0120-111-859

image

終活の相談窓口

地域包括支援センターとは|どんな役割があるの?利用の注意点はある?

トップ > 地域包括支援センターとは|どんな役割があるの?利用の注意点はある?

駅前などに「地域包括支援センター」という看板を見たことがありますか。

 

高齢者がよりよく生活できるように、介護をする方の負担を少しでも減らせるように設置されているのが、地域包括支援センターです。

 

「介護に困っている方」「どうしたらいいかわからない方」「高齢者の方」にぜひ利用してほしい施設です。

一方で「地域包括支援センターって何?」「どんなところ?」と気になりますよね。

 

今回は地域包括支援センターについて解説しています。

 

地域包括支援センターの役割について知りたい方、実際行ってみたいけどどうしたらいいかわからない方は、ぜひご参照ください。

 

目次(この記事は以下の順番で構成されております)

  • 地域包括支援センターとはなにか
  • 地域包括支援センターの役割とは
  • 地域包括支援センターは信用できる?専門家はいるの?
  • 地域包括支援センターは何を目的として設置されているのか
  • 地域包括支援センターに行ってみよう!行くときの注意点
  • まとめ:地域包括支援センターとは|どんな役割があるの?利用の注意点はある?

地域包括支援センターとはなにか

地域包括支援センターとは、地域住民の保健、医療向上、福祉、介護予防マネジメントを行う機関のことで、市区町村が設置主体になっています。

 

地域包括柄支援センターはどこにあるの?

地域包括支援センターは市区町村ごとに設置されています。

 

場所がわからない場合は、住んでいる地域の市区町村ホームページで確認するか、介護保険担当者に聞いてみましょう。

 

地域包括支援センターは誰が利用できるの?

地域包括支援センターは、対象地域に住んでいる高齢者、またはその支援をしている方が利用できます。

 

必ず住んでいる地域の地域包括支援センターを利用しましょう。

 

例えば、A市内に住んでいるもののA市の地域包括支援センターよりもB市の地域包括支援センターの方が交通の便もよく通いやすいこともあるでしょう。

 

しかし、住んでいないと利用対象者とはなりません。

 

注意が必要なのは、支援や介護が必要な方と、相談したい方が離れて暮らしている場合です。

 

例えば、A市に住んでいる母の支援をしたい遠方のB市に住む娘がいたとしましょう。このとき、担当となる地域包括支援センターはB市ではなくA市です。

 

あまりにも遠方でA市の地域包括支援センターに足を運べない場合は、A市の地域包括支援センターに電話をして「家族が遠方のB市に住んでいる」と伝えましょう。

地域包括支援センターの利用料金

地域包括支援センターの利用料金は無料です。

 

ただし、紹介されたサービスを利用する場合はその費用が発生します。

地域包括支援センターの役割とは

地域包括支援センターの役割を解説します。

 

地域包括支援センターには介護保険法で定められた役割があるのです。

参考:厚生労働省

 

法律で定められているため、A市の地域包括支援センターとB市の地域包括支援センターの役割に違いはなく、住んでいる地域によってサービスに大きな差がでないようになっています。

 

では、くわしく地域包括支援センターの役割を見てみましょう。

地域包括支援センターの役割とは|介護予防事業のマネジメント

地域包括支援センターは介護予防事業のマネジメントを行っています。

 

これから支援や介護が必要となる方、すでに要支援と認定された方を対象にして、身体状況の悪化を防ぎ、自立して生活ができるよう支援を行っているのです。

 

もう少し具体的な役割を挙げてみましょう。

などの役割を担っています。

地域包括支援センターの役割とは|総合的な相談・支援

地域包括支援センターは高齢者のさまざまな相談に総合的に対応して支援しています。

またその相談内容に適したサービスや制度を紹介して解決に導くのです。

 

 

などの相談に乗り、アドバイスや必要なサービス・制度の紹介をします。

地域包括支援センターの役割とは|権利擁護

地域包括支援センターの役割の1つに権利擁護があります。

 

当然のことですが、高齢になったからといって権利がなくなるわけではありません。高齢者が安心して尊厳ある生活ができるよう支援を行っています。

 

例えば、判断能力が低下してお金の管理が困難になったとしましょう。

 

高齢者を狙った詐欺被害に遭わないよう、地域包括支援センターでは、成年後見制度の利用のサポートをすることがあります。

 

また高齢者の虐待被害への対応もしています。

 

地域包括支援センターの役割とは|包括的・継続的ケアマネジメント支援業務

地域包括支援センターは、包括的かつ継続的なケアに対するマネジメント業務を行う役割もあります。

 

具体的に説明すると、地域包括支援センターではセンターのスタッフだけでなく、介護支援専門員、主治医、ケアマネージャーなど多職種で連携して支援をしているのです。

 

相談をした場合に「それは専門外でわかりません」と回答するのではなく、専門家と連携して対応してくれます。

地域包括支援センターは信用できる?専門家はいるの?

地域包括支援センターは、市町村または地域支援事業の実施を、市町村から委託を受けた者が設置しています。

参考:厚生労働省

 

つまり地域包括支援センターは行政が関わっていますので、安心して利用できると言えるでしょう。

 

地域包括支援センターには、保健師・ケアマネジャー・社会福祉士がいます

地域包括支援センターでは、保健師・ケアマネジャー・社会福祉士の3職種が連携しながら分担して業務を行っています。

 

【保健師】 保健指導に従事する人で、高齢者の相談に乗ったり、生活指導をしてくれます。

※国家資格

【社会福祉士】 日常生活を営むのに支援がある人の福祉に関する相談に乗り、アドバイスや指導、福祉サービスの紹介をします。

また他の機関への連絡・連携をして支援を行います。

※国家資格

【ケアマネージャー】 ケアマネージャー(介護支援専門員)はケアマネとも呼ばれます。

高齢者など要介護者からの相談に乗り、適切なサービスが利用できるように行政やその他の機関と連携して支援を行います。

 

このように地域包括支援センターには専門知識を持ったスタッフがいるため、安心して利用できるでしょう。

 

さらに、他の機関とも連携を取ることで「これはここでは対応できない」と却下されることはあまりなく、可能な限り高齢者の支援をしてくれます。

 

地域包括支援センターは何を目的として設置されているのか

そもそも地域包括支援センターの目的は地域ぐるみの高齢者サポートです。

 

介護が必要な状態になっても、「住み慣れて知り合いがたくさんいる地域で、自分らしい暮らしを続けたい」と思う方はたくさんいます。

 

このような人たちの生活、医療、介護をサポートするために地域包括センターは設置されました。

 

地域包括支援センターは2025年問題に対応するため

2025年問題をご存じでしょうか。

 

団塊の世代と呼ばれる人たちが2025年に75歳以上になり、2025年は医療や介護の需要がさらに高まるとされています。

参考:厚生労働省

 

このことから、厚生労働省では2025年までに、高齢者が住み慣れた地域で最後まで安心して生活できる支援体制を構築しているのです。

 

高齢化はまだまだ進んでいるため、2025年以降も地域包括支援センターはより重要な役割を担うでしょう。

 

地域包括支援センターに行ってみよう!行くときの注意点

この章では、実際に地域包括支援センターに行くときの注意点をまとめます。

 

地域包括支援センターに行くときの注意点|相談したいことを紙まとめておく

「脚が痛い」「家族が認知症っぽい症状が出ていて不安」などさまざまな相談事があるかと思います。ついつい話し始めると、脱線して愚痴のようになってしまうこともあるでしょう。

 

しっかりと相談したいことが相手に伝わるように、相談内容を事前に紙にまとめておくことをおすすめします。

地域包括支援センターに行くときの注意点|同居している家族と行く

家族と同居している場合は、家族と一緒に地域包括支援センターに行ってみましょう。

 

家族がするべきサポートについても紹介されることがあるため、家族が一緒にいると話がスムーズです。

 

自分の日常生活を知っている家族からの客観的な意見が出る可能性もあり、同居する家族がいる場合はなるべく一緒に行くのがおすすめですよ。

地域包括支援センターに行くときの注意点|訪問する前に電話をしていく

忙しくてスタッフがあまり対応できない可能性もあるため、事前に電話をしておくとよいでしょう。

 

訪問したい日時、家族と一緒かひとりかどうか、相談したい内容を大まかに伝えておくと安心です。

 

相談内容によっては「これを持ってきてください」と持ち物を指示されることもあるでしょう。

なるべく電話を入れておくことをおすすめします。

 

まとめ:地域包括支援センターとは|どんな役割があるの?利用の注意点はある?

[/keikou]地域包括支援センターは市町村に設置されています。自分が住む地域の地域包括支援センターを利用するようにしましょう。

 

地域包括支援センターとは、「地域住民の保健」「医療向上」「福祉」「介護予防マネジメント」を行う機関のことです。

 

具体的には、

を役割としています。

 

団塊の世代が75歳となる2025年には介護の需要がさらに高まるとされていて、地域包括支援センターは今後も重要な役割を担うと考えられます。

 

地域包括支援センターは「保健師」「ケアマネージャー」「社会福祉士」がいて、専門知識を持った方が対応してくれますし、さらに多職種での連携もあるため、専門的なアドバイスや支援が期待できるでしょう。

トップへ戻る