お気軽にお電話ください(年中無休:10時~17時)

お彼岸は何をする?おはぎをお供えする理由やお彼岸の食材マナーを紹介

WRITER
 

この記事を書いている人 - WRITER -

お彼岸といえば皆さんは何を思い浮かべますか?

お墓参りなどと一緒に”おはぎ”を思い浮かべる人は多いと思います。

 

しかし、どうしてお彼岸=おはぎなのか、どうしてお彼岸におはぎをつくって食べるという習慣があるのか、そもそもお彼岸ってなに?という方も多いのではないでしょうか?

 

現代の日本では昔ほどしっかりとお彼岸を行うという人は少なくなっているかもしれませんが”お彼岸”も大切な日本の文化1つです。

そこでこの記事では、「お彼岸って何?」「どうしておはぎを食べるの?」などについてご紹介します。

 

目次(この記事は以下の順番で構成されております)

  • お彼岸におはぎを供える理由
  • おはぎの種類が多い理由|おはぎのレシピ紹介
  • おはぎ以外にお彼岸で好まれる食材やマナー
  • まとめ:お彼岸はいつ何をする?おはぎをお供えする理由やお彼岸の食材マナーを紹介

お彼岸におはぎを供える理由

お彼岸に食べる風習がある和菓子のおはぎ

 

お彼岸以外に買ったり、作ったりして食べると言う人は少ないかもしれません?

まずは”お彼岸”についてや”お彼岸とおはぎを食べる理由”についての知識を深めていきましょう。

お彼岸とは

そもそもお彼岸とはいつのことをいうか知っていますか?

お彼岸は太陽が真東から昇り真西に沈む昼と夜の長さが同じになるとされている「春分の日」と「秋分の日」を真ん中に前後3日間、合計7日間のことです。

 

春分の日と秋分の日でそれぞれ7日間、1年で2回お彼岸があります。

 

お彼岸にに仏様(亡くなった方)の供養を行うと極楽浄土(天国)に行くことが出来るという仏教の考え方です。

年に2回あるお彼岸の初日を「彼岸の入り」最終日を「彼岸のあけ」真ん中の春分の日・秋分の日を「お中日」と言います。

お彼岸を迎えるにあたり以下のことを行います。

  • お仏壇や仏具の掃除
  • お墓の掃除・お墓参り
  • 供花やお供え(おはぎなど)

地域によってはお彼岸前にお墓参りを行う場合や、お彼岸中にお墓参りを行う場合と言った違いもあるようです。

これらは今でも色濃く残っているお彼岸の「先祖供養」です。

 

しかしお彼岸にはもう1つ「六波羅蜜」の実践というものがあります。

六波羅蜜は「ろくはらみつ」または「ろっぱらみつ」と言われており、生きながらにして彼岸(悟りの世界)に到達するための6つの修行を指す言葉です。

お彼岸は「先祖供養」と同時にこの世に生きている私達の修行期間でもあります。

しかし現在は、「お彼岸だから」と六波羅蜜を実践するという家はかなり少なくなってきています。

お彼岸におはぎを供える理由

お彼岸におはぎを食べる理由は諸説あり、どれが正しいのかははっきりと分かっていません。

現代最も多く語られている由来を代表としてご紹介します。

 

おはぎとは俵型のもち米のおにぎりの周りを甘く炊き上げた小豆(あんこ)で包んだ和菓子ですが、昔小豆の赤色には魔除けの効果があると信じられており、邪気(悪いもの)を払う食べ物としてご先祖さまにお供えされてきました。

 

また、”もち米”と”あんこ”という2つのものを1つに「合わせる」様子を”ご先祖様の心”と”私達の心”という2つのものを1つに「合わせる」という意味も含まれているようです。

 

昔は今のように甘い物は簡単に食べれるものではなく、特に砂糖が貴重でした。

そこでお彼岸の期間に、魔除けの「小豆」と貴重な「砂糖」を使った特別なお菓子(おはぎ)をご先祖様へお供えし日頃の感謝や祈りを捧げていたのが、お彼岸におはぎを食べる由来の一つです。

おはぎの種類が多い理由|おはぎのレシピ紹介

前章では、お彼岸におはぎを食べる理由についてお話ししました。

 

しかし、おはぎについてまだまだ知らないことが多いのではないでしょうか。

 

どうしておはぎにはあんこときなこがあるのか、おはぎとぼたもちの違いについて、説明するのは難しいですよね。

 

また、簡単なおはぎの作り方についても紹介しますので、次のお彼岸は手作りのおはぎをお供えしてみてください。

おはぎの種類が多い理由

現在のおはぎは、定番のあんこやきなこ以外にも、ごま(白・黒)、ずんだ、青のりなど様々な種類があります。

 

これらは地域ごとにその地の特産などを使っておはぎをつくったことが始まりで

  • ご先祖様に地元の物をお供えしたいという心から生まれたものという説
  • 現代のように物流が整っていなかったため、小豆が収穫できにくい土地の場合は代用品として別のもので賄ったという説

など諸説存在し、どれが正しいのかははっきりとは分かっていません。

 

それぞれの地域や種類は以下のとおりです。

黒ごま 北日本や東日本
ずんだ 東北地方
青のり 西日本(特に関西)
納豆 宮城県
栗餡 岐阜県

 

その地域の特色や特産が使われているのが分かっていただけたと思います。

ご当地おはぎの食べ比べをしても面白いかもしれませんね。

「おはぎ」と「ぼたもち」の違い

あなたは「おはぎ」と「ぼたもち」の違いをご存知でしょうか?

 

実は、「おはぎ」も「ぼたもち」もまったく同じで、俵型に握ったもち米をあんこで包む和菓子です。

どちらも同じなのに名前が違うのは、作る季節に違いがあるとされています。

 

前章で触れましたが、お彼岸は1年に2回、春と秋にありそれぞれの時期に咲く花が名前が由来となっています。

 

おはぎとは 秋のお彼岸のときに食べられるもので、秋の七草のうちの萩の花が小豆と形状が似ていたため「おはぎもち」と呼ばれていたものが「おはぎ」となったもの
ぼたもちとは 春のお彼岸の時に食べられるもので、小豆を牡丹の花に見立て「ぼたんもち」と呼ばれていたものが「ぼたもち」となったもの

 

とされており、現在は明確な違いはなく春に食べるか秋に食べるかで名前が変わります。

 

しかし、昔はあんこの種類でおはぎとぼたもちを分けていたと言う説もあります。

 

秋の収穫したばかり小豆は皮が柔らかいため皮も一緒に食べれたことからつぶあん

春には小豆の皮が固くなってしまうため、皮を取り除いたこしあん

 

このような違いがあったようですが、現代は保存技術の発達で年中美味しあんこを食べることが出来るため、食べる季節で名前の区別を行うようになりました。

 

また、秋には「おはぎ」春には「ぼたもち」というのはほぼどこも同じですが、これらの違いというのは地域によってかなり違う場合があります。

米の種類の違い うるち米で作ったものを「おはぎ」

もち米で作ったものを「ぼたもち」

あんこときなこの違い きなこで覆ったものを「おはぎ」

あんこで覆った物を「ぼたもち」

ごはんのつぶし具合 米の粒が残っているものを「おはぎ」

米の粒が残っていないものを「ぼたもち」

(地域によっては逆の場合も)

 

と地域によって大きく違い、場所によっては全く逆のものを指すこともあります。

 

今スーパーなどで売られてる場合、全国的に秋には「おはぎ」春には「ぼたもち」という呼び名が定着していますので、こちらの認識で問題ないでしょう。

簡単に作れるおはぎの作り方

それでは実際におはぎを作るときのレシピを紹介します。

今回は「簡単に作れる」おはぎの作り方というこで、あんこなどは市販の物を使用するものとします。

こだわりを持ったおはぎを作ってみたい方はあんこも手作りにしてみてはいかがでしょうか?

 

簡単で誰でも作れるおはぎの最大のポイントは美味しくもち米を炊き上げるということです。(今回はあんこは市販のものを使用するため)

「もち米の炊き方ってどうすればいいの?」という方も安心してください。

今販売されている殆どの炊飯器でもち米は炊くことが出来ます!

 

それでは3つのポイントに分けて説明をしていきます。

ポイント1 もち米100%で炊くべし レシピの多くにもち米とうるち米(普段の食事で食べているお米)を混ぜ合わせるとかいることがありますが、その場合炊き上げたあとにもちもちの食感を出すためにすりこぎで潰すという作業が必要です。
もち米100%で炊けば「潰す」作業をしなくていいので、手間が省けます。
ポイント2 素早くしっかりと洗うべし お米は研ぎ方によって味が変わると言われていますが、特にもち米は味が大きく変わってしまいます。
一度目のすすぎは手早くすぐに水を捨てるようにして2回、3回目もい素早くしかししっかりと洗いましょう。
ポイント3 水加減と浸水時間を守り炊飯器に任せるべし もち米を炊くには蒸し器と思うかもしれませんが、蒸し器を用意するのは火加減を見守るという意味でも難易度が高めです。
普段のお米を炊くときよりも気持ち少なめの水と、長めの浸水時間を意識して炊飯器に任せましょう。

 

これらのポイントを守ればおいしいもち米が炊きあがります。

あとはそれを好きな大きさにまるめて、あんこやきなこなどを周りにまぶせば、簡単で失敗しにくくおはぎを完成させられます。

 

おはぎ以外にお彼岸で好まれる食材やマナー

お彼岸の時に食べられるものはおはぎ以外にもあり、お彼岸の時に好まれる食材と避けるべき食材というが存在します。

これは”お彼岸”が仏教の教えから来ていることに由来しています。

 

「お彼岸だから・・・」と食事まで制限する家はほぼ無いと思いますが、夕飯の一品に加えるなどして季節を感じてみるのはいかがですか?

ただこれらは地域の習慣や宗教の宗派などによって変わりますので、その点は承知した上でご覧ください。

好まれる食材

精進料理という事で

  • だしは昆布や干し椎茸
  • 野菜
  • 穀物
  • 豆類
  • 海藻
  • 果実

これらの食材が好まれふんだんに使った料理が中心となります。

 

味付けは食材の味を活かすように薄味に仕上げ、色も食材本来の色が楽しめるように醤油などの調味料を使う際には薄口醤油などを選ぶようにしましょう。

避けるべき食材

避けるべき食材は

  • ・牛、豚、鶏といった肉類
  • ・海藻を除く魚介類
  • ・五葷(ごくん)

肉類や魚介類といった動物には人間と同じ魂をもち、天(仏様)から命を授かっているという仏教の考えにより避けられています。
卵に関しては年代や地域によって様々ですが、基本的には鶏と一緒だと考えられるため避けたほうが良いでしょう。

市販の粉粒だしは鰹節などから出汁をとっているため、本当の精進料理では使用しません。

五葷とは、「ネギ」「にんにく」「らっきょう」「ニラ」「アサツキ(ワケギ)」の総称です。

これらは野菜でありながら匂いが強く修行の妨げになるということや、特ににんにくには精力が付くと言われています。

性欲も刺激されるとされているため避けられています。

品数や配膳方法

お彼岸だけでなく、お盆にも共通するのですがお供えとしてお膳を用意する時にいくつかのポイントなどがあります。

  • お膳の手前にお箸
  • 左側にごはん
  • 右側に汁物
  • 中央にお漬物

これが基本形です。

ここにおかずを置いていくきます。

おかずは、おもてなしの意味があるおかず3つの「一汁三菜」が理想です。

おかずが1つ2つだと普段の食事とされているので、3つが良いでしょう。

 

配膳は右奥、中央、左奥に置いてください。

ただ、そこまで難しく考える必要は無く、「大体ここ」という感じでも大丈夫です。

 

配膳の向きには注意が必要です。

お供えをする食事を食べるのは仏様なので、お箸の置いてある方を仏壇側に向けてください。

 

最も丁寧なお膳のお供え方法は、お彼岸中は精進料理を一汁一菜や一汁二菜をお供えし、お彼岸の中日である春分な日や秋分の日には一汁三菜のお膳をお供えすることです。

 

まとめ:お彼岸はいつ?おはぎをお伝えする理由やお彼岸の食材マナーを紹介

お彼岸でおはぎを食べる理由は、諸説ありますが

  • おはぎの小豆に魔除の効果があると信じられていたから
  • もち米とあんこを「合わせる」が、”ご先祖様の心”と”私達の心”を「合わせる」の意味があるから

などがあげられます。

また、おはぎには地域によって味が違うのも特徴です。

 

一方で、お彼岸に向かない食材があり、精進料理では肉類、魚介類は避けるべきであるなど大きな分類は共通している事が多いです。

こちらも地域や宗派、家系によって細かい作法などは違う場合が多いので作る前には、親などに相談してみてください。

 

最近のお彼岸では精進料理をつくるというよりも、亡くなった方が好きだった料理や郷土料理を作り、家族や親族で集まって食事を楽しむという形を取っている家庭も多いようです。

 

お彼岸とは日本の昔ながらの大切な文化の一つなので、祖父母や両親のお墓参りに行ったり、スーパーで買ったおはぎを食べてみたり、亡くなった方との思い出話に花を咲かせてみたり、自分なりのお彼岸でもいいのでそんなひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか?

『無料で取得できる!』終活ガイド検定にチャレンジしてみませんか?

  • 老後に役立つ知識を学びたい
  • 終活を始める前にある程度の土台を作りたい
  • 今持っている資格との、ダブルライセンスとして活用したい
  • セカンドキャリアや再就職を考えている
  • 無料だし、とりあえず取得してみようかな

目的や活用方法はあなた次第!まずは無料で取得できる「終活ガイド検定」にチャレンジしてみませんか?

  • エンディングノートの書き方サポート
  • 終活に関するご相談(無料)
  • おひとりさまの終活サポート

終活に関するご相談は以下からお問い合わせください。

  • エンディングノートの書き方サポート
  • 終活に関するご相談(無料)
  • おひとりさまの終活サポート

終活に関するご相談は以下からお願いいたします。

無料で受けられる「終活ガイド初級」で、終活の基礎知識を学びませんか?

エンディングノートの細かな部分をしっかり理解し、”『エンディングノート』を通じて豊かな人生のお手伝いをする”やり甲斐、使命感を感じられる仕事『エンディングノート認定講師講座』については以下をご覧ください。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 終活の相談窓口 , 2021 All Rights Reserved.