0120-111-859

image

終活の相談窓口

お墓のサブスクリプションとは?特徴やメリット・デメリット、おすすめのお墓のサブスク2社をご紹介!

トップ > お墓のサブスクリプション|特徴やメリット・デメリット、おすすめのサブスク2社をご紹介!

サブスクリプション(通称:サブスク)とは、ある商品やサービスを一定期間、定額で利用できるしくみのことをいいます。

 

近年、お墓や寺院離れがすすむなかで人々の注目をあつめているのが「お墓のサブスク」です。

 

今回はお墓のサブスクリプションについてご紹介。そのほか、サービスを利用するメリットやデメリット、お墓のサブスクリプションを提供している会社をピックアップします。

 

目次(この記事は以下の順番で構成されております)

  • お墓のサブスクリプションとは?特徴をご紹介
  • お墓のサブスクリプションを利用するメリット
  • お墓のサブスクリプションを利用するデメリット
  • お墓のサブスクビジネスを展開している会社2つ
  • まとめ:お墓のサブスクリプションとは?特徴やメリット・デメリット、おすすめのお墓のサブスク2社をご紹介!

お墓のサブスクリプションとは?特徴をご紹介

お墓のサブスクリプションには、レンタル墓(サブスク墓)レンタル墓石の2タイプがあります。

 

レンタル墓(サブスク墓)とは、墓地と墓石の両方を期間つきで購入可能なサービスのことです。

 

お墓や墓石にかかる費用を極力おさえたい人や、期間限定でお墓を利用したい人に需要があります。

 

一方でレンタル墓石とは、新品の墓石を貸しだしてくれるサービスのこと。

 

基本的に全国どこの霊園や墓石であっても、墓石を借りられます。

 

しかし墓石の持ちこみが禁じられている場合は、当サービスを利用できません。

お墓のサブスクリプションを利用するメリット

お墓のサブスクリプションを利用するメリットは、下記のとおりです。

⑴いつでも好きなタイミングで解約可能

⑵宗派をとわず、さらには檀家でなくても利用できる

⑶土地にお墓をたてるより、はるかにリーズナブル

⑷住まいから近い場所にお墓が設置されているケースが多い

⑸サブスクリプション型のお墓はお寺が管理してくれる

 ⑴いつでも好きなタイミングで解約可能

1度お墓をたてるとお墓自体はもちろん、周辺をこまめにお手入れしなければなりません。

そのうえお墓が破損したときはメンテナンス料金が必要です。

 

このように一般的なお墓は初期費用のコストや維持費がかさむ、好きなタイミングで解約できるわけではないなどのデメリットがあります。

 

一方でお墓のサブスクリプションには、土地にお墓をたてるときのように半永久的な制約がないためいつでも解約可能です。

⑵宗派をとわず、さらには檀家でなくても利用できる

お寺にお墓をたてる場合、その寺院の宗派を信仰している檀家でなければ建墓は難しいことがほとんどです。

 

しかしお墓のサブスクリプションは、どこの宗派に属していても利用できます。

⑶土地にお墓をたてるより、はるかにリーズナブル

永代供養のコンサルティングを展開する株式会社エータイによると、お墓の購入金額は平均して100〜200万程度です。

 

一方で、株式会社のうこつぼが提供するお墓のサブスクリプション型サービスは、月額3980円とリーズナブルな価格をうたっています。

 

さらに初期費用、墓石代、システム管理料はかかりません。

 

上記の情報から読みとれるように、お墓をたてるよりお墓のサブスクリプションを契約したほうが、お墓にかかる費用は圧倒的におさえられます。

⑷住まいから近い場所にお墓が設置されているケースが多い

先祖代々のお墓が自宅から遠い場所にたてられている場合、ひんぱんにお墓参りへ行くのは難しいかもしれません。

 

ところがお墓のサブスクリプションを利用すると、ほとんどの場合住まいから近い場所にあるお墓を選べます。

 

「なるべく定期的にお墓参りへ行きたい」と考えている人は、お墓のサブスクリプション型サービスをご利用ください。

 ⑸サブスクリプション型のお墓はお寺が管理してくれる

サブスクリプション型のお墓は、お寺が管理してくれます。

 

毎日供養のためにお経を読みあげてくれたり、墓の手入れをしてくれたりとサービスが手厚いです。

 

家族は、何らかの事情があって定期的にお墓参りへ行けなくても困ることがありません。

お墓のサブスクリプションを利用するデメリット

お墓のサブスクリプションを利用するデメリットは、下記のとおりです。

 

⑴契約期間中にお墓の破損が生じると、別途費用を支払わなければならない

⑵契約期間満了時に、契約を更新するか撤去するかを選ばなければならない

⑶レンタル墓やサブスク墓を選択できる霊園が少ない

⑷お墓を使わなくても月額料金が発生する

⑸ペットといっしょに眠れない

⑹所有権がないため資産にならない

⑺お墓のサブスクを大人数で長期間使用した場合、結果的に一般的なお墓より費用が高くなる可能性が高い

上記のとおり、お墓のサブスクリプション型サービスを利用すると、いくつかのデメリットが生じる可能性は否めません。

 

とくにお墓のサブスクリプションは、契約期間満了後に契約を更新するかお墓を撤去するか選ばなければならないため、注意が必要です。

 

とはいえ、お墓を利用するための費用をしっかりと支払いお墓を大切利用すれば、まず問題ないでしょう。

お墓のサブスクビジネスを展開している会社2つ

日本を拠点に、お墓のサブスクビジネスを展開している会社を2つご紹介します。

月3,980円から始めるお墓のサブスク/ のうこつぼ

お墓のサブスクリプション型サービス・のうこつぼ(納骨墓)は、建物の外に設置された従来のお墓に近い集合型のお墓です。

 

「のうこつぼ」を身近な物にたとえるならば、マンションに近い様式のお墓で(※)全国170カ所に設置されています。

(※)2021年4月現在

 

お客さまはのうこつぼを利用することで、お墓を建てる必要がなく、なおかつメンテナンスも不要です。

 

そのほか「のうこつぼ」の特徴を4つまとめました。

 

⑴お墓をリーズナブルに利用できる

⑵お墓は寺院が管理するため安心

⑶のうこつぼは永代供養つき

⑷合祀することが可能

⑴お墓をリーズナブルに利用できる

株式会社のうこつぼが提供する「のうこつぼ」は、サブスク型のお墓です。都心部であっても月々3,980円(税込)で利用でき、最大4〜5人の遺骨をおさめられます。

 

※さらに物価の高い都内であっても、一檀498,000円(税別)から個別墓を所有できます。

 

ただし月額費用とは別に、名前のプレート代3万円、開閉立会費がかかるため、サービスを利用する前にお金を準備しておきましょう。

⑵お墓は寺院が管理するため安心

「のうこつぼ」は寺院が管理するため、頻繁にお墓まいりへ行けない方でも安心です。

 

毎日、お坊さんがお経をとなえてくれるだけでなく、家族にかわってお墓の掃除をしてくれます。

 

また、「のうこつぼ」を解約する際にお墓を解体する必要はありません。

のうこつぼは、限りある資源を無駄にしないため地球に優しいお墓です。

⑶のうこつぼは永代供養つき

家族や後継ぎがいないなどの理由から、永代供養つきのお墓に入りたいと思う方が増えています。

 

のうこつぼは一般的なお墓と同じく、永代供養つき(=ご遺族や子孫にかわって、霊園や寺院などがご遺骨を管理・供養すること)です。

 

⑷合祀することが可能

のうこつぼは、数十の納骨室がならんでおり、その真ん中に合祀墓がたてられています。

 

弔いあげを希望すれば、納骨室から合祀墓に遺骨を移しほかの遺骨といっしょに埋葬が可能です。

 

お墓にかかる費用を最小限におさえられる/ 偲墓(しぼ)

 

偲墓(しぼ)が提供するお墓のサブスクリプション型サービスは、お墓の初期費用を(※)約80%おさえられるのが魅力です。

(※)一般的な墓石を購入した場合の初期費用は120万円前後かかるのに対し、偲墓は25万円と低価格。

ちなみに月額費用は3300円です。

 

ちなみに、初期費用や月額費用は全寺院共通の一律料金です。その中には墓石費用、納骨費用、年忌法要代、永代供養代などが含まれています。

 

ほかにも、全国どこからでも申し込みが可能な点や、サブスクリプションを継続中は(※)年忌法要をおこなってもらえる点などが特徴にあげられます。

 

(※)リモートで法要をおこなうことも可能。

 

従来のお墓は生前の宗教・宗派によって寺院を選択しなければなりません。

 

しかし、偲墓は宗教・宗派関係なく自由にお寺を選択することが可能です。たとえ仏教を信仰していなくてもかまいません。

 

転勤や家庭の事情で引っ越さなければならない場合、偲墓(しぼ)の寺院を移転できます。お寺をうつす手続きをおこなうのに、お金は一切かかりません。

 

まとめ:お墓のサブスクリプションとは?特徴やメリット・デメリット、おすすめのお墓のサブスク2社をご紹介!

お墓のサブスクリプションについて、くわしくまとめました。

 

記事の内容をおさらいすると、次のとおりです。

  • お墓のサブスクリプションとは、月額料金(数千円程度)を支払うことでお墓を一定期間かりられるサービスのこと
  • 大半の場合、お墓のサブスクリプションはいつでも好きなタイミングで解約可能である
  • 土地にお墓をたてるより、お墓のサブスクリプションを利用したほうが安価である
  • 遠方にお墓があってなかなか墓参りに行けない人は、お墓のサブスクがおすすめ。理由は住まいから近い場所にお墓が設置されているケースが多いからである
  • お墓のサブスクを契約しているあいだは、管理や手入れを寺院がおこなってくれる
昔にくらべて、人々のライフスタイルは変化しています。それにともない、お墓へのニーズは多様化しているのが現状です。

 

土地にお墓をたてるかどうか迷っている方は、費用が最小限におさえられる、サブスク型のお墓を視野に入れても良いかもしれませんね。

トップへ戻る