お気軽にお電話ください(年中無休:10時~17時)

『VR葬儀とは何?』種類や相場、メリット・デメリットについて解説

WRITER
 

記事監修者:一般社団法人終活協議会代表理事:竹内義彦

記事監修者:一般社団法人終活協議会代表理事:竹内義彦

この記事を書いている人 - WRITER -

VR葬儀(ブイアールそうぎ)という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

 

近年、VR技術の進歩により、ゲームなどの分野ではよく見かけるようになりました。このVR技術は、感染症拡大の影響も追い風となり、葬儀業界にも広まろうとしています。

 

しかし、VR葬儀とはいったいどのようなものか気になりますよね。今回は、VR葬儀とは何かご紹介しています。VR葬儀のメリット、デメリットもまとめていますので、ぜひご参照ください。

VR葬儀とは何?種類について

ひとことでVR葬儀といってもいくつか種類があるのです。VRの使用用途やスタイルもそれぞれ違います。

ここではVR葬儀とは何か?

  1. 死者目線で擬似体験する葬儀
  2. ウェブ上で参列する葬儀
  3. 葬儀会場をVRで下見

3つの種類別にご紹介していきます。

1:死者目線で疑似体験する葬儀

葬儀は「人生最後の自分が主役のイベント」といってもよいでしょう。生前葬(生きているうちに行う葬儀のこと)というものもありますが、ほとんどの方は死後に葬儀を行うため、五感で体験することができないのです。亡くなった方の目線から葬儀を体験できるVR葬儀というものがこちら。

 

VRゴーグルをお持ちの方は、着用した上で視聴することをおすすめします。

 

自分の死後、納棺され家族や大切な人に見送られるまでの流れが亡くなった方目線で体験できます。画面左上の丸い矢印で視界を動かすことが可能。葬儀とはどのようなものか、流れがよくわかる動画となっています。

 

自分の葬儀を疑似体験することで、生きていることの有難みも感じられ、周囲への感謝の気持ちが強くなるかもしれません。

 

2:ウェブ上で参列する葬儀

葬儀会場に360度撮影可能なカメラを常設している葬儀場があります。

 

葬儀に参列することができない場合は、ウェブ上で葬儀の映像を見ながらリモートで参列することができるのです。このタイプのVR葬儀であれば、海外など遠方にいても葬儀に参加することが可能。

 

さらに高齢の遺族で入院をしているためどうしても参列できない方でも、葬儀へ参加することができるメリットも。

VR葬儀を行っている葬儀場:とわノイエ

3:葬儀会場をVRで下見するもの

大切な人とのお別れの場所である葬儀場。どこに依頼しようかと悩みますよね。下見をすることも多いかと思いますが、あちこち見て回るのは大変。

 

また、感染症拡大している状況では、なおさら下見ができないという方もいらっしゃるでしょう。一部の葬儀場では、VR技術を使って会場の下見をすることが可能です。つまり、葬儀場をリモートで見学できるということ。

 

葬儀場ホームページからではわからない会場の雰囲気もVRで体験することが可能です。

VRによる葬儀場見学:南柏会館

また葬儀場ではありませんが、霊園をVRで見学するサービスも登場しています。

 

霊園は駅から離れた場所にあることが多く、1日のうちに複数の霊園を見学することは難しいですよね。しかし、VRの霊園見学であれば、それが可能。100以上の霊園をVRで見学できるサービスがあるのです。これなら、雨の日でも、時間があまりない日でも自宅で見学ができます。時短にもなっていいですね。

VRによる霊園見学:いいお墓

VRとは何か

さて、ここまで何度もVR葬儀という単語が登場してきました。VRという言葉は最近よく耳にする方も多いかと思いますが、そもそも何でしょうか。簡単にご紹介します。

 

VRとはバーチャルリアリティ(virtual reality)の省略で、日本語では「仮想現実」と訳されます。

 

360度撮影が可能な特殊なカメラを使用し、その映像を見ることであたかもその場にいるかのように体験できる技術のこと

VR葬儀の映像を自宅で見たとしましょう。本来ならそこが自宅であるのに、あたかも実際に葬儀場で参列したかのような感覚になるのです。これがVR技術の特徴と言えます。

 

コントローラーやゴーグルを使用するとより臨場感が味わえます。ゴーグルであれば、頭を左右に動かすことで見えている視界の映像が動きに連動するため、より自然に体験ができるのです。

VR葬儀のメリット

VR葬儀のメリットは次のとおりです。

  • どんな場所からでも葬儀に参列することができる
  • 高齢で寝たきりの方でも参列がしやすい
  • 感染症拡大されるなかでも、ソーシャルディスタンスを保ちながら葬儀に参列できる

 

リモートでも参列しやすいということがVR葬儀の最大のメリットといえるでしょう。また感染症拡大が懸念されるなか、葬儀への参列に不安を感じる方もいらっしゃるでしょう。

 

しかし、VR葬儀であれば、自宅のパソコンやタブレットなどで参列することが可能なため、感染リスクが下がります。さらに、高齢化社会となり、遺族も高齢化しています。加齢により、足腰が悪い方や長時間の正座、着席が辛い方でも参加しやすいのがVR葬儀です。

感染症拡大による新しい生活様式のスタート、そして高齢化社会。これからVR技術が一層葬儀業界にも広まると予想されます。

VR葬儀のデメリット

VR葬儀のメリットをご紹介しましたが、良いことばかりではありません。ここではVR葬儀のデメリットをご紹介します。

  • 酔いやすい
  • 家族など周囲の理解を得られにくい

 

まず視聴する側のデメリットから。視聴をする場合、どうしても目に負担がかかるため、目の筋肉が未発達な子どもには向かない場合があります。特にゴーグル着用の場合は、目への負担が大きくなります。

 

さらに、乗り物酔いしやすい方がVRを体験することで頭痛や吐き気が起こることも。こちらはいわゆる「VR酔い」と呼ばれています。慣れない方は、ストレスなく長時間視聴するのは難しいかもしれません。

 

VR技術は近年で伸びてきました。なかなか身近で浸透していないこともあり、VR葬儀への理解が得られにくいことも。人によっては「見世物ではないのだから」という意見もあるでしょう。また、参列者も映像にうつることから、嫌がられることもあり得ます。

VR葬儀の相場は?

VR葬儀の相場についてですが、まだVR葬儀を導入している葬儀場が非常に少ないため相場を現段階で出すことはできません。

 

VR葬儀を利用して、自宅で参列をしてもらうことにすると、その分精進落としの料理代が少なくなり、いくらかの節約にはなるかもしれません。しかし、VR葬儀には特殊なカメラが必要になりますので、そのカメラ費用がかかる可能性があります。

 

葬儀の規模で相場は変動しますのでケースバイケースですが、通常の葬儀よりもVR葬儀を導入した葬儀のほうが格段に安いということはないかと思われます。

VR葬儀との違い|オンライン葬儀

VR葬儀ではありませんが、似たタイプのものとして「オンライン葬儀」がありますので簡単にご紹介します。

 

こちらも新しい生活様式に基づいて広まっている葬儀のスタイルの1つ。「リモート葬儀」とも呼ばれます。VR技術は使用されていませんが、自宅に居ながらにして葬儀に参列することが可能。zoomやSkypeなどで葬儀の様子を視聴するものです。

 

こちらもVR葬儀同様、遠方に住むなどで葬儀場で参列ができない人がいる場合に向いている葬儀形式です。ソーシャルディスタンスを守りながらの葬儀が可能。

まとめ:『VR葬儀とは何?』種類や相場、メリット・デメリットについて解説

ひとことでVR葬儀といっても、

①自分が死者の目線で葬儀体験するタイプのもの

②オンライン葬儀のように葬儀をVRカメラを使って配信するタイプのもの

③葬儀場の下見として利用するもの

があることがわかりました。

 

感染症が拡大することで、②のタイプのVR葬儀や、VR技術を使った下見のサービスは今後もっと増えていくと考えられます。遠方に住んでいる、親戚が海外や遠方に住んでいる場合はこのような技術を使った葬儀は良いでしょう。

 

スマホやタブレットなどでの葬儀参列を当たり前のようにできる日は、未来のように感じられますが、そう遠くはないかもしれません。

コロナ禍により、オンライン上でのお墓参りや葬儀サービスが続々と登場しています。 終活と関連のある『オンラインサービス』について知りたい方は→ オンライン葬儀、墓参り関連記事一覧

「終活の相談窓口」では終活に関する様々なサポートを行なっております。

竹内

  • エンディングノートの書き方サポート
  • 終活に関するご相談(無料)
  • おひとりさまの終活サポート

終活に関するご相談は以下からお願いいたします。

無料で受けられる「終活ガイド初級」で、終活の基礎知識を学びませんか?

エンディングノートの細かな部分をしっかり理解し、”『エンディングノート』を通じて豊かな人生のお手伝いをする”やり甲斐、使命感を感じられる仕事『エンディングノート認定講師講座』については以下をご覧ください。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 終活の相談窓口 , 2020 All Rights Reserved.