お気軽にお電話ください(年中無休:10時~17時)

寝たきり高齢者を自宅で介護する方法|注意点や在宅介護で利用できるサービス

WRITER
 

記事監修者:一般社団法人終活協議会代表理事:竹内義彦

記事監修者:一般社団法人終活協議会代表理事:竹内義彦

この記事を書いている人 - WRITER -

親が高齢になると、介護の心配が出てきますよね。

老化による体の衰えは誰しもありますが、場合によっては寝たきりになる可能性があります。

 

もし寝たきりの介護が必要になった場合、介護施設に入るか在宅介護の2択を考えるケースが多いでしょう。

 

今回は、寝たきりの親を在宅で介護する方法や注意点、利用できるサービスについて解説していきます。

 

目次(この記事は以下の順番で構成されております)

  • 寝たきりの人を介護するときの注意点|廃用症候群(生活不活発病)とは
  • 寝たきりの場合の介護度
  • 寝たきりの人を在宅介護する方法
  • 寝たきりの在宅介護にかかる費用
  • 在宅介護のストレスを平原する介護施設サービス
  • まとめ

寝たきりの人を介護するときの注意点|廃用症候群(生活不活発病)とは

寝たきりとは、立って歩くことはほとんどできず、状況によっては1人で座ることもできない状態です。

そうなれば日常生活すべての事

  • 食事
  • 排泄
  • 入浴

などで介護の手が必要となってきます。

 

気をつけるべき点はそれだけではなく、寝たきりの状況が長く続くと”廃用症候群”または”生活不活発病”と呼ばれる症状が出る可能性があります。

 

若者が1週間寝たきりになった場合は、正常な筋力に戻るまでの時間が短く復活もできるのですが、高齢者の場合は1週間寝たきりになると約10%~20%の筋力が低下するといわれています。

寝たきりだと筋力を戻すことも難しく、どんどん筋力の低下を招くことになり、廃用症候群(生活不活発病)になる可能性があり注意が必要です。

 

廃用症候群(生活不活発病)とは寝たきりが続くと引きおこる様々な症状です。

 

体力や筋力の低下が原因で起こります。その症状は全身に出てきます。

運動障害
  • 筋委縮…筋肉がやせ衰える
  • 関節拘縮…関節が固くなり動きにくくなる
  • 骨委縮…骨が脆くすかすかになる
循環・呼吸器障害
  • 誤嚥性肺炎…食べ物や唾液が気管支や肺に入って肺炎になる
  • 心機能が低下…心臓の動きが悪くなり十分な血液が送り出されない
  • 血栓塞栓症…血の塊が出来て血管が詰まる
自律神経・精神障害
  • うつ状態…気分の落ち込み
  • せん妄…周りの状況が理解できなくなり、幻覚や錯覚が現れる
  • 見当識障害…今いる場所や今の時間などが分からなくなる

寝たきりの場合の介護度

寝たきりの場合、介護度は要介護4又は要介護5になります。

 

介護度とは、要介護認定で判断される介護の必要性や程度を要支援1~2、要介護1~5などのレベルで表します。

 

 

要介護5とされる場合は寝たきりであり、意思疎通が完全にできない又は難しい状態にある場合がほとんどです。

 

寝たきりではあるが、意思疎通ができる場合は要介護4とされることが多いようです。しかし、どちらであっても日常生活の全面的な介護が必要になります。

 

 

寝たきりの人を在宅介護する方法

日常生活全般の介護となると、先程紹介したような廃用症候群になる可能性もありそのほかにも気をつけるべきことが沢山あります。

在宅で介護する人の多くは、初めて介護をする場合がほとんどなので、正しい介護をするのは難しいですよね。

「間違った介護で、症状を悪化させてしまったらどうしよう」と不安に思うこともあるのではないでしょうか。

 

正しい介護を知っておくと介護をする側の人のストレス軽減にもなり、介護をされる高齢者の方も安心した生活を送ることが出来ます。

 

ここでは、介護で気をつけたい

  • 食事
  • 床ずれの予防
  • 入浴
  • 排泄

について解説します。

 

▼自宅で介護を行うときに検討したい、介護リフォームについては以下で詳しく解説しています▼

自宅を介護リフォーム|親の介護にかかる費用とお金について徹底解説

食事

介護での食事は、誤嚥や喉に物を詰まらせないように気を付ける必要があります

 

大切なのは声掛けや正しい姿勢、そして清潔さです。

 

食事を始める時の声掛けはとても大切です。

食事の前に寝ている場合は、寝ぼけながらの食事は誤嚥や喉に詰まるなどの事故が起きる可能性があがります。

そのため声掛けをしてしっかりと目を覚ましてもらい、食事メニューなどを伝えることも”食べる”と言う事に意識を向けてもらうには効果的です。

テレビなども消して、食事に集中してもらう環境を整えるであげましょう。

 

食事をとるときは、可能な限り90度に近い(普通に椅子に座る感じ)状態が理想です。口から食道、胃をまっすぐにすることで誤嚥の防止になります。

 

本来であれば90度まで姿勢をあげる事が理想ではあるのですが、本人の無理のない状態を最優先にしてください。

 

食後のケア

これは食事の後になりますが、口の中などを掃除して清潔にすることが大切です。出来ることならうがい、口内を掃除するようなスポンジなどを使うと良いでしょう。

 

口内を清潔に保つと、唾液が増え食事をしやすくなります。そして何より、口内に汚れが残った状態で放置していると雑菌が繁殖しそのまま食事と一緒に飲み込んでしまうと肺炎やその他の病気を発症してしまう可能性があがります。

 

入れ歯などを含め、きっちりと清潔に保つことを心がけましょう。

床ずれ予防

床ずれとは、医学的では”褥瘡(じょくそう)”と言い、長時間同じ体制で寝ていると体の同じ部分(特に骨などが突出している部分)が圧迫、血の巡りが悪くなると床ずれが引きおこります。

 

ひどくなると骨が露出することもあり、かなり注意が必要です。

 

予防方法としては、長時間同じ体制にならないように定期的に体制を変えることや、体圧分散効果があるといわれるマットやクッション(床ずれ防止用具)などの使用が効果的です。

これらは、肌が触れる面積を広くとることで、圧力を分散させ床ずれの予防になります。

 

また、衣服やシーツの小さなしわも床ずれの原因になります。日々のシーツのしわのないベッドメイクなどにも心がける必要があります。

 

スキンケアや栄養管理も床ずれ予防にもかなり効果的です。

 

皮膚を健康的な状態に保ち、おむつなどは通気性の良い物を選ぶなどをしてかぶれない様にすることも予防になります。

栄養バランスのとれた食事は皮膚に十分な栄養をいきわたらせることが出来、とくにタンパク質、ビタミン、ミネラルを取ることがおすすめです。

入浴

寝たきりの高齢者を、一般的な家庭の浴室で入浴介助するのは、かなり難しいでしょう。

日常的に体を清潔に保つなら、

  • 頭髪のみ寝たまま洗髪する
  • 体は蒸しタオルで拭く

などが、在宅介護で取り入れやすい方法です。

 

ベッドで寝たまま洗髪するセットは入浴設備を整えるよりも圧倒的安価でそろえる事が出来ます。

体を拭くときは、熱すぎず冷たくないタオルで、関節や脇など汚れが溜まりやすい場所を重点的に拭くようにしましょう。

排泄

排泄はデリケートなので、介護には特に注意したいことです。

 

自尊心を傷つけるような言葉を投げかけるようなことはせず、例え排泄に失敗してしまったとしてもマイナスなことを言わないようにしてあげましょう。

 

以前はできていたことが出来なくなってしまったと言う事はかなりショックなものです。出来るだけ、おむつではなくトイレで出来るように排泄時間を何となくでも決めるとよいでしょう。

 

毎食後や外出前、就寝前などと習慣をつけておくと、失敗の回数を減らすことが出来、おむつの交換などの介護を減らすことが出来ます。

高齢になってくると、トイレにいきたいと感じにくくなるので、声掛けなどをして意識を誘導してみてくださいね。

 

認知症と言う事になれば、トイレにいきたいと感じても伝え忘れてしまうと言う事もあるようです。

寝たきりの在宅介護にかかる費用

生命保険文化センターの「生命保険に関する全国実態調査平成30年」によると、在宅介護にかかる費用は月額平均で約7.8万円と発表されています。

在宅介護のためにリフォームすると、一時的にもっとコストがかかるでしょう。

 

また普段は在宅介護を行い、必要に応じて介護施設やデイサービスを利用する場合は別途料金がかかります。

施設やサービスの利用料金は、介護認定や利用する施設によって異なりますので、ケアマネージャーに相談してみましょう。

 

在宅介護のストレスを軽減する介護施設サービス

介護する自分を守るためにというと大げさだと思うかもしれませんが、休みなく毎日続き長期間続く寝たきりの人の介護をするにはかなりの体力やストレスがかかります。

 

ストレスなどで介護うつになる可能性もあるので、自分の負担を軽減する方法を探すことも大切です。精一杯介護をしていても、ストレスから八つ当たりなどをしてしまっては精一杯介護をしている意味がなくなってしまいます。

 

 

ここでは、介護疲れから自分を守る方法を3つ紹介します。

介護サービスの利用

介護サービスとは、

  • 自宅に来てもらう訪問介護や決まった曜日や日付に朝から夕方ごろまで施設で過ごすデイサービス
  • 1泊や2泊施設で泊まるショートステイ

などです。

 

それらの利用費用は、介護保険を使う事により1割ほどの負担で利用することが出来ます。(所得によっては2割~3割)

 

そのほかにも、介護保険を使うことはできませんが配食サービスなどを利用するとストレスを軽減にもつながります。

高齢になると食べてはいけないものや塩分制限などがあり、食事を作るのもかなりの重労働ですよね。

最近の高齢者用の配食サービスはかなり美味しくなっているのでこちらを利用してみてはいかがでしょうか?

 

 

専門家に相談

困ったことなどがあれば、ケアマネージャーさんに相談してみると、いい解決策などを教えてくれることがあります。

また、市区町村では時々介護をしている家族を集めての会を行っている所が沢山あり、同じ境遇の人と意見交換というのは良い情報をゲットできるだけではなく、ストレス発散にもいいのではないでしょうか?

 

施設への入所

本人や介護をする人の希望により、在宅介護を始めたと思います。

 

ただ、在宅介護に限界を感じた際には専門的な介護を受ける事が出来たり、見守りをしてくれるプロがいるほうが安心できる場合があります。

限界を感じてまで介護を続けてしまうと、介護を受けている側も介護をしている側も精神的に追い詰められている状況になってしまうかもしれません。

 

そんな状況になってしまうのであれば在宅介護に固執するのではなく施設利用も積極的な検討をしてみてはいかがでしょう?

『心託サービス』を利用する

入会費(1万円)のみで以下が利用できる『心託サービス』というものがあります。

  • 見守り
  • 24時間、健康相談
  • 24時間、病院案内
  • セカンドオピニオンの手配
  • 家庭看護、介護の案内

有料プランだと(介護サービスの場合)以下のようなサービスも受けることができます。

*一部抜粋。

・福祉施設入居契約時の手続代行
・施設入居に伴う住所変更手続き
・ケアプラン作成時の立ち会い
・病院受診や買い物への同行
・福祉関係者との協議

引用元:心託サービス

詳細は以下よりご覧いただけます。

心託プラン詳細はこちら→
資料請求はこちら→
電話でお問い合わせはこちら→

*電話でのお問い合わせは10時〜17時(年中無休)

 

まとめ

寝たきりの人の在宅介護では、1日のほとんどで付き添う必要があり、とても大変です。

親は慣れ親しんだ自宅の介護が安心かもしれませんが、精神的にも肉体的にも限界を感じるケースが少なくありません。

 

今は介護をするための環境が年々良くなっていますし、新しいサービスなども誕生しています。それらをうまく使いこなして無理のない介護に取り組んでください。

 

在宅介護のことでわからないことや不安なことがございましたら、気軽にお問い合わせくださいね。

 

介護についてさらに知りたい方は→ 介護について関連記事一覧
『終活』とは自分の望む最期を迎え、人生をより充実したものにするため、生前準備を行うことです。 人生の後半戦を思う存分楽しむために『終活』を始めてみませんか? 終活に関する記事一覧

「終活の相談窓口」では終活に関する様々なサポートを行なっております。

竹内

  • エンディングノートの書き方サポート
  • 終活に関するご相談(無料)
  • おひとりさまの終活サポート

終活に関するご相談は以下からお願いいたします。

無料で受けられる「終活ガイド初級」で、終活の基礎知識を学びませんか?

エンディングノートの細かな部分をしっかり理解し、”『エンディングノート』を通じて豊かな人生のお手伝いをする”やり甲斐、使命感を感じられる仕事『エンディングノート認定講師講座』については以下をご覧ください。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 終活の相談窓口 , 2021 All Rights Reserved.