30代から始める終活はメリットがいっぱい!やるべきこと・考えること

更新日:

「終活は、60代・・・早くても50代から始めることなんじゃないの?」

 

そんな風に思ってしまいがちなのですが、人間というのは、いつ死ぬかわからないものです。

 

30代といえば、結婚している方もいれば、独身の方もいるかと思います。想像してみてください。今、もし自分が死んでしまったら・・・やり残したこと、伝え忘れていることはありませんか?

 

30代の終活に”早すぎる”なんてことはありません。

 

今回は、30代の終活で『考えるべきこと、やるべきこと』やメリット、やることの意味について解説していこうと思います。

 

今回の記事でわかること

  • 終活とは何か
  • 30代の終活ー考えること・やるべきこと
  • 30代の終活ーメリット
  • 30代から終活を始めるべき理由

 

 

終活とは何か

終活とは『人生の終わりについて考える活動』のことを言います。

 

30代の方であれば、「自分の人生が終わるなんて、想像できない」と思ってしまうことでしょう。そのため『終活』も身近に感じられず「自分とは関係のないこと」と思ってしまうのかも知れませんね。

 

しかし『人生の終わりについて考える活動』とは、言い換えれば『人生の終わりに向けて自らを見つめ直し、これから自分がどう生きていきたいか考えるための活動』です。

 

たけうち
終活の具体的な活動は、『エンディングノートの作成』『遺言書の作成」『生前整理』などがありますが、ここでは、30代の終活でやっておきたいことをピックアップしていきますね。

 

30代の終活ー考えること・やるべきこと

30代の終活では、『老後に備えて』ということは、まだそこまで考えなくても良いかと思います。

 

まずは、『もしもの時』遺された家族が困らないようにすることと、『自分自身を見つめ直すキッカケ』としてはじめてみることをオススメします。

 

1:エンディングノートの作成

エンディングノートとは、遺された家族が困らないように「自分自身のこと」について記し準備する記録です。

 

エンディングノートは市販されているものもありますし、最近ではアプリまであります。

 

関連記事

 

市販されているものやアプリではなく、完全オリジナルで自作することも可能です。

 

関連記事

 

エンディングノートに書く項目は

  • 自分のこと(プロフィール)
  • 医療や介護
  • お葬式について
  • お墓について
  • 財産の記録
  • 遺言書について
  • メッセージ

などがあり、最近では若い人向けのエンディングノートも販売されています。

 

エンディングノートは遺された家族のために記録するものですが、書いているうちに自分にとって大切なことや大切にしていることが改めて見えてくるといった、自分自身にとってのメリットも大いにあるのです。

 

エンディングノートは遺言書ではありませんので、法的効力はありません。

詳しくはこちらの記事をご覧ください→エンディングノートと遺言書7つの違い!内容や書き方、費用、法的効力などについて

 

2:デジタルデータの整理

今の時代30代でネットを使用していない人は、いないのではないでしょうか。

  • インタネットバンキング(銀行)
  • お買い物サイト
  • 月額サービス
  • ネット決済サービス
  • LINEやSNS

など、WEB関係の整理は、第三者では分からないことが多すぎますので、一覧で残すことをオススメします。

 

一覧にして残すことで、自分自身も現在利用しているWEB関係のサービスを把握することが出来ますので、これを機にやってみて損はないかと思います。

 

3:生前整理

ダンボールと本

『生前整理』という言葉からマイナスなイメージを受けてしまう人もいるかも知れませんが、言ってしまえば『整理整頓』です。

 

日頃から片付けをしている人は良いのですが、そうではない人は一度『自分にとって大切なものは何だろう』と考えながら断捨離を行ってみることをオススメします。

 

不要なものを家からなくすことで、もしもの時、遺された家族の負担を減らすことが出来ますし、自分の大切なものに囲まれたお部屋というのは、なんとも居心地の良いものです。

 

たけうち
生前整理では、『何を捨てるか』ではなく『何を残すか』を考えるのがポイントです。残ったものから、自分がどう生きたいか見えてくることもあるでしょう。

 

関連記事

 

30代の終活ーメリットとは?

メリットがなければ、面倒な終活を始める重い腰も上がらないですよね。とってもわかります!笑

 

ここでは、30代に終活を始めることであなたに訪れるメリットについて書いていきますね。

 

1:自分と向き合う時間を作れる

30代といえば、独身の人、結婚して子供がいる人、働き盛りの人など、人によってライフスタイルは様々です。

 

そして、何といっても「30代って忙しい!」

  • 子育てに追われている人もいるでしょう
  • 毎日の業務に追われている人もいるでしょう
  • 仕事と家との往復で、休日は疲れ果てている人もいるでしょう

 

たけうち
なかなか自分とゆっくり向き合う時間を持つことって出来ませんよね

 

『終活』をすることは、「自分自身と向き合う時間・見つめ直す時間」を作るキッカケにもなります。

 

  • これまでの自分がどうであったか
  • これからの人生をどう生きていきたいか

30代という心身ともに元気な時に考えることは、未来を有意義なものにするために大切なことです。

 

2:家族の負担を減らすことができる

「もしもの時」、大切な家族を悩ませたり負担となることはなるべく避けたいですよね。

 

エンディングノートを作成することは自分の意思を家族に伝えることが出来たり、必要な手続きなどがわかりやすかったり、家族の悩みを減らすことが出来ます。

 

生前整理を行うことで、家族の負担を減らすこともできますよね。

 

たけうち
「もしもの時」のために、家族にできることを考えることで、相手を思いやる気持ちができ、良好な家族関係を築くことにも繋がるのではないでしょうか。

 

3:断捨離

ほうきとバケツ

片付けが苦手な方にとっては、何かキッカケがなければ重い腰が上がらないかもしれません。

 

『生前整理』は言ってしまえば、何を残すかを考える作業、即ち断捨離です。断捨離の意味は以下の通り。

 

断・・・いらないものが入ってくることを断つ

捨・・・不要なモノを捨てる

離・・・様々なモノへの執着から離れる

 

自分にとって本当に大切なものは何なのかを考える作業でもあります。

 

たけうち
終活を通して部屋が綺麗になり、自分にとって大切なものに囲まれて過ごす暮らしは心地よいものです。

 

30代から終活を始めるべき理由

『終活』とは、『人生の終わりに向けて自らを見つめ直し、これから自分がどう生きていきたいか考えるための活動』です。

 

人はいつか死ぬものです。

 

心身ともに元気な30代のうちに『終活』を考えることは、

  • 今までの自分がどうであったか
  • 本当に望んでいる生き方ができているのか
  • 大切にしたいものは何なのか
  • 未来の自分がどうありたいか
  • そのために今すべきことは何なのか

を考えるキッカケ、動き出すキッカケにもなります。

 

たけうち
ぜひ、早いうちから『終活』に取り組んでみてくださいね!

 

まとめ:30代から始める終活はメリットがいっぱい!やるべきこと・考えること

30代は人によってライフスタイルが大きく分かれる頃であり、また、日々の生活に忙しい年代だと思います。

 

「終活なんて、別に今始めなくても、もう少し年老いてからでいいんじゃないの?」

そんな風に思ってしまうのも、無理はないでしょう。

 

しかし、『終活』を通して、未来をどういきたいか考えることは、あなたにとって有意義な時間になるのではないかと思います。

 

『終活』に、”いつ”始めたら良いという決まりはありません。ただ、「いつ始めたらいいのでしょうか?」と聞かれたら、迷わずこう答えます。

 

「いつ始めるの?今でしょ!」

おしまい(笑)

 

▼次はこちらの記事がおすすめ▼

終活は何歳から始める?『年代別やることリスト』を見て考えよう!

-終活

Copyright© 終活の相談窓口 , 2019 All Rights Reserved.