0120-111-859

image

終活の相談窓口

お通夜とは何?本通夜・仮通夜・半通夜の違いや、お通夜の開始時刻、服装について解説!

トップ > お通夜とは何?本通夜・仮通夜・半通夜の違いや、お通夜の開始時刻、服装について解説!

お通夜(おつや)

目次(この記事は以下の順番で構成されております)

  • お通夜とは?本通夜・仮通夜・半通夜について
  • お通夜の開始時刻と所要時間
  • お通夜の流れ
  • お香典の額と表書き
  • お通夜の服装
  • お焼香の仕方
  • まとめ

お通夜とは?本通夜・仮通夜・半通夜について

現代のお通夜は、葬儀・告別式の前日に行われる儀式の一つです。

古くは3つのお通夜があったので、一つひとつ紹介します。

本通夜

ご臨終の翌日の夕方に行われるのが一般的です。

お通夜は、遺族や親族をはじめ、友人知人、会社関係者などが最期のお別れのために弔問します。これを「本通夜」といいます。

仮通夜

本通夜に対して仮通夜は儀式ではなく、ごく身近な遺族や友人、知人が故人とゆっくり過ごす最期の夜です。ただし仮通夜が必ず行われるとは限りません。

 

仮通夜が営まれる場合は通常、亡くなった日の夜に行われます。昔から、近しい間柄の遺族や親しい人たちが集まり、一晩中ご遺体に付き添って、ろうそくや線香の火を灯して過ごす習わしがありました。

現代でも、ごく親しい人たちだけで、最期の夜を共に見守りながら別れを惜しむ地域や家庭があります。これは、夜伽(よとぎ)とも呼ばれます。

半通夜

お通夜の種類には本通夜と仮通夜のほかに、半通夜があるのをご存知でしょうか。

半通夜は、現代ではお通夜と呼ばれる本通夜とほぼ同じ意味で使われます。

 

人が亡くなると、かつては夜通し起きて、故人と共に過ごす習慣があったのは、上記のとおりですが、時代の移り変わりとともに、お通夜が夜通し行われるのではなく、夜中12時より前にお開きとするよう変化してきました。

このため、夜をとおして行われる本通夜と区別するために、半通夜との呼び方が使われるようになったのです。

 

さらに現在では、かつての半通夜が本通夜と呼ばれるようになりました。

お通夜の開始時刻と所要時間

お通夜の開始時刻は、夕方の6時か7時頃です。日が短い冬場は早く、日没が遅くなる夏場は遅めの時間帯に始まる傾向にあります。

一般的に、お通夜の翌日が葬儀・告別式、続けて火葬となるため、お通夜の日程は火葬場の空き状況に左右されることもあります。

 

大安や仏滅、先勝といった、日にちの吉凶を示す指標に六曜(ろくよう)がありますね。

六曜の一つに、本来は「引き分け」を意味する「友引(ともびき)」があるのをご存知でしょうか。

友引はその字面から、友を引く、つまり「友人を引き寄せる」といった連想がされるため、友引の日には、葬儀・告別式を避ける風習があります。

親族の中には、気にする方がいらっしゃるかもしれませんし、友引を休みにする火葬場も存在します。

ただ、全国的に友引のお通夜が嫌われるわけではありません。友引のほか、「先負」の「先」が午前中を意味するため、先負の午前中を避ける考え方もあります。

 

また、仏滅にお通夜や葬儀・告別式があたっても、特に問題にはなりません。

お通夜の流れ

ここでは、参列者が知っておきたいお通夜の流れをご紹介します。

1.お通夜の連絡を受ける

訃報は突然訪れることが少なくありません。このとき、故人との関係性によっては、受付や会計の係を依頼されることもあるでしょう。

依頼を受けたら、一般の弔問客よりも早めに会場入りして、準備を行います。何時頃に到着する必要があるか、確認しましょう。

2.受付

一般の弔問客の受付は、お通夜が始まる1時間から30分前にスタートします。

受付では芳名帳に氏名と住所を記入し、香典をお渡ししましょう。芳

名帳の記帳には、筆ペンのほかボールペンなどが用意されています。筆ペンに苦手意識のある方でも、困ることはありませんので安心して下さい。

3.お通夜の開式

時間になると参列者が会場に入り、お通夜の開式です。

4.読経

お通夜は通常、僧侶の読経から始まります。

5.焼香

僧侶の読経が終わったら、僧侶から喪主、遺族、親族、弔問客といった順番で焼香が始まります。

大きな会場であれば、回し焼香が行われ、祭壇の前に移動せずに自分の席で焼香を行うこともあります。

6.僧侶の法話を聞く

焼香のあとは、僧侶の法話をお聞きします。

7.喪主あいさつ

僧侶の法話が終わったら、喪主あいさつとなります。

8.閉式

喪主あいさつまでで、お通夜は終了です。

9.通夜振る舞い

お通夜が終わったら、参列者へのお礼のため、また故人を偲ぶために通夜振る舞いといわれる食事やお酒が供されます。

通夜振る舞いは、故人を偲ぶ目的があるため、誘われたら断らず、ひと口でも箸をつけるのがマナーとされています。

また、あまり長居せずに30分〜1時間程度で退席するのもマナーの1つです。

お香典の額と表書き

お香典にどれくらい包めばいいのか、戸惑うこともあるでしょう。金額は、故人との関係や慣習、包む側の立場などによって変わってきます。目安としては、親戚であれば1〜3万円、勤務先関係者であれば、5千〜1万円程度といわれています。

表書きは、

いずれの場合も、表書きは薄墨で書きます。

 

詳しくは、「香典とは何|目的や種類、書き方について解説」をご覧ください。

 

お香典は、紫やグレー、紺、緑や青といった弔事用のふくさに包んで持参します。

お通夜の服装

次に、お通夜に参列する際の服装をご紹介します。

お通夜は突然の連絡を受けて参列することが多いので、葬儀・告別式とは異なり、略式の喪服での参列でも問題ないとされています。

ただし、マナーとして気をつける点は次のとおりです。

女性の場合

女性がお通夜に参列する際は、黒ではなく、濃いグレーや濃紺といった濃い色の服装でも構いません

ただし、肌の露出が少ない服を選び、殺生を連想させる毛皮のコートやクロコのバッグなどは避けましょう。白いブラウスもNGです。

 

基本的にアクセサリーは一連の真珠のネックレスをはじめ、真珠や黒曜石のジュエリーであれば問題ありません。

 

強い香水や、派手なネイルは落とすのが望ましいでしょう。ネイルを落とす時間がない方は、黒い手袋を使うと良いようです。手袋は、お焼香の際は外してください。

男性の場合

男性の服装も、お通夜に参列する際は必ずしも黒である必要はありません。ただし、ネクタイや靴、ベルト、靴下といった小物は黒で揃えましょう。

ネクタイは黒無地で光沢感のないものを選び、華やかさを感じさせるディンプルを作らない結び方をします。

お焼香の仕方

最後に、お焼香の仕方をご説明しましょう。

祭壇の前でお焼香するときは、まず遺影に一礼します。次に右手の親指・人差し指・中指の3本でお香をつまみ、つまんだお香を香炉に入れます。遺影に向かって一礼、僧侶にも一礼して席に戻りましょう。

 

*お香をつまんで香炉に入れる動作は、宗派によって異なりますが、基本的に1回です。

 

回し焼香であれば、香炉が回ってきます。順番が来たら、祭壇の前に進まずに席についたまま、同じ動作を行いましょう。

まとめ

お通夜について、本通夜と仮通夜、半通夜の違いや、お通夜の開始時刻と所要時間、お通夜の流れ、香典の額と表書き、お通夜に参列する際の服装、お焼香の仕方について解説しました。

 

お通夜に参列する機会は、それほど多くないかもしれませんが、訃報は急にやってきます。いざというときのために、基本的な内容を覚えておくと安心です。

冠婚葬祭、贈り物などのマナーについて知りたい方は→ 『マナー』記事一覧
『終活』とは自分の望む最期を迎え、人生をより充実したものにするため、生前準備を行うことです。 人生の後半戦を思う存分楽しむために『終活』を始めてみませんか? 終活に関する記事一覧
トップへ戻る