0120-111-859

image

終活の相談窓口

『似ているようで実は違う』家族葬と密葬の違い|共通点や注意点についても解説

トップ > 『似ているようで実は違う』家族葬と密葬の違い|共通点や注意点についても解説

現在注目されている家族葬と密葬ですが、

などわからないことがたくさんあると思います。

 

注目されている葬式の形だからこそ、家族葬や密葬の違う点・注意点・マナーなどは知っておいたほうが良いでしょう。

今回はこれらに注目して詳しく紹介していきますので、ぜひ家族葬と密葬をしっかりと理解しましょう!

目次(この記事は以下の順番で構成されております)

  • 家族葬・密葬とは?
  • 家族葬と密葬の違い
  • 家族葬と密葬の共通点
  • 家族葬の注意点
  • 密葬の注意点
  • 家族葬や密葬に呼ばれたときのマナー
  • 家族葬や密葬に呼ばれなかったときのマナー
  • まとめ:家族葬や密葬は亡くなった方の家族に寄り添った葬式形体

家族葬・密葬とは?

まずは家族葬や密葬がどのようなものかを知っておきましょう。

とても似ている葬式の形なので、注意が必要です。

家族葬とは

”家族”葬という名前なので、参列者は家族限定と思われがちですが、実は参列者は家族だけと言う決まりはありません。

 

家族葬に呼ぶ範囲に明確な決まりはなく、「家族」「親族」「本当に仲の良い親友」など、ゆっくりと最後のお見送りをすることを目的とした少人数の葬儀の形を家族葬と言います。

 

人数としては本当に家族だけのごく少人数から、家族や親族、親友を呼ぶ30人以上になる場合もあります。

葬儀内容としては一般葬とあまり変わりません。

亡くなる 医師から死亡診断書が発行される
安置 自宅や安置所で安置する

日本の法律で火葬までに24時間の安置が義務付けられています

打ち合わせ 葬儀会社の決定や葬儀形体の決定、日程調整、見積もりなどを行う
お通夜 亡くなった方と過ごす最後の時間

参列者などを招くのはこのタイミング

告別式・火葬 弔辞や弔電の読み上げ喪主の挨拶などを行う

火葬場に出棺され火葬までを行う

 

密葬とは

家族や親族、親友のみを呼んで葬儀を行うという部分は家族葬と同じです。

また密葬に呼ぶ範囲というのも家族葬同様明確な決まりはありません。

 

葬儀内容としては

があります。

 

密葬の最も大切な特徴として、後日必ず本葬を行います。

本葬を行う時期に決まりはありませんが、亡くなってから1ヶ月や四十九日に行われることが多いです。

本葬の内容としては、自宅やホテルなどで知人や会社の方などを呼び、お別れ会などを行います。

 

密葬についてもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
”密葬”とは?密葬の流れや選ばれる理由を徹底調査|コロナで増える密葬について

家族葬と密葬の違い

家族葬と密葬がどのようなものか簡単に解説しましたが、ここではどこが大きく違うのかを2つ紹介します。

家族葬と密葬の違い① 本葬の有無

家族葬と密葬の最大の違いとも言えるのがこの本葬の有無です。

 

家族葬は後日、本葬にあたるようなお別れ会などは行いません。

それに対して密葬は、本葬を行うことを前提としているため、密葬のみを行うことは基本的にありません。

家族葬と密葬の違い② 告知のタイミング

密葬は字の通り、秘密にする葬式の形です。

 

家族や親族、親友のみでゆっくりと最後のお別れをするために密葬は選ばれることが多く、後日本葬という形でお別れ会を行います。

そのため、密葬に本来呼ぶつもりのなかった知人や会社の方が来るようなことがないように、参列者以外には秘密にされることが多いです。

 

家族葬もあまり積極的に参列者以外の方に告知はしませんが、密葬のほうがより厳密に秘密にされます。

 

密葬の多くは、「有名人」「著名人」「企業の代表」などが亡くなった場合に選ばれる葬儀の形でした。

特に有名人や著名人の場合、ファンやマスコミが押しかけることを避けるために秘密裏に葬儀を終え、その後で亡くなったことを報告していました。

そのため密葬は、特に葬儀が終わるまで参列者以外には告知しないことがマナーとなっています。

家族葬と密葬の共通点

家族葬と密葬の違いを紹介しましたが、共通点もあります。

ここでは、2つの共通点を紹介します。

家族葬と密葬の共通点① 参列者

家族葬と密葬の一番の共通点は、葬儀に呼ぶ方の範囲、つまり参列者です。

家族葬、密葬共に参列者は主に家族や親族、親友を呼びます。またこの呼ぶ方の範囲には明確な決まりや制限はありません。

 

家族のみを呼ぶごく少数で葬儀を行う場合や、家族だけでなく親族や親友なども呼んで30人ほどの規模になることもあるでしょう。

家族葬や密葬では、知人などの少し関係の浅い方や、会社の方を呼んではいけないという決まりはありません。

しかし少し関係の浅い方や会社の方まで呼ぶと一般葬との違いが無くなってしまうので、家族葬や密葬を選ぶのであれば基本的にたくさんの方は呼ばないことが多いです。

家族葬と密葬の共通点② 現在注目されている葬式の形である

家族葬と密葬は共に現在注目されている葬式の形です。

 

注目されている理由としては、

主にこの3つがあげられます。

 

特に3つ目の、新型コロナウイルスの感染予防に関しては、本当に最近あげられるようになった理由です。

 

家族葬の注意点

それでは家族葬を行う上での注意点を4つ紹介します。

トラブルや後悔をしないために、注意点をしっかりと理解しておいてください!

家族葬の注意点① 葬儀会社選び

現在、葬儀会社の数が多くそれぞれに特徴や得意分野があり、中には家族葬を得意としている葬儀会社があります。

 

家族葬を希望するのであれば、その地域で家族葬を得意としている葬儀会社を選ぶことで、気をつけるべきところや進め方などをサポートをしてくださいます。

 

逆に別の葬式の形を得意としている葬儀会社に依頼をすると、その会社自体も家族葬の細部を理解していないことがあり、トラブルや後悔の原因になるのでできるだけ避けましょう。

家族葬の注意点② 菩提寺への確認

菩提寺とは、お墓を管理してくださっているお寺のことです。

檀家関係などを結んでいることもあり、法事や葬儀のときの読経を依頼するときには菩提寺に連絡をすることがほとんどです。

 

しかし、菩提寺の中には家族葬を受け付けていない場合があります。

家族葬を受け付けていない菩提寺だった場合、葬儀後に納骨を受け入れてくれない、納骨ができないというトラブルに発展することがあります。

 

現在は檀家関係や菩提寺が無いことも多いですが、ある場合は必ず納骨ができるかの確認をしておきましょう。

家族葬の注意点③ 呼ぶ参列者の範囲

家族葬に呼ぶ範囲に、明確な決まりや制限は無いと紹介しました。

 

参列者の範囲を絞るということは呼ばれない方もいるということを理解し、家族葬を行うことに対しての理解をして貰う必要があります。

 

親族の中には葬儀=一般葬との認識をされている方もいるので、その点を理解しなければいけません。

トラブルを避けるためにも親族とはしっかりと話し合いを行い、双方理解した上ですすめてください。

家族葬の注意点④ 弔問

参列者を絞ると、後日亡くなったことを知った、葬儀に参列しなかった方の弔問があることが予想されます。

葬儀に参列できなかった分、弔問客も増えるでしょう。

 

葬儀後に対応するのが辛いのであれば、事前に弔問客を受け入れる日時を指定しておくと、弔問客を受け入れやすくなります。

どうしてもその日時に弔問に訪れることができない方のみ、後日の対応を行うようにすることがおすすめです。

 

密葬の注意点

次に密葬の注意点を4つ紹介します。

家族葬同様、トラブルや後悔をしないためにも注意点をしっかりと理解しておきましょう。

密葬で注意すること① 葬儀会社選び

こちらは家族葬でも説明したとおりですが、葬儀会社の中にはその地域で密葬を得意とする葬儀会社が存在します。

 

トラブルなどを避けるためにも、密葬を得意とする葬儀会社を選ぶようにしましょう。

密葬で注意すること② 参列者選びと密葬であるということを伝える

密葬にも、参列者の範囲に明確な決まりなどはありません。

そして家族葬とは違う点としては、必ず「密葬である」ということを伝えることです。

 

”家族葬と密葬の違い② 告知のタイミング”でも説明しましたが、密葬は秘密裏に行われる葬儀の形です。

そのため参列者から亡くなったことが漏れないように、密葬であることを伝え口外しないことを伝えるようにしましょう。

密葬で注意すること③ 菩提寺への確認

こちらも家族葬と同様です。

 

菩提寺の中には密葬を受け付けていない事があるので、確認もなく密葬を行う事は避けてください。

 

納骨などができない、断られることがあります。

密葬で注意すること④ 本葬の連絡のタイミング

密葬は秘密裏に行われる葬儀であること、本葬を行うことが前提の葬儀の形であることから、本葬の連絡のタイミングには注意しましょう。

 

密葬中はゆっくりと亡くなった方とのお別れをする時間に当てるため、密葬が終わってから本葬の連絡を一斉に送ることが一般的です。

 

本葬の日時によっては、仕事や学校に融通をきかせる必要が出てきます。

そのため、密葬後早めに連絡をすると参列を希望する方も予定を調整できるでしょう。

家族葬や密葬に呼ばれたときのマナー

それでは、実際に家族葬や密葬に呼ばれたときのマナーを紹介します。

呼ばれたときに慌てることがないよう、しっかり把握しておきましょう。

①呼ばれてないのに行かない

一般葬では亡くなったという知らせがあれば、出来る限り駆けつけるのがマナーとされていますが、家族葬や密葬ではその限りではありません。

 

家族葬や密葬を選ばれているというのは、亡くなった方の家族や亡くなった方の意向でありゆっくり最後の時間を過ごすために選択をされているはずです。

 

そのため、参列できないというのは複雑な気持ちになるかもしれませんが、その後行われるであろう弔問や本葬に参加するようにしましょう。

②服装は一般葬と同じもの

服装は特に指定がない場合は、一般葬と同じブラックフォーマルが基本とされています。

家族葬や密葬だから気楽な格好で行くことの無いようにしましょう。

 

ブラックフォーマルとは
男性ではあればダブルまたはシングルのブラックスーツ
女性であれば黒無地のワンピースやスーツで光沢のない透けていない素材を選ぶ。

 

③香典・供花・供物

家族葬や密葬では参列の案内を頂いたときに、香典・供花・供物を辞退する旨を伝えられることがあります。

 

その場合は持参することはマナー違反になることがあります。

 

これらに関しては亡くなった方の家族の意向を尊重してください。

④食事の誘いはできるだけ受ける

家族葬や密葬に参列した際、葬儀後の食事に誘われることがあるかもしれません。

その場合は、よほどの用事や理由がない限りは遠慮せず、そのお誘いを受けるようにしましょう。

 

家族葬や密葬は、無くなった方との最後の時間をよりゆっくりと過ごしたいという、家族の意向で行われることの多い葬式の形です。

参列した際には出来る限り、家族の意向を汲み取ることがマナーとされています。

⑤参列したことは口外しない

特に密葬に参列した場合ですが、亡くなったということを隠すために家族葬や密葬を選ばれる場合があります。

 

そのため、仮に家族葬や密葬に参列する場合でも周りの人には参列する旨や亡くなった事を口外するのは完全なマナー違反となります。

参列しない場合でも同様に、決して口外はしないようにしましょう。

家族葬や密葬に呼ばれなかったときのマナー

それでは次に、家族葬や密葬に呼ばれなかった時のマナーについて紹介します。

①電話や弔問のタイミングに気をつける

家族葬や密葬が行われた場合、亡くなったという報告を受けるのは火葬などの葬儀が終わったあとになるでしょう。

その際に弔問のタイミングや本葬のお知らせがあればそれに従います。

 

ただ、何かのタイミングで家族葬や密葬が行われる前に亡くなった事を知ってしまい、葬儀にも呼ばれなかった場合電話でのお悔やみや弔問を行いたいと思うかもしれません。

しかし、これらを行うタイミングはしっかりと見定めなければマナー違反となります。

葬儀中や葬儀前というのはなくなった方の家族としては一番つらくしんどい時間です。

そんなときに連絡を入れるのはあまり良くありません。

 

最も好まれるタイミングとしては、葬儀が終わり少し落ち着いたであろうタイミングです。

自分の気持が優先ではなく、亡くなった方の家族の思いを優先した行動を取るようにしましょう。

②香典・供花・供物・弔電

家族葬や密葬に参列する時のマナー同様、香典・供花・供物・弔電はなくなった方の家族の意向で受け取らないとされている場合があります。

そんなときに押し付けるのは、お返しなどの手間も考えマナー違反となります。

 

事前にそれらの受け取りを行っているのかをしっかりと確認しましょう。

まとめ:家族葬や密葬は亡くなった方の家族に寄り添った葬式の形

家族葬や密葬は、亡くなった方の家族に寄り添った葬式の形体です。

 

そのため、他の葬式よりもより、家族の意思や意向が大切にされる傾向があります。

どちらも、最後の時間をゆっくりと過ごしたいという方が選ばれることの多い葬式の形です。

 

参列する際には、出来る限り家族の思いに寄り添った行動を心がけましょう。

 

似ているようでそれぞれ特徴がしっかりとある家族葬と密葬。

故人の希望や家族の希望をすり合わせ、より家族にあった葬儀を選べるとよいのではないでしょうか。

お葬式についてさらに詳しく知りたい方は→ 『お葬式』記事一覧
トップへ戻る