お気軽にお電話ください(年中無休:10時~17時)

老後の趣味にはビジュアルプログラミングがおすすめ!孫と一緒にプログラムを学ぼう

WRITER
 

記事監修者:一般社団法人終活協議会代表理事:竹内義彦

記事監修者:一般社団法人終活協議会代表理事:竹内義彦

この記事を書いている人 - WRITER -

老後・定年後を見据えて、新しい趣味を見つけたいとお考えのあなた。

 

もし、普段からパソコンでインターネットを楽しんでおられるのでしたら、ビジュアルプログラミングはいかがですか?

2020年に小学校のプログラミング学習が必修化し、多くのお子さんがビジュアルプログラミングに取り組んでいます。
今始めれば、お孫さんと一緒にプログラムを作ることも夢ではありません!

 

今回は、老後の趣味におすすめしたい、ビジュアルプログラミングについて紹介します。

老後の趣味におすすめ、ビジュアルプログラミングとは


一般的なプログラミングと言えば、用途に合わせたプログラミング言語で命令文を作り、コンピュータに実行させるものです。

 

「コンピュータを動かすために、英語や記号で書かれた難解な文章を作る」という、苦手なイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

 

キーボード入力が必須であり、英字や記号でルールに基づいた記述が必要なことから、あまりパソコンに触れる機会のないシニアの方には、少しハードルが高いものでしょう。

そんな方におすすめなのが、ビジュアルプログラミングです。

ビジュアルプログラミングは、”命令が書かれたブロックをマウスでつなげる”という視覚的な操作でプログラムを作っていきます。

それでは、今回紹介するビジュアルプログラミングのひとつである、Scratch(スクラッチ)の画面を見てみましょう。

出典:scratch

Scratch(スクラッチ)では、命令ブロックをマウスでつなげて、右側のキャラクターの動作をプログラミングします。
しかも、命令ブロックの中身を見ると、日本語で命令が記述されていますね。

出典:scratch

これなら、「英語も分からないし、キーボード入力も苦手」という方も大丈夫ではないでしょうか。

ビジュアルプログラミングなら、パズル感覚でプログラムを作り、学ぶことができるのです。

そもそもプログラミングとは、何をするものなのか

プログラミングとは、問題や課題を解くためのアルゴリズム(=必要な手続きや仕組み)を考え、それをプログラミング言語で記述することを指します。

 

いくらプログラミング言語を学んでも、問題や課題を解くためのアルゴリズムの導き方を知らなければ、プログラミングはできません。

 

「晩御飯にシチューを作れ」と言われてキッチンの使い方を学んでも、シチューの材料や材料の切り方、効率の良い調理方法を知らなければ、なんだか残念なシチューができあがるでしょう。

まずは、おいしいシチューの作り方ともいえる、問題や課題を解くためのアルゴリズムの導き方をビジュアルプログラミングで学んでみましょう。

ビジュアルプログラミングのおすすめ教材

ここからは、ビジュアルプログラミングのおすすめ教材を紹介します。

 

今回紹介するビジュアルプログラミングに必要なものは、以下の2つです。

  • パソコンもしくはタブレット
  • インターネット環境

特別な環境は必要ありません。
ブラウザで当該サイトにアクセスするだけで、簡単にプログラミングにチャレンジできます。

 

料金も無料ですので、まずは気軽にチャレンジしてみましょう!

Scratch(スクラッチ)

自分でゲームやストーリーを作りたい方は、先ほど紹介したScratch(スクラッチ)がおすすめです。

 

作りたいゲームやストーリーのために、スプライトと呼ぶキャラクターにどういった命令をすれば良いか考えることで、プログラミングを学べます。


Scratchはプログラミング言語とオンラインのコミュニティです。

対話的な物語やゲームやアニメを作成でき、世界中の人とあなたの作品を共有できる場所です。
子供たちは、Scratchプロジェクトをデザインし、プログラミングする過程で、創造的に考え、体系的に議論し、皆と共同で取り組むことを学びます。
ScratchはScratch財団がMITメディアラボのライフロング・キンダーガーテン・グループの協力により開発しているプロジェクトです。
https://scratch.mit.eduで無料で利用することができます。

(出典:Scratch

子ども向けのプログラミング教材としてはもちろん、シニア層へのプログラミング教材としても多く活用されています。
他の方が作ったプログラムもプレイでき、チュートリアルも豊富なので、見るだけでも楽しいサイトですよ。

 

知識が深まれば、ロボットプログラミングも可能です。ぜひ、チャレンジしてみてくださいね。

Hour of Code(アワー・オブ・コード)

Hour of Code(アワー・オブ・コード)は、短時間でできるゲームを通じて、プログラミングを学べるサイトです。

子どもに人気の「アナと雪の女王」や、「Minecraft(マインクラフト)」の世界で出されるミッションを、命令ブロックをつなげてクリアしていきます。

学校にコンピューターサイエンスを。Hour of Codeで始めよう!

技術が地球上のあらゆる産業を変えている状況では、コンピューターの知識は多彩なスキルセットの一部となりました。 しかしながら、半分以下の学校しかコンピューターサイエンスを教えていません! 良いお知らせは、私たちはこれを変えようとしているということです。 もしあなたが昨年Hour of Codeについて聞いていたなら、それが歴史を作ったことをご存知かもしれません。 Hour of Codeをたった1回行うだけで、いまや1億人の生徒たちがコンピューターサイエンスがいかに理解しやすくて楽しいか発見しています。

Hour of Codeは1時間のコンピューターサイエンス入門で、コードをわかりやすく説明し、誰もがその基礎を学べることが分かるよう設計されています。 もっと詳しく知るためhttp://HourOfCode.comを参照したり、自分自身で1時間試したり、あるいはコンピューティングの世界を他の人に紹介するHour of Codeイベントを開催してください!

(出典:Hour of Code

ミッションに取り組むことで、プログラミングに必要な条件分岐やループ(繰り返し)などのテクニックを学べますよ。

 

Hour of Code(アワーオブコード)は、自分でゲームやストーリーを作るよりも、どんどん問題を解きながらプログラミングを学びたい方におすすめです。

子どもが大好きなキャラクターが登場しますので、ぜひお孫さんと一緒にチャレンジしてみてください。

ビジュアルプログラミングを楽しむメリット

ビジュアルプログラミング楽しむことで、3つのメリットがあります。

脳トレになる

高齢になると気になるのは物忘れ

脳の機能は加齢とともに低下して行きますが、脳を使うことで予防ができます。

 

ビジュアルプログラミングを趣味にして、パズル感覚で取り組むことで脳を活性化し、いつまでもクリアな思考でいられるようにしたいですね!

人との交流

同じシニア層のプログラミング仲間と交流をしてみましょう!

 

ネット上のサークルや、どこかの会場に集まってプログラミングを学ぶサークルなどがあります。

有名どころでは「シニアプログラミングネットワーク(もくもく会)」ですね。

シニアプログラミングネットワークはシニア(高齢者)の方のプログラミング学習を支援するコミュニティーです。

(引用元:シニアプログラミングネットワーク)

 

人とのつながりを作ることは、シニア世代にとって「生きがい」にもつながります。

特に、定年後は人とのつながりが薄くなりがちです。生き生きとした老後を過ごすためにも、趣味を通じて新たな仲間との出会いを増やしましょう。

孫との交流

2020年に、小学校でプログラミング学習が必修化されました。

 

お孫さんが帰省された際に、プログラミングについてお話してみてはいかがでしょうか。

「おじいちゃんすごい!」
「おばあちゃん、いっしょにプログラムを作ろう!」

ビジュアルプログラミングを趣味にすれば、お孫さんと交流する良い機会になることでしょう。

更にプログラムを学びたい方は


ビジュアルプログラミングを学んで、自分でもスマホで動くゲームを作ってみたい!ロボットを動かしたい!と思ったら、レベルアップしてみましょう。一般的なプログラミングにチャレンジすれば、もっと高度なプログラムが作れます。

 

どこでどんな風に動くプログラムを作りたいかによって、学ぶべきプログラミング言語が違います。
まずは、自分が作ってみたいものを考えてみましょう。

例:

  • iPhoneで動くアプリを作りたいなら、Swift
  • ロボットプログラミングなら、Python
ビジュアルプログラミングで、プログラムの作り方を学んでいれば、レベルアップも無理なくできますよ。

 

シニア世代には、以下のようなオンラインスクールや教室に通うこともおすすめです。
人と会って学ぶ機会は、あなたの老後の生活を更に豊かにするでしょう。

オンラインスクール

授業動画の視聴や、zoomなどのインターネット上のミーティングシステムの活用して、プログラムを学ぶオンラインスクール。

時間と場所を選ばないので、気軽にプログラミングを学べますね。

プログラミング教室

実際に教師と対面しながら学ぶ、家に近いプログラミング教室に通うのもおすすめです。特に、定年後のシニアにとって、毎週行くべき場所があるというのも大切したいところですね。

まとめ:老後の趣味にはビジュアルプログラミングがおすすめ!孫と一緒にプログラムを学ぼう

老後に楽しめる趣味を持つというのは、素晴らしいことですね。

 

何よりも、趣味を通じて人と交流する機会は、生き生きとした老後を過ごすために大切なこと。

ぜひ、ビジュアルプログラミングに触れて、お孫さんやプログラミング仲間と交流し、楽しい毎日を送ってください。

老後、定年後の暮らしについてさらに知りたい方は→ 『老後、定年後の暮らし』記事一覧

『終活』とは自分の望む最期を迎え、人生をより充実したものにするため、生前準備を行うことです。

人生の後半戦を思う存分楽しむために『終活』を始めてみませんか?

終活に関する記事一覧

「終活の相談窓口」では終活に関する様々なサポートを行なっております。

竹内

  • エンディングノートの書き方サポート
  • 終活に関するご相談(無料)
  • おひとりさまの終活サポート

終活に関するご相談は以下からお願いいたします。

無料で受けられる「終活ガイド初級」で、終活の基礎知識を学びませんか?

エンディングノートの細かな部分をしっかり理解し、”『エンディングノート』を通じて豊かな人生のお手伝いをする”やり甲斐、使命感を感じられる仕事『エンディングノート認定講師講座』については以下をご覧ください。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 終活の相談窓口 , 2020 All Rights Reserved.