お気軽にお電話ください(年中無休:10時~17時)

【孫】祖父母の葬式で包む香典の金額(相場)マナーや香典が不要な場合とは

WRITER
 

記事監修者:一般社団法人終活協議会代表理事:竹内義彦

記事監修者:一般社団法人終活協議会代表理事:竹内義彦

この記事を書いている人 - WRITER -

祖父母が亡くなり、その葬式に呼ばれた場合、孫の香典はいくらくらいが相場なのでしょうか。

 

結論から申し上げると、孫といっても年齢はまちまちですし、相場は孫の年齢によって異なります。

 

このページでは、いざというときに困らないように、孫の香典の相場についてご紹介。また、一部の孫の場合、香典が不要になることも…。どんな場合に香典が不要なのかも記載しましたので、ぜひご参照ください。

祖父母の葬式|『年代別』孫が包む香典の金額、相場

一般的に、孫が出す香典の相場は1万円から5万円です。これは、孫の年齢によって相場が異なります。何歳だといくらくらいなのか、より具体的に知りたいですよね。次で見てみましょう。

20代の孫|香典の金額(相場)

孫が20代の場合、葬式で出す香典の相場は1万円です。

一般的な相場のなかでも低い金額なのは、まだ20代の孫が経済的に自立して間もないからです。こちらはあくまで相場です。20代の孫でも葬式の香典で3万円包んだとしても問題はありません。

 

しかし、一般的な香典の相場は1万円から。いくら孫でも、最低1万円以上と考えていただくことをおすすめします。

30代の孫|香典の金額(相場)

30代の孫の場合、香典の相場は1万円から3万円です。

就職している30代の場合は、一般的に3万円とされています。しかし、結婚して専業主婦にとなり、収入を得ていない孫もいるでしょう。この場合は葬式で1万円など金額をおさえて香典とする方が多いです。

 

自分は家庭に入り今は収入を得ていない、パートだからと香典を出さないことは、マナー違反になることも。

 

身内であっても、関係が悪くなる可能性もありますので、就職していない場合でも30代は最低1万円は香典を出すようにするとよいでしょう。

40代の孫|香典の金額(相場)

40代の孫の場合は、香典の相場は3万円から5万円ほど。

30代同様、働いておらず収入を得ていない場合でも香典を出すことがマナーとされています。

 

他の年代と比較して、40代の孫の香典の相場が高いのは、社会的地位が高い傾向にあり、その分収入を得ていることが考えられるからです。また40代になるまでお世話になった祖父母。今までの感謝の気持ちを込めて、葬式での香典が高くなっているとも考えられます。

孫でも香典が不要の場合|家族葬ではどうする?

さて、ここまで20代から40代の孫の香典の相場についてご紹介してきました。孫と言っても、もっと年齢が若いこともありますよね。

 

一般的に、未成年の孫の場合は葬式での香典は不要とされています。これはまだ幼く、経済的に自立していないためです。ただし、未成年でも就職している孫の場合は、自分で収入を得て自立しているとみなされます。この場合は香典として1万円を包むとよいでしょう。

 

また、家族葬の場合では香典が不要の場合もあります。しかし、家族葬だからといって香典は不要と判断するのは危険です。万が一必要なときに備えて、家族葬の場合でも必ず香典は準備しておきましょう。

成人しているけれど香典は必要?孫が大学生、大学院生の場合

未成年の孫が経済的に自立していないことを理由に、葬式での香典が不要であるとご紹介しました。

 

では、まだ就職をしていない成人の大学生や大学院生の孫はどうしたらいいのでしょうか。彼らは20代以上で成人ではありますが、就職はしていないので、経済的に自立しているとは言い難いです。香典の有無の判断が気になりますよね。

 

アルバイトをして収入を得ている学生の場合であれば、葬式の香典として1万円を用意することが多いです。アルバイトをしていない場合でも、形だけ香典を用意し、実際のお金は親が出すということも珍しくはありません。

 

迷ったら、両親に相談しましょう。

香典のマナーとは

さて、いざ香典を準備しようと思っても、香典袋に何を袋に書いたらいいかわからないこともありますよね。ここでは香典の基本的なマナーについてまとめていきます。

香典のマナー|香典袋の書き方

まず必要なものをご紹介します。

  • 香典袋
  • 筆または筆ペン
  • お札(ピン札はNG)

まず香典袋を用意しましょう。こちらは100円ショップでも売られています。また香典袋には表書きなど文字を書く必要が。その際に、筆が必要ですので、筆も用意してください。こちらは筆ペンでもマナー違反とはなりません。ただし、薄墨のものを準備しましょう。

薄墨の筆ペンも100円ショップや文房具屋で売られていますので探してみてください。

香典の名目は、四十九日までは「御霊前」となります。葬儀に呼ばれた場合は「御霊前」を選んでください。ちなみに四十九日以降は「御仏前」です。

1.表に自分の名前を書く
用意しておいた薄墨の筆ペンまたは筆で自分の名前を書きます。名前はフルネームで記載しましょう。

 

2.中袋の表に金額を書く
中袋とはお金を入れるための封筒のこと。こちらに香典の金額を記入します。数字ですが、旧漢数字を用いてください。また旧漢数字の前後に「金」と「圓」を記載することも忘れないようにしましょう。また中袋は薄墨の筆でなくても構いません。
【例】1万円の場合→「金壱萬園」

 

3.中袋の裏に自分の名前を書く
中袋の裏には自分の住所、氏名を記載してください。こちらもフルネームで書きます。また住所の数字は漢数字での記載が望ましいです。

 

4.お札を中袋に入れる
必要なことが書けましたら、中袋にお札を入れます。お札ですが、新札はマナー違反とされますので、ご注意ください。またお札の向きにもマナーがあります。一般的に、香典袋にお札を入れるときは、お札の肖像画が香典袋の裏側の下にくるように入れましょう。

香典については以下でさらに詳しく解説していますので、合わせてお読みください。

香典を渡すタイミング

お通夜と葬儀の両方に参加する場合が多いかと思います。この両日に香典を渡す必要はありません。一般的にお通夜の際に香典を持参して渡す場合がほとんど。

 

会場に受付がある場合は、係の方にお渡ししましょう。受付がない場合は、喪主に手渡しをしてください。控室で歓談している場合は、香典が渡すタイミングが難しいかと思います。周囲の様子を見て、誰かが香典を渡した場合、それに続いてお渡ししましょう。

孫からの香典を辞退するケースもある

家族葬の場合などで、孫からの香典を辞退することも珍しくはありません。

 

香典を受け取る場合は、そのお返しが必要となり、喪主の作業負担から孫の香典を辞退することがあるのです。喪主側から香典を辞退がある場合は事前に伝えられていることがほとんどです。もし何も辞退の連絡がない場合は、必ず孫でも香典をご用意ください。

もしも辞退を伝えられた場合、どうしたらいいのでしょうか。せっかく用意した香典。どうしても渡したい! という気持ちもあるかもしれません。しかし、こちらは喪主側の気遣いです。辞退があった場合は、無理に香典を渡さずに喪主側に従ってください。

まとめ:【孫】祖父母の葬式で包む香典の金額(相場)マナーや香典が不要な場合とは

孫が葬式で渡す香典の相場は1万円から3万円。しかし、孫の年代別に相場は分かれます。後のトラブルとならないためにもなるべく相場内の香典を用意するのがよいでしょう。

 

また、孫が未成年の場合では葬式での香典は不要とされていますので、無理に用意する必要はありません。未成年以外の孫であれば、香典が必要になることがほとんど。事前に不要と言われた場合を除き、かならず香典を事前に準備しておいてください。

 

もしものときに香典がないとマナー違反となります。万が一、不要だった場合は持ち帰ればよいわけですから、孫でも香典を用意しておくのが安心です。

冠婚葬祭、贈り物などのマナーについて知りたい方は→ 『マナー』記事一覧
『終活』とは自分の望む最期を迎え、人生をより充実したものにするため、生前準備を行うことです。 人生の後半戦を思う存分楽しむために『終活』を始めてみませんか? 終活に関する記事一覧

「終活の相談窓口」では終活に関する様々なサポートを行なっております。

竹内

  • エンディングノートの書き方サポート
  • 終活に関するご相談(無料)
  • おひとりさまの終活サポート

終活に関するご相談は以下からお願いいたします。

無料で受けられる「終活ガイド初級」で、終活の基礎知識を学びませんか?

エンディングノートの細かな部分をしっかり理解し、”『エンディングノート』を通じて豊かな人生のお手伝いをする”やり甲斐、使命感を感じられる仕事『エンディングノート認定講師講座』については以下をご覧ください。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 終活の相談窓口 , 2020 All Rights Reserved.