0120-111-859

image

終活の相談窓口

七五三のお祝い返しと内祝い|祖父母へのおすすめ品や渡す時期などを紹介!

トップ > 七五三のお祝い返しと内祝い|祖父母へのおすすめ品や渡す時期などを紹介!

お子さんの七五三で、両親(孫の祖父母)からお祝い金やプレゼントをもらったご家庭が多いのではないでしょうか?

そんな両親への感謝の気持ちから、お祝い返し・内祝いを贈ろうと思う方もいるでしょう。

 

でも何をあげればいいのかわからない」「そもそもお祝い返し・内祝いって必要なんだっけ?

 

こんな疑問を抱えている方向けに、本記事では祖父母への七五三のお祝い返し・内祝いについて紹介します

 

おすすめの品と、避けておくと無難な品もあわせてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

目次(この記事は以下の順番で構成されております)

  • 「お祝い返し」と「内祝い」の違いを知っていますか?
  • 祖父母に七五三のお祝い返しや内祝いは必要?
  • 七五三のお祝い返し・内祝い|相場や渡す時期
  • 祖父母へ贈る七五三のお祝い返し・内祝い品の選び方
  • 七五三のお祝い返し・内祝いで避けるべき品
  • 七五三のお祝い返し・内祝いにかけるのし紙(水引き・表書き)のマナー
  • 七五三のお祝い返し・内祝いの添え状のポイント
  • まとめ

「お祝い返し」と「内祝い」の違いを知っていますか?

まずは、お祝い返しと内祝いの違いを確認しましょう。

 

どちらも「お祝いのお返し」と捉えられやすいですが、お祝い返しと内祝いはそれぞれ次のような意味があります

 

お祝い返し
名前の通り、お祝いをいただいた方へお返しをすることです。
そのため、お祝いをいただいた際にのみ贈るプレゼントとなります。

 

内祝い
結婚や出産・新築記念・病気快気など家族をはじめとした内輪に慶事あった際に、幸せのお裾分けとしてお祝いの品を贈ったり食事会を催したりすることです。
お祝いをもらった・もらっていないに関わらず贈るものになります。

 

このように、お祝い返しがお祝いをいただいた際にお返しすることに対し、内祝いは幸せをお裾分けするイメージです

 

特に贈り物はもらっていないけど、日頃の感謝などを伝えたい場合は内祝いを贈る形になります。

祖父母に七五三のお祝い返しや内祝いは必要?

祖父母から七五三のお祝いをいただいたけど、何かお返しした方がいいのかな?

多くの方はこのように思っているのではないでしょうか?

 

基本的なマナーとして、本来、七五三にお祝い返しは必要ありません

また、入学祝いや卒業祝いといった子どものお祝い事には、お返しする必要はないので覚えておくといいですね。

 

とは言え「せっかくもらったのに何もしないのはちょっと……」と気兼ねしてしまう方が多いはず。

そんな時は、内祝いとしてお返しをするのがいいでしょう。

 

先述したように、内祝いは慶事あった時に幸せのお裾分けとしてお祝いの品を贈るものです。

お子さんの名前で内祝いを贈れば、祖父母もきっと喜んでくれますよ。

七五三のお祝い返し・内祝い|相場や渡す時期

ここでは、七五三のお祝い返し・内祝い相場や贈るタイミングを確認しましょう。

七五三のお祝い返し・内祝いの相場

七五三の内祝いを贈る際に気になるのが「相場」ですよね。

明らかに相場違いなものを渡してしまうと、渡される側に気を遣わせてしまうこともあります。

 

七五三のお祝い返し・内祝いの相場は、いただいたお祝い金額の3分の1〜2分の1程度です。

祖父母からお祝い金で1万円をもらった場合は、3,000円〜5,000円の贈り物をするといいですね。

 

後ほど、お祝い返し・内祝い品のおすすめや選び方を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

七五三のお祝い返し・内祝いを渡す時期

七五三の内祝いを祖父母に贈る場合は、なるべく早めに贈れるといいですね。

祖父母からお祝いをいただいて、2週間以内には届くようにするのがベストです

 

もし、あなたのご両親が遠方にお住まいの場合は届くまでに日数がかかる可能性が高いので、より早めに内祝いの品を選んで贈るといいでしょう。

 

2週間以内に贈るのが難しい場合は、贈る前に一度、手紙や電話でお礼の言葉を伝えるといいかもしれません。

お子さんの声も聞かせてあげれば、祖父母もきっと喜んでくれるはずです!

祖父母へ贈る七五三のお祝い返し・内祝い品の選び方

子どものためにお祝いしてくれた両親に何か贈りたいと思っても、具体的に何を贈ればいいかは悩んでしまうもの。

 

そんな方向けに、ここでは祖父母へ贈る七五三のお祝い返し・内祝い品の選び方を紹介します。

気を遣わせない気軽な物を贈ろう!

内祝いを贈るのであれば、相手に気を遣わせない気軽な物を贈るのがおすすめです。

 

内祝いで人気のアイテムには、

などがあります。

 

贈り物の値段は、いただいたお祝いの3分の1〜2分の1が目安ですので、予算に合うようなものを選んでみてください!

自分では買わなそうな老舗店やブランド店の商品も喜ばれる

自分だとなかなか買わない老舗店やブランド店のアイテムもおすすめです。

 

両親の好みがわかっていれば、好きなブランドやお店の商品を内祝いで贈るといいですね。

 

素材や作りにこだわったアイテムは、贈られる側としても嬉しいもの。

最近気になっている商品やブランドをこっそり調査しておくと、贈り物選びがスムーズになりますね。

お子さんの写真や手紙を贈るのもおすすめ!

プレゼント以外にも、お子さんの写真や手紙を贈る形も喜ばれます!

祖父母にとってあなたのお子さん(孫)はとても可愛いものです。そんな孫の写真や手紙は一生の宝物にもなります。

 

七五三で写真撮影をしているのであれば、それを贈ってあげるのもいいでしょう

 

また、祖父母のお祝いに対する感謝の気持ちを手紙にすれば、より一層幸せな気持ちになるはずです。

お祝いの食事会をするのも楽しい思い出になる

お住まいが近く、祖父母との日程が合えばお祝いの食事会を催すのもいいかもしれません。

 

孫の顔を見られるのは祖父母にとって非常に嬉しいものです。

 

感謝の気持ちも伝わりますし、おいしい食事で家族の時間も充実するでしょう。

悩む場合はカタログギフトが便利です

両親の好みがわからなくて贈るのにどうしても悩んでしまう場合は、カタログギフトを贈るのも便利ですよ。

 

カタログギフトは食品から日用品、美容品など、様々なアイテムの中から自分の好きなものを選んで受け取れます。

カタログギフトの中には旅行などの「体験」も選べるので、素敵な思い出作りにもなるはずです。

 

また、予算に合わせたカタログが贈れるので、内祝いの金額に合わせたものを選びやすいでしょう。

七五三のお祝い返し・内祝いで避けるべき品

七五三のお祝い返し・内祝いは、前章で紹介した品の中から贈ればOKです。

 

一方で、お祝い返し・内祝いとしては贈るべきでない品もありますので、簡単に確認しておきましょう。

 

お祝い返し・内祝いで避けるべき品には、

などがあります。

 

七五三に限らず、縁起が悪いとされているものや忌み言葉を含むものは、贈らないほうが無難です。

 

また、贈り物ですので相手の好みに合わないものを贈らないことはマナーになります。

七五三のお祝い返し・内祝いにかけるのし紙(水引き・表書き)のマナー

お祝い返し・内祝いにかけるのし紙のマナーを確認しましょう。

 

シーンによって使うのし紙の種類は異なりますが、七五三の内祝いであれば

といった風になります。

 

また、水引の下には子どもの名前を記入しましょう。苗字は書かなくて大丈夫です。

 

内祝いをデパートやお店で購入する場合、内祝いであることを伝えれば包装にのし紙をつけてくれますよ。

 

あなた自身でのし紙を用意するのであれば、毛筆や筆ペンを使って表書きを書いてくださいね

七五三のお祝い返し・内祝いの添え状のポイント

お祝い返し・内祝いに添え状をつける場合は、ハガキではなく封書で出します。

 

「添え状には何を書けばいいんだろう?」という場合は、以下のポイントを押さえて書いてみてください。

 

 

これらの内容を簡単にまとめる形で文章を作成すれば問題ありません。

 

両親ですのでそこまで形式にこだわらず、あなたらしい言葉で伝えてみてくださいね。

まとめ

七五三のお祝い返しや内祝いは、基本的には贈らなくて問題ありません。

失礼には当たらないので安心していただければと思います。

 

それでも内祝いを贈りたい場合は、相手に気を遣わせないものを贈ってみてはいかがでしょうか。

 

今回は相場や内祝いの品の選び方などを紹介しましたので、ぜひ参考にしていただけたら嬉しいです。

冠婚葬祭、贈り物などのマナーについて知りたい方は→ 『マナー』記事一覧
『終活』とは自分の望む最期を迎え、人生をより充実したものにするため、生前準備を行うことです。 人生の後半戦を思う存分楽しむために『終活』を始めてみませんか? 終活に関する記事一覧
トップへ戻る