お気軽にお電話ください(年中無休:10時~17時)

『家族葬』喪主の挨拶はいつ行う?文例やタイミングについて解説

WRITER
 

記事監修者:一般社団法人終活協議会代表理事:竹内義彦

記事監修者:一般社団法人終活協議会代表理事:竹内義彦

この記事を書いている人 - WRITER -

最近、何かと耳にする機会の多い家族葬。その名の通り家族や親族を中心に、故人とごく近しい人のみでお別れをするケースをいいます。

 

コロナウイルスの感染拡大により、「密」を避ける傾向が強まる中、基本的には少人数でのセレモニーとなる家族葬はますます注目されています。

 

家族葬は一般的な葬儀はどう異なるのでしょうか。家族葬の流れやマナー、多くの葬儀において行う喪主の挨拶の必要性について解説します。挨拶の例文もご紹介しますので、参考にしてください。

そもそも家族葬とはどういう葬儀?

家族や親族など故人と特別親しかった人たちで執り行う、規模の小さい葬儀を家族葬と呼びます。ただ、何人規模でどういった範囲の親族や知人を呼ぶのかという、明確な定義はありません。葬儀を執り行う家族が決めていいのです。ですから、故人の親族に限らず、親友や関係の深い知人を呼んでも構わないのです。そういった意味で家族葬は、アットホームで心のこもった葬儀であるともいえるでしょう。

 

加えて小規模な葬儀となるケースが多く、費用面も抑えられる傾向にあります。ある程度のルールやマナーはありますが、比較的形式にとらわれず、故人を送り出すことも可能です。

 

一方、一般的な葬儀ではプライベートな知人だけではなく、仕事を含め、故人と関わりの合った多くの人に連絡するのが習わしです。そのため、参列者も多くなります。

 

約100人の参列者では中規模、200人以上大規模な葬儀となり、収容人数を加味したセレモニーホームで執り行う必要があります。そのため、葬儀費用もある程度高額になります。

規模が小さめの家族葬でも喪主挨拶は必要?

家族や親族を中心に、故人とごく親しい人間だけが集まる家族葬。規模も小さく、故人との最期を比較的自由に、思いのこもったものできるのが特徴です。家族葬は一般的な葬儀のルールにすべて則るわけではなく、制約も少ないとされています。

 

それでは、故人の冥福を祈り、別れを告げる区切りでもある重要なセレモニーの1つである、喪主の挨拶も必要ないのでしょうか。

 

喪主の挨拶は故人を見送る大切な最期の言葉であると同時に、参列してくれた会葬者に向けての感謝を伝える場でもあります。近しい身内だけであれば、あえて挨拶しなくとも気持ちは通じているという考え方もあるかもしれませんね。

最初に、家族葬には明確な定義がないとお伝えしました。そのため、同じ「家族葬」であっても参列者や人数に幅があるのです。以下のように、さまざまなスタイルの家族葬を執り行うケースが出てくるでしょう。

純粋に家族、親族のみが集まる小さな家族葬

あえて言葉にするのが不自然なほど、親しい家族や血縁の親族のみで葬儀を執り行うケースです。

 

あらたまった挨拶よりも、しんみり故人の思い出を語り、人柄を偲ぶほうがしっくりきます。このようなスタイルでは挨拶をあえてする必要はないでしょう。ただ、葬儀を執り行う会社や親族などで特にお世話になった方、供養を行う僧侶などには挨拶するのがマナーです。

親族以外に、故人の親しい友人も参加する家族葬

家族や親族の他に、故人の特に親しい知人・友人が参列してくれる場合もありますよね。

 

このケースでは、喪主としてお礼の意味で、挨拶を行いましょう。喪主としての挨拶はセレモニーの節目になりますし、参列してくれた方への礼儀でもあります。

喪主の挨拶はいつ行う?タイミングと挨拶文例

家族葬において、喪主として挨拶を行うタイミングは、おおよそ決まっています。基本的には通夜の後や出棺の前です。他にも折りにふれ、喪主として挨拶をする場面が出てきます。

 

なお、宗派や地域の慣習によって、異なる場合もあります。ケースバイケースですので、年長で地域のしきたりの詳しい方に尋ねたり、葬儀会社の担当者に相談したりしておくといいでしょう。ここでは、代表的な挨拶のタイミングを例文と共にご紹介します。

弔問客に対しての挨拶は簡単に

通夜葬儀の際、喪主や遺族は玄関や出入りロまで弔問客を出迎えたり、見送ったりしないのがマナーです。

 

通夜振舞いなど節目に挨拶をする以外では、声をかけられても目礼や簡単に「ありがとうございます」と答えるにとどめましょう。

通夜が終わった後の挨拶:文例

通夜に参列してくれた方への感謝の気持ちを示す挨拶です。通夜ぶるまいや翌日の葬儀、告別式のついてふれる場でもあります。とはいえ、故人との思い出にふけっている参列者もいるはずです。必要事項を優先しつつ、故人の思い出にもふれる挨拶ができるといいですね。

 

参列者へのお礼、今後の遺族を見守ってほしい旨を伝えます。家族葬の場合、一般的な葬儀よりもシンプルな形の挨拶で問題ないでしょう。

【例】

本日はお忙しいところ、お越しいただき誠にありがとうございました。故人も、生前親しくさせていただいた皆様にこのように見守られて、喜んでいることと思います。

なお、明朝午前〇時〇分よりこちらの斎場にて葬儀(告別式)を執り行います。よろしければぜひご参列ください

【例】

本日はお忙しいところ、お越しいただき誠にありがとうございました。故人も、生前親しくさせていただいた皆様にこのように見守られて、喜んでいることと思います。

ささやかではございますが、お食事の用意をさせていただきましたので、〇〇(故人)との思い出話などをしながら、お召し上がりいただければありがたく存じます。

通夜振る舞いの挨拶(前と後):文例

通夜が終わったら、弔問客を軽食やお酒などでもてなすのが通夜ぶるまいです。故人を偲び、思い出を語り合う場でもあります。

【例】

通夜振舞いの案内(前)

本日はお忙しい中を、お越しいただきありがとうございました。
皆様方においでいただき、○○(故人)もさぞかし喜んでいることと存じます。
ささやかではございますが、お食事の席をご用意いたしました。
お時間の許す限り、私の知らない○○の生前のお話などお聞かせいただければ幸いです

【例】

閉会の挨拶(後)

皆様のおかげで、心のこもった通夜を過ごすことができ、○○(故人)のよい供養になったと思います。まだまだゆっくりして頂きたいのですが 。勝手ではございますが、この辺で、お開きにさせて頂きます。お帰りの皆様は、どうぞお気をつけてお帰り下さい。本日は誠にありがとうございました。

出棺時の挨拶:文例

葬儀が終わり、火葬場に出棺する際にも、喪主として一言挨拶をします。葬儀で挨拶をしているので、手短に一言述べます。

【例】

本日はご多忙の中、父・〇〇の葬儀にご会葬いただきまして、誠にありがとう存じます。

父は昨年秋、体調を崩して入院、半年間懸命に闘病生活を続けておりました。本人と家族の願いも届かず、〇月〇日〇時〇分入院先にて息を引き取りました、幸い最後は苦しむこともなく、眠るような旅立ちであったことがせめてもの救いです。

息子としては信じられない気持ちはございますが、本人は闘病生活から開放され、ほっとしているかと思います。生前ご厚誼を賜ったこと、故人に代わって厚くお礼申し上げます。

本日は誠にありがとうございました

精進落としの時の挨拶:文例

葬儀・告別式の後は、弔問客をねぎらう会食「精進落とし」が行われます。精進落としの始まる前、終了の際にも喪主が挨拶を行います。

【例】

一言ごあいさつ申し上げます。

皆様、本日は誠にありがとうございました。おかげをもちまして故○○の葬儀、告別式をとどこおりなく終えることができました。心よりお礼申し上げます。

ささやかではございますが、皆様への感謝と慰労を兼ねまして席をご用意いたしました。故人の思い出などをお聞かせいただきながら、ごゆっくりとお召し上がりいただきたいと存じます。本日はありがとうございました

【例】

本日はお忙しい中、また遠方よりお越しの方もおられる中、お時間頂戴しましてありがとうございました。これにて、お開きとさせて頂きたく存じます。皆様のお力添えのお陰で、つつがなく葬儀を執り行うことができました。

遺された家族一同助けあっていきたいと思いますので、どうかこれからも変わらぬご支援のほどよろしくお願い申し上げます。
本日は誠にありがとうございました

僧侶を呼んだ場合の挨拶:文例

出迎えた時、お見送りする時の2回、挨拶をします。1度めは来ていただいた感謝の気持ち、2度めは滞りなく式を執り行えたお礼をお伝えします。

今後、法要や納骨の際にもお世話になるのであれば、その旨も折り込み、失礼のない挨拶を行います。

【例】

本日はお忙しい中、ご足労いただき誠にありがとうございます。
何分不慣れでございますので、ご指導いただきますようよろしくお願いいたします。

【例】

本日はたいへんご丁寧なお勤め、誠にありがとうございました。
おかげさまで無事に葬儀を執り行うことができました。
〇〇(故人)も喜んでいることと思います。

なお、今後につきましてもお付き合いのほどよろしくお願い申し上げます

お布施については金額や渡すタイミングについてさまざまな考え方があります。ただ、葬儀後にお礼の挨拶をするときに渡すケースが多いようです。開式前の挨拶時にあらかじめ渡しておく例もあります。

 

お寺関係のマナーについては、親族や檀家、葬儀社等の専門家に確認しておくと無難です。お布施を渡す際は、「こちら些少ではありますが、お納めください」と一言添えましょう。

喪主の挨拶で避けたいワードと使ってはいけない言葉

家族葬だけでなく、葬儀では避けておくべき言葉、使用がタブーとなっている言葉があります。忌み言葉、重ね言葉と呼ばれ、使わないのがマナーです。

■重ね言葉

葬儀のように悲しく不幸な出来事が続く、重なるのを連想させるワードは避けましょう。次のように、同じ単語を繰り返す言葉が該当します。

【例】

  • かさねがさね
  • ますます
  • たびたび
  • くれぐれも
  • いろいろな
  • たまたま

忌み言葉

不幸や悲しい出来事を連想させる言葉、演技の悪い語句、死を連想させるような言葉に注意しておきましょう。

【例】

  • 再び
  • 引き続き
  • 追って
  • また
  • 消える
  • 浮かばれない
  • 落ちる
  • 苦しむ
  • 生きる、死ぬ
  • 数字の四(死)や九(苦)
  • 終わる
  • 最後に
  • 切れる

この他に、宗教や宗派によって禁忌とされている言葉もあります。

喪主は紙やメモを見て挨拶してもいい?

大切な家族を亡くし、悲しみにくれる中、冷静に挨拶するのは難しいものです。また人前で挨拶する機会に慣れている人はそれほど多くないのではないでしょうか。

 

緊張して言葉に詰まるよりは、安心材料として挨拶を書いたメモを見ても問題ありません。ただ携帯電話やスマートフォンのメモ機能を利用するのは、印象がよくないので止めておくのが無難でしょう。家族葬の場合、アットホームな雰囲気で進むことがほとんどですから、それほど緊張しなくても大丈夫です。

 

また、はきはきと挨拶する必要はありませんが、はっきりを声を出して挨拶するのは大事なことです。故人への思いから、長く話したくなるかも知れませんが、挨拶の時間は基本的には、2〜3分、長くても5分以内にとどめるようにします。

まとめ:家族葬において喪主の挨拶は大きな意味を持つ

愛する家族が亡くなり、悲しみが癒えない状態で喪主を務めるのは大変なことです。負担の大きさも計り知れません。

 

ただ、家族葬という葬儀のスタイルは、家族や親族に寄り添った、暖かなセレモニーでもあります。体裁を整えることに主眼をおいた挨拶を、無理にひねり出す必要はないのです。もちろん重ね言葉や忌み言葉のようなタブーを含め、最低限の礼儀は意識しなければなりません。しかし、参列者に感謝の思いを伝え、故人を共に悼む言葉を紡げればそれこそが真の喪主の挨拶なのです。

 

堅苦しく考えず、まずは自分の思いを挨拶として書き出してみることから始めましょう。

家族葬についてさらに詳しく知りたい方は→ 『家族葬』関連記事一覧

「終活の相談窓口」では終活に関する様々なサポートを行なっております。

竹内

  • エンディングノートの書き方サポート
  • 終活に関するご相談(無料)
  • おひとりさまの終活サポート

終活に関するご相談は以下からお願いいたします。

無料で受けられる「終活ガイド初級」で、終活の基礎知識を学びませんか?

エンディングノートの細かな部分をしっかり理解し、”『エンディングノート』を通じて豊かな人生のお手伝いをする”やり甲斐、使命感を感じられる仕事『エンディングノート認定講師講座』については以下をご覧ください。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 終活の相談窓口 , 2020 All Rights Reserved.