0120-111-859

image

終活の相談窓口

家族葬と一般葬の違い徹底比較!それぞれのメリット・デメリット

トップ > 家族葬と一般葬の違い徹底比較!それぞれのメリット・デメリット

葬儀といえば、故人が生前にお世話になった人たちが次々に参列し、遺族はその対応に追われて故人との別れを惜しむ間もない……。

従来の葬儀であれば、このように思い浮かべる方が多いかもしれません。

しかし、最近では家族や友人などの近親者だけでおこなう「家族葬」と呼ばれる小規模の葬儀も登場しています。

 

従来の葬儀とは対照的に、金銭的にも心理的にも負担が少ないイメージがある家族葬ですが、実際のところはどうなのでしょうか。

 

その疑問にこたえるために、従来型の葬儀の「一般葬」と「家族葬」の違いを比較して、それぞれのメリットとデメリットをまとめてみました。

 

目次(この記事は以下の順番で構成されております)

  • 「家族葬」と「一般葬」はここが違う
  • 家族葬と一般葬|参列者の違い
  • 家族葬と一般葬|葬儀費用の違い
  • 家族葬と一般葬|葬儀内容の違い
  • 家族葬と一般葬|お悔やみ欄の違い
  • まとめ

「家族葬」と「一般葬」はここが違う

「一般葬」とは、従来からおこなわれている馴染みが深い葬儀の形式で、一般会葬者も含めて執り行われます。そのため、参列者も多い葬儀です。

 

「家族葬」は、限られた参列者で執り行われる小規模な葬儀のことを指します。

家族以外にも近しい親類や友人知人まで呼ぶケースなどさまざまですが、「一般葬」とくらべて小規模なのが特徴です。

 

家族葬と一般葬|参列者の違い

家族や友人などの近親者はもちろん、会社の上司や同僚、ご近所の人など、故人が生前にお世話になった人たちを呼ぶのが一般葬です。故人や遺族と多かれ少なかれ関係性のある人が参列するのが一般葬で、参列者の数は50名以上になります。

 

対して、家族や親類、親しい友人など、参列者が喪主から招待された人に限られており、参列者の数が50名未満でおこなわれる葬儀を家族葬と呼びます。

 

家族葬と一般葬の参列者の違いで、それぞれのメリットとデメリットを紹介します。

メリット

家族葬の一番のメリットは、参列者に気がねすることなく、故人をゆっくりと偲ぶことができることにあります。

参列者は親しい身内なので、一般葬にくらべて気づかいや気苦労は少なく、また形式にこだわらない自由な葬儀もおこないやすいメリットがあります。

 

一般葬のメリットは、故人が生前にお世話になった方への感謝の気持ちを、一度で伝えられることです。

葬儀や通夜は、故人が生前に交流のあった方たちが一堂に会する場でもあるため、故人に代わって双方が節目の挨拶ができることは、それまで築いてきた関係性に感謝し、また今後の関係性へと活かすメリットがあるといえるでしょう。

デメリット

家族葬のデメリットは、身内以外の関係者がお悔やみを述べる場面が失われることで、生前に故人と関わりのある人たちが、その別れを偲ぶ場面がなくなることです。

家族葬終了後、自宅へのお悔やみ訪問が絶えず、それなら一般葬にしておけば良かったという声も実際にあり、家族葬のほうがラクであるとは言い難い面があります。

また、家族葬の場合、どこまでの人を葬儀に呼べば良いかを考えないといけません。

「自分だけ呼ばれなかった」とならないようにした結果す、家族葬をおこなう予定でいても、最終的に一般葬とほとんど違いがなかったとなる可能性もでてきます。

 

参列者が多くなる一般葬のデメリットとしては、遺族がその対応に追われることでしょう。

返礼品の用意などを含めた葬儀の準備段階から、参列者への気づかいで気苦労する場面が増えるため、ゆっくり故人を偲ぶことができないまま葬儀を終えてしまったという声もあります。

家族葬と一般葬|葬儀費用の違い

家族葬と一般葬では葬儀の規模の大きさと内容が変わるため、葬儀価格にも違いがあります。

家族葬の平均価格は一般葬よりも低くなり、40万円以上60万円以下となるケースから、80〜100万円になるケースもあります。こちらも規模や追加項目によっては、それ以上費用がかかるケースもあります。

費用の詳細や参考データについては、当サイト(終活の相談窓口)で掲載している以下の記事を合わせてご覧ください。

参考:家族葬費用の実際とは?目安や仕組み、安く抑えるためにはどうしたらいい?

 

また一般葬の平均価格は、100万円〜200万円で、規模によってはそれ以上になるでしょう。

出典:内閣府「第37回消費者契約法専門調査会 葬儀業界の現状」平成29年4月28日

 

葬儀費用については規模や人数、会場によって費用が大きく変わります。上記はあくまでも参考として、実際葬儀を計画される際は業者等にお問い合わせくださいね。

メリット

家族葬のメリットは葬儀費用を低価格でおさえられることです。

 

対して、一般葬のメリットは受け取る香典が多くなる分、葬儀費用を香典ですべて支払うことができる点にあります

デメリット

葬儀費用だけを考えると、家族葬は低価格でおさえることができますが、家族葬では参列者が限定される分、香典も少なくなります。

いただいた香典は葬儀費用にあてるのが一般的です。家族葬では、集まる香典が少ないので、葬儀費用を手出ししなければならないケースもあります。

 

そのため、一概に家族葬のほうがお得ということにはならないことを考慮しておく必要があります。
一方、一般葬のデメリットは、参列者が多くなるため費用が高くなり、香典返しの量が増えることです。

 

参列者が増える分香典も増えますが、故人との関係性によって香典の額は変わるので、香典が大きく増えるとは言えません。また香典返しの量も増えるので、手間がかかるでしょう。

家族葬と一般葬|葬儀内容の違い

家族葬も一般葬も、通夜・告別式、火葬等がすべて執り行われる場合がほとんどで、葬儀の流れとしては、それほどの違いはせん。

家族葬は参列者が少ない分、焼香にかかる時間は短縮されるので、葬儀の時間もその分短くなります。

 

会葬者の人数によっては、通夜の後などに飲食をふるまうこともありますが、家族葬と比べると一般葬のほうでより多い傾向にあります。

家族葬と一般葬|お悔やみ欄の違い


限られた人が参列する家族葬ですが、新聞のお悔やみ欄に訃報を掲載する際にも、一般葬と違いがあります。

新聞のお悔やみ欄は、訃報を広く告知する意味あいがあるため、近親者などの身内だけで葬儀をする家族葬の場合は注意が必要になります。

一般的には葬儀社をとおして地元の新聞社に無料掲載されますが、

が掲載されるため、訃報を知った知人が葬儀に参列することもあります。

 

家族葬の場合は、そうなることを防ぐために、お悔やみ欄を載せないことが多いです。

また最近では、亡くなったことを知らせたいけれど、葬儀へのご参列を遠慮したい場合、「葬儀終了」と記載したり、「家族葬にておこなう」「近親者にておこなう」と事前に家族葬でおこなう旨を掲載するケースも出てきています。

まとめ

家族葬と一般葬の違いを、このようにまとめてみました。

 

一般葬 家族葬
参列者 近親者、友人・知人、会社関係、ご近所の人など、故人に関わった人たちが50名以上の葬儀。 家族、親類、親しい友人など限られた人が参列。50名未満の小規模な葬儀。
お悔やみ欄 故人の氏名、年齢、逝去日、住所、葬儀の場所、喪主名が記載。 掲載しないことが多い。掲載しても家族葬であることを告知する。
葬儀費用 平均費用は100万円〜200万円 平均費用は40万円以上60万円(80〜100万円になる場合もある)
内容 通夜・告別式、火葬等 通夜・告別式、火葬等

 

こちらは、家族葬と一般葬のメリット・デメリットの比較です。

 

一般葬 家族葬
メリット
  • 生前お世話になった人への挨拶が、一度ですむ。
  • 葬儀代を香典でまかなうことができる。
  • 会葬者がほとんど身内のため、ゆっくりと故人を偲び、自由な葬儀にすることができる。
  • 葬儀費用を低価格でおさえることができる。
デメリット
  • 会葬者が多いほど、その対応や準備に追われる。
  • 葬儀費用が高くなる
  • 自由な葬儀がおこないづらい。
  • 葬儀終了後に訃報を知った人のお悔やみ訪問の対応に追われる場合がある。
  • 葬儀代を香典でまかなえない可能性がある。
  • どこまで呼べばいいかを考える必要がある。

 

最近はコロナ禍の影響もあり、葬儀も身近にいる親類縁者だけでおこなう家族葬に注目が集まっています。

実際に小規模な家族葬が増加傾向にあり、従来型の一般葬は減少傾向にありますが、それぞれ一長一短があります。

 

故人の年齢や立場によっても、どのような葬儀が良いかは違ってきますが、この記事が今後葬儀を考えていくうえでの参考になれば幸いです。

お墓
お墓についてさらに知りたい方は→ お墓について関連記事一覧
『終活』とは自分の望む最期を迎え、人生をより充実したものにするため、生前準備を行うことです。 人生の後半戦を思う存分楽しむために『終活』を始めてみませんか? 終活に関する記事一覧
トップへ戻る