「年賀状をやめたい」終活年賀状の書き方や文例を紹介!送られてきた時はどうしたらいい?

更新日:

毎年当たり前のように送っている年賀状ですが、

 

  • 高齢により作成するのが面倒
  • 付き合いで送っているけれど、人間関係の整理をしたい
  • 毎年かかってくる必要経費と割り切っていたけど、節約したい

 

など、年賀状に対する思いは人それぞれ少なからずあるかと思います。

 

たけうち
ですが年賀状って、やめるタイミングが難しいんですよね。

 

様々な理由から、「今年で年賀状を終わりにしたい」という旨の年賀状を送ることを最近では『終活年賀状』と呼び、広がりを見せているようです。

 

今回は、終活年賀状について、書き方や文例。また、逆の立場として届いた時どうするかについて解説していきます。

 

終活年賀状とは

そもそも、年賀状の意味をご存知でしょうか?

 

なんとなくの習慣で毎年送っている人や、立場上、義務のように毎年送っている人もいるのではないかと思います。

 

メモ

そもそも年賀状とは?💡

親しい人やお世話になった人に、感謝の気持ちを伝えるのと同時に近況を報告し、今後も変わらぬお付き合いを願ってという意味を込めて行うものです。

1年に1度、普段はあまり連絡を取らないけれど親しい人と気軽に連絡が取れたり、元旦に届く年賀状を手にとって「お正月だな〜」としみじみ感じられたりと、メリットも挙げれば沢山あります。

 

終活年賀状とは、年賀状にメリットを感じなくなったから辞めるのではなく『事情があって年賀状を出すことはやめてしまうけれども、相手への感謝の気持ちを伝え、今後も変わらぬお付き合いを願っています」という年賀状の趣旨を理解することも大切です。

 

終活年賀状を送る理由

「今終活に取り組んでいるから、年賀状も断捨離して身辺整理しよう」と安易に考えるのではなく、そこに理由がなければ『終活年賀状』を慌てて送る必要はないかと思います。

 

ポイント

  • 文字の読み書きが大変になってきた
  • 手足の衰えを感じ始めてきた
  • 交友関係の整理をしたいと思っている
  • ハガキを買いに行ったり、作成することを面倒に感じている

 

など、心身ともに年賀状を作成することが困難、面倒と感じた時こそ、『終活年賀状』を検討してみてはいかがでしょうか?

 

終活年賀状の書き方や基本構成

当たり前ですが、

「毎年、年賀状を出すのが面倒なので辞めます」とか「年賀状だけの付き合いに疲れてしまいました。もう辞めます」と書いてしまっては、今までの友好な関係は一気に崩壊してしまいます。

 

上記でも述べましたように終活における年賀状では、『相手への感謝の気持ちと今後も変わらぬお付き合いに対する願いは込めつつも、年賀状を出すこと自体は辞めます』ということを伝えることが大切です。

 

『終活年賀状』の基本的な流れは以下の通りです。

1:年始の挨拶と感謝の気持ちを伝える
2:年賀状を辞める理由について
3:今後も変わらぬお付き合いに対するお願い

1と2は、通常の年賀状と変わりある部分は特にありません。

 

2の「年賀状をやめる理由」は、文例をご覧いただき参考にしていただければと思います。

 

文例「来年から年賀状をやめます」を相手に失礼なく書く方法

 

たけうち
ここからは『年賀状をやめる理由』の文例を一挙にご紹介していきます。

 

  • 年々、私も高齢となり、手元がおぼつかなくなって参りました。つきましては、毎年の年始のご挨拶を今年のお年賀をもちまして締めくくりたいと思います。ご無礼をどうかお許しください。
  • 私も今年で○歳となります。寄る年波には勝てず、今後は年賀状を控えさせていただきます。勝手ではございますが、今後も変わらぬお付き合いのほど、よろしくお願い申し上げます。
  • 年々私も高齢となってきており、手足の衰えを感じるようになりました。誠に勝手ではございますが、今年のお年賀の挨拶をもって年賀状の交換を最後にさせていただきたく思います。
  • 私も今年で〇〇(米寿など)を迎えます。高齢となり毎年の年賀状をしたためることも難しくなってきましたので、本年の挨拶をもちまして年始のご挨拶を控えさせていただきます。

 

事情を適切に伝えた上で、相手に失礼のない文章にするのは難しいですが、上記の文例を参考にしつつ「終活年賀状」を作成してください。

 

もしも終活年賀状が送られてきたら? 受け取った時の対処法

ここまでは、「あなたが終活年賀状を送る立場」である場合の、書き方などについて解説していきましたが、今年はもしかしたら「あなたに終活年賀状が送られてくる」かもしれません。

 

たけうち
『終活年賀状』について調べ、書き方に迷っているあなたなら、相手がどのような気持ちで「終活年賀状」を送っているのか理解できるはずですよね。

 

  • 相手の気持ちを汲み取ってあげること
  • 来年からは年賀状を送らないよう注意すること

対処法としては、基本的にこの2つだけでOKです。

 

メモ

年賀状を受け取っただけで何もしなければ、スルーしているみたいで気になる・・・と感じるのであれば、メールなどで感謝の気持ちなどお伝えするのも良いですね。

 

まとめ:「年賀状をやめたい」終活年賀状の書き方や文例を紹介!送られてきた時はどうしたらいい?

いざ、「年賀状をやめよう!」と思うと、途端に寂しさを感じる人もいるでしょう。

 

そんな人は完全に年賀状をやめてしまおうと、慌てて「終活年賀状」を出すのではなく、まずは年々付き合いが薄くなってきた人から出したり、少しずつ始めてみるのも良いかもしれませんね。

 

たけうち
高齢化に伴い、終活ブームの昨今、終活年賀状の需要は今後ますます増えていくのではないかと思います。

 

▼次はこちらの記事がおすすめ▼

生前整理のやり方〜自分にとって必要な物を知るステップごとの片付け方法

-終活

Copyright© 終活の相談窓口 , 2019 All Rights Reserved.