれません。

(引用:女子SPA!

筆者は生きたまま棺に入ったことがないため憶測ですが、きっと心細くなるような気がします。ところが意外にも前向きなコメントが寄せられていました。

「ぜひとも入棺体験がしてみたい!」と思った人には、東京都のBLUE OCEAN CAFEをおすすめします。

入棺体験はもちろん、コーヒーを飲みながら終活に関する相談をおこなえる場所です。

2020年10月27日現在、臨時休業中。しかし、オンラインセミナーは開催されています。詳しくは公式ホームページをご参照ください。

(参考:株式会社加登 いい葬儀

終活旅行に参加するなら、どこのツアー会社を選ぶべき?

終活旅行を企画している企業や会社は数多く、正直どこのツアー会社を選ぶべきか悩みどころです。

そこで元観光のプロがチェックすべき旅行会社を厳選しました。

終活の総合サポート:クラブツーリズム

クラブツーリズム株式会社は終活の総合サポートをおこなっています。題してクラブツーリズム・メモリアル

同社のホームページによると、終活は万が一の時に備えるためや、不安を取りのぞくためだけではないとうたっています。

「これからの人生をどう生きるのか」を考える“きっかけ”にもなる、と現在多くの方が関心を持って取り組んでいらっしゃいます。

(引用:クラブツーリズム・メモリアル

クラブツーリズムでは終活バスツアーが施行されているほか、エンディングノートを用いて終活準備講座がひらかれています。

 

カリキュラムは生前整理や遺品整理の仕方、葬儀の費用がどれくらいかかるのかなどです。また終活について相談できる窓口が設置されており、専門的な知識が豊富なスタッフが常駐しています。

 

「終活について具体的なアドバイスが欲しい」とお考えのかたは、お問い合わせ番号(03-5323-6822)へコンタクトをとっていただくとよいかもしれません。(参考:クラブツーリズム・メモリアル

ユニークな終活ツアー:アルピコ交通

長野県の松本市に本社があるアルピコ交通では、ユニークな終活ツアーが企画されています。

 

たとえば葬祭場で入棺体験や遺影を撮影する山梨県の名刹・身延山久遠寺を参拝するなど。終活ツアーでは、葬儀の第一線で働くスタッフが同乗します。そしてエンディングノートの書きかた最近のお墓事情など、気になるトピックを解説してくれるのです。

 

ただ単に現地へ行って体験するのではなく、バス車内でもためになるお話を聞けるのは魅力的ですね。(参考:バスとりっぷ

終活ツアーを企画:阪急交通社

阪急交通社では2019年の9月に「笑顔で元気に生きる旅 終活 モニターバスツアーin四国2日間の旅」を企画・販売しました。

この終活ツアーの内容は以下のとおりです。

  • 特定行政書士の山下善博氏による終活セミナー
  • 高知県で考案された”いきいき百歳体操”の伝授
  • 四国八十八ヶ所第1番札所霊山寺で“健康・長寿の祈祷”
  • プロカメラマンによる“生前遺影写真撮影”

終活セミナーやお寺を参拝するコースはほかにもあります。

 

ですが、“いきいき百歳体操”を教えてもらえたり、生前遺影写真撮影をおこなえたりするのはめずらしいですね。

ちなみに”いきいき百歳体操”とは、2002年に高知県の保健所や福祉事務所の関係者が考えたエクササイズのこと。

 

この体操をおこなうことで、介護度の高い高齢者でも安全に運動できるのがメリットにあげられます。

“いきいき百歳体操”の効果 ・平均右膝伸展筋力

前6.8kg→後 16.1kg

・平均5m歩行時間

前 10.6秒→後6.0秒

(参考:厚生労働省 観光経済新聞

 

まとめ:旅行会社が企画している終活ツアーを大特集!価格や内容は?

最近シニア世代をメインに注目を集めている終活ツアーの概要や予算、おすすめの旅行先などをご紹介しました。

 

端的に言うと、終活ツアーはいつかおとずれる人生のエンディングについて考えるための旅です。

 

また終活ツアーでは納骨堂の見学や散骨体験など、普段なかなかできないような経験ができます。

「終活について知識を深めたい」「今後の人生について考えたい」

そのような人はぜひ終活旅行におでかけください。

『終活』とは自分の望む最期を迎え、人生をより充実したものにするため、生前準備を行うことです。 人生の後半戦を思う存分楽しむために『終活』を始めてみませんか? 終活に関する記事一覧

「終活の相談窓口」では終活に関する様々なサポートを行なっております。

竹内

  • エンディングノートの書き方サポート
  • 終活に関するご相談(無料)
  • おひとりさまの終活サポート

終活に関するご相談は以下からお願いいたします。

無料で受けられる「終活ガイド初級」で、終活の基礎知識を学びませんか?

エンディングノートの細かな部分をしっかり理解し、”『エンディングノート』を通じて豊かな人生のお手伝いをする”やり甲斐、使命感を感じられる仕事『エンディングノート認定講師講座』については以下をご覧ください。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 終活の相談窓口 , 2020 All Rights Reserved.