お気軽にお電話ください(年中無休:10時~17時)

「お清めの塩」とは何?意味について解説

 

記事監修者:一般社団法人終活協議会代表理事:竹内義彦

記事監修者:一般社団法人終活協議会代表理事:竹内義彦

この記事を書いている人 - WRITER -

お清めの塩

(読み方:おきよめのしお)

  • お清めの塩とは
  • お清めの塩のお作法
  • お清めの塩を忘れたら
  • お清めの塩に用いられる塩

について解説します。

お清めの塩とは

「お清めの塩」とは、神道において穢(けが)れとされる死を清めるために行われる儀式です。

 

「清め塩」「お清め塩」と言われることもあります。

 

お清めに使われる塩は、お通夜や葬儀・告別式に出席した際に受け取る会葬礼状や、香典返しに挟まれている小さな袋に入っています。大規模な会場で行われる葬儀であれば、出口付近に塩が敷き詰められて、参列者がその塩を踏んで会場を出られるような設えがされている場面を見たことがある方もいらっしゃるかもしれません。

 

神道では死を穢れとし、お通夜や告別式・葬儀、火葬場から帰った時や、葬儀会場を出る時、また移動の車に乗る前に、自宅に穢れを持ち込まないように、また他の人に穢れをうつさないように塩を体にかけたり踏んだりして、穢れを払ってきました。

 

穢れは、「気枯れ」とも言われ、生気に乏しい状態を指します。気枯れが進むと死に至るという考えから、穢れは忌み嫌われ、遠ざけられてきました。

 

お清めの塩の他にも、お通夜のあとの通夜振る舞いと呼ばれる食事や、その席で同時に振る舞われるお酒にも、邪気や穢れをはらう力があると考えられています。食事をすることで生気を得られますし、お酒は神が作ったものであるとの言い伝えがあるせいでしょう。

 

ただし、浄土真宗をはじめとする仏教の世界では死を穢れとは捉えていません。仏教では、人が亡くなると浄土に生まれ変わるとの教えがあるからです。そのため、お通夜や葬儀のあとにお清めの塩を使うことに反対する意見もあり、お清めの塩を迷信と捉える考え方もあります。

 

一方で、仏教の宗派であっても、お清めの塩は日本の習俗であるため、反対を唱えない宗派も存在しています。

 

現代の日本では仏式による葬儀が多くを占めているため、会葬礼状などと共にお清めの塩が配られことが少なくなっているのが現状です。

 

さらに、身内の葬儀から帰った際のお清めの塩は不要であるとする方もいらっしゃいます。身内の死を穢れとはとらえない感覚は、多くの人が共感するのではないでしょうか。

お清めの塩のお作法

お清めの塩は実際、どのような作法で行うのでしょうか。

 

初めに場所について確認しますと、お清めの塩は自宅の玄関先で、敷居をまたぐ前であることが重要とされています。これは、お通夜や葬儀会場などから持ち帰った穢れを家の中に持ち込まないためです。地域や宗派によっては、葬儀会場などを出て、移動の車に乗り込む前に行うやり方でも構いません。

 

まず、お通夜や葬儀・告別式で会葬礼状などとともに配られたお清めの塩を、ひとつまみずつ、胸、背中、足元の順番に振りまきます。この順番は、血の流れに沿ったもので、邪気が血の流れに乗って全身をめぐるためと言われます。略式の場合には、足元のみに塩をまく方法でもいいでしょう。

 

家族や同居されている方が在宅であれば、その方にこの順番で塩をまいてもらう方が望ましいとも言われます。この時、塩の量によってお清めの効果は変わりませんので、ひとつまみ(約1グラム)ずつで十分です。

 

また、塩をつまむ前に先に手を洗って清めてから、お清めの塩を行うやり方もあるようです。

 

胸、背中、足元の順番にひとつまみずつの塩をまき終わったら、服についた塩を丁寧にはらいます。

 

最後に、このはらった塩を踏んで、お清めの塩の儀式は終了です。

 

葬儀会場でお清めの塩の塩を受け取らなかったときには、在宅の家族などに自宅の塩を手渡してもらったり、帰宅するまでの間に塩を購入して対応しても良いでしょう。

お清めの塩を忘れたら

前述のように、お清めの塩は儀式ですので、忘れてしまったからと言って、不安に感じる必要はありません。気になるようであれば、玄関まで戻って、改めてお作法に沿った手順でお清めの塩を行いましょう。

 

喪服から着替えてしまってから気がついたら、もう一度、喪服を着てやり直しても良いかもしれません。

お清めの塩に用いられる塩

そもそも穢れをはらう、清めるために塩が用いられるのはなぜでしょう。日本では、お清めの塩以外でも、土俵で力士が塩をまきますし、不愉快な人が去った後で、「塩をまけ!」などと言う場面を映画やドラマなどで見聞きしたこともあるのではないでしょうか。

 

また、料亭などの入り口や神棚などに盛り塩がされているのを見かけることもあります。これも、邪気をはらい、空気を清め、運気を上げる目的で塩を円柱型や三角錐の形に盛る風習です。

 

穢れをはらうために塩が使われるようになったのは、日本書紀で黄泉の国から戻ったイザナギノミコトが穢れをはらう目的で海水を使って体を洗った(潮みそぎ)ことに由来するようです。

 

塩には水と火の力が備わっているとの考え方もあります。これは、塩が海水を火で煮詰めて作られるためです。

 

このことから、水と火の力を持つ塩が、不浄なものや穢れを洗い流し、または焼き尽くすことによって浄化し、清める力があると考えられるようになりました。この他に、塩は長期間保存しても劣化が少なく、殺菌作用によりものを腐らせない力があることからも、穢れを遠ざける存在と考えられてきました。

 

例えば人が亡くなったあと、現代ではドライアイスで遺体を冷やして腐敗を防ぎます。しかしドライアイスが手に入らない時代には、塩がその役割を果たしていました。このエピソードから、塩が清浄を保ち、穢れを遠ざけてくれるものとして大事にされてきた理由がうかがえます。

 

これらのことを考えあわせると、お清めの塩をする場合の塩は、にがり成分が取り除かれ、添加物などが加えられた食塩ではなく、昔ながらの天日干し製塩法で作られた塩がもっとも適していると言えるのかも知れません。

まとめ

お清めの塩について、その意味やお作法、お清めの塩を忘れた場合の対応、お清めの塩で用いられる塩について解説しました。

 

塩は人間が生きる上で欠かせないものであると同時に、日本人がさまざまな場面で塩を大切にし、恩恵を受けてきたことが分かります。

 

風習との付き合い方は人それぞれですが、ご自身が心地良くいられる方法がみつかると良いですね。

お葬式についてさらに詳しく知りたい方は→ 『お葬式』記事一覧
冠婚葬祭、贈り物などのマナーについて知りたい方は→ 『マナー』記事一覧
『終活』とは自分の望む最期を迎え、人生をより充実したものにするため、生前準備を行うことです。 人生の後半戦を思う存分楽しむために『終活』を始めてみませんか? 終活に関する記事一覧

「終活の相談窓口」では終活に関する様々なサポートを行なっております。

竹内

  • エンディングノートの書き方サポート
  • 終活に関するご相談(無料)
  • おひとりさまの終活サポート

終活に関するご相談は以下からお願いいたします。

無料で受けられる「終活ガイド初級」で、終活の基礎知識を学びませんか?

エンディングノートの細かな部分をしっかり理解し、”『エンディングノート』を通じて豊かな人生のお手伝いをする”やり甲斐、使命感を感じられる仕事『エンディングノート認定講師講座』については以下をご覧ください。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 終活の相談窓口 , 2021 All Rights Reserved.