0120-111-859

image

終活の相談窓口

老人ホームへ入居できる年齢は?50代で入居できる条件や施設について

トップ > 老人ホームへ入居できる年齢は?50代で入居できる条件や施設について

老人ホームに入所する年齢は、70代以上の高齢者を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?

そのため、50代で老人ホームや施設への入居を希望した場合、「入れるのだろうか?」と心配になるかもしれません。

 

50代は高齢者と呼ぶにはまだ早いですが、疾患を持っている場合、ホームや施設で支援を受けながら生活したいと思う方もいるでしょう。

そこでこの記事では、50代で老人ホームへ入居することができる条件と、実際に入居ができる施設などについてお伝えいたします。

 

目次(この記事は以下の順番で構成されております)

  • そもそも50代で老人ホームの入居はできる?一般的な入居年齢は何歳から?
  • 老人ホームへ入居ができる16種類の特定疾病の種類とは?
  • 50代の人が老人ホームを探す時のポイントを覚えておこう
  • 50代で老人ホームへ入居をする際の注意点とは
  • まとめ:50代での老人ホームの入居は焦らず考えてみましょう

そもそも50代で老人ホームの入居はできる?一般的な入居年齢は何歳から?

高齢化や未婚率が加速している現代の日本では、一人暮らしの老後が増え、介護が必要になったときの不安や心細さを覚える方も多いでしょう。

 

 

そのため50代という年齢で、老人ホームの入所を考えだす方もいるかもしれません。

 

多くの介護付き有料老人ホームの入居年齢は、基本的に60歳以上もしくは65歳以上と定めている施設がほとんどです。

なかには50代でも入居することができる施設もありますが、数は多くありません。では50代で老人ホームへ入居ができる条件とは何を指すのでしょうか。

老人ホームへ入居ができる16種類の特定疾病の種類とは?

上記の通り、50代で老人ホームへ入居をするには条件があります。

 

介護が必要な状態の原因となった16種類の特定疾病に当てはまり、なおかつ介護保険の第2号被保険者(40歳以上65歳未満・要介護状態の40歳~64歳の人)に該当する場合のみです。

 

その16種類の疾病の病名は下記になります。

1.がん(医師が一般に認められている医学的知見に基づき回復の見込みがない状態に至ったと判断したものに限る)
2.関節リウマチ
3.筋萎縮性側索硬化症(ALS)
4.後縦巾靭帯骨化症
5.骨折を伴う骨粗鬆症
6.初老期における認知症
7.進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病
8.脊髄小脳変性症
9.脊柱管狭窄症
10.早老症
11.多系統萎縮症
12.糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症
13.脳血管疾患
14.閉塞性動脈硬化症
15.慢性閉塞性肺疾患
16.両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

この16種類の疾病により介護が必要と診断されると、要介護認定を受けることができます。

50代の人が老人ホームを探す時のポイントを覚えておこう

16種類の疾病をお持ちの50代と、疾患のない50代の方では、入居できる老人施設が異なります。

それは介護を受けるのか自立した生活を送ることができるかによって分かれます

 

介護を必要としない50代が入居できる施設

介護を必要としない50代の方が入居できる施設は、シニア向け分譲マンションです。

 

シニア向け分譲マンションとは、民間企業が運営しているシニア世代向けのマンションのことを指します。

このマンションは分譲型なので自分たちが所有権を持ち、売却や賃貸、相続などを行うことが可能です。入居できる年齢に決まりはなく50代の方でも入居できます。

 

もしもの時に助けてもらえるコンシェルジュがマンション内に存在し、「バリアフリー構造」「安否確認」「見守りサービス」「緊急時の対応」「入居者と楽しめるイベント」「プール」などの施設を設けているマンションが多く見受けられます。

 

しかし介護サービスや医療サービスには対応していないため、それらを行ってくれる事業所や外部サービスを自分で探さなくてはいけません。また、要介護度によっては住み替えが必要になります。

要介護認定を受けた50代が入居できる施設

介護付き有料老人ホーム

介護付き有料老人ホームは、民間の事業者が運営しています。

「特定獅子悦入居者生活介護」を都道府県から許可されている施設で、「24時間介護サービス付きで医療行為」「日常生活の支援やケアプランの受け入れ」「入居者同士のコミュニケーションをはかるイベント」などのサービスも行われています。

 

 

施設によって行われているサービスや受け入れている要介護度数が異なるため確認をしましょう。

 

特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームは、公的介護施設のため費用負担が比較的軽く長期間の利用が可能な老人ホームです。

日常生活に関わる支援やリハビリなどを受けることができ、利用する居住のタイプも様々です。

 

しかし特別養護老人ホームは人気が高いため、申し込みをしても入所することが難しいと言われています。

介護老人保健施設

介護老人保健施設とは、医療管理が整い作業療法士などによるリハビリ、各種専門的サービスを受ける体制が整っている公的施設です。

 

同じ公的施設である特別養護老人ホームより、手厚いサービスを受けることができるため、金額的には多少の負担があります。

 

介護老人保健施設は「在宅復帰」ができるように促す施設なので、長期間や終身利用をすることはできません。長期間の利用を考えるのであれば、民間の施設も視野に入れておきましょう。

 

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)

サ高住とは、基本的に自立した生活を送ることができる方を対象とした賃貸住居ですが、16種類の疾病を患い、要介護認定を受けている50代の方の入居は対象としています。

 

医療体制やバリアフリー構造、安否確認などのサービスはされますが、介護施設ではないので介護が必要となった際は、外部の介護サービスや介護施設または介護老人ホームへの移動をしなくてはいけない場合があります。

50代で老人ホームへ入居をする際の注意点とは

通常よりもはるかに若い年齢で老人ホームやサ高住に入居ができたとしても、若いからこその注意点や、すでに入居をしている高齢者の方へ配慮をすべきことがあります。

入居金が高額になる

有料老人ホームやサ高住へ入居をする際に支払う入居金は、年齢が若いうちに入居をする=長期間の入居となるため高額になります。

 

50代での入居金は、高齢者が支払う入居金より高額になる傾向にあるようです。金額は施設によって違いがあるので、あらかじめ調べておきましょう。

入居者とのコミュニケーションをとることが難しい

老人ホームなどの施設に入居をしている方は、50代より年齢層が上の方たちが多いでしょう。そのため会話の内容や接し方に年代差が生じコミュニケーションを図ることが難しいかもしれません。

 

また、50代と入居をしている高齢者の方とは、生活リズムも異なります。共同生活をする点では様々な配慮も必要となるでしょう。

要介護度数によっては退去をせざるを得ない

50代で老人ホームや施設に入居をした段階では、自立または要介護度数が低くても、入居中に介護度数が上がると現在の施設から退去をしなくてはいけない場合が生じます。

 

要介護度数に対応する施設への引っ越し費用や、思うように体が動かない状態だとしたら、かなりの負担になるでしょう。

 

50代での入居を希望するのであれば、自分の年齢が上がる将来的なことも考えておくことをおすすめいたします。また、この事柄を施設へ入居する際に確認をしておきましょう。

16種類の特定疾病についての経験や知識がある施設なのか見極める

上記で記した通り、50代で老人ホームへ入居をするには16種類の特定疾病により要介護認定を受けた方になります。

 

入所や施設選びの検討の際に、希望したホームが16種類の特定疾病への医療対応や受け入れ経験があるのかを確認しましょう。

 

せっかく入居することができてもスタッフが対応できない、または、経験がないと不安感を抱くことになってしまうからです。

まとめ:50代での老人ホームの入居は焦らずよく考えてみましょう

介護付き老人ホームやサ高住の入居可能な年齢は、ほとんどの施設で60歳か65歳となっています。

 

50代の方で入居が可能なのは、16種類の特定疾病に該当し第2号被保険者でなければなりません。

 

もし今、健康で自立をしていてなおかつ不自由がないのであれば、体が動くうちに施設見学や様々な検討を行いながら資金の用意などに時間を費やすことも大切なのではないでしょうか。

 

また、16種類の特定疾病を患い、要介護認定を受けた50代の方も、自分のライフプランに合った介護施設を見極めながら検討してくださいね。

トップへ戻る