0120-111-859

image

終活の相談窓口

「止め焼香」とは何?意味や順番、焼香の方法、焼香の目的について解説

トップ > 「止め焼香」とは何?意味や順番、焼香の方法、焼香の目的について解説

止め焼香

(読み方:とめしょうこう)

について解説します。

止め焼香とは

止め焼香という言葉をお聞きになったことがあるでしょうか。留め焼香、または総止め焼香と言われることもあります。意味は、仏式のお通夜や告別式・葬儀、法要の席で行われる焼香の一番最後に、故人と近い関係にある年配者が焼香をあげることです。

 

そもそも焼香の順番は、故人から血縁の濃い順番に行うしきたりとなっています。

 

止め焼香をする目的は、遺族や親族、または参列者間の無用な争いを前もって防ぐことにあります。焼香をする順番によって、親戚や仕事の取引先とトラブルになったり揉め事が起こる可能性がある場合に、それを避けるための知恵と言えるでしょう。

 

つまり、「故人と関係性が深い年配者が順番を待たされたのだから、焼香の順番についての優劣はなく順不同です。配慮不足や失礼があった場合には、どうかご容赦ください」との意味が込められています。

 

ただし止め焼香は、主に西日本や大阪、関西地方に伝わる焼香形式です。ですので、地域によっては止め焼香の存在や意味が知られていない場合があり、止め焼香をしてもその意図が伝わらない可能性がある点に注意が必要です。

 

止め焼香にはまた、これ以上の「不幸を止める」との意味合いも込められています。

 

ただ、最近は以前のように大規模な葬儀が少なくなり、家族葬などの小規模な葬儀を執り行う家が増えていることから、止め焼香が行われる機会も減ってきているようです。

 

止め焼香を行うのは、故人と近い関係にある年配者ですが、具体的には、故人の兄弟姉妹やその配偶者、喪主の兄弟姉妹など、喪主の次に血縁の濃い人が選ばれるのが一般的です。

 

例外としては、「妻」の立場にあった人が亡くなった場合に、故人の兄弟姉妹ではなく嫁ぎ先の家から選ばれることがあります。具体的には、夫の兄弟姉妹やその配偶者などが止め焼香を行います。

止め焼香の順番

それでは次に、止め焼香の具体的な順番を見ていきましょう。止め焼香の目的が、①親族間のトラブルを防ぐことである場合と、②一般の参列者間の争いを避けることである場合とで、順番が変わってきます。

①親族間のトラブルを防ぐ目的の場合

 

「葬儀委員長」→「喪主」→「遺族」→「親族」→「止め焼香」→「一般参列者」

 

②一般の参列者間のトラブルを防ぐ目的の場合

 

「葬儀委員長」→「喪主」→「遺族」→「親族」→「一般参列者」→「止め焼香

「葬儀委員長」と「喪主」の役割については、以下で解説します。

喪主に続いて、遺族、親族の順番で焼香しますが、「遺族、親族」の詳細な順番は次のようになります。兄弟姉妹や親戚は、家族単位の年長順です。

「喪主」→「故人の配偶者」→「喪主の配偶者」→「喪主の子」→「喪主の兄弟姉妹」→「故人の兄弟姉妹」→「故人の配偶者の親戚」→「喪主の配偶者の両親」→「喪主の配偶者の兄弟姉妹」→喪主の親戚(いとこなど)

会社の代表や政治家、町内会長などが出席し、指名焼香、来賓焼香をお願いする場合には、「焼香順位帳」を作成する場合もあります。焼香順位帳を作成する場合には、席次も焼香順位帳に基づいて決めることになるでしょう。

 

指名焼香・来賓焼香がある場合の順番は、次のようになります。また、止め焼香を地域の代表者や来賓に依頼するケースもあります。

 

「葬儀委員長」→「喪主」→「遺族」→「親族」→「指名焼香・来賓焼香」→「一般参列者」→「止め焼香

「指名焼香」・「来賓焼香」について

「指名焼香」には、町内会長や地方議員などの地域の代表者や、会社や団体など、参列者の多い組織の代表が選ばれることが多いです。

 

「来賓焼香」とは、一般的な葬儀ではなく、主に社葬の場合に招待した来賓による焼香をいいます。社葬は企業の創業者や役員などの葬儀である場合が多く、参列者も企業関係者で社会的地位や知名度の高い人物が選ばれます。

「葬儀委員長」・「喪主」の役割

「葬儀委員長」は、喪主と別に葬儀の進行や手配、指示を出す人です。個人葬であれば町内会長などが、社葬の場合には社長が葬儀委員長を務めることが多いようです。

 

「喪主」は多くの場合、故人の配偶者や長男がその役割を負います。配偶者が高齢の場合には、血縁関係の深い順番に喪主候補となります。複数人で喪主を務めても構いません。喪主は葬儀を主催し、弔問客や僧侶への対応や挨拶が主な役割です。

線香、抹香での焼香の方法

仏式のお通夜や法事での焼香ではスティック状の線香が用いられ、葬儀や告別式では、抹香(まっこう)と呼ばれる粉末状のお香が用いられます。

 

線香は、﨓(たぶ)の樹皮を粉末状にしたものに、白檀や伽羅(きゃら)など香りの良い木材の粉末や香料、粉末状にした炭などを加えて練り、細長い棒状にしたものを乾燥して作られます。

 

一方、抹香は主に樒(しきみ)と呼ばれる植物の樹皮や皮を乾燥して砕き、粉末状にしたものです。樒は仏教の葬儀の際に用いられることの多い植物で、その花は特徴的な香りを持つことで知られています。樒の花と実には毒があります。

 

線香で焼香する場合には、ろうそくで線香(1〜3本)の先に火をつけ、軽く手を振ったり、線香を持っていない方の手であおいで火を消しましょう。息を吹きかけて火を消すのはマナー違反とされます。

 

香炉に線香を立てるときは、1本ずつ丁寧に、他の線香から離して立ててください。

 

浄土真宗の場合には、香炉に線香を寝かせるように置きますが、向きは火のついた方が左です。

 

抹香での焼香は、浄土真宗では指でつまんだ抹香を静かに香炉に落とします。浄土真宗以外では、つまんだ抹香を目の上の高さに掲げながら目を閉じて軽く頭を下げたあと、香炉に抹香を落とします。

 

宗派によって回数が違いますが、同じ動作を1〜3回くり返しましょう。

焼香の目的

焼香の目的は3つあります。

 

①遺体の匂いを消す

ドライアイスのない時代、仏教が発祥したインドでは遺体の匂いを消すという現実的な目的がありました。

 

②故人の食べ物

仏教の世界では、香りが故人の食べ物であると考えられています。お供えとして線香をあげるのは、故人や仏様に食べ物を差し上げることを意味するのです。

 

③故人と心を通わせる

仏教で説かれている極楽浄土は、良い香りに満ちているとされています。良い香りのする線香や抹香を焚くことによって、極楽浄土にいる故人やご先祖様と心を通わせる目的があります。

まとめ:「止め焼香」とは何?意味や順番、焼香の方法、焼香の目的

この記事では、止め焼香の意味をはじめ、止め焼香の順番、焼香の方法、焼香の目的について解説しました。止め焼香は西日本や大阪、関西地方に伝わる焼香形式で、大規模な葬儀が少なくなっている現代ではまた、止め焼香が行われる機会も減ってきています。

 

ただ、葬儀はいつ参列する機会があるか予想がつかないものです。西日本で社葬や規模の多いな葬儀に参列する際には、止め焼香を頭の片隅に置いていただけると良いのではないでしょうか。

お葬式についてさらに詳しく知りたい方は→ 『お葬式』記事一覧
冠婚葬祭、贈り物などのマナーについて知りたい方は→ 『マナー』記事一覧
『終活』とは自分の望む最期を迎え、人生をより充実したものにするため、生前準備を行うことです。 人生の後半戦を思う存分楽しむために『終活』を始めてみませんか? 終活に関する記事一覧
トップへ戻る