お気軽にお電話ください(年中無休:10時~17時)

これだけは押さえておきたい!エンディングノートを書くときの注意点

 
この記事を書いている人 - WRITER -

終活とは、人生の終わりに向けての活動ですが、エンディングノートはその活動の一環として書かれるものです。

エンディングノートの書き方は、人それぞれ、特に決まりはありません。

竹内

ただ、これだけは押さえておきたい、注意点や心得はいくつかあります。

ここでは、

  • これからエンディングノートを書こうと思っている人
  • ちょうど、最近、エンディングノートを書き始めた人
  • エンディングノートを書いてみたけど、これでよかったのかと思っている人

そんな方々のために、エンディングノートを書くときの注意点やコツ、気をつけておきたいことをまとめてみました。エンディングノートが十分に生かされるためにも、参考にしてください。

 

エンディングノートの役割は?

エンディングノートを書くときの注意点について説明する前に、まず、何のためにエンディングノートを書くのか、エンディングノートにはどんな役割があるのか考えてみましょう。

 

エンディングノートの役割は、大きく分けて次の2つのことがあげられます。

毎日をより充実したものにする

  • 自分の人生について振り返る機会となる
  • 書くという行為を通して、気がかりなことや不安が解消される

自分の意思や希望を家族に伝える

  • 認知症や意識不明になったとき、最期までどのように生きたいか、自分の意思を家族に伝える
  • 自分が死んだ後のことについての自分の希望を伝える
  • 残された人への感謝の気持ちや想いを伝える
  • 家族が判断を下さなければならないときの精神的負担を軽減する
  • 上記からわかるように、エンディングノートを書くのは、自分のためでもありますが、家族のためでもあります。

エンディングノートは、日記と違い、読んでもらうことを前提にしたノートです。

そのことを踏まえて、どのように書くべきか、何に気をつければ良いのか考える必要があります。

竹内

エンディングノートを書くときの3つの注意点

では、具体的にどんなことに注意しなければいけないのかをみてみましょう。

法的な効力はない

エンディングノートは遺言状のような法的な効力はありません。そのため、たとえエンディングノートに記載してあったとしても、その希望通りになるとは限りません。

 

それではエンディングノートを書く意味はないのでは?という方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、そもそもエンディングノートと遺言書は全く性質の異なるものであり、役割が違います。

遺言書は法的な効力はありますが、決められた形式があり、法的な強制力を発揮するのは主に相続財産についてです。また、開封されるのは本人の亡くなった後なので、介護や医療についての希望など生前のことについては記載しても読まれるときには、すでに遅しとなってしまいます。

 

それに対し、エンディングノートは、法的な効力はありませんが、記載できる内容は自由であり、介護や医療、延命治療について、葬儀やお墓についての希望や意思を記載することがでできます。

 

全てが記載した通りにならないとしても、認知症やその他の疾患により自分が判断できなくなった時に、ご家族の方が判断するための手助けになることは確かです。

 

遺産相続について、もし法的な強制力が必要である場合は、別に遺言書を残しておくとよいでしょう。遺言書は自分で書くこともできますが、書き方を間違えると無効になることもあります。心配な場合は、弁護士や司法書士の方に依頼することもできます。

内容を定期的に見直す

エンディングノートは書き上げたら、それで終わりというものではありません。

 

時間がたてば、状況が変わることもありますし、自分の気持ちが変化することだってあるでしょう。

いつでも書き直したいときに、自分で簡単に書き直せるのがエンディングノートのいいところです。

 

家族の誰かが亡くなったときや、介護が必要になったとき、自分が病気になったときなど、状況が大きく変化したときには、見直すようにしましょう。

また、特に何もなくても、定期的に見直すことをお勧めします。いつの間にか気持ちが変わっているということはあるものです。

どのくらいの頻度で見直したらいいのか、とくに決まってはいませんが、1年に1度くらいは見直すようにしてはいかがでしょうか?

竹内

もし、書き直したり、新しい情報を加える場合は、記載した日付も忘れずに必ず書いておきましょう。いつの時点での記載なのかがわかるので、読む人が判断しやすくなります。

 

個人情報の扱いに気をつける

エンディングノートには、自分や家族のために大切な情報を記載することになります。

 

その中には個人情報も含まれますが、気をつけたいのが、銀行口座の暗証番号や携帯電話のパスワード等です。

これらの情報は、第三者に悪用される可能性がありますので、エンディングノートを紛失しないように気をつけましょう。

 

また、銀行口座やクレジットカードなど暗証番号などについては、以下のような工夫をしておくと安心です。

  • 家族だけがわかるような方法で記載する(例えば、”娘の誕生日”など)
  • 別のノートやメモに記載し、エンディングノートにはその保管場所だけ書いておく(保管場所は家族だけがわかるような場所にしましょう)

 

途中で挫折しないための、エンディングノート書き方のコツ

せっかく書き始めても、途中でつまづいて、そのまま挫折してしまう方も中にはいるようです。

そんな方のために、途中で挫折しないためのコツをご紹介します。

自由に書くのが難しければ市販のノートを使う

エンディングノートには特に決まった形式はありませんので、普通のノートに自由に書いても構いません。とはいえ、あまり書くのが得意でないという方には、真っ白な状態から書くのはちょっと難易度が高いし、途中で挫折しやすいもの。

そういう場合は、すでに記入すべき項目が用意されている市販のエンディングノートや、ネットでダウンロードできるフォーマットなどを使ってみてはいかがでしょうか?

高桑

 

書きやすい項目から書く

エンディングノートに記載する項目の中には、書きにくいもの、書いている時点ではあまりピンとこないものもあるかもしれません。

 

そういう項目は後回しにして、書きやすい項目から埋めていきましょう。

書き進めるうちに、考えもまとまってくるものです。

全部書く必要はない

エンディングノートの記載する項目は多岐にわたります。全部書くとページ数もかなりのものになります。そのページ数の多さに、書く前から挫折してしまう方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、すべての項目を書く必要はありません。必要と思われる項目だけでも構わないのです。

竹内

また、まだ決めかねていること、今はまだ考えられないことを無理やり書くのもやめましょう。エンディングノートは何度もで書き直すことができますので、今の時点の自分の正直な気持ちを記入してください。

 

書き終えたエンディングノートの保管場所

せっかく書いたエンディングノートですから、必要なときに、必要な人に見つけて読んでもらえることが大切です。

 

遺品整理をして見つけたときには、葬儀や納骨などすべて済んだあとで、故人の希望通りにできなかった、というのでは意味がありません。

 

とはいえ、生きている間には読んでもらいたくなかったり、第三者に見られるのも困ります。

家族に見つけてもらえる場所で、かつ第三者などに見られない場所に保管しておきましょう。

また、必要なときに見つけてもらうためにも、エンディングノートを書いていることを信頼できる家族には伝えておくといいでしょう。

高桑

エンディングノートの書き方についてのご相談はお気軽に

当社では、エンディングノートの書き方サポートをおこなっています。

「ちゃんと書きたいけど、どのように書けばいいのかわからない」

「書き始めたけど、うまく書けなくて挫折した」

そんな方々のための個別相談やセミナーを受けつけておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

まとめ

今回は、エンディングノートを書くときに、注意しなくてはならないことや、書き始めたけど途中で挫折したという方のために書くときのコツをお話ししました。

 

エンディングノートを書くときに気をつけるのは、

  • 法的な効力はないということ
  • 定期的に内容を見直し、必要に応じて書き直すこと
  • 個人情報を悪用されないように気をつけること

の3つです。

 

また挫折しないためのコツは

  • 自由に書くのが難しいときには、市販のノートを使ってみる
  • 書きやすい項目から書く
  • 無理に、すべての項目を埋めようとしない

ということ。

 

エンディングノートには、法的な効力はありませんが、どのように生きたいかという自分の意思を伝える大切な役割を持っています。

その時、その時の自分の気持ちに正直に書いてみてくださいね。

竹内

エンディングノートについて詳しく知りたい方は、エンディングノートカテゴリー一覧から、お好きな記事をお読みください!

「終活の相談窓口」では終活に関する様々なサポートを行なっております。

竹内

  • エンディングノートの書き方サポート
  • 終活に関するご相談(無料)
  • おひとりさまの終活サポート

終活に関するご相談は以下からお願いいたします。

無料で受けられる「終活ガイド初級」で、終活の基礎知識を学びませんか?

エンディングノートの細かな部分をしっかり理解し、”『エンディングノート』を通じて豊かな人生のお手伝いをする”やり甲斐、使命感を感じられる仕事『エンディングノート認定講師講座』については以下をご覧ください。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 終活の相談窓口 , 2020 All Rights Reserved.