お気軽にお電話ください(年中無休:10時~17時)

家族葬の時、弔電はどうしたらいい?送る側・受け取る側のマナーを解説

WRITER
 

記事監修者:一般社団法人終活協議会代表理事:竹内義彦

記事監修者:一般社団法人終活協議会代表理事:竹内義彦

この記事を書いている人 - WRITER -

ごく親しい友人や家族だけで葬儀を行う「家族葬」。

 

最近では家族葬を選ぶ人も増えてきました。家族葬では一般参列や香典、供花などを辞退するケースが多いのですが、弔電の扱いはどうなるのでしょうか?

 

今回は家族葬と弔電について解説します。

「家族葬に弔電を送ってもいいの?」「家族葬をするが、弔電を受け取ってもいいのか?」といった疑問に答えます。

家族葬|香典、供花、供物、弔電は送ってもいいのか

家族葬とは家族・親族やごく親しい友人など少人数で行われる葬儀を指します。これまでのように近所の人や親せき、仕事の関係者などが集まる葬儀から家族葬を選ぶ人も増えてきています。

 

また、弔電とは葬儀に行けない場合に、お悔やみを伝えるための電報のことです。

 

家族葬では香典や供花、供物を辞退するケースが多いようですが、弔電は受け取ることもあります。弔電を送る時は訃報を確認して遺族や故人の意向に従うようにしましょう。

家族葬に弔電を送る時のマナー

家族葬の場合、一般参列はもちろん香典、供物、供花を辞退することが多いようですが弔電は大丈夫なこともあります。

ただし、訃報で「弔電を辞退」「香典、供花など一切を辞退」等とある場合は送るのを控えましょう。

 

また、家族葬の参列に声を掛けられたものの参列できない時、会社が社員から家族葬で葬儀を行う連絡を受けた場合、「弔電を辞退」と伝えられていなければ弔電を送るのは構わないとされています。

 

訃報を直接聞いていないなど遺族の意向が分からない場合は、家族葬が行われる会場、葬儀を担当する葬儀社に弔電を送ってもよいかを確認してからが無難です。

家族葬|弔電はいつ、どこへ送る?

弔電は告別式で読み上げられることが多いので、告別式の前日には届くように手配しましょう。

  • あて先は家族葬が行われる斎場
  • あて名は喪主

喪主名が確認できない場合は「○○様(故人の名前)ご遺族様」になります。

告別式に間に合わない場合は、遺族の自宅へ送るようにします。

家族葬への弔電の文例と注意点

弔電を送る際は、「忌み言葉」を使わないようにしましょう。忌み言葉とは以下のような言葉です。

同じ言葉が続く「重ね言葉」 かさねがさね、くれぐれも、たびたび
不幸が続くことを連想させる言葉 再び、引き続き、追って
不吉な印象の言葉 消える、迷う、浮かばれない、切れる

 

そのほか「死」「苦」を連想させる数字の四、九も使わないようにします。また、区切りを意味する「、」「。」などの句読点も使わないようにします。

「死」を連想させる言葉、「死」に対する「生」も使わない。 死ぬ、急死、生きる、ご存命中
仏式の忌み言葉 浮かばれない、迷う
キリスト教、神式の忌み言葉 冥福、供養、成仏、往生、弔う、合掌

 

忌み言葉を避けた弔電の文例をご紹介します。参考にしてみてくださいね。

  • 仏教:ご冥福を心からお祈り致します
  • 神道:御霊の安らかならんことをお祈り致します
  • キリスト教:心安らかな眠りにつかれますようお祈り致します

お悔やみの気持ちを込めて送る弔電がマナー違反にならないように、忌み言葉にも気を付けてくださいね。

家族葬をする場合、弔電を受け取る?受け取らない?

家族葬をする場合、香典・供物・供花・弔電を辞退するのか、受け取るのか、取り扱いを葬儀の前に決めておき、訃報で知らせるようにしましょう。

 

弔電を辞退したにもかかわらず、弔電が届くこともあり得ますが、届いたら受け取るのがマナーとされています。

 

故人を弔いたい、最後に何か言葉を掛けたいという思いを示すのが弔電です。「故人に何かしたい」という気持ちをくんでもいいのではないかと思います。

弔電を断りたい時の方法と断りの文例

弔電を辞退したいのであれば、事前に辞退することを伝えておく方が周りも混乱しなくてすみます。訃報に弔電を辞退する旨、案内する文を入れるようにしましょう。

例:

この度の葬儀は故人・遺族の意向により家族葬で執り行います。一般参列・ご香典・ご供花・ご弔電など一切のご厚意は辞退いたします

弔電を辞退する場合は香典や供花も断ることが多いので上記のような文にしてみました。それぞれのケースに合わせてアレンジしてみてくださいね。

弔電のお礼について

弔電のお礼は、通夜や葬儀に参加した方に出す会葬礼状とは別にお礼状を出すのが一般的です。

 

「いつまでに出す」という期限はありませんが、葬儀が終わったら早めに出すようにします。はがきでも構いませんが手紙が多いようです。

まとめ:家族葬で弔電を送る側は故人・遺族の意向、受け取る側は送ってくれた人の気持ちを大切に

家族葬とは身内だけで行う葬儀で、弔電とはお悔やみを伝える電報のことを指します。家族葬では香典や供花、弔電を辞退することがあります。

 

訃報に「弔電を辞退」「香典、供花など一切のご厚意を辞退」とあったら弔電を送るのを控えましょう。

一方、家族葬を行う場合に弔電を断りたい場合は「弔電を辞退」「一切のご厚意を辞退」と訃報で伝えます。それでも弔電が届いた場合は受け取るのがマナーとされています。

 

弔電を送る側は故人や遺族の意向や気持ちを、弔電を受け取る側は「故人のために何かしたい」という送る側の気持ちを大切にしたいですね。

家族葬についてさらに詳しく知りたい方は→ 『家族葬』関連記事一覧
『終活』とは自分の望む最期を迎え、人生をより充実したものにするため、生前準備を行うことです。 人生の後半戦を思う存分楽しむために『終活』を始めてみませんか? 終活に関する記事一覧

「終活の相談窓口」では終活に関する様々なサポートを行なっております。

竹内

  • エンディングノートの書き方サポート
  • 終活に関するご相談(無料)
  • おひとりさまの終活サポート

終活に関するご相談は以下からお願いいたします。

無料で受けられる「終活ガイド初級」で、終活の基礎知識を学びませんか?

エンディングノートの細かな部分をしっかり理解し、”『エンディングノート』を通じて豊かな人生のお手伝いをする”やり甲斐、使命感を感じられる仕事『エンディングノート認定講師講座』については以下をご覧ください。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 終活の相談窓口 , 2020 All Rights Reserved.