お気軽にお電話ください(年中無休:10時~17時)

エンディングノートの種類と選び方とは?書き方のポイントも紹介します!

 

記事監修者:一般社団法人終活協議会代表理事:竹内義彦

記事監修者:一般社団法人終活協議会代表理事:竹内義彦

この記事を書いている人 - WRITER -

エンディングノートとは、終活の一つとして始めるノートです。

 

自分自身に何かあったときのため、「介護」「延命治療などの医療行為」「葬儀の要望」「遺品整理」などを家族に書き残すのがメインとして使われ、他にも自分用の備忘録や思い出を書くこともあります。

近年、エンディングノートを用意する方が増えており、ノートの種類が豊富過ぎてどれを選べばよいか悩む方が多くいるのではないでしょうか。

 

この記事では、エンディングノートの役割や種類、エンディングノートのおすすめの選び方を紹介します。

エンディングノートの役割とは?

そもそもエンディングノートとは、備忘録や思い出(自分史)など、さまざまな記録を綴るものです。

一番の役割は、自分に何かあったときのため、残された家族が困らないように「必要な情報」や「亡くなってからの要望」を書き残しておくことです。

例えば、必要な情報として代表的な銀行口座は

  • 口座を何個持っているか
  • 引き落としに使っている口座

など、調べるのが大変なことを残しておけば家族は助かりますし、自分自身の備忘録にもなります。

 

またエンディングノートは終活の準備としてだけではなく、今後の人生を考え直すきっかけにもなると注目されています。

エンディングノートは遺言書と違い、法的な効力はありませんので、遺産相続・分与を明確にしたい場合、エンディングノートとは別に遺言書の作成がおすすめです。

エンディングノートの選び方

現在たくさんのエンディングノートが販売されていて、種類の多さから悩んでしまうかもしれません。

何を書きたいか、どれくらいのボリュームを書くかなど、目的で選んでみましょう。

文字を書き慣れていないなら最初は薄いエンディングノートから

いざエンディングノートを書こうと思っても、文字を書き慣れていないとたくさん書くことが負担になるかもしれません。

まずはウォーミングアップとして、薄いノートから始めれば、ハードルが低くなります。

「これだけは書き残したい」と思う項目をピックアップし、その項目が入っている薄いエンディングノートを選びましょう。

残された家族の混乱を避けるなら葬儀や銀行口座などの項目が充実しているものを

エンディングノートは残された家族へ向けて書くのが重要なので、自分が亡くなった後家族がなるべく混乱しないで済むのを重視するなら、下記の項目が充実しているエンディングノートを選びましょう。

例えば、

  • 葬儀や埋葬についての要望
  • 相続
  • 遺品整理
  • 銀行口座や保険
  • ガスや電気など光熱費の引き落とし

などです。

また、突然の病気や認知症などで、自分の意思を伝えるのが難しくなったときのため

  • 持病・常備薬・アレルギー
  • 延命治療の方法や有無
  • 介護の要望

などの記載があるとより助かります。

書き方に迷うならわかりやすい解説やコラム付き

「エンディングノートに書きたいことはたくさんあるけれど、うまくまとまらない」と悩んでいるなら、エンディングノートの書き方解説や終活コラムがあるものを選びましょう。解説やコラムがあれば、それに沿って書けばいいのでわかりやすく明確です。

 

またエンディングノートを書く方に向けた解説やコラムは、残された家族にとっても有益な情報がたくさんあります。家族を亡くした後はやるべきことがたくさんありますが、どれから手をつけるかわからない場合が少なくありません。

 

エンディングノートの中には、残された家族が役立つコラムが書かれているものがあるので、何をすればいいか迷ったときにとても便利です。

書き方に迷う人は、エンディングノートの書き方サポートを行なっていますのでお気軽にお問い合わせくださいね

→エンディングノートの書き方サポート

自由に書きたいなら自作する

項目に縛られずに書きたいなら、エンディングノートを自作する方法があります。自作と言ってもノートを一から作るのではなく、市販の罫線ノートや無地ノートをエンディングノートに使用するだけです。

 

日記のように毎日書く方や、これからやりたいことを書く方もいます。バインダーのノートを選べば、たくさん書いて増えても大丈夫ですよ。

エンディングノートの種類

エンディングノートは紙の冊子(ノート)が主流で、たくさんの種類が発売されおり、紙だけでなくスマホでいつでも書けるアプリやパソコンソフトもあります。

 

どれを選べばいいか悩むなら、まずは自分にとって書きやすいものを選ぶのがおすすめです。エンディングノートの特徴を種類別に紹介するので、どれが合っているか検討する際の参考にしてください。

市販されているエンディングノート

書店や文房具店で市販されているエンディングノートは、種類が豊富でいろいろ比較して購入できるのがメリットです。実際手にして選べるので、紙の質感やサイズ感などを確認できます。

 

市販のエンディングノートは項目がわかりやすく、何を書いたらいいか迷うことが少ないでしょう。自分の目で見て選びたい方、何を書いたらいいかわからない方におすすめです。

▼オススメのエンディングノートについてまとめています。あわせてご覧ください。▼

2020年最新!おすすめの終活ノート(エンディングノート)15選

決定版!2021年のおすすめ人気のエンディングノートはこれだ!

無料配布されているエンディングノート

エンディングノートの購入に失敗したくない方におすすめなのが、無料配布しているエンディングノートです。終活情報誌の付録や、葬儀場の資料請求をするとエンディングノートがついてくることがあります。

 

また、終活セミナーなどで配布することもあるので、足を運んでみてもよいでしょう。

▼無料でダウンロードできるエンディングノート▼

当サイトでも、エンディングノートを無料配布しています。

アプリで管理するエンディングノート

スマホやタブレットは生活に浸透し、若い世代だけでなくシニア世代でもスマホ普及率が年々上がり、ビジネスオンラインによると、シニアのスマホ利用率は2019年で68.5%と半数以上が利用しているのがわかります。

アプリ利用が得意な方なら、いつでもどこでも自由に書けるエンディングノートアプリを使うのもありです。

一方、アプリは利用中止になるリスクがありますので、他のノートも作っておくとよいでしょう。

インターネットで無料ダウンロードするエンディングノート

パソコンを使い慣れているなら、無料でダウンロードできるエンディングノートも選択肢の一つです。

手持ちのパソコンにWordやPDFでダウンロードして使用するものが主流ですが、一度パソコンにダウンロードすればサービスが終了しても消える心配はありません。

 

パソコンでの管理は、書き直しや追加がしやすいのがメリットです。

さらにプリントアウトすれば紙として保存できるので、IDやパスワードなしで残せます。

パソコンソフトとして購入するエンディングノート

無料でダウンロードできるエンディングノートがある一方、有料で購入するソフトのエンディングノートもあります。

買い切りなのでサービスが終了する心配はありませんが、無料と比べると手が出にくいかもしれません。

自作のエンディングノート

前述したように、エンディングノートを自由に書きたい方には、自作のエンディングノートがおすすめです。

エンディングノートに形式などの決まりはないので、お気に入りのノートで好きなように書くのもよいでしょう。通常のノートや、増やせるルーズリーフを利用している方もいますよ。

エンディングノートには何を書いたらいい?

エンディングノートには、何を書くか特に決まりはありません。

何を書いても自由ですが、書いてあると助かる項目を紹介します。

  • 名前や生年月日など
  • 持病・常備薬・アレルギー
  • かかりつけの病院
  • 銀行などの金融機関情報
  • クレジットカード
  • ローンや借入金
  • 価値のある美術品や骨董品の有無
  • 不動産
  • スマホやパソコンの情報(IDやパスワード)
  • ガスや電気など光熱費
  • 認知症など判断ができなくなったときの方針
  • 病気での延命治療の方法
  • 葬儀の要望
  • 遺品整理
  • 形見分け
  • ペットについて
  • 喪中ハガキを出す相手

上記は、できるだけ詳しく書いておきましょう。

また、思い出を書く方も大勢います。

  • 自分の歴史(自分史)
  • 大切な人へのメッセージ

残された家族の心があたたまるような内容がおすすめです。

まとめ:エンディングノートの種類と選び方とは?書き方のポイントも紹介します!

エンディングノートには、形式や決まりはないので、自分の好みに合った種類を選びましょう。

主流なのは市販されたエンディングノートで、項目がわかりやすく書きやすいのが特徴です。

アプリやパソコンでダウンロードするタイプ、自作のエンディングノートを使っている方もいますので、書きやすいものでOK。書く内容も自由ですが、残された家族が困らないような情報を残しておくのが重要です。

 

家族に宛てたメッセージはもちろん、自分の備忘録としても活用できるので、終活の一つとして書き始めてくださいね。

『終活』とは自分の望む最期を迎え、人生をより充実したものにするため、生前準備を行うことです。 人生の後半戦を思う存分楽しむために『終活』を始めてみませんか? 終活に関する記事一覧

「終活の相談窓口」では終活に関する様々なサポートを行なっております。

竹内

  • エンディングノートの書き方サポート
  • 終活に関するご相談(無料)
  • おひとりさまの終活サポート

終活に関するご相談は以下からお願いいたします。

無料で受けられる「終活ガイド初級」で、終活の基礎知識を学びませんか?

エンディングノートの細かな部分をしっかり理解し、”『エンディングノート』を通じて豊かな人生のお手伝いをする”やり甲斐、使命感を感じられる仕事『エンディングノート認定講師講座』については以下をご覧ください。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 終活の相談窓口 , 2020 All Rights Reserved.