お気軽にお電話ください(年中無休:10時~17時)

【赤ちゃんの孫から祖父母へ】敬老の日のおすすめプレゼントと注意点

WRITER
 

記事監修者:一般社団法人終活協議会代表理事:竹内義彦

記事監修者:一般社団法人終活協議会代表理事:竹内義彦

この記事を書いている人 - WRITER -

敬老の日には、日頃可愛がってくれる感謝を込めて、祖父母に贈り物をしたいと考えますよね。

 

しかしまだ赤ちゃんの場合、両親が代わりに送ることになりますし、プレゼントを贈るかどうかも悩むかもしれません。

もし初孫の場合、祖父母がまだ若いこともあるかもしれませんね。

 

 

毎年敬老の日は9月の第三月曜日と決まっています。2021年の敬老の日は9月20日です。

せっかくの行事ですので、ぜひ赤ちゃんの孫から祖父母へ敬老の日のプレゼントを贈りませんか。

この記事では、赤ちゃんの両親向けに、赤ちゃんの孫から祖父母への敬老の日ギフトについて解説しています。

目次(この記事は以下の順番で構成されております)

  • 【赤ちゃんの孫から祖父母へ】敬老の日のおすすめプレゼント
  • 【赤ちゃんの孫から祖父母へ】敬老の日のプレゼントの相場
  • 【赤ちゃんの孫から祖父母へ】敬老の日のプレゼントは渡すべき?
  • 【赤ちゃんの孫から祖父母へ】敬老の日のプレゼントでの注意点
  • 赤ちゃんの孫と祖父母の敬老の日の過ごし方
  • まとめ

敬老の日のプレゼントを渡すなんて、嫌がられないか心配…という方もぜひご参照ください。

赤ちゃんの孫から祖父母への敬老の日のおすすめプレゼント

赤ちゃんの孫から祖父母への敬老の日ギフトでおすすめなものをご紹介します。

【赤ちゃんの孫から祖父母へ】敬老の日のおすすめプレゼント|写真入りキーホルダー

赤ちゃんの写真は自宅にたくさんあるはず。印刷して小さくカットをして写真入りキーホルダーを作ってみませんか。

カメラ屋さんに依頼してキーホルダーを作ることも可能ですが、100円ショップの材料で手作りすることもできます。

100円ショップでは、枠のみのキーホルダーが売られていますので、カットした写真を入れて枠をはめるだけ。こちらは材料費がとても安いのでおすすめです。

 

こんな人におすすめ 孫グッズを持ち運びたい方
費用 100円から500円

 

【赤ちゃんの孫から祖父母へ】敬老の日のおすすめプレゼント|手形

まだまだ小さな孫の手は、プニプニしていてかわいいですよね。しかし、その手はいつか大きくなります。小さかった時の孫の手を記念に残すのもおすすめです。赤ちゃんの手形を作って祖父母にプレゼントしませんか。

手形キットを購入して自宅で作ることも可能です。手形と写真立てがセットになった商品も売られていますので、探してみてください。

 

天然石や木材に手形を残せるタイプの商品は比較的高額で9,000円前後することがありますが、インクをポンと押すタイプのものであれば、1,000円ほどです。予算に見合うものをお選びくださいね。

孫が遊びに来たときに、手形と比べてどれくらい成長したか確認することができるので、祖父母が喜んでくれるはずです。

 

こんな人におすすめ 孫の成長記録を残したい方
費用 1,000円から10,000円

 

【赤ちゃんの孫から祖父母へ】敬老の日のおすすめプレゼント|マグカップ

赤ちゃんの写真をマグカップに印刷をして、敬老の日のプレゼントとして贈りませんか。写真をマグカップに印刷するのは自宅では困難ですので、お店に依頼することをおすすめします。

実店舗であれば、カメラ屋さんでマグカップ制作をしていることが多いです。相談しながら作りたい方は、実店舗がよいでしょう。インターネット上でも制作しているお店もあります。

 

写真入りのマグカップだけでなく、メッセージが入れられるタイプのマグカップもありますので、好みに合わせてぴったりの敬老の日ギフトをお選びください。

マグカップが割れないか心配な方もいらっしゃるかと思います。大切な孫の赤ちゃん時代の写真入りマグカップですから、祖父母が大切に扱ってくれますよ。割れるものだからと心配する必要はありません。

 

こんな人におすすめ 身近で使えるもの、日用品を贈りたい方
費用 1,000円から3,000円

 

【赤ちゃんの孫から祖父母へ】敬老の日のおすすめプレゼント|エコバッグ

赤ちゃんの写真をエコバッグに印刷して敬老の日に祖父母に贈るのもおすすめです。カメラ屋さんやネットショップでオリジナルエコバッグを制作していることが多いですので、探してみましょう。

 

レジ袋有料化に伴い、エコバッグを持ってでかける方が増えましたので、敬老の日に贈ると喜ばれますよ。

 

こんな人におすすめ 自分で買い物に行く方
費用 2,000円から3,000円

 

【赤ちゃんの孫から祖父母へ】敬老の日のおすすめプレゼント|フォトブック

孫が生まれたときから今までの写真を印刷してフォトブックにして、敬老の日に贈るのもおすすめです。

 

お腹のなかにいた頃の写真がある方は、そちらも印刷してみると成長や時の流れがよくわかる1冊になるはず…。フォトブックは、自分で写真印刷をしてアルバムに入れるのもよいですが、カメラ屋さんにオーダーして作成もできます。

 

こんな人におすすめ 遠方に住んでいて頻繁に孫に会えない方
費用 500円から3,000円

 

【赤ちゃんの孫から祖父母へ】敬老の日のおすすめプレゼント|スマホリング

スマホを使っている祖父母への敬老の日ギフトは、赤ちゃんの写真で作ったスマホリングがおすすめです。スマホリングは、

カメラ屋さんでオーダーして作ることができますので、注文してみませんか。毎日使うスマホについているなら、孫の存在をいつも感じることができるかと思います。

 

こんな人におすすめ 遠方に住んでいる方、スマホを愛用している方
費用 1,000円から2,000円

 

【赤ちゃんの孫から祖父母へ】敬老の日のおすすめプレゼント|孫のイラスト、手形・足形アート

孫がイラストを描けるようなら、画用紙にお絵描きをさせてあげてください。赤ちゃんが描くイラストは何をわからないこともありますが、祖父母にとってはそれが大切な宝物でもあるのです。

 

画用紙そのままだと、落書のように見えてしまうかもしれませんが、額縁に入れることで前衛アートのようになるのですよ。

まだイラストが描けない赤ちゃんの孫には、手形、足形をペタペタしてアート作品にしましょう。

 

額縁は100円ショップや文房具店で売られていることがありますので、ぜひ入れてみて芸術作品に仕上げてください。

 

こんな人に向いている どんな方にも
費用 100円から1,000円

 

赤ちゃんの孫から祖父母への敬老の日のプレゼントの相場

赤ちゃんの孫から祖父母への敬老の日のプレゼントの相場は2,000円から5,000円です。

 

高すぎるプレゼントだと、祖父母に気を使わせることがありますので、高くても10,000円までがよいでしょう。

また義理の両親がいる場合は、両家でプレゼントの値段に差をつけないようにしてください。

【赤ちゃんの孫から祖父母へ】敬老の日のプレゼントは渡すべき?

敬老の日は、お年寄り、年配の方というイメージがありますよね。孫が生まれて祖父母になったとはいえ、まだまだ若い祖父母もいるでしょう。40代で孫ができる方もいますものね。

 

確かに敬老の日に年寄り扱いをされると、嫌に思う祖父母はいるかと思います。しかし、まだ生まれたばかりの孫はかわいくて仕方ないはずです。

若い祖父母でも、敬老の日に孫グッズをもらえたら喜んでくれますよ。

赤ちゃんの孫から若い祖父母へ敬老の日ギフトの渡し方|「敬老の日」というワードを出さない

赤ちゃんの孫から祖父母へ敬老の日ギフトを贈っても喜ばれると記載しましたが、やはり年寄扱いとならないだろうかと気になる方もいますよね。

若い祖父母に敬老の日のプレゼントを渡す際に、年寄扱いをした! と思われないように渡し方を工夫しましょう。

 

「敬老の日」という言葉は出さずに、「いつもありがとう。これよかったらもらってね」と言って敬老の日のプレゼントを渡すのがおすすめです。

 

赤ちゃんグッズを敬老の日に渡すのであれば、「うちの子の記念グッズを作ったから、よかったら」と言いましょう。

特に自分たちのことを「じいじ」、「ばあば」などと呼ばせず、名前で呼ばせる祖父母であれば、まだまだ若くいたい! と思っている可能性が高く、年寄扱いを嫌います。

このような祖父母の場合は、「敬老の日」というワードは出さずにプレゼントをすることをおすすめします。

赤ちゃんの孫から若い祖父母へ敬老の日ギフトの渡し方|赤ちゃんの孫からと伝える

孫とは言えまだまだ赤ちゃん…。言葉もまだしっかりと話すことができない子もいるでしょう。そんな子からプレゼントをもらったら嬉しいですよね。

もちろん、実際は孫からではなく、その両親からのプレゼントではありますが、形式上孫からということにすると、祖父母も喜びます。

 

「うちの子をこれからも見守ってください」と伝えて敬老の日のプレゼントを渡しましょう。

【赤ちゃんの孫から祖父母へ】敬老の日のプレゼントでの注意点

赤ちゃんの孫から祖父母への敬老の日ギフトの注意点を紹介します。

両親、義両親どちらにも敬老の日のプレゼントをする

両親と義両親、どちらの祖父母にも敬老の日のプレゼントをしましょう。孫からの敬老の日のプレゼントは、どちらの祖父母にも渡してください

 

どちらの祖父母にとっても孫はとってもかわいいものです。後にトラブルにならないためにも、なるべく同じプレゼントを渡しましょう。

お茶、パジャマ、鉢植え植物は避ける

赤ちゃんの孫からの敬老の日ギフトに限らず、プレゼントはお茶、パジャマ、鉢植え植物は嫌われることが多いです。

 

  • お茶は香典返しによく選ばれ、死を連想させるため、目上の方には避けたほうが良い
  • パジャマは寝たきりをイメージさせるため注意
  • 鉢植え植物は、根付くから「寝付く」を連想させるため、特に持病のある方へは不向き

義理の両親への敬老の日ギフトにする際は、「マナーがなっていない」と思われてしまう可能性がありますので、注意しましょう。

赤ちゃんの孫と祖父母の敬老の日の過ごし方

赤ちゃんの孫と祖父母との敬老の日の過ごし方を紹介します。

【同居の場合】赤ちゃんと祖父母の敬老の日の過ごし方|みんなで食事

祖父母、両親、孫でゆっくり1日を過ごしましょう。みんなで食事をするといいですよ。

 

祖父母、両親、赤ちゃんでゆっくり食卓を囲んで、食後は祖父母の膝に赤ちゃんを乗せるなどをして、孫との時間を楽しませてあげてください。

【同居の場合】赤ちゃんと祖父母の敬老の日の過ごし方|孫から祖父母にプレゼントを渡す

赤ちゃんがプレゼントを祖父母に直接渡せそうな月齢の場合は、チャレンジしてみてもよいでしょう。プレゼントを手に握らせて、孫から直接祖父母に贈ってみませんか。

 

まだおしゃべりはできない子の場合は、両親が代わりに「じいじ、ばあば、いつもありがとう」と口にするとよいですね。

小さな孫からのはじめてのプレゼント。きっと祖父母は喜ぶはずです。

【別居の場合】赤ちゃんと祖父母の敬老の日の過ごし方|ビデオ通話

せっかくの敬老の日ですから、赤ちゃんの様子を遠方に住む祖父母に贈りましょう。

 

SNSやスマートフォンアプリなどでビデオ通話をして、孫を祖父母に見せてあげてください。

おめかしなどの必要はなく、いつも通りの日常を撮影するだけで十分です。

【別居の場合】赤ちゃんと祖父母の敬老の日の過ごし方|動画・画像撮影

ビデオ通話をしようとしても、ちょうど赤ちゃんが寝てしまうこともありますよね…。わざわざ通話のために起こすわけにはいきませんので、起きているうちに撮影をしてその動画をスマートフォンアプリなどで送ってください。

 

画像ももちろんおすすめです。

スタンプなどを使って、「じいじ、ばあばありがとう」などメッセージをいれるとよいですよ。

 

まとめ

赤ちゃんの孫から祖父母への敬老の日ギフトの相場は2,000円から5,000円で、おすすめのプレゼントは、孫の写真のキーホルダー、手形、写真入りマグカップ、写真入りエコバッグ、フォトブック、写真入りスマホリング、イラスト、手形・足形アートです。

赤ちゃんの孫の写真を使ったグッズが喜ばれますよ。

 

孫から祖父母へ敬老の日のプレゼントを渡す際は、実家だけでなく義両親にも忘れずに渡しましょう。

若い祖父母だと、年寄扱いされることを気にする場合がありますので、敬老の日というワードを出さずに、日頃の感謝の気持ちをプレゼントにあらわすことをおすすめします。

「終活の相談窓口」では終活に関する様々なサポートを行なっております。

竹内

  • エンディングノートの書き方サポート
  • 終活に関するご相談(無料)
  • おひとりさまの終活サポート

終活に関するご相談は以下からお願いいたします。

無料で受けられる「終活ガイド初級」で、終活の基礎知識を学びませんか?

エンディングノートの細かな部分をしっかり理解し、”『エンディングノート』を通じて豊かな人生のお手伝いをする”やり甲斐、使命感を感じられる仕事『エンディングノート認定講師講座』については以下をご覧ください。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 終活の相談窓口 , 2021 All Rights Reserved.