0120-111-859

image

終活の相談窓口

『在宅介護に準備するもの』介護する側・される側を守る最低限必要な知識とは?

トップ > 『在宅介護に準備するもの』介護する側・される側を守る最低限必要な知識とは?

自宅で介護が必要となった場合、

など、少しでも介護の負担を少なくするため、また、少しでも快適に過ごしてもらいたいという思いから考えるのではないでしょうか。
 
筆者の一昨年亡くなった祖母も在宅介護でしたが、母はベッドや万が一の時のためのブザーなど事前に色々と準備をしていました。
今回は、在宅介護に必要なもの、準備するものについてシーン別に解説していきます。
 

目次(この記事は以下の順番で構成されております)

  • 在宅介護の仕方~トイレ(排泄)の介助であると便利なグッズ
  • 在宅介護の仕方~お風呂の介助であると便利なグッズや必需品
  • 在宅介護の仕方~就寝時の必需品や準備するもの
  • 在宅介護の仕方~移動の際必要なもの
  • 在宅介護に最低限必要な知識
  • まとめ:『在宅介護に準備するもの』介護する側・される側を守る最低限必要な知識とは?

在宅介護の仕方~トイレ(排泄)の介助であると便利なグッズ


排泄は、介護をされるご家族が真っ先に思い浮かべることかもしれません。
 

介護レベルによって準備するものは変わってきます。
 
歩行可能レベル
トイレへ移動するまでの手すりの取り付け、段差を出来るだけなくす。
トイレ内に介護用手すりを取り付ける。
夜間の排泄が多い場合やトイレが遠い、介助の手間を少しでも軽くしたい場合は、ポータブルトイレの設置や尿器(尿瓶)で介助すると良いでしょう。
 
車椅子での移動が可能
車椅子でもスムーズに出入りできるよう、トイレのリフォームも視野に入れる。
ベッドの横などにポータブルトイレを設置する。
 
寝たきり
寝たきりの状態の場合、腸や腹圧の具合から排泄が困難になる可能性があります。
寝たきりであっても、尿意や便意を家族に伝えることができる場合は出来るだけ便器を使用するようにしましょう。
尿意や便意をコントロールできなくなった場合は、介護用オムツを使用します。

在宅介護の仕方~お風呂の介助であると便利なグッズや必需品

お風呂はとても体力のいる介助になります。
 
自分で洗髪などできる場合
お風呂に移動するまでの段差や手すりの準備
シャワーチェア、転倒防止マットの準備

『介護者が準備するもの
  • 水を弾く素材のエプロン
  • 滑らないお風呂用スリッパ
  • ゴム手袋
※被介護者のプライバシーを守るためにも、自分で洗髪できる場合は、洗っている時は外で待機、入浴の際は手を貸すなどしましょう。  
自分で洗髪などできない場合
お風呂に移動するまでの段差や手すりの準備
シャワーチェア、転倒防止マットの準備

『介護者が準備するもの
  • 水を弾く素材のエプロン
  • 滑らないお風呂用スリッパ
  • ゴム手袋
※毎日の入浴介助は体力的にも大変だと感じるでしょう。その場合は、2日に1回は清拭(体を拭いてあげる)しましょう。  
寝たきりの場合
清拭で定期的に体を拭いてあげる。
訪問介護や訪問入浴サービスを利用する。
 
毎日の入浴介助で準備するもの

事前に準備しておきたいもの

介護者が準備するもの(あると便利なもの)

 

在宅介護の仕方~就寝時の必需品や準備するもの

介護レベルが上がるにつれ、どうしてもベッドの上で過ごす時間というのは多くなるものです。
 
高齢になりますと、寝た状態から体を起こすことも難しくなりますし、そうなると介護者の負担も大きくなりますよね。
 

自分で体を起こすことが出来る