0120-111-859

image

終活の相談窓口

【中袋なしの香典袋】お札の向き、金額などの書き方、マナーについて解説

トップ > 【中袋なしの香典袋】お札の向き、金額などの書き方、マナーについて解説

通夜や告別式、葬儀や一周忌などの法要では、香典が必要です。

喪主・遺族に渡すお金は香典袋に入れるのですが、その香典袋には主に2種類のタイプがあります。

それは中袋ありの香典袋と、中袋なしの香典袋です。

 

中袋なしの香典袋はややマイナーですが、もし使用することになった場合、「お札の向き」「名前などの書き方」などは中袋ありと何か違うのかな…と気になるのではないでしょうか。

この記事では、中袋なしの香典袋を使う方向けに、お札の向きや香典袋の書き方について解説しています。

 

目次(この記事は以下の順番で構成されております)

  • 中袋なしの香典のお札の向きは?
  • 中袋なしの香典袋はマナー違反なのか
  • 中袋なしの香典|お札の向きが間違っていたらどうなるのか
  • 中袋なしの香典袋の書き方
  • 中袋なしの香典袋を売っている場所
  • まとめ:【中袋なしの香典袋】お札の向き、金額などの書き方、マナーについて解説

中袋なしの香典袋をお探しの方もぜひご参照ください。

中袋なしの香典のお札の向きは?

中袋なしの香典のお札の向きは、香典袋の表に対してお札の裏が向くようにしてセットし、お札の肖像画の顔が底側です。

その他、中袋なしの香典ルールについてを紹介します。

中袋なしの香典のお札の向き|香典袋に直接入れていいのか

中袋なしの香典の場合、香典袋に直接お金を包んでは失礼かな…と不安になるかもしれません。結論から言うと、香典袋に直接お金を包んでも問題ありません。

 

中袋にする封筒を用意する必要もないので、そのまま香典袋にお札を包みましょう。

中袋なしの香典のお札の向き|お札の裏表とは

中袋なしの香典の場合、お札の向きは香典袋の表に対してお札の裏になるようにして、お札の肖像画の顔が香典袋の底にくるように入れる、と記載しました。

お札の表や裏ってなに? と思う方もいますよね。

肖像画が印刷されている面がお札の表です。

 

1,000円札 野口英世
2,000円札 守礼門
5,000円札 樋口一葉
10,000円札 福沢諭吉

 

2,000円札は肖像画がないため、間違えないようにしましょう。

なお、香典袋の表に対して肖像画を裏にする風習は、「悲しみに顔を伏せる」という意味合いが由来しています。

【中袋なしの香典】お札の向きの注意点|新札を避ける

中袋なしの香典袋に入れるお札は、新札を避けましょう。これは中袋がある香典袋でも同様です。

 

不幸があることをあらかじめ予想していて、余裕をもってお札を用意したように思われることから、新札は避けられています。

万が一、新札しかない場合は、手で折り目を付けてから香典袋にお札を入れるようにしましょう。

 

ただし、あまりにも古いグシャグシャのお札は香典には不向きですのでご注意ください。

【中袋なしの香典】お札の向きの注意点|使ってはいけないお札はあるのか

中袋なしの香典を用意するときは、お札の向き以外にもお札の種類について不安があるかもしれません。

香典に使ってはいけないお札はありません。古いデザインのお札でも使用することが可能です。

破れたお札、ボロボロのお札、新札以外は香典に使用できます。

【中袋なしの香典】お札の向きの注意点|お札の枚数に決まりはあるのか

中袋なしの香典には、お札の枚数に決まりはありません。

ただし、中袋なしの香典に複数枚のお札を入れる場合は、お札の向きをそろえるようにしてください。

【中袋なしの香典】金額の相場

中袋なしの香典に入れるお金の相場についてご紹介します。

 

5~10万円
きょうだい 3~5万円
祖父母 1~3万円
おじ・おば 1~3万円
友人 5,000円~1万円
職場の同僚 5,000円~1万円

 

上の金額はあくまで相場ですので、参考程度にお考えください。

また、金額は4万円、9万円など、「死」(4)や「苦」(9)を避けましょう。

さらに偶数の金額も避けられています。理由は偶数は割り切れるため、「縁が切れる」ことを連想するからです。

中袋なしの香典袋はマナー違反なのか

中袋なしの香典袋はマナー違反ではありません

中袋があるタイプだと、中袋と香典袋で袋が二重になるため、「不幸が重なる」と連想され、地域や考え方によっては中袋なしの香典袋がよいとすることがあるのです。

中袋なしの香典袋は、文房具屋や100円ショップなどで購入できる一般的なものです。マナー違反とはなりませんので、安心して使いましょう。

地域によっては、中袋ありの香典袋を縁起が悪いと考えられています。考え方は地域性によっても異なるため、不安な方は喪主や遺族に相談をして中袋の有無を決めてくださいね。

中袋なしの香典|お札の向きが間違っていたらどうなるのか

中袋なしの香典で、お札の向きを間違ってしまった場合はどうなるのでしょうか。

通夜・告別式など葬儀の場で、喪主や遺族が香典の中身を確認することはありません。香典を渡した瞬間に「お札の向きが違っている」と指摘されることはまずないでしょう。

 

お札の向きを間違って入れたまま喪主や遺族に香典を渡してしまっても、取り戻してお札を入れなおすことはしなくてよいかと思います。

通夜・告別式など葬儀で重要なことは、故人を偲ぶ気持ちです。たしかに香典のお札の向きにはルールがありますが、あとから間違えに気が付いても気にせずに、故人や喪主・遺族へ想いを寄せることを第一に考えてください。

中袋なしの香典袋の書き方

中袋なしの香典袋にお金を入れたら、それでおわりではありません。名前や住所など必要なことを書く必要があるのです。

ここでは中袋なしの香典袋の書き方についてご紹介します。

中袋なしの香典袋の書き方|表書き

仏教の通夜・告別式では、香典袋の表書きに「御霊前」、「御香典」と書くのが一般的です。

四十九日法要までは御霊(みたま)という存在であり、その後に仏となると考えられています。そのため、四十九日を過ぎるまでは「御霊前」とし、四十九日法要後は「御仏前」と表書きに書きます。

ただし、浄土真宗では、故人はすぐに仏となると考えられているため、通夜・告別式などの葬儀でも「御霊前」ではなく「御仏前」と書きます。

不安な場合は、喪主や遺族に相談しておきましょう。

中袋なしの香典の書き方|名前【表面に書く】

中袋なしの香典袋には、表にフルネームで記載をします。

故人の名前は記載しないので、間違えないようにしましょう。

 

表書きの文字よりも名前の文字はやや小さめに書いてください。

通夜・告別式など葬儀では薄墨を使い、四十九日法要以降では濃墨を使用します。筆または筆ペンで書き、ボールペン、マジックは避けましょう。

中袋なしの香典の書き方|住所【裏面に書く】

香典には住所を書く必要があります。これは喪主や遺族が香典返しやお礼状をあとから送る際に住所が必要になるからです。

中袋がある香典の場合は、中袋の裏面に住所を書くのが一般的ですが、中袋なしの香典の場合は香典袋の裏面左側に住所を記載してください。
住所は縦書きで記し、番地などは漢数字を用います。

中袋なしの香典の書き方|金額【裏面に書く】

中袋ありの香典の場合であれば、中袋の表面に金額(香典として渡す金額)を記載するのが一般的です。では、中袋なしの場合はどこに金額を書くのでしょうか。

 

中袋なしの香典の場合は、香典袋の裏面、住所の左隣に金額を記載してください。

数字は旧漢字で書きます。(例:金参萬圓)

中袋なしの香典の書き方|ボールペンはOK?

中袋なしの香典袋でも基本的に筆または筆ペンで記載をしてください。

ただし、香典袋の裏面に住所や金額を書く場合、筆や筆ペンでは細かくて書きにくいことがあります。このときはボールペンで問題ありません。

 

表書きと名前は筆、筆ペンで書き、住所、金額はボールペンでも問題ないでしょう。

中袋なしの香典袋を売っている場所

中袋なしの香典袋は、100円ショップ、文房具屋で売られています。大型スーパー、大型ドラッグストアでも販売されていることがあるので、お探しください。

100円ショップの香典袋はマナー違反になる?

100円ショップの文房具コーナーには、中袋なし・中袋ありどちらの香典袋も売られています。

短冊で3~5セットが入っているため、とても安いですが、マナー違反にならないかな…と気になる方もいらっしゃるでしょう。

 

100円ショップに売られている安い香典袋でもマナー違反にはなりませんので安心して使ってください。

中袋なし香典袋の選び方

中袋なしの香典袋の選び方をご紹介します。

【金額に見合った香典袋を選ぶ】

中袋なしの香典袋は、金額に見合ったものをお選びましょう。

たとえば、5000円を包むのに、高級すぎる香典袋に入れるとつり合いが悪るので、気を付けましょう。

【短冊入りの香典袋を選ぶ】

また、短冊が入っている香典袋は便利です。短冊に「御霊前」、「御仏前」、「御香料」とあらかじめ書かれているタイプだと、自分で表書きを記す手間が省けるためおすすめです。

 

まとめ:【中袋なしの香典袋】お札の向き、金額などの書き方、マナーについて解説

中袋なしの香典の入れ方や、書き方についてご紹介しました。

 

中袋なしの香典へ入れるお札の向きは、

が基本です。

 

中袋なしの香典の書き方は、

を記載します。

 

100円ショップや文房具屋などで中袋なしの香典袋が売られていますので、探してみてください。

冠婚葬祭、贈り物などのマナーについて知りたい方は→ 『マナー』記事一覧
『終活』とは自分の望む最期を迎え、人生をより充実したものにするため、生前準備を行うことです。 人生の後半戦を思う存分楽しむために『終活』を始めてみませんか? 終活に関する記事一覧
トップへ戻る