0120-111-859

image

終活の相談窓口

「直葬」とは何?流れや、一般葬との違い、メリット・デメリット、さらに費用をおさえる工夫を解説!

トップ > 「直葬」とは何?流れや、一般葬との違い、メリット・デメリット、さらに費用をおさえる工夫を解説!

直葬

(ちょくそう)

目次(この記事は以下の順番で構成されております)

  • 直葬とは
  • 直葬の流れ
  • 直葬と、一般葬の違い
  • さらに費用をおさえるためには?
  • 直葬のメリット
  • 直葬のデメリット
  • まとめ:「直葬」とは何?流れや、一般葬との違い、メリット・デメリット、さらに費用をおさえる工夫を解説!

直葬とは

直葬は、一般的なお通夜や葬儀・告別式といった宗教的な儀式を省略して、ご遺体を火葬することをいいます。

 

ごく身近な家族や友人・知人だけが参加する小さなお別れとなることが多いようです。

 

ひと昔前は、ご臨終の翌日にお通夜、次の日に葬儀・告別式を行う流れが一般的でしたが、近年はよりコンパクトな葬儀が増えています。

地域によって直葬はまだ一般的とは言えないものの、都市部では全体の2割ほどが直葬となっているようです。

 

直葬は、火葬式とも呼ばれます。

直葬や火葬式の場合にも、出棺のタイミングや火葬の直前に、僧侶による読経が行われることもあるようです。ただし、内容は葬儀社によって異なりますので、直葬でもお経を希望する際には事前に確認してください。

 

直葬では、お通夜や葬儀・告別式が省かれるため逝去後24時間が経てば火葬でき、お別れまでの時間が短い点が特徴です。

残された家族や親族の負担が小さくできるものの、お通夜や葬儀・告別式には残された方が、きちんとお見送りをしたと納得する意味もあります。

シンプルな葬送が希望であれば、家族葬や一日葬といった方法もありますので、直葬を選んで後悔がないかどうか、よく考えて選択するといいでしょう。

 

直葬の流れ

直葬の具体的な流れは次のとおりです。

1.医師の死亡診断を受ける

病院や施設、ご自宅などで亡くなったあと、医師の死亡診断を受けます。

2.葬儀会社に連絡する

逝去後の手続きや火葬場の予約などは、葬儀会社に依頼することが多いでしょう。葬儀会社が決まっていなければ、病院が紹介してくれることもありますので問い合わせましょう。

病院や施設で亡くなった場合は、ご遺体を安置所や自宅に移動させる必要があります。葬儀会社には、迎えに来てもらう病院や施設と、搬送先が自宅であれば自宅の住所を伝えましょう。

3.ご遺体を安置所に移す

葬儀会社に連絡すれば、寝台車でお迎えに来てご自宅か葬儀会社の安置所に搬送してもらえます。安置所に移ったあとは、ご家族が故人に付き添えないケースがあるため、確認してください。

4.安置場所から火葬場へ移動する

逝去後、24時間が過ぎれば火葬が可能となりますので、霊柩車で火葬場へ移動します。

火葬場の予約状況によって、火葬できる日が翌日ではなく、翌々日などにずれ込むかもしれません。

5.火葬

安置所から火葬場に移動したら、火葬となります。安置所から出棺する際や、火葬が始まる前に、僧侶の読経があるケースもあります。

直葬と一般葬の違い

直葬と一般葬の大きな違いは、一般葬で行われるお通夜や葬儀・告別式といった宗教的な儀式や飲食の提供が、直葬では省略されることです。

結果的に、遺族の時間的、経済的な負担が軽くなります。

 

直葬と一般葬の流れを、表でまとめました。

直葬 一般葬
ご臨終 ご臨終
安置所に安置 お通夜
火葬 通夜振舞い
納骨 葬儀・告別式
火葬
精進落とし
納骨

 

時間的に見ると、直葬ではご臨終から24時間を過ぎたら火葬できるため、火葬を1〜2時間とすると、拘束時間は1日半から2日ほどです。

一方、一般の葬儀では、ご臨終の翌日にお通夜、その次の日に葬儀・告別式が可能であった場合でも、3日かかります。

 

経済的な面では、お通夜、葬儀・告別式を行えば会場費や祭壇の費用、参列者への香典返し、お布施、通夜振る舞い、精進落としの費用がかかります。一般的な葬儀の費用は平均で100〜200万円です。

直葬ではこれらの費用がほとんど不要で、平均的に20〜30万円ですので、経済的な負担は大きく変わると言えるでしょう。

 

さらに費用を抑えるためには?

上記のように、直葬では一般的な葬儀に比べて費用を抑えることができます。

さらに費用を抑えたい場合には、3つの方法を検討してください。

1.公営の火葬場を使う

火葬場の種類は、公営と民営の2種類があります。

費用を抑える目的があれば、民営ではなく公営の火葬場を選ぶといいでしょう。自治体によっては使用料が無料となるケースもあります。

2.「埋葬料」・「葬祭費」を申請する

健康保険に加入していれば埋葬料を、国民健康保険であれば葬祭費を申請することで、葬儀費用の一部が支払われます。

埋葬料は最大で5万円が支給され、霊柩車代、霊柩運搬代、霊前供物代、火葬料、僧侶の謝礼等が対象です。(参考:ご本人・ご家族が亡くなったとき|全国健康保険協会

 

葬祭費の支給額は地域によって異なります。ただ、自治体によって直葬を「葬祭」と認めず、葬祭費が支払われないケースがありますので注意が必要です。

3.自宅に安置する

ご逝去から火葬までの間、ご遺体を安置する際に葬儀社などが用意している安置所ではなく、ご自宅に安置すると安置所の費用がかかりません。

費用を抑えたい場合には、ご自宅での安置を検討するといいでしょう。

 

直葬のメリット

直葬のメリットは大きく2つあります。

1.経済的な負担が小さい

直葬の大きなメリットは、経済的な負担が小さくて済むことです。

一般的なお通夜、葬儀・告別式を行った場合の費用は、100〜200万円と言われています。一方、直葬であれば20〜30万円です。

2.時間的な負担が小さい

直葬では、ご臨終から24時間を過ぎればすぐに火葬が可能です。火葬にかかる時間は1〜2時間ですので、早ければ1日半で終了します。

一般的なお通夜、葬儀・告別式をすると、ご臨終から3日間が必要です。喪主をはじめ、身近な人を亡くしたばかりのご遺族にとって、拘束時間が短い直葬のメリットは大きいでしょう。

直葬のデメリット

経済的・時間的なメリットが大きい直葬ですが、デメリットも4つあります。

1.お別れまでの時間が短い

直葬は、時間的な拘束が短いメリットがありますが、お別れまでの時間が短いという見方もできます。

安置所によっては、家族の面会ができない場所もありますので、十分納得してお別れができるかどうか、しっかりと検討が必要です。

2.親族や関係者の理解が得られにくい

葬儀に対する意識の変化や、社会的な結びつきの弱まり、核家族化などの理由で、都市部においては直葬が広がりつつあるものの、年配の親族や地域によっては直葬への理解が得られにくいこともあります。

直葬を行う前に、関係者に連絡するといった配慮が大切になるでしょう。

3.後日、弔問への対応が必要になる

直葬では、ごく限られた身近な家族や友人・知人のみが参加することが多いため、後日、参加できなかった方の弔問があるかもしれません。

弔問客の数によっては、一日葬などのシンプルな形であっても葬儀を行い、弔問客に来てもらった方が後日の対応が不要となるかもしれません。

4.納骨できない可能性がある

菩提寺がある方であれば、直葬したあとに納骨を断られる可能性があります。

檀家になっているお家の方は、直葬を決める前に菩提寺に相談しておくと安心です。

まとめ:「直葬」とは何?流れや、一般葬との違い、メリット・デメリット、さらに費用をおさえる工夫を解説!

直葬の基本的な知識や流れ、一般葬との違い、費用をおさえるための工夫、メリット・デメリットを解説しました。

 

直葬は、経済的、時間的な負担が小さくて済む反面、まだ親族や関係者の理解が得られにくい葬送方法でもあります。

また、お別れまでの時間が短いため、きちんとしたお見送りをしたと納得できるのか、よく考えて選ぶ必要があります。

 

一度きりの故人とのお別れが、納得のいくものとなるようお祈りいたします。

お葬式についてさらに詳しく知りたい方は→ 『お葬式』記事一覧
トップへ戻る