0120-111-859

image

終活の相談窓口

早期退職とは?向き不向きとメリットデメリットを理解したうえで決断をしよう

トップ > 早期退職とは?向き不向きとメリットデメリットを理解したうえで決断をしよう

あなたは勤務先で早期退職の募集が開始されていたらどうしますか?

 

そのときの自分の年齢にもよると思いますが、好機や転機というポジティブとして捉えるのかネガティブとして捉えるのか、その後の自分や家族の人生に関わってくる重大な決断となりますね。

 

この記事では早期退社についての説明と早期退職に自分は向いているのか、さらにメリットデメリットもご紹介いたします。

 

目次(この記事は以下の順番で構成されております)

  • 早期退職とは?企業が早期退職を募る理由を知る
  • 早期退職と希望退職の違いは?内容の違いを把握しよう
  • 早期退職のメリット
  • 早期退職のデメリット
  • 早期退職に向いている人と向いていない人とは?自分はどちらに当てはまるのか?
  • まとめ:早期退職の決断はよく考えてから!目先の優遇にとらわれないで

早期退職とは?企業が早期退職を募る理由を知る

早期退職とは募集期間と年齢などの条件を設定し、「定年を迎える前に企業側が自主退職者を募る」ことをいいます。人件費削減の理由の他に、社員や従業員の人生や能力を発揮する場所の選択肢を広げるという意味も含まれています。

 

ではなぜ企業側は早期退職を募るのでしょうか?

東京商工リサーチが2020年に行った上場企業の早期・希望退職についての調べによると、2019年では35社であった早期退職募集は、コロナ禍が始まった2020年では93社が早期退職の募集実施を行なったとの結果が出ています。

参考:2020年上場企業の早期・希望退職93社 リーマン・ショック以降で09年に次ぐ高水準

 

ここでは、早期退職を募る理由を3つ紹介します。

業績不振または経営悪化による人件費削減のため

企業側は従業員の年齢が上がると、人件費高騰を懸念します。

業績不振や経営悪化となると人件費を抑えることを考える企業もあり、リストラの意味として取ってしまうことも。

 

しかし、早期退職を制度として導入している企業もあるので一概に早期退社=リストラとはならないようです。

人材育成(企業の若返り)

黒字経営を行っている企業でも、早期退職を募集する企業はあります。

 

前章で解説したのように、賃金が高額になる中高年への人件費を若くてデジタル面に強い層へチェンジし、社内の若返りを狙うため、特に中高年層への早期退職を募集するそうです。

従業員の再出発の後押し

終身雇用にこだわらない人が増えている昨今、転職することは珍しくありません。

新たな仕事に興味があり転職や起業を考えていた場合には、早期退職という転機を利用しやすいのではないでしょうか?

 

一定の年齢に達した社員や従業員へ、自分の人生のための判断や決断ができるように、この制度を設けている企業も存在します。

早期退職と希望退職の違いは?内容の違いを把握しよう

「希望退職」という言葉をニュースなどで一度は耳にしたことはありませんか?
早期退職と希望退職は混合しやすい制度ですが微妙に意味合いが違います。ここでは希望退職についてまとめてみました。

希望退職とは

希望退職とは、

のため、一定期間を設けて自主的に早期退職者をする社員を募集する制度のことです。

 

この希望退職は、会社と社員の合意に基づいて実行されます。

また、募集期間に希望退職へ申し込みをしても企業にとって必要な人材であるならば、この制度を企業側に拒否されるケースもあります。

希望退職は会社都合の退社と捉えられるため、退職後すぐに失業給付金を受け取ることができます

さらに会社によって違いがありますが、退職金の割り増しや未消化有給の買い上げ、再就職先の支援などが設けられている場合もあります。

 

早期退職は人件費削減の意味の他に「社員、従業員の人生や可能性を広げる」という意味も含まれていますが、希望退職は「経営難のため人件費を削減するため」の対策の一つとして募集する制度と言えそうです。

早期退職のメリット

早期退職のメリットには、どんなものがあるのでしょうか?

ここでは、退職金が割増になるケースや、再就職のサポートなどのメリットを紹介します。

退職金が割増しになる可能性がある

企業で規定されている退職金にプラスされ支給される「割増退職金」ですが、早期退職する場合の割増退職金の平均額「年収×2年分」と言われています。

 

しかし勤続年数や年齢、企業の業績によっては変動する可能性が考えられます。以下の記事も合わせてお読みください。

早期退職をした場合の退職金の相場と使い方|知っておくべき早期優遇退職制度とは

再就職支援が受けられる場合がある

企業によっては、早期退職をする社員に対してグループ会社や人材会社へ再就職のサポートをしてくれるケースがあります。

会社都合で退職できる

例えば自己都合による退職をした場合、失業保険支給は退職後3か月が経過してから支給されますが、早期退職は会社都合による退職となるため最短で1週間で支給されます。

 

さらに受給金額にもかなりの差があり、自己都合による退職の上限金額は約118万円ですが、早期退職の上限金額は約260万円となります。

早期退職のデメリット

早期退職にはメリットがある一方、デメリットも存在します。

ここでは早期退職のデメリットを紹介しますので、早期退職する前に把握しておきましょう。

再就職先がなかなか決まらない

メリットで紹介したように、再就職支援を受けて無事に就職先が決まればいいのですが、自分が持っているスキルや経験、さらに退職時の年齢によっては再就職することが困難になる可能性もあります。

このことも頭に入れながら早期退職を考えましょう。

収入が減る可能性がある

自己退職による割増退職金や失業保険支給が優遇されているとはいえ、再就職先によっては収入減も考えられます。

早期退職後はなるべくブランクを開けず、家族で生活プランの見直しや計画を立てておきましょう。

年金受給額が減るかもしれない

受け取る年金には「老齢厚生年金」「老齢基礎年金」の2つにわかれて、老齢厚生年金は年金受給開始年齢65歳までの平均給与と加入月数によって決定されます。

一方、老齢基礎年金の金額は20歳から60歳までに納めた保険料の月数によって決まります。

 

早期退職の場合は国民健康保険料の減額が最長2年間受けることができますが、それ以降に保険料が未納のまま、または再就職ができない場合は将来受け取る年金額に変動が出るかもしれません。

 

保険料のしくみや国民健康保険料の減額などを現在の勤務先に確認をすることをお勧めします。

早期退職に向いている人と向いていない人とは?自分はどちらに当てはまるのか?

「2:6:2の法則」をご存知ですか?

この割合は組織論というもので、組織というものは

にわかれるという考えのことを言います。

この貢献度の高い2割の人が早期退職をする場合、その後の活躍に結びつくとは限らないのです。

では、早期退職に向いている人と向いていない人とは一体どのような特徴があるのでしょうか?

早期退職に向いている人の特徴

 

このように、早期退職に向いている人というのは再就職をするために必要なスキルや人脈、すぐに再就職先が見つからなくても生活することができるだけの貯蓄、将来のビジョンやライフプランをはっきりと持っている人が当てはまるようです。

早期退職に向いていない人の特徴

 

早期退職に向いていない人というのは、現在自分が置かれている立場や賃金に不満を持ち、そこから解放されたいがために退職後のライフプランを考えないで早期退職をするケースです。

いくら社内で自分の評判が高くても早期退職をした後の自分の評価やスキルは社外の人にはわかりません。

早期退職を考えるのであれば一度自分の評価やスキルなどを客観的になって見直してみることも成功に繋がるでしょう。

早期退職の決断はよく考えてから!目先の優遇にとらわれないで

チャレンジしてみたかった事や新たに起業を考えていた場合の早期退職は自分にとって好機やチャンスとなるかもしれません。

しかし、後先を考えずに早期退職で提示される条件だけで、決断するのは後に後悔する可能性があります。

 

 

様々なシーンを想像してから早期退職を決断しても遅くはないでしょう。

また、一人で決めるのではなく、家族や周囲の人たちに相談をすることも忘れないでください。

定年後、セカンドキャリアに役立つおすすめの資格や働き方、仕事についてご紹介しています。 →『資格、仕事、働き方』関連記事一覧
トップへ戻る