お気軽にお電話ください(年中無休:10時~17時)

一日葬|費用の相場は?支払い方法や内訳など詳しく解説

WRITER
 

記事監修者:一般社団法人終活協議会代表理事:竹内義彦

記事監修者:一般社団法人終活協議会代表理事:竹内義彦

この記事を書いている人 - WRITER -

高齢化社会となり、葬儀のスタイルも時代と共に変化してきています。その中でも比較的新しいスタイルとして提案される「一日葬」という言葉を聞いたことがありますか?

 

今回は一日葬にかかる費用の相場についてご紹介。

 

費用の内訳や、支払い方法、そもそも一日葬とは何なのか、メリット、デメリットをまとめています。一日葬をご検討中の方もぜひご参照ください。

一日葬の費用は?いくらかかる?一般葬・家族葬と比較

一日葬にかかる費用の相場は30万円から50万円です。この費用の相場は、他の葬儀の形式と比較して安いのでしょうか、高いのでしょうか。気になりますよね。一般葬、家族葬と比較してみましょう。

一日葬 30万円〜50万円
一般葬 80万円〜120万円
家族葬 50万円〜80万円
  • 一般葬とは、通常行われる形式の葬儀で、お通夜と告別式を二日間にわたって行うスタイルのこと
  • 家族葬とは、故人との縁が深い親族のみで行い、社交辞令的な参列をお断りする葬儀のこと

家族葬も一般的に通夜と告別式を二日にわけて執り行います。

 

ここでご紹介した金額はあくまで相場。式場によって費用は異なりますし、参列する人数によっても違いがでてきます。もっと高額の場合もあれば、低額になる場合もあるでしょう。しかし、一般的には、一日葬は一般葬と比べて費用の相場が安い傾向にあります。

一日葬の費用相場の内訳

葬儀にかかる費用の内訳は次の通りです。

  • 葬儀施工費用
  • 式場の利用料(葬儀場、火葬場)
  • おもてなしにかかる費用
  • 寺院にお支払いする費用

葬儀施工費用は葬儀を行うためにかかる費用のこと。葬儀場スタッフの人件費や、ご遺体運搬の費用、棺の費用、祭壇の費用などすべてまとめたものです。これは葬儀にかかる費用の約半分を占めます。

 

式場利用料は会場によって費用もさまざまですが、一般的には広い場所を借りるとその分費用がかかるとされています。

 

おもてなしの費用は、参列者に対してかかる費用のこと。会食費、会葬礼状、当日返礼品、香典返しなどです。寺院にもお支払いがあります。こちらは読経料、戒名料が含まれます。こちらについては下記で詳しく解説します。

寺院に支払う費用は?お布施はいる

一日葬はお通夜を省略して告別式のみを行うスタイルの葬儀ですが、告別式では僧侶が来て読経をし、戒名を亡くなった方に与えます。このことへの感謝の気持ちを込めて、お布施という形でお支払いします。

お布施の相場は10万円から15万円。

この金額には読経料、戒名料が含まれています。

 

一般葬でのお布施の相場は30万円から40万円となっています。一日葬は一般葬と比べてお布施の相場が低いのです。これは、一日葬の時間的な負担が少ないことが関係しています。

 

また、お車代をお支払いする場合も。

 

これは地域や宗教によって差がありますが、遠方から僧侶が来る場合は、お車代を含めてお布施をお渡しすることがあります。お車代の相場は5千円から2万円。お車代をお渡しするかどうか悩む場合は、僧侶本人に聞いても失礼にはあたりません。

一日葬の費用は誰が支払う?支払い方法は

ここからは、費用は誰が支払うのか?支払い方法について解説していきます。

一日葬の費用が誰が支払うのか

一日葬に限らず、葬儀の費用は基本的に喪主が支払うのが一般的とされています。

 

しかし、喪主が支払わなければいけないという決まりやマナーはありません。また、喪主ひとりが葬儀の費用を負担するというのは大変ですよね。しかし、実際には喪主ひとりが負担するわけではないのです。一日葬でかかった費用負担は、相続した財産や、親族から渡された香典で後に補うことが可能です。

 

喪主たった一人が負担するわけではないのでご安心ください。親族で相談をして、一日葬の費用を出し合うことも可能で、マナー違反とはなりません。

支払い方法は?現金?分割はできる?

葬儀は急な出費でもありますよね。支払方法が気になる方もいらっしゃるでしょう。一日葬の支払いは、葬儀業者によって異なりますが、一般的に次のものがあります。

  • 現金での一括支払い
  • クレジットカード一括支払い
  • クレジットカード分割支払い
  • 分割払い(ローン)
  • 一括後払い
  • 銀行振込

現金一括支払いであれば、一度支払えばそれ以降の請求がないため安心です。

 

しかし、一度にまとまった金額を払えない方もいらっしゃるかと思います。急な不幸もありますので、クレジットカード対応の業者は多いです。

支払方法は葬儀業者によって異なりますので、必ず確認しておきましょう。

一日葬とは

そもそも一日葬とは何でしょうか。一日葬(いちにちそう)を簡単にご紹介すると、お通夜を行わない葬儀のこと。

 

通常二日で行うところを一日だけで行う葬儀のスタイルです。通常二日で行うものを一日で!? 目まぐるしいのかな…と思われるかもしれません。まず、一般葬についてご紹介しますね。

一日葬は告別式のみ行う

一般葬は、お通夜と告別式で二日間に分かれていて、二日めの告別式の日には火葬を行います。通常はこの二日間に参列するのです。お通夜と告別式の時間について見てみましょう。

 

お通夜は18時から19時に始まり、1時間半から2時間ほどかかります。喪主や遺族の場合は、3時間から6時間かかることも…。お通夜の通常翌日が告別式となります。こちらはより長丁場です。一般葬の告別式は午前中から開始され、火葬も行うため、5時間前後かかります。さらに初七日法要も併せて行う場合であれば、7時間前後かかることも…。

 

通常このように時間がかかるお通夜と告別式ですが、一日葬はお通夜を省略して、告別式のみを行うのです。告別式を省略してお通夜のみにはならないのか? と疑問に思われるかもしれません。お通夜のみであれば、短時間で済みますので負担が少ないですよね。しかし、告別式は故人とお別れをするための大切な儀式。火葬をするのも告別式の日なのです。そのため、告別式は省略せず、一日葬ではお通夜の方を省略しています。

 

一日葬は一般葬の告別式のみを行うものなので、通常二日かけて行うものを無理に一日で行うわけではありません。目まぐるしいわけでもありませんよ。

 

さて、ここからは一日葬のメリットとデメリットについて見てみましょう。

一日葬のメリット

一日葬のメリットは次のものが挙げられます。

  • 費用の相場が安い
  • お通夜を省略するため短時間で完了する

すでにご紹介したように、一日葬はお通夜を省略して告別式のみを行うスタイルの葬儀。お通夜の分の費用はかからないのです。

 

お通夜では会場を借りて、僧侶に読経を依頼し、通夜ぶるまいで会食をしますが、これらが省略となりますので、その分費用がかからずに相場が安くなるのです。遺族の経済的負担が軽減されるメリットがあります。

 

また高齢などによる体力の不安などから、二日間にわたり参列が難しい方もいらっしゃいます。そのような方でも一日葬は参列しやすく選ばれています。

一日葬のデメリット

一日葬をお考えなら、必ずデメリットも知っておきましょう。

  • 一日葬だと参列できない人もいる
  • ゆっくりと故人とお別れができない

お通夜が夕方スタートであることに対して、告別式は午前中から始まり、さらに長丁場。

 

お仕事をしている方、学校に通っている方では、お通夜なら参加できるけれど、告別式だと時間が合わない…という方もいらっしゃいます。このような方の場合、一般葬では告別式の参列が無理な代わりに、お通夜に参列します。

 

しかし、一日葬はお通夜が省略されていますので、参列できない人が出てくるのです。

 

また、二日間に分けて故人との思い出を振り返り、お別れの儀式をする葬儀。こちらが一日に短縮されることで、ゆっくりとお別れができないというデメリットも…。

一日葬は誰を呼ぶ?参列者について

一日葬は一般葬と比べると小規模です。そのため、親族のみで行われることが多いです。一日葬に呼ぶ参加者に決まりはありませんが、主に親族と故人と親しい人物で行われます。

 

その際、一般葬ではなく一日葬とすることを参列者には事前に伝えておきましょう。参列をお断りする場合も出てくるかと思います。この場合は、訃報を伝えるときに一緒に伝えましょう。また、親族のみで一日葬を行う場合では香典をお断りする場合もあります。

香典を辞退する場合も、事前に参列者に伝えておいてください。

参列をお断りする場合や香典を辞退する場合は、伝え方が難しいですよね。後にトラブルにならないためにも「家族の意向で」、「故人の意向で」と伝えるとよいでしょう。

なぜ増えている?一日葬が増えている背景とは

近年、一日葬を選ぶご遺族が増えています。一日葬を選ぶ理由は何か、それは高齢化が挙げられます。令和元年の男女の平均寿命を平成2年の平均寿命で比較してみましょう。

男性 女性
平成2年 75.92歳 81.90歳
令和元年 81.41歳 87.45歳

参照:令和元年簡易生命表の概要

男女ともに平均寿命がのびていることがお分かりいただけるかと思います。

 

亡くなる年齢が上がるということは、遺族や喪主の年齢も上がるということ。高齢者にとって、お通夜と告別式を二日にかけて行う一般葬は体力の低下から不安視され、費用が安く短時間で行える一日葬が選ばれてきているのです。

まとめ:一日葬|費用の相場は?支払い方法や内訳など詳しく解説

一日葬の費用相場は30万円から50万円と一般葬や家族葬と比べて安いことがわかりました。

 

短時間で行うことができ、さらにお通夜の分の費用がかからないため、体力的負担だけでなく経済的負担も抑えられるのが一日葬の魅力。遺族に高齢者が多い場合は、一日葬が良いかもしれません。しかし、デメリットもあります。参列できない人が出てくる、一日でお別れはさみしいという考えも…。

 

一日葬をお考えの方は、よく家族と相談をした上で決めるようにしてくださいね。

 

一日葬についてわからないことやご不明点がございましたら、お気軽にご相談くださいね。

お葬式についてさらに詳しく知りたい方は→

『お葬式』記事一覧

「終活の相談窓口」では終活に関する様々なサポートを行なっております。

竹内

  • エンディングノートの書き方サポート
  • 終活に関するご相談(無料)
  • おひとりさまの終活サポート

終活に関するご相談は以下からお願いいたします。

無料で受けられる「終活ガイド初級」で、終活の基礎知識を学びませんか?

エンディングノートの細かな部分をしっかり理解し、”『エンディングノート』を通じて豊かな人生のお手伝いをする”やり甲斐、使命感を感じられる仕事『エンディングノート認定講師講座』については以下をご覧ください。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 終活の相談窓口 , 2020 All Rights Reserved.