お気軽にお電話ください(年中無休:10時~17時)

オンライン葬儀の流れや注意点|リモート可能な葬儀社おすすめ3選

 

記事監修者:一般社団法人終活協議会代表理事:竹内義彦

記事監修者:一般社団法人終活協議会代表理事:竹内義彦

この記事を書いている人 - WRITER -

新型コロナウイルスの影響で、仕事や学校などでオンライン化が進む中、お葬式にも多数のオンラインサービスが登場しています。

 

これまでもオンライン葬儀のサービスはありましたが「どうしてもオンラインでないと対応できない」ときにだけ使われ、あまり利用されませんでした。しかしコロナ対策のため大勢で集まるのが難しい現状に、

「親戚や知人を呼びにくい」

「参列したいけど県外に出るのが怖いし、周囲の目が気になる」

といった声から、オンライン葬儀のニーズが高まっています。

 

お葬式は、不特定多数の方がさまざまな地域から集まることが多いので、不安を感じる方がいるのは仕方がないかもしれません。

 

最近ではオンライン法要や供養も活用され始め、オンライン葬儀を選択する方が増えると予想れます。

この記事では、オンライン葬儀の内容や注意点、オンライン葬儀ができるおすすめの葬儀社について解説します。

オンライン葬儀って何?

オンライン葬儀とは、遠方に住んでいたり外出が困難だったりする家族や親戚知人に、パソコンやスマホなどを利用してリモートで葬儀に参列してもらうサービスです。

もともとは、

  • 海外にいる家族
  • 介護施設に入所している高齢の家族
  • 急な葬儀で参列が難しい方
  • 小さな子どもを持つ親

などを対象にしたサービスでした。

 

新型コロナウイルスの影響に伴い、葬式場への参列が困難な方が増えたので、注目度が上がっています。

オンライン葬儀では、主にビデオ通話が可能なアプリを利用して配信されます。

例えば、

  • Skype
  • Zoom
  • LINE
  • YouTube

などで映像を配信して、直接葬儀場に足を運べない方でも葬儀に参加が可能です。

オンライン葬儀を取り入れている葬儀社は、コロナ前に比べてかなり増えてきています。

オンライン葬儀の流れ

オンライン葬儀は、実際どのような流れになるのか疑問に思われる方が多いでしょう。

大まかな流れを解説します。

リモートでのお葬式に対応している葬儀社を選ぶ

オンライン葬儀に対応できる葬儀社は増加傾向にあるもののまだすべての葬儀社で行えるわけではありません。まずは希望する葬儀社にオンライン葬儀に対応しているかを確認しましょう。

 

オンライン葬儀を行っているかで、葬儀社を選ぶ方法もあります。

以下のサイトで、オンライン葬儀を行っている葬儀社を検索することができますよ。

オンライン葬儀社を検索する

参加者に案内を送る

オンライン葬儀が決まったら、葬儀場に直接参列する方、オンラインで参列する方それぞれに案内を送ります。

 

葬儀場に参列してくれる方には電話で伝えればよいかもしれませんが、オンライン参列では参列方法を詳しく伝える必要がありますので、電話だけでなく追って詳しい連絡をする旨を伝えましょう。

日時はもちろん、オンラインでの参列に必要なログインURLや、葬儀社によってはQRコードで対応する場合もあります。

詳しい連絡は、

  • 手紙
  • FAX
  • メール
  • LINE

など、何度も見返して確認できるものになります。

当日の流れは通常の葬儀と同じ

オンライン葬儀は、通常の葬儀とほとんど同じ流れで行われます。

 

オンラインで配信されるからといって、喪主や参列家族が当日特別な動きをすることはほとんどありません。葬儀場での参列者は少ないかもしれませんが、画面の向こうで参列してくれている方がいるので、気を抜かないようにしましょう。

葬儀場に参列する方とオンラインで参列する方の線引き

オンライン葬儀では、葬儀場に参列してもらう方と、オンラインで参列してもらう方の線引きに悩むかもしれません。

よく選ばれるケースを紹介します。

葬儀場に参列してもらう方
  • 同居している家族
  • 近所の親族(二等身以内)
オンラインで参列してもらう方
  • 上記以外の親族
  • 故人の友人
  • 仕事関係の方
  • 海外に住んでいる方

参列者への案内で悩んだとき参考にしてください。

オンライン葬儀でできること

葬儀自体はもちろん、お葬式で必要なことをオンライン上で行えるのが「オンライン葬儀」です。

オンラインでは、色々なサービスを利用できます。

  • メールやラインでの訃報の案内
  • キャッシュレスでの香典の送金
  • 供花・供物の手配
  • 香典返しの手配
  • スマホでのオンライン記帳

今まで対面で行われてきたものですが、オンライン化したことで、自分のペースで場所を選ばずできるようになりました。

オンライン葬儀の注意点は?

これから需要が増えると考えられているオンライン葬儀。

どんなことに注意すれば良いのか、「喪主側」と「参列者側」別に紹介します。

喪主側の注意点

オンライン葬儀の説明をして理解を得る

オンライン葬儀は、まだ難色を示す方が少なくありません。

 

「直接お別れを言えないお葬式は悲しい」「ネットで葬儀なんて!」と否定的な考えを持つ方もいるでしょう。

しかしコロナの影響で新しい生活様式が推奨される中、葬儀に参列したくてもできない方のために進んでいるサービスです。

 

「体が弱く移動が難しい」「遠方で長距離の移動が大変」といった方も参列できるので、より多くの友人知人が故人とお別れできます。

利点がたくさんあるサービスだと説明し、理解してもらいましょう。

火葬場や収骨は配信できない

火葬場や収骨は、仕切りがなく他の遺族が写ってしまう可能性があるので、配信を含めたすべての撮影が禁止されています。

このように、オンラインでも配信できない場面があることを、しっかり把握しておきましょう。

参列者側の注意点

オンラインでも喪服を着用する

オンラインで参列する場合、自身は画面に写りませんが、マナーとして喪服を着用しましょう。

ラフすぎる服装では、例え見えないとしても失礼に当たりますので、気をつけくださいね。

香典の送り方を確認する

直接香典を渡せないオンラインでの参列では、香典の有無に迷うかもしれません。

 

一般的に、参列者にはオンラインであるかは関係なく、喪主側は香典返しをする傾向にあります。オンライン参列では、キャッシュレスでの香典に対応している葬儀社もあるので、確認しておきましょう。

オンライン葬儀ができるおすすめの葬儀社3選

オンライン葬儀のプランがある葬儀社を3社紹介します。

お客様満足度の高い葬儀社の中から、いち早くオンライン葬儀の対応を始めた3社をピックアップしました。

スマートセレモニー

出典:スマートセレモニー

大手葬儀社の「セレモニー」が行う「スマートセレモニー」は、葬儀の中継を無料で利用できます。

スマートセレモニーでは、以下のサービスを提供しています。

  • ご葬家専用ページ:オンライン上で弔問・会葬
  • 「弔電」「供花」「香典」をクレジットカードで決済対応
  • QRコードで訃報の案内、葬儀の受付や芳名帳などを管理
  • オンライン上で返礼品を選べる
  • オンラインで参列してくれた方にお礼動画やメモリアルムービーの演出

喪主側のおすすめポイント

葬儀・葬式の主催者である喪主。葬儀を滞りなく行うため様々なところへの配慮が求められますが、『オンライン葬儀』という馴染みのない葬儀方法において、戸惑いもあるかと思います。スマートセレモニーでは、喪主に対して以下のような配慮がなされています。

スマートセレモニー利用料金 オンラインでの葬儀システムの利用は無料
喪主が行うこと スマートセレモニー側でURLやQRコードを明記した案内文を準備しているので、それを関係者にファックスやメール、LINEなどで送信するだけ。慣れないオンライン葬儀の手間を最大限に縮小した配慮がなされています。
参列者にモバイル、パソコン操作に不慣れな人がいる 葬儀参列者(オンライン葬儀参加者)の中には、モバイル、パソコン操作に不慣れな方もいるでしょう。そういった方からの対応をなるべく減らすために、予め操作画面はシンプルでわかりやすい作りになっています。

運営のセレモニーは、埼玉県と東京都内(23箇所)の葬儀場を運営している葬儀会社です。

オンラインに対応した「スマートセレモニー」は23箇所すべて、どの会場でも対応可能。

詳細については公式サイト(以下リンク)をご覧いただくか、動画でも詳細についてご覧いただけます。

▼動画を視聴する▼

アルファLIVE(さがみ典礼)

出典:アルファLIVE|さがみ典礼

さがみ典礼が提案する「アルファLIVE」は、お通夜や告別式を無料でYouTubeを利用してライブ配信するサービスです。

 

さがみ典礼は、埼玉・福島・栃木・長野・茨城・静岡・岩手・山形・岐阜・島根で320以上の直営斎場を運営しており、YouTubeライブはさがみ典礼のホールから配信します。

 

アルファLIVEでは、以下のサービスを提供しています。

  • ご葬家専用ページからメールやラインで訃報を伝えられる
  • お通夜・告別式をYouTubeにてリアルタイム配信
  • 四十九日や一周忌等の法要もライブ配信、お坊さんのお経も対応可能

おすすめポイント

喪主側
ご葬家専用のページからメールやLINEなどのSNSを利用し、訃報を正確に連絡、さらにORコードを送れるので、一度でオンライン参列の詳しい連絡が完了します。
参列者側
スマホやパソコンから葬儀の日時を簡単に確認できて、聞き間違いを防げます。自宅から安全に故人のお見送りができるのはもちろん、記載されたページから「弔電」「供花」「香典」の注文も可能です。

メモリアルアートの大野屋

出典:メモリアルアートの大野屋

メモリアルアートが提供するサービスは、通常の葬儀に追加できる「オンライン参列」です。

 

さまざまな理由から直接の参列が難しい方のためのサービスで、無償で行っています。

メモリアルアートでは、以下のサービスを提供しています。

  • オンライン葬儀専用の「お悔やみページ」が作成され、喪主側と参列者側で共有できる
  • お悔やみページはメールやSNSで案内可能
  • 故人のメモリアルアルバムの作成
  • 葬儀当日はお悔やみページ内でライブ映像配信
  • 今後は有料で「弔電」「供花」「供物」「香典」も開始予定

おすすめポイント

喪主側
メモリアルアートが作成してくれる「お悔やみページ」から葬儀の案内を出せて、電話での案内に起こりやすい間違いを防止するのに便利です。
ライブ配信では、プライバシー配慮の観点からカメラ1台で撮影するので、喪主家族や直接葬儀場に参列する方にも安心してもらえます。
参列者側
お悔やみページは参列者にも共有されているので、メモリアルアルバムや葬儀のライブなど、遠方でも故人を偲ぶことができます。

オンライン葬儀の課題

オンライン葬儀には

  • 三密を避けられる
  • 遠方からでも参列できる
  • 入院中や施設に入所中でも参列できる

など、今までお別れを諦めていた方が最後のお見送りを行えるサービスですが、まだ課題も残されています。

例えば、

  • 葬儀をオンラインで行うのに抵抗感を消せない
  • 葬儀の参列はパソコンやスマホが必須で、扱い慣れていない高齢者には操作が難しい
  • アプリのダウンロードなど手間がかかる
  • 弔電・供花・供物・香典などの支払いがクレジット限定のケースがある

といったもので、スマホやパソコンを使い慣れた世代では問題ないですが、高齢者には難しい操作です。

 

故人の多くは高齢者であることが予想され、参列者もまた高齢者が多くを占めます。スマホやパソコンに馴染みがなく、誰かのサポートがなければオンライン参列も難しいと感じる方も少なくありません。

クレジットカードも同様で、現金払い慣れていてそもそもクレジットカードを持っていない方もいるでしょう。

 

新型コロナウイルスの影響で、スマホを含めたモバイル端末の利用者は増えていますが、シニア世代にはスマホの使用をサポートする家族や支援者が必要と考えられます。

 

これからは、高齢者を含めたデジタル機器に不慣れな方でも簡単に操作できるよう、改善が期待されます。

まとめ:オンライン葬儀の流れや注意点|リモート可能な葬儀社おすすめ3選

コロナ渦の中注目されている「オンライン葬儀」は、式に直接参列できなくても、オンラインで故人とお別れできる方法です。

 

お葬式は、「密閉」「密集」「密接」の「三密」になりやすい環境で、さらに高齢者が多く集まるので、集団感染のリスクが高い傾向にあります。しかしオンラインなら密にならず安心ですし、今までは遠方だったり施設に入所していたりなどの理由で参列できなかった方でも、オンライン葬儀ならしっかりお別れができます。

 

否定的な意見を持つ方もいますが、コロナ後の「新しい生活様式」の流れでは、今後「オンライン葬儀」の需要が伸びていくのではないでしょうか。

コロナ禍により、オンライン上でのお墓参りや葬儀サービスが続々と登場しています。

終活と関連のある『オンラインサービス』について知りたい方は→

オンライン葬儀、墓参り関連記事一覧

「終活の相談窓口」では終活に関する様々なサポートを行なっております。

竹内

  • エンディングノートの書き方サポート
  • 終活に関するご相談(無料)
  • おひとりさまの終活サポート

終活に関するご相談は以下からお願いいたします。

無料で受けられる「終活ガイド初級」で、終活の基礎知識を学びませんか?

エンディングノートの細かな部分をしっかり理解し、”『エンディングノート』を通じて豊かな人生のお手伝いをする”やり甲斐、使命感を感じられる仕事『エンディングノート認定講師講座』については以下をご覧ください。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 終活の相談窓口 , 2020 All Rights Reserved.