お気軽にお電話ください(年中無休:10時~17時)

「火葬証明書」とは何?意味について解説

 

記事監修者:一般社団法人終活協議会代表理事:竹内義彦

記事監修者:一般社団法人終活協議会代表理事:竹内義彦

この記事を書いている人 - WRITER -

火葬証明書

(読み方:かそうそうめいしょ)

  • 「火葬証明書」とは
  • 「火葬証明書」の取得方法
  • 「火葬証明書」と「埋葬許可証」
  • 「火葬証明書」を失くしたら
  • 「分骨証明書」について

について解説します。

「火葬証明書」とは

「火葬証明書」とは、火葬場でご遺体を火葬したことを証明する書類で、墓地などに遺骨を納める際に墓地管理者に提出します。

 

遺骨を埋葬する際には「火葬証明書」が必ず必要です。

 

ご遺体を火葬 する時には「火葬許可証」を火葬場に提出します。火葬後、「火葬許可証」に火葬執行済みの証印(や火葬日時)が押されて返却されます。この火葬場の押印がされた「火葬許可証」が「火葬証明書」です。

 

つまり「火葬許可証」と「火葬証明書」は一つの書類で、火葬場の押印の前後で呼び方が変わるだけなのです。

 

では、「火葬許可証」を取るにはどうすればいいのでしょうか。また、「火葬証明書」と混乱しやすい言葉に「埋葬許可証」があります。「火葬証明書」と「埋葬許可証」は自治体によって呼び方がまちまちなため分かりづらい状況にあるようです。

 

この記事では「火葬許可証」の取り方、「火葬証明書」と「埋葬許可書」について、また万が一「火葬証明書」を紛失した場合の再取得の方法、さらに遺骨を分骨する際に必要とされる「分骨証明書」についてご紹介します。

「火葬許可証」の取り方

「火葬証明書」は、火葬場での火葬が執り行われたことを証明する書類ですが、「火葬許可証」は市町村によって発行される、ご遺体を火葬する際に必要な書類です。

 

「火葬許可証」を取得するためは、「死亡届け」医師による「死亡診断書」を地方自治体に提出します。自治体によっては一枚の書類が「死亡届け」と「死亡診断書」を兼ねている場合もあるようです。

 

また、「死亡届け」と「死亡診断書」を提出することにより「火葬許可証」が発行される場合と、別途「火葬許可証申請書」が必要なケースがありますので注意してください。「火葬許可証」は「死亡診断書」をもとに発行されますが、火葬が可能になるのは死亡診断書に記載された死亡時刻から24時間が経過した後になります。

不慮の事故や変死などの場合には「死亡診断書」の代わりに監察医が発行する「死体検案書」が必要です。

「火葬証明書」と「埋葬許可証」の違い

自治体によって名称が異なるので分かりづらいですが、「火葬証明書」と「埋葬許可証」の役割は同じです。「火葬証明書」は火葬が済んだことを証明する書類であり、「埋葬許可証」は埋葬が許可されたことを示す書類です。

 

「火葬場の押印を受けた火葬許可証」(=「火葬証明書」=「埋葬許可証」)は遺骨の埋葬時に、墓地の管理事務所に提出するよう求められます。埋葬するのが初七日であれば、火葬から埋葬までの期間は短いですが、四十九日や一周忌、三周忌の法要で埋葬するケースもあるでしょう。

 

埋葬の際には必ず「火葬証明書」(「埋葬許可証」)が必要ですので、紛失しないよう大切に保管する必要があります。

「火葬証明書」を失くしたら

遺骨を埋葬する際には墓地管理者に「火葬証明書」(「埋葬許可証」)を提出する必要がありますが、火葬から埋葬までの間に、「火葬証明書」を紛失することがあるかも知れません。

 

初めに「火葬許可証」の交付を受けてから5年以内であれば、数百円程度の費用が発生するものの、市区町村や火葬場での再発行が可能です。5年間というのは、地方自治体で書類の保管義務がある最低保管期間です。

 

「火葬証明書」を失くしたら、まずは納骨する墓地などに「火葬証明書」を紛失した旨を伝え、必要な書類を確認します。

納骨先によって、必要な書類が異なるからです。

 

最低限の書類で済むのは、火葬場に依頼して発行される「火葬証明書」だけが求められるケースです。しかし火葬場が発行する「火葬証明書」だけでなく、火葬を行った市区町村が発行する「火葬証明書」か、死亡届けを提出した市区町村が発行する「火葬証明書」のどちらかが必要な場合もあります。

 

市区町村に「火葬証明書」の再発行を依頼する場合、自治体により管轄する課が違います。また、再発行の依頼は最初に死亡届けを出した人と同じ人である必要があります。ただし、該当の方が亡くなっている場合には、別途問い合わせをするといいでしょう。代理の方が依頼される場合には、委任状が必要です。

 

「火葬許可証」の交付を受けてから5年以上を過ぎている場合にも、火葬を行った火葬場のある市区町村か、死亡届けを提出した市区町村に問い合わせてください。

「分骨証明書」について

納骨の際には「火葬証明書」が必要ですが、火葬した遺骨を複数の墓地に納骨する場合には、「分骨証明書」が必要です。ライフスタイルの変化に伴って、遠方にあるお墓とは別に納骨堂で供養する方や、兄弟姉妹がそれぞれで供養したいなど、分骨を希望するケースが増え、「分骨証明書」を必要な方も多くなっています。

 

「分骨証明書」は、分骨する墓地や納骨堂の数だけ必要です。

 

例えば、先祖代々の本山に納骨する他に、2人兄弟が別々に供養する場合には、3通の分骨証明書の発行を受けます。「分骨証明書」は、火葬を行った市区町村に発行を依頼します。ただし、ご自宅に遺骨を置いて手元供養をする場合には、「分骨証明書」は不要です。

「分骨証明書」を紛失した場合にも「火葬証明書」同様に再発行の依頼が可能ですので、発行元の市区町村にお問い合わせください。

まとめ:火葬証明書とは何?意味について解説

今回は「火葬証明書」の意味について解説しました。

 

「火葬証明書」は、「火葬許可証」に火葬場による押印がされたものであり、「埋葬許可証」と呼ばれることもある書類です。「火葬証明書」は、墓地などへの納骨の際に必要とされますので、失くさないように大切に保管し、もしも失くしてしまった場合には、火葬場や市区町村に問い合わせてみてください。

身内が亡くなった後の手続きや書類について、まとめています。

亡くなった後(死亡後)の手続き記事一覧

「終活の相談窓口」では終活に関する様々なサポートを行なっております。

竹内

  • エンディングノートの書き方サポート
  • 終活に関するご相談(無料)
  • おひとりさまの終活サポート

終活に関するご相談は以下からお願いいたします。

無料で受けられる「終活ガイド初級」で、終活の基礎知識を学びませんか?

エンディングノートの細かな部分をしっかり理解し、”『エンディングノート』を通じて豊かな人生のお手伝いをする”やり甲斐、使命感を感じられる仕事『エンディングノート認定講師講座』については以下をご覧ください。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 終活の相談窓口 , 2020 All Rights Reserved.