お気軽にお電話ください(年中無休:10時~17時)

「介護タクシー」とは何?料金や介護保険の利用条件、「福祉タクシー」との違いや利用方法を解説!

 

記事監修者:一般社団法人終活協議会代表理事:竹内義彦

記事監修者:一般社団法人終活協議会代表理事:竹内義彦

この記事を書いている人 - WRITER -

介護タクシーとは

目次(この記事は以下の順番で構成されております)

  • 介護タクシーとは
  • 介護タクシーの料金
  • 介護保険が使える条件
  • 介護タクシーと福祉タクシーの違い
  • 介護タクシーの利用方法
  • まとめ

について解説します。

介護タクシーとは

介護タクシーは、要介護者や体の不自由な方のためのタクシーの通称です。

 

一般的なタクシーはセダンタイプの車両が多いですが、介護タクシーは車椅子のまま乗れるワンボックス車が多く、ほかにストレッチャーが乗せられる寝台車や、助手席が回転するタイプもあります。

車内には、車椅子で乗り降りするためのリフトやスロープなどが用意されている点が特徴です。

 

介護タクシーは、ドライバーが介護士資格を持ち、利用者の送迎に加え介助サービスを提供するタクシーを指します。

ドライバーは、通常のタクシードライバーとしての資格「普通自動車第二種免許」にプラスして、「介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)」を持っています。

 

介護タクシーは、1人で電車やバスといった公共交通機関に乗れない、要介護1〜5と認定された方が、「日常生活上または社会生活上必要な行為に伴う外出」の際に利用できるサービスです。

「日常生活上または社会生活上必要な行為に伴う外出」には残念ながら仕事や趣味のための外出、買い物などは含まれません。

「日常生活上または社会生活上必要な行為に伴う外出」と認められるのは、次のケースです。

  • 通院(受診、リハビリなど)
  • メガネ、補聴器、補装具など、本人の同席が必要な買い物
  • 金融機関での手続き
  • 選挙投票や公的機関での手続き

また、介護タクシーには基本的に付き添いの人が同乗することはできません。

このため、介護タクシーを選ぶ際のポイントは、料金設定の分かりやすさをはじめ、ドライバーの介護と運転スキルはもちろん、人柄や利用者との相性を見極めることと言えるでしょう。

介護タクシーの料金

介護タクシーの料金は、

  • タクシー運賃
  • 介護サービス料金
  • 介護機器のレンタル料

の3つの要素の組み合わせです。

 

介護タクシー料金=タクシー運賃 + 介護サービス料金 + 介護機器のレンタル料

 

介護機器のレンタルをしない場合は、タクシー運賃と介護料金のみの支払いとなります。

 

タクシー運賃は、通常のタクシー運賃と同程度の相場であることが多く、そのほかに時間制運賃や距離制運賃を採用している事業者もあります。

また、事業者によっては、冠婚葬祭や観光といった特別な日の利用を想定した、貸し切り料金の設定もあります。

 

運賃は、時間制であっても距離制であっても事業会社がそれぞれに設定するので、具対的な金額は事業会社に問い合わせが必要です。

ここでは参考までに、それぞれの料金体系の例をご紹介しましょう。

時間制運賃の例

  • 最初の30分:500円〜1,000円
  • 以降30分ごと:1,000円〜2,000円

 

距離制運賃の例

  • 最初の2km:800円
  • 以降1kmごと:300円から400円

 

上で説明したように、介護タクシーでは通常のタクシー運賃のほかに、介護サービス料金が上乗せされます。介護サービス料金も事業者により異なりますが、次の例を参考にしてください。

  • 基本介助(乗降介助):500円〜1,500円
  • 室内介助:1000円

このほかのサービスとしては、外出付き添い、病院内介助などのオプションがあります。詳細は各事業者にお問い合わせください。

また、介護サービス部分については、介護保険が使える場合があります。次で詳しく見てみましょう。

介護保険が使える条件

介護タクシーに介護保険が使えるのは、次の条件を満たした場合です。

  • 要介護1〜5と認定されていること
  • ケアマネージャーが作成した介護プランで決められていること
  • 自宅や有料老人ホーム、ケアハウス、サービス付き高齢者向け住宅など、「特定施設」の指定を受けた施設で生活していること
  • 1人でバスや電車などの公共交通機関に乗ることができないこと
*介護保険が言う「特定施設」は、有料老人ホーム、軽費老人ホーム(ケアハウス)、養護老人ホームのことです。(出典:特定施設入居者生活介護|厚生労働省

 

次の方は、介護タクシーに介護保険は使えません。

  • 要介護ではなく、要支援と認定されている
  • 1人でバスや電車などの公共交通機関に乗れる
  • 特定施設ではなく、入院中や特別養護老人ホーム、介護老人保健施設といった介護保険施設に入居している

 

介護認定(要支援1.2、要介護1.2.3.4.5)について詳しくはこちら

「介護サービスを受けたい!」介護保険の申請方法|手続きや必要書類について解説

介護タクシーと福祉タクシーの違い

介護タクシーと似た言葉に、福祉タクシーがあります。

福祉タクシーは、介護タクシーからドライバーの介護サービスと、利用者に対する利用条件をなくしたタクシーです。

 

介護タクシーと福祉タクシーの違いを明確にするために、介護保険サービスについて簡単にご紹介しましょう。

介護保険サービスの1つに、訪問介護サービスがあります。訪問介護サービスは、利用者が自宅で自立した日常生活を送れるよう支援することを目的とし、次の3つの支援があります。

  1. 身体介護:入浴や排泄、食事の介助
  2. 生活援助:掃除、洗濯、調理の代行
  3. 通院等乗降介助:通院時の外出移動サポート

介護タクシーは、3つ目の通院等乗降介助に含まれるサービスです。通院等乗降介助の内容は、通常のタクシーサービスのほか、大きく次のとおりです。

  • 外出準備の介助
  • 室内からタクシーまでの移動と乗車、降車の介助
  • 病院やお店、公的機関での受付、会計などの支援
  • 目的地からタクシーまでの移動と乗車、降車の介助
  • 帰宅後の介助
上記のサポートは介護タクシーだけが提供できます。

 

一方、福祉タクシーは、要介護者や体の不自由な人の送迎サービスを提供しますが、車椅子での乗り降りの介助といったサービスは行わず、外出前後の支援も行いません。また、介護保険の対象でもありません。

ただ、介護タクシーでは介護者が同乗できませんが、福祉タクシーであれば車椅子の人と一緒に家族や介護者が同乗できるため、仕事や買い物、趣味の外出といったプライベートでの利用に便利なサービスです。

また、介護保険を使うときのような条件を考慮する必要もないため、気軽に利用できます。

介護タクシーの利用方法

最後に、介護タクシーの利用方法をご紹介します。

介護保険を使う場合

はじめに、介護保険を使って介護タクシーを利用する方法です。

 

ケアマネージャーに相談する

ケアプランに介護タクシーの利用を記載してもらう

介護タクシーの事業者の紹介を受ける

予約方法や、支払い方法を確認する

介護タクシーを予約する

介護タクシーを利用する

 

介護タクシーを予約する際には、次の情報が必要ですので、前もっと整理しておくといいでしょう。

  • 日時
  • 送迎先の住所
  • 連絡先の電話番号
  • 目的地や用事の内容
  • 自宅の状況
  • 利用者の状況
  • 送迎時の付き添いの有無

介護保険を使わない場合

介護保険を使わず、全額を自己負担する場合にも、ケアマネージャーに相談して事業所を紹介してもらうと良いでしょう。

ケアマネージャーはさまざまな事業所についての情報や知識を豊富に持っている場合が多いからです。

 

介護保険を使わない場合では、上記の介護保険を使って介護タクシーを利用する方法のうち、「ケアプランに介護タクシーの利用を記載してもらう」の部分が省略できます。

まとめ

介護タクシーについて、基本的な内容や料金、介護タクシーで介護保険を使うための条件、福祉タクシーとの違い、利用方法について解説しました。

 

介護タクシーは、介護が必要な方や体の不自由な方が安心して外出するための大きな助けになってくれるサービスです。

良いドライバーにめぐり合えれば、ご本人もご家族にとっても外出が安全で楽しいものになるに違いありません。

この記事を参考に、より快適な外出が可能になることをお祈りします。

「終活の相談窓口」では終活に関する様々なサポートを行なっております。

竹内

  • エンディングノートの書き方サポート
  • 終活に関するご相談(無料)
  • おひとりさまの終活サポート

終活に関するご相談は以下からお願いいたします。

無料で受けられる「終活ガイド初級」で、終活の基礎知識を学びませんか?

エンディングノートの細かな部分をしっかり理解し、”『エンディングノート』を通じて豊かな人生のお手伝いをする”やり甲斐、使命感を感じられる仕事『エンディングノート認定講師講座』については以下をご覧ください。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 終活の相談窓口 , 2021 All Rights Reserved.