0120-111-859

image

終活の相談窓口

「身内だけで葬儀をしたい」家族葬について・流れ・費用・メリットやデメリット

トップ > 「身内だけで葬儀をしたい」家族葬について・流れ・費用・メリットやデメリット

「身内だけで葬儀は、どのようなスタイルで行えばいいんだろう」

「費用はいくらくらいかな」

「周囲に配慮すべき点は、何があるんだろう」

 

昨今、コロナ禍の影響だったり故人とのお別れを大切にしたいと考える時代の流れであったりと、身内だけでの葬儀を選ぶ人も増えています。しかし、情報が多く出回っていないために、どのように執り行えばいいのか分からない人も多いのではないでしょうか。

 

今回は、「身内だけで葬儀をしたい」と考える方々に選ばれる家族葬について詳しく解説し、メリットやデメリット、多く寄せられる質問思にもこたえています。また、まだ新しいタイプのお葬式ということもあり注意点も解説しています。

目次(この記事は以下の順番で構成されております)

  • 身内だけの葬儀「家族葬」について、詳しく解説
  • 家族葬のメリット・デメリット
  • 身内だけで葬儀を行う際、気になること|周知への告知や会葬者・その他配慮すべきこと
  • 身内だけの葬儀を執り行う際の注意点
  • まとめ:「身内だけで葬儀をしたい」家族葬について・流れ・費用・メリットやデメリット

身内だけの葬儀「家族葬」について、詳しく解説

身内の親しい人だけで執り行われる家族葬ですが、これといった葬儀の形があるわけではなく「家族や親しい親族だけで行う葬儀」のことを家族葬と呼んでいるだけのことです。

絶対に家族・親族以外は参列出来ないという決まりはなく、故人の親しい友人を呼ぶことも可能です。

 

身内や故人の付き合いの深いゆかりある方だけで、最後の時間を大切にした葬儀が「家族葬」となります。

家族葬はどこで、どのように行われるの?

家族葬が「どこで、どのように行われるのか」をまとめてみましたので、参考にしてください。

 

葬儀の種類 葬儀を行う場所 葬儀費用相場 備考
自宅葬 ・自宅 高め ・自由度が高い
・マンションなどでは向いていない
一日葬 ・民営または公営の斎場
・自宅
平均的
(場合によっては費用を抑えることが可能
・通夜がない
一般葬 ・民営または公営の斎場
(家族葬専用ホールを設けた葬祭場など)
・寺院
・自宅
平均的
(場合によっては費用を抑えることが可能
・葬儀の人数に合せた「家族葬専用ホール」があるかどうかの確認が必要

 

一日葬と家族葬は似ている部分が多いために、同じように捉えられることがありますが実は大きな違いがあり、一日葬は通夜が無いのが特徴です。

 

家族葬の費用

家族葬はどのような葬儀スタイルを選ぶのかによっても費用は大きく変わってきますが、一般葬を選んだ場合は約60万円~80万円前後が費用相場と言われています。

 

もちろん、通常の葬儀よりは総額を抑えることが出来ますが、香典収入も見込めないことは覚えておいてくださいね。

よく間違われる!家族葬と密葬の違いについて

「家族葬」について調べる中で「密葬」という葬儀名に出会う方も多いかと思います。

家族葬と密葬も様式がとても似ているために同じように捉えられることがありますが、こちらは大きな違いがあり、そのほとんどが故人の生前の社会的な立場です。

 

葬儀名 主な定義 具体例
家族葬 ・はっきりとした定義はないが、家族や親しい親族などを中心とした葬儀
・内容や流れなどは、一般葬と大きな差はない
・身内だけの葬儀を行いたい人
・ゆっくりと遺族を見送りたい人
・コロナ禍を配慮した人  など
密葬 ・密葬の後に、本葬やお別れ会・社葬があることを前提とした葬儀
・準備にもかなりの時間を要する
・遺族はお別れ会・社葬で多忙となる可能性が高いためにその前提として、親族だけで行う葬儀
・著名人や有名人
・企業の社長   など

 

家族葬も密葬も、家族や親しい間柄の人を中心とした小規模での葬儀ですが、密葬は別日に多くの会葬者を招き本葬やお別れ会・社葬が執り行われる点に大きな違いがあります。

家族葬のメリット・デメリット

家族葬のメリットとデメリットを紹介します。

 

家族葬のメリットは?

家族葬のメリットは主に以下の3点です。

  • 遺族が参列者の対応に追われない
  • 故人とのお別れをゆっくりと過ごせる
  • 費用面を安く抑えることが出来る

お葬式といえば、遺族が参列者や葬儀社の対応に追われ忙しいイメージがありますが、家族葬は日頃の家庭的な雰囲気の中で故人と最期のお別れの時間を過ごすことが出来ます。

 

また、参列者がいないため返礼品や飲食代などを押さえることが出来ます。

家族葬のデメリットは?

家族葬のメリットは主に以下の3点です。

  • 香典を期待できないために、遺族の金銭的負担が増える可能性がある
  • 参加したくても「出来ない」という周囲の声が上がる
  • 葬儀後の、弔問客の対応や香典返しが必要となる可能性がある

一般的な葬儀費用は香典で賄うことも多いですが、家族葬は香典を多く期待できないために葬儀のタイプによっては遺族の金銭的な負担が増える可能性も有ります。

 

また、家族葬は親族のみで行うために、周囲から「最期のお別れをしたかった」と、強く言われる可能性もあります。

また「香典辞退」などをはっきりと伝えておかなければ、葬儀後に弔問客・香典返しの対応に追われ忙しくなってしまう可能性もあるので注意が必要です。

 

「家族だけで葬儀をしたい」と、簡単に決めるのではなく「葬儀のあり方のひとつ」として考え、遺族と残された方々にとって納得のいく良い葬儀にしたいですね。

身内だけで葬儀を行う際、気になること|周知への告知や会葬者・その他配慮すべきこと

家族葬は、比較的新しい葬儀のために前例が多くはありません。

家族葬をするにあたり「いつのタイミングで、どの範囲の親族まで周知すればいいのか」など多くの疑問が出てきますが、周りに詳しい人がいないのが難点です。

 

葬儀に「私も参列したかったのに」とトラブルになるのは、遺族のためにも故人のためにも避けたいですよね。そうしたトラブルを防ぐために、家族葬について比較的多く寄せられる質問に答えていきます。

Q:家族葬|親族をどこまで呼ぶべきか

A:家族葬で、親族をどこまで呼ぶべきかという規定はありません。

よくある会葬者として呼ぶ事例としては…

  • 故人の家族
  • 故人の子どもとその配偶者(または家族)
  • 故人のきょうだい

次に、葬儀の規模によって考える場合は、以下の図表を参考にしてくださいね。

5~10人の家族葬 故人の家族
故人のきょうだい
11人~20人の家族葬 故人の家族
故人のきょうだい
故人の子どもとその配偶者
21~30人の家族葬 故人の家族
故人のきょうだい
故人の子どもとその配偶者(または家族)
故人の子どもとその配偶者の家族

以上はあくまで目安です。

また故人が高齢の場合、そのごきょうだいも他界されているという声もよく聞きます。もちろん、生前仲が深かった友人や職場の同僚の方を呼んでも問題はありません。あくまで、故人との関係性と葬儀の規模を考慮して判断をしてください。

 

家族葬は親戚をどこまで呼ぶべき?呼ばない場合の連絡やコロナ禍での対応についての記事では、さらに詳しく解説していますのでぜひ目を通してみてくださいね。

Q:家族葬|訃報の周知のタイミング

A:家族葬、葬儀終了後に、訃報の報告と共に「葬儀を家族葬として執り行い、無事終わりました」という旨の連絡をしてください。概ね、2週間を目安に入れましょう

 

理由としては、葬儀前に周知してしまうと

などの可能性があるからです。

 

連絡後は、弔問や香典の申し出を相談され、そちらへの対応に悩んでしまうことが予想されます。事前に弔問や香典を辞退したい気持ちがある場合は、連絡と同時にその旨を伝えるようにしましょう。

 

香典返しの辞退をしない場合には家族葬に香典は必要?香典を渡す側、受け取る側のマナーをご紹介の記事内で、「家族葬での香典返しについて|いつ返す?金額は?」という目次を設けて解説していますので、ぜひ目を通してみてくださいね。

Q:家族葬|お布施は必要?

A:家族葬でも、僧侶に読経をお願いしたり、戒名を授けてもらったりする場合はお布施が必要です。

 

一般葬と同じように、お布施を納め、感謝の気持ちを表すのが葬儀のマナーです。

納める金額については、地域性や僧侶の人数によっても異なります。一概には言えませんが、全国平均では50万円前後だという調査結果があります。

 

地域差だけではなく、菩提寺かどうか、宗派や寺院・戒名のランクによっても変わってきますので、どうすればいいの変らないときには、お寺に直接問い合わせてみる方も多いようですよ。

 

家族葬でもお布施は必要?お布施の内訳や相場、マナーについて解説でも、詳しく解説していますので目を通してみてくださいね。

Q:家族葬|故人の知り合いが駆けつけてくれた場合の対応

A:香典返しをするのかどうかで、対応が変わります。

香典を辞退する場合…

駆けつけて頂いた気持ちをありがたく受け止め、仏壇に手を合わせてもらいましょう。

香典は全ての方に辞退していることを伝え丁重にお断りし、ありがたいという気持ちを伝える手紙を後日手配するといいでしょう。

香典を受け取る場合…

香典返しを事前に準備しておく必要があります。

家族葬となってしまったことを丁重に伝え、それにもかかわらず駆けつけて貰ったことにありがたい気持ちを伝え、仏壇に手を合わせて貰うといいでしょう。

Q:家族葬|弔電(供物・供花)を受け取る?受け取らない?

A:家族葬をする場合、弔電(供物・供花)を辞退するのか、受け取るのかといったことを葬儀の前に決めておき、訃報と共にお伝えしましょう。

 

ときに、辞退したにもかかわらず届くこともありますが、届いたら受け取るのがマナーとされています。最後に何か伝えてお見送りをしたいというのが弔電・供物・供花です。その気持ちをくんでもいいのではないかと思います。

家族葬の時、弔電はどうしたらいい?送る側・受け取る側のマナーを解説の中でも、受け取った際のお礼文や辞退したい時の例文を紹介していますので、目を通してみてくださいね。

Q:家族葬|喪主の挨拶が必要?どのように伝えればいいの?

A:家族葬でも、喪主の挨拶はあります。多くの葬儀では、喪主の挨拶を行うタイミングが決まってることが多いものです。

 

一般的には通夜の後・出棺前とされていますが、宗派や地域の慣習によって、異なる場合もあります。詳しくは葬儀会社に聞いてみると詳しく教えて貰えますよ。

 

『家族葬』喪主の挨拶はいつ行う?文例やタイミングについて解説でも、詳しく解説していますので目を通してみてくださいね。

Q:家族葬|会葬礼状は必要なの?

A:家族葬でも会葬礼状が必要です。

豆知識~会葬礼状とは~

会葬礼状(かいそうれいじょう)とは、会葬返礼品に添える礼状のこと(会葬とは通夜や告別式に参列すること)

会葬返礼品とは、通夜や告別式に参列した方や香典や弔電、お悔やみ状などをくれた方へのお礼の品のことです。香典返しの礼状と混同されることがありますが違い、家族葬の参列者へ感謝の気持ちをあらわすもの。当日手渡しするのが一般的です。

 

家族葬でも会葬礼状が必要な詳しい理由や、渡すタイミングなど詳しく知りたい方は『家族葬』の会葬礼状|渡すタイミングやマナー、種類について解説も、合わせてご覧ください。

身内だけの葬儀を執り行う際の注意点

最後に、身内だけの葬儀「家族葬」を執り行う際の、一番大切にしたい注意すべき点は「周囲の理解を得る」ということです。

 

上述した中に、家族葬を執り行う周知は「葬儀終了後に訃報に併せて、葬儀を“家族葬として執り行い、無事終わった”という旨の連絡をおおよそ2週間を目安に入れましょう。」とお伝えしました。

 

しかし、伝えておくべきかどうか不安を感じる間柄の親族や友人には、終活の一環として「家族葬」を執り行うかもしれないと伝えておくのが、相手を思っての配慮となります。

 

親族に呼ばれなかったことを悲しませてしまったりする可能性がある場合は、事前に周囲の方に理解して頂いたうえで決めることが大切だと考えます。

まとめ:「身内だけで葬儀をしたい」家族葬について・流れ・費用・メリットやデメリット

今回は、「身内だけで葬儀をしたい」と考える方々にむけて家族葬について詳しく解説してまいりました。

 

最後にもう一度、家族葬のメリットとデメリットをおさらいしておきましょう。

 

家族葬のメリットは

 

家族葬のデメリットは

 

家族葬は、愛する家族の天寿への旅を親しい人だけでゆっくりと見送ることが出来ます。慌ただしく忙しい毎日を送る現代人にとって、最期のひとときをゆっくりと過ごすことはとても素敵なことだと、私は考えます。

お葬式についてさらに詳しく知りたい方は→ 『お葬式』記事一覧
トップへ戻る