0120-111-859

image

終活の相談窓口

【年齢別】祖父母から孫へ、お年玉の相場|何歳まで渡す?注意点やポチ袋の入れ方

トップ > 【年齢別】祖父母から孫へ、お年玉の相場|何歳まで渡す?注意点やポチ袋の入れ方

愛しい孫がお正月に遊びに来てくれたら、お年玉を渡して一緒に新年をお祝いしたいですよね。

 

しかし、祖父母から孫へのお年玉はいくらくらいが相場なのでしょうか。

 

お金のことなのでなかなか周囲に相談しにくいこともあるかと思います。多くあげすぎてしまっても教育によくないかもしれません。自分は少なすぎないか、多すぎないかと気になることも。

 

そこで今回は孫へのお年玉の金額相場に悩む祖父母向けに次のことをご紹介しています。

孫へのお年玉の悩みがこれで解決するはずですので、ぜひご参照ください。

祖父母から孫へのお年玉の相場は?

祖父母から孫へのお年玉の相場を年齢別に紹介していきます。

このように孫の年齢が上がるにつれ、お年玉相場も高くなります。具体的に詳しく見てみましょう。

0~3歳

0歳から3歳の孫への祖父母からのお年玉の相場は500円

 

まだこの年齢では自分の意志でひとりでお買い物をすることはありませんよね。実際は孫ではなく孫の親にお年玉を渡すことになります。

 

まだお金の価値をよく理解していない年頃。お正月に祖父母からモノをもらった、というだけで喜びます。お金は高すぎず、500円がよいでしょう。

幼稚園児(3歳〜6歳)

幼稚園児の孫への祖父母からのお年玉の相場は1,000円です。

 

このくらいになると、親と一緒にスーパーでお買い物をする際に、あれが欲しい、これが欲しい、とアピールしはじめます。

 

お菓子が何回か買える金額、ガチャガチャが何回ができる金額である1,000円がおすすめです。

 

このくらいの金額であれば、スーパーで親と一緒に自分のお金でお買い物体験ができ、少しずつお金の価値も理解していきますよ。

1000円札1枚ではなく、あえて100円玉を10枚など細かくすると、子どもは喜びます。

こちらは詳しく後述いたしますので、ご参照ください。

小学生

小学生の孫への祖父母からのお年玉相場は1,000円から3,000円

 

かわいいデザインの消しゴムや定規、筆箱など子どもは学校で使える文房具が大好き。文房具やオヤツが買える金額である、1,000円から3,000円がお年玉の相場になります。

中学生

祖父母から中学生の孫へのお年玉の相場は3,000円から5,000円

 

中学生になると、テスト勉強をするためにノートや参考書を買ったりと出費があります。それだけではなく、休日に友だちとお出かけしてお金が必要になることも。

 

文房具が買える金額に、友だち付き合いができる金額を足した3,000円から5,000円がおすすめです。中学生だと少しずつ遊ぶことを覚える年齢ですので、多すぎる金額は注意

予期せぬトラブルに巻き込まれることもあり得ますので、多くても8,000円ほどにしましょう。

高校生

祖父母から高校生の孫へのお年玉の相場は、5,000円から10,000円

 

高校生になると、家の近所の学校ではなく少し離れたところに通う子もでてきます。クラスメイトと遊ぶために電車を乗ることだってあります。勉強のために文房具が必要になることはもちろんですが、交通費や交際費がかかる年頃です。さらにはファッションにもこだわりを持ち始める子だっています。

 

文房具や洋服が買えるくらいの5,000円から10,000円がお年玉の相場となります。
ただし、まだお金の正しい使い方を完全に理解していないこともありますので、高すぎる金額を渡さずに、多くても15,000円までにすると良いでしょう。

大学生

祖父母から大学生の孫へのお年玉の相場は、8,000円から10,000円

 

大学生はほぼおとなも同然。通学やアルバイトで電車に乗ることもあり、交通費がかかるだけでなく、友だちがたくさんできて交際費もかかります。

このことを加味して、8,000円から10,000円をお年玉にするとよいですよ。

同居しない孫への祖父母からのお年玉の相場は?

同居しない孫への祖父母からのお年玉の相場はどうなのでしょうか。

 

同居する孫と、同居せずに遠方に暮らす孫がいるかと思いますが、両者に差をつけずに同居する孫と同様に年齢に見合った金額を渡しましょう。

祖父母から孫へのお年玉は何歳まで渡す?

祖父母から孫へのお年玉は、何歳まで渡せばよいのかまとめていきます。

18歳まで

高校を卒業する年齢である18歳まで、祖父母からお年玉を渡すという家庭があります。

 

高校を卒業は1つの大きな区切り。高校卒業後、就職をする孫もいれば、大学進学をして家を出てひとり暮らしをする孫も。まだ成人ではなく未成年ですが、このタイミングでお年玉を卒業する祖父母も少なくはありません。

20歳まで

20歳まで、成人式を迎えるまでは、祖父母からのお年玉をあげるという家庭も。

 

20歳は、就職している孫もいれば、まだ学生の孫もいます。就職している孫だとしても、まだ社会人2年めほど。経済的に自立できているわけではありません。そのため、20歳まではお年玉を渡すという祖父母もいますよ。

大学生まで

孫が大学卒業まではお年玉を渡す祖父母もいらっしゃいます。

 

大学生というと、20歳を過ぎた成人の場合もありますが、まだ社会人ではなく学生です。参考書を買ったり、終活でスーツを買ったりと何かと出費があるので、社会人になるまではお年玉を渡すという祖父母も多くいますよ。

孫の親と相談する

祖父母から孫に何歳までお年玉を渡すかは、決まりはありません。何歳以上にはお年玉をあげてはいけないなんてルールはないのですから。

 

何歳まで孫にお年玉をあげるか、何歳でお年玉を卒業するのかは、孫の親とも相談しましょう。

 

孫の親も、毎年祖父母からお年玉をもらっていて恐縮している場合もあります。祖父母が退職して年金生活をしていたらなおさら。お年玉を終わらせる相談をするのは、ケチに思われるかも…と怖いかもしれません。しかし、お年玉のやり取りを長く続けていても孫の自立によくはありませんので、勇気を出して相談してみましょう。

祖父母から孫へのお年玉の注意点

祖父母から孫へお年玉を渡す際の注意点をご紹介していきます。

孫の親がいるときにお年玉を渡す

孫へのお年玉の金額がいくらであっても、必ず親の前でお年玉を渡しましょう。

 

こっそり渡してしまうと、孫の親が「いつの間にこんな大金を!?」と驚いてしまうこともあります。トラブルになる可能性もありますので、必ず親がいる場所で孫に渡してください。

孫間で金額に差がある場合は、説明できるようにしておく

孫が複数人いる場合もありますよね。

 

幼稚園児の孫と高校生の孫とではお年玉金額に差をつけているかと思います。

「どうして私のお年玉は少ないの?」と孫に聞かれたときに、きちんと説明できるようにしておきましょう。

 

ただし、同じ年齢の孫同士ではお年玉の金額に差をつけないことをおすすめします。うちの子だけどうして…と思う親もいますので、年齢以外ではお年玉に差をつけないようにしましょう。

最後のお年玉にする場合は、事前に孫に伝えておく

今年でお年玉は卒業にしたい…ということもありますよね。

 

今回のお年玉が最後になることを、孫に伝えておくことをおすすめします。

 

伝えておかないと、正月に孫が祖父母からのお年玉を楽しみにしていて、がっかり…なんてことも。大学生、社会人などある程度の年齢の孫であれば、理解を示してくれますので安心してくださいね。

 

「これが最後ね」とただ言うだけではなく、「もう大学生だから」、「もう社会人だから」などお年玉を終わりにする理由も併せて伝えると良いでしょう。

400円、4,000円は避ける

400円、4,000円は、「4」が含まれます。日本の文化では「4」は「死」を連想する数字。特に正月のおめでたい場では避けられる数字ですので、お年玉は400円、4,000円にしないようにしましょう。

孫が喜ぶ!祖父母からのお年玉の渡し方

遠方に暮らす孫などで、お正月に祖父母の家に来てくれると嬉しいですよね。

 

うんと楽しんで帰ってもらいたいと思いませんか。ここでは、孫が喜ぶ祖父母からのお年玉の渡し方をご紹介します。

孫が喜ぶ!祖父母からのお年玉の渡し方①小銭で渡す

子どもたちは、お金が大好き。オモチャのお金でお買い物ごっこやままごとを楽しむこともありますよね。なかでも小銭は大好きですので、孫にお年玉をあげるなら、あえて小銭で渡すのもおすすめ。

1,000円であれば、100円玉10枚や、100円玉9枚+10円玉10枚。

金額は同じですが、ジャラジャラと音がするだけで子どもは大喜び。

 

年末からコツコツと小銭を集めておくといいですよ。

孫が喜ぶ!祖父母からのお年玉の渡し方②小銭つかみ取り

お金で遊ぶことはよいことではありませんが、正月のおめでたい特別な時期であれば、お金のつかみ取りもおすすめです。

 

幼稚園児など小さなお子さんが喜びます。1円玉、10円玉をたくさん用意してつかませてあげましょう。大喜びしてくれますよ。ただし、親の教育方針に合わないこともありますので、不安な場合は事前に孫の親に相談してみてくださ

 

つかみ取りのあとは、手指の消毒も忘れずに。

孫が喜ぶ!祖父母からのお年玉の渡し方③孫が好きなポチ袋に入れる

アニメキャラクターや特撮ヒーロものが大好きな孫。そんな子には、孫が好きなキャラクターのポチ袋を用意しましょう。

 

ポチ袋は文房具屋、100円ショップ、スーパー、雑貨屋で売られています。

 

ポチ袋にはあえて孫の名前を書かずに渡すのもおすすめです。無記名であれば、孫がそのあとポチ袋を再利用することが可能になるからです。また5枚入りなど複数枚入ったポチ袋を買うこともありますよね。また来年使えるから…と取っておかずに、使っていないポチ袋もお年玉と一緒に孫にあげると喜びますよ。

 

封筒にするなど孫が自分なりの使い方をします。
「またこのポチ袋か…」とならないようにするためにも、毎年ポチ袋のデザインが違うものを選ぶのもおすすめです。

ポチ袋にお札を入れるときのマナー

ポチ袋にもマナーがありますので、ここでご紹介します。

 

ポチ袋は小さいサイズですよね。お札は折って入れるのですが、注意点がいくつかありますので、解説していきます。

1.お札を3つに折る

ポチ袋に入れやすいようにお札を3つに折ってください。可能であればお札は新札にします。このとき4つに折らないようにしましょう。「4」はすでにご紹介したように嫌われる数字ですのでご注意ください。

2.ポチ袋の向きに合わせてお札を入れる

ポチ袋をタテに持ち、お札も上下がさかさまにならないようにして入れてください。硬貨を入れる場合は、ポチ袋の表に硬貨の表がくるようにしましょう。

3.孫と祖父母の名前を書く

誰から誰に渡したお年玉なのかわからなくならないように、孫の名前と祖父母の名前をポチ袋の空白に書いておくことがマナーです。ただし、孫が一人しかいない場合や、ポチ袋を孫が再利用しそうな場合はあえて名前を書かなくてもよいかと思います。

海外留学している孫ひとり暮らしをしている孫への祖父母からのお年玉

孫が海外留学している、ひとり暮らしをしていることもありますよね。この場合のお年玉はどうしたらいいのでしょうか。

海外留学、ひとり暮らしの孫へのお年玉の相場

海外留学、ひとり暮らしの孫へのお年玉の相場は、同居する場合の相場と同様です。他の孫と差をつけないようにしてあげてください。

 

ひとりで海外にいる孫、親から離れて頑張って生活する孫。他の孫とは差をつけたいかもしれませんが、後から金額差があったことが知られると、気まずくなります。海外留学、ひとり暮らしでも、差はつけずに相場どおりのお年玉を渡しましょう。

孫が祖父母へ会いに来た時に直接お年玉を渡す

海外留学やひとり暮らしをする孫へのお年玉は、祖父母宅へ来たときに直接渡すと良いですね。

 

お正月には孫に電話やメールなどで、新年のあいさつとともに「お年玉ちゃんと用意してあるからね、いつでも取りにおいで」と言ってあげると良いかと思います。

 

孫はいくつになっても、祖父母からのお年玉は期待してしまうもの。離れて暮らしているけど、今年はもらえるのかな…と気になっているはずですので、事前に用意してあることを伝えてあげましょう。せっかくですから、直接会ったときに渡してくださいね。

まとめ:【年齢別】祖父母から孫へ、お年玉の相場|何歳まで渡す?注意点やポチ袋の入れ方

祖父母から孫へのお年玉の相場は年齢ごとに異なります。

 

孫が0歳から3歳の場合は500円、幼稚園児の場合は1,000円、小学生の場合は1,000円から3,000円、中学生の場合は3,000円から5,000円、高校生の場合は5,000円から10,000円、大学生の場合は8,000円から10,000円です。渡す際は、必ず親の前で渡すようにしましょう。

 

だいたい祖父母から孫へのお年玉は、高校卒業までか、20歳までか、大学卒業まで渡しますが、決まったルールはありませんので、孫の親と相談することをおすすめします。

 

孫が複数人いる場合でも年齢以外で差をつけずに、平等に渡してあげてくださいね。

冠婚葬祭、贈り物などのマナーについて知りたい方は→ 『マナー』記事一覧
『終活』とは自分の望む最期を迎え、人生をより充実したものにするため、生前準備を行うことです。 人生の後半戦を思う存分楽しむために『終活』を始めてみませんか? 終活に関する記事一覧
トップへ戻る